打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

ローマ帝国の歴代皇帝を評価する その3

コラボ企画 ~名君の系譜(迷君もね)~ の続きの続き


『東西ローマ皇帝の評価』 の記事2回を一応書き終えたところ、カレッジさんからリクエストを頂きましたので、ちょっと追加で書いてみます。
前回までに初代アウグストゥスから西ローマ最後のロムルスまで、計20人を取り上げてみました。ただ、これでも結構絞らないと納まらないため、何人かの候補は除外しました。
リクエストを頂いた第4代の皇帝クラウディウスはその中の1人で、過去~現代の歴史家によって評価が異なるため面白い存在でした。



<ローマ&西ローマ帝国編3_補足>
               
クラウディウス (41~54年)     
内政B・外交B・軍事E・実績B・文化B・性格B・総合B 
※兄は夭折したゲルマニクス、父はアウグストゥスの子ではないかと言われていたドゥルースス、しかもローマ屈指の名門貴族で資産家のクラウディウス家に生まれます。
なに不自由ないと思われるクラウディウスですが、身体の不自由とあまり恵まれない体格・風采で周囲の期待をあまり受けずに育ちます。当然のことながら政治や軍事の要職に付けられる事も殆どありませんでした。
そんな彼が打ち込んだのが歴史の研究と著作。エトルリアやカルタゴ史など数十冊以上も書いたらしいので完全にプロの『歴史家』と呼べるかもしれません。
ところが甥のカリグラ帝がメチャクチャな政治の挙句に4年足らずで殺されてしまったため、50歳にもなって彼に帝位が回ってきてしまいました。で、何も経験がないクラウディウスが参考にしたのが歴史だったのは面白いというほかありません。なにしろ『大帝国のトップが経験でなく知識のみで統治する実験』
ようなものですから。各部門でこれを見てみます。

①内政面でクラウディウスが行ったのは、税の見直しなどの歳入増加策と歳出削減による財政再建・水道などのインフラ整備です。特にローマの外港であるオスティアの整備と水道の新設などの公共投資は物心両面で効果があったと思われます。

②軍事面では、まるっきり素人ですし才能も無さそうです。ただ幸運なことに先々代ティベリウス帝時代に各地を担当した有能な軍団長~司令官クラスが健在で、各地の防衛ラインは特に手を入れなくても機能しています。彼が手掛けたうちで最も大きな行動はブリタニア戦役でしょうか。かつてユリウス=カエサルが上陸し先鞭をつけた現在のイギリスを、クラウディウス帝も一時的にでも自らブリテン島に渡って地道に戦線を進めることで着実に征服します。(この時の軍団長には、後に皇帝となったヴェスパシアヌス=ティトゥス帝の父 の名が)

③外交面では、ユダヤ問題は同じユダヤ人の指導者を据えて反発を抑え、北アフリカは植民地建設による安定化を図り、それぞれ一定の効果を上げています。(ただしユダヤの指導者は後に野心を出しますが)

このように見ると、クラウディウスの統治はかなり良好だったようですが、業績が再評価されるのは近代になってからで、それまではティベリウス~ネロまでは悪帝と見なされていた時期が長くありました。
それはどこら辺