打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

【書評】 ハンニバル戦争


今回は先月出た佐藤賢一の 『ハンニバル戦争』 の紹介です。
古代ローマが題材の作品は最近ちょこちょこ出てきていますが、
贔屓の作家が上げてきたのでこれは取り上げないと。




『ハンニバル戦争』 佐藤賢一・著 中央公論新社
ISBN978-4-12-004813-5


わたし佐藤賢一は歴史小説の書き手としてはかなり好きな作者でして、小説以外の新書版 『英仏百年戦争』 なども含めて著作はあらかた読んでいます。佐藤さんは西洋史、特に中近世ヨーロッパ史を題材に書いた作品に良書が多く、最近だと 『小説フランス革命シリーズ』 や、古いのだと 『双頭の鷲』や『傭兵ピエール』などは今でも他人に薦められる作品と思っています。

それらとも比較しての今作、古代ローマ題材としては『カエサルを撃て』・『剣闘士スパルタクス』に続いての三作目となりますが、今までの2作がウェルキンゲトリクスやスパルタクスなどの反体制派と言うか負ける側に立って描写していたのに対して、今作は題名こそハンニバルですが主人公は最終的に勝利をおさめるスキピオのほう。ちょっと読んだ所でなにこれタイトルだけか、大体にして表紙からして視点がローマじゃないの。ハンニバルもっと描けよと。

やや脱線した。

佐藤賢一の作品はどちらかと言うと、最初は弱い立場であったり世の中の反主流派に身を置いている主人公が、権力や強い方に対して悩みながら挫折しながら立ち向かい、それをひっくり返していく痛快さに面白いところを見出す事が多く、実際佐藤作品でいうと私生児の傭兵や、容姿が怪異で母親から見放された怪物ゲクランや、離婚裁判で弁護人のなり手がないくらい追い込まれた王妃とその弁護人などが主人公となって来ており、今作もスキピオ含めたローマがハンニバル軍に負け続けていく過程で義父を失い、父と叔父を失いながら敵将に学んで最後はイベリア攻略やザマの戦いでひっくり返すという基本線は踏襲しています。

一方で今作のスキピオが情けないのは最初の方だけで当初から成功者の片鱗が強く出ており、なおかつハンニバル側の描写がラスト以外殆ど無いに等しいので『カエサルを撃て』ほどの読み応えを感じられないように見受けられます。作品の構成もカンナエの次がイベリア攻略&ザマ編で、その間となる数年間のローマ史上でも屈指の逆境がすっ飛ばされている。逆にハンニバルの方は最後の方でちょろっと感情を現すところも見せるけど基本的には人外っぽい扱いでこれは相当に物足りない。まあ、カエサルを撃てのハゲ親父描写が素晴らしすぎるとも言えるのだが・・・。

それからこの時代・地域の歴史小説として、今から20年ほど前に出た塩野七生の『ローマ人の物語』にも、第二巻に副題がかなり似ている『ハンニバル戦記』 がありますよね。当然このタイトル被りは著者も出版社も承知のうえで出しているでしょうから、これとの比較もしてみましょうか。まず大きく違うのは佐藤賢一の方は図を全く使用せずに活字のみで書き切っている所で、逆に塩野七生の方は図解満載でそれ故にか小説なのにあたかも歴史書として捉えられてしまうくらいの情報量となっており、ちょっとローマ寄り過ぎるんじゃないのとは思うものの題材の良さもあってシリーズ全体の中でも屈指の良作です。私も後者の方は今でも旅行にいく時などの移動時の読み物としてチョイスしているくらい。

ただまあこれは、著者ではなく編集者と予算の差とも言えなくはない。

それから、佐藤さんは今回歴史的な状況描写も入れてはいるけどやや少なめ&人物主体で古代ローマを取り上げており、人間描くほうは今作でもさすがと思うけど、それで地名人名戦況などを理解し作品に没入できる層がどれだけ居るのかな、と言うのはちょっと疑問で、塩野作品やそれ以外の資料を既に読んでいなかったらこれ面白さ半減以下じゃないのかなと感じるんですよね。
これは塩野作品でも最近目立つ傾向で、「これこれの話は以前○○という作品で書いているのでここでは省略します」的な不親切さは個人的にちょっとどうかと思うわけで、読み手がわかってる前提で書き進めるには古代ローマはけっこうハードル高いと思うんですよね。もうちょっとページ割いていいから、値段高くなっていいからそこも書いてよという感じ。こういう知ってる前提で書き手が状況描写を抑えても読み手がついていけるのって、日本の戦国時代、もっと言うと織田信長や秀吉周辺で起きてる事くらいじゃないのかなと。


そこら辺も含めて、★をつけるなら5段階評価で★★☆☆☆
星2つがいいところじゃないかなーというのが一読目の評価。
佐藤作品は平均で星4つ以上が普通についてくる作品が多いので全体としてはちょっと低めでしょうか。

個人的には、今作と対となる形で主人公ハンニバルに置き換えて、BC216カンナエ以降の、最大の勝機を得たところから徐々にカルタゴ側の戦況が悪くなっていく段階をテーマにした佐藤賢一の作品をもう一冊読みたい。いやいや、別に私がハミルカル・バルカの名でブログ書いてるからだけじゃなく、佐藤さんの真骨頂はむしろそっちじゃないのかなと思うんです。



おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/02/16(火) 15:38:29|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」 の紹介

めけ様が時々上げるオンライン小説物をこちらでも紹介。


「彼の名はドラキュラ~ルーマニア戦記~改訂版」

http://ncode.syosetu.com/n7154bf/


歴史好きな日本人の青年が、
15世紀中期のワラキア公、ブラド・ツェペシュに転生するお話。

後に串刺公、ドラキュラ公とも呼ばれる彼が、オスマン帝国のメフメト2世、ハンガリーのフニャディ・ヤーノシュ、フス派、東ローマやヴェネツィアといった当時の東欧/地中海勢力の中でどう生きてゆくかを描いています。

作中には未来の知識を活かして羅針盤、望遠鏡、牛痘、壊血病予防のザワークラウトなどを開発したり、テルシオやオランダの士官制度を導入するなど大航海世界にも関わりの深い技術・戦術が出てきますので、大航海プレイヤーが読むにはお勧めでしょうか。

時間的には、作中このままだとあと数年後にコンスタンティノポリスが陥落してしまうので、それまでに対ハンガリー戦がどう進むかといった所。


おしまい。



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/06/30(土) 08:25:55|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マンガ大賞2012



今月末に授賞式が行われる、『マンガ大賞2012』。
今回のノミネートは以下の15作品です。

  「アイアムアヒーロー」(小学館)花沢健吾
「惡の華」(講談社)押見修造
「銀の匙 Silver Spoon」(小学館)荒川弘
「グラゼニ」(講談社)森高夕次・アダチケイジ
「外天楼」(講談社)石黒正数
「四月は君の嘘」(講談社)新川直司
「昭和元禄 落語心中」(講談社)雲田はるこ
「大東京トイボックス」(幻冬舎コミックス)うめ
「高杉さん家のおべんとう」(メディアファクトリー)柳原望
「となりの関くん」(メディアファクトリー)森繁拓真
「ドリフターズ」(少年画報社)平野耕太
「25時のバカンス 市川春子作品集(2)」(講談社)市川春子
「信長協奏曲」(小学館)石井あゆみ
「日々ロック」(集英社)榎屋克優
「鬼灯の冷徹」(講談社)江口夏実
※50音順


この中で私が実際に買って読んだのは、
「アイアムアヒーロー」
「銀の匙」
「グラゼニ」
「ドリフターズ」
「信長協奏曲」

の5作品でその中で順位を付けるなら、

1 「アイアムアヒーロー」
2 「グラゼニ」
3 「信長協奏曲」
4 「銀の匙」
5 「ドリフターズ」

こうでしょうか。
好き嫌いで言えば「銀の匙」が一番好みなのだけど、
勢いとか読ませるインパクトの点で1位には遠く及ばないかと。
それくらい、「アイアムアヒーロー」には読ませる力が有ります。
今年がラストチャンスなのでぜひ取ってほしい。

「ドリフターズ」はこの中では評価抑えましたが、
島津豊久が将の片鱗見せ始めたり信長の火器伏線が張られた一方で
相手方の背景や次の人物像が見えて来たりするなど
巻を重ねるごとに読後感を盛り上げている作品で、次辺りでのして来るかも。

これ以外だと「高杉さん家の~」はちら読みですが買おうかなと思う位に面白かった。
まあ、全15作品読んでいる訳では無いのであくまで限定評価ですね。

(過去の大賞受賞作品)
2008 「岳」
2009 「ちはやふる」
2010 「テルマエ・ロマエ」
2011 「3月のライオン」

さてさて
今年はどれが大賞を取るでしょう。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/07(水) 16:15:27|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月に読んでいた物

原景


初めて読んだのは、
恐らくもう連載も後半に入っていたと思われる、昭和50年代後半。
最終回をリアルタイムで読んだ覚えが有るので55~58年位じゃないかなと思います。

そう、この正月に何気なしに手に取り、
昨日まで掛かってついつい全部読んでしまったのは、
当時絶大な人気を誇っていた矢口高雄の代表作、『釣りキチ三平』。

アニメ版も出ていますが、
最近でも平成版を再開していたり、
2~3年前には実写版で映画にもなっていた作品ですね。

個人的には今まで読んだ全ての漫画でも屈指の評価をしているこの作品、
連載開始から3~40年経った現在の視点で改めて読んでみると、
また違う評価をしないといけないなという思いを強く抱きます。

それは、既に失われた、若しくは失われつつある日本の、
それも多くは東北地方の田舎の民俗・風習が実体験に基づいた描写で遺されていること。

著者の矢口先生は秋田県の増田という岩手に近いかなり山あいの村落で生まれ育ち、
成人してからも地元の銀行マンを経て結婚後に脱サラ・上京・デビューしたという
漫画家としてはかなり遅い経歴の持ち主。
それだけに民俗風習に関する記憶・観察が鮮明で、
写実的な画風も相まって
実際に見た訳ではない読者にも明瞭なイメージを想起させる作品となっています。


作品中では当初、鮎・鯉・鮒・山女魚・岩魚などの淡水魚がメインでしたが、
その後、海に出てキャスティング大会に出てみたり、
カナダのサーモンダービー編、
ハワイのブルーマーリン編などで優勝争いをするなど、
ある意味バトル編のような展開に突入して当時は盛り上がりをみせました。

また謎の怪魚に挑戦してみたり、
ルアーやフライなどの当時流行し始めていた西洋釣りに挑戦したりと、
作品の中盤~後半はある意味読者の目先を意識する題材を扱っている感が強く出て来ます。

ただ、この作品の本領は、
やはり鮎であり、鯉であり、
ヤマメやイワナなどの渓流魚なのではないかと思う。

更には地元の漁法や生活習慣に割いた章など、
そしてその舞台となっている山間部の情景を遺した事こそが、
連載開始から数十年経っても今なお、
日本を代表する釣り漫画としての評価を不動のものにしているのではないでしょうか。
食卓で淡水魚を食する習慣が急速に失われつつある事を併せて考えると、
このまま蔵書して10年後・20年後に改めて再読してみたい。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/01/11(水) 16:28:19|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アド・アストラ・Ⅰ

打倒ローマな集英社


なんだか最近コミック本の紹介が多い気もしますが、
今回これは挙げておかないとという一冊を。


『アド・アストラ -スキピオとハンニバル-』 第一巻

カガノミハチ・作
集英社・刊


そう、カルタゴとローマの間で繰り広げられた第二次ポエニ戦争を扱った作品がウルトラジャンプ誌上で始まっていたりします。少し前にはジャンプSQ誌でウェルキンゲトリクスを主人公とするアグリッパという作品が出ていますが、なんだろ、集英社内にアンチ古代ローマ志向の空気が有るのかしらん。

さて本編。
紀元前241年、第一次ポエニ戦争の終盤に起きたアエガテス沖海戦に敗れたカルタゴ艦隊を陸上より見やる某指揮官、そう、当時シチリアに渡ってカルタゴ軍を指揮していたハミルカル・バルカの思索から物語は始まります。


まさかの俺登場。


作品中、彼の長子ハンニバルは生まれた当初(紀元前247年)、目に光なく声も上げない障害を抱えた子として処断されそうな所を雷光を機にバール神が乗り移って言葉を紡ぎ、更に第一次ポエニ戦争の終結から数年後、サルデーニャ島を巡る講和の席で再度雷光に遭遇して覚醒、ここで後年発揮する絶大な統率力の片鱗を見せる事となります。

フィクションなので一方の主人公の設定が文字通り神掛かっているのはともかく、前段となる部分でカルタゴ側の登場人物にウェイトを置き、むしろローマ側に強欲な人物を配置する辺りは中々に新鮮な視点ですね。ダブルヒーロー設定で最終的にスキピオ上げに収斂していくのが見えて若干悲しい所ではありますが・・・。

尚、この講和のシーンはもう一方の主人公への導線となっており、ローマ側で出席していたプブリウス・コルネリウス・スキピオが翌年、後のスキピオ・アフリカヌスと呼ばれる事になる子を得て本編へという流れ。

その後、およそ20年が経過して第二次ポエニ戦争が起こり、ハンニバル軍がアルプスを越えてティキヌスの遭遇戦で初めてスキピオ(父子)とまみえ圧勝した所までが第一巻です。
ハンニバルが怪物的な強さで描かれる一方、既にスキピオ(アフリカヌス)も若年ながら洞察力に優れた人物として描かれており、次のトレッビア戦からカンナエ戦まで若いうちから参戦して異常に高い損害率のなかを生き延びているので、負け戦が確定している史実の中でどう見せ場を作るでしょうね。

普通に進行させたら第二巻はハンニバル主体で話が進むでしょうが、個人的には当時のローマ側の指導層であるファビウスやマルケルス、逆視点でヴァッロ辺りがどういう扱いで出て来るか興味があるかな。
それにしても、弟のマゴはともかくヌミディア騎兵のマハルバルやバレアレス諸島の投石兵が登場する作品とかそうそう読めるものではないのでこれは新鮮。

ローマのトライレム船の寸法比が微妙だったりティキヌス戦に出て来る戦象がちょっと小さいだとか逆に投槍の描写は良いなとかの細かい所を指摘するのはまあ、野暮なので、序盤読まれる方は流れを楽しむのが良いかと思います。




おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/11/18(金) 11:45:36|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。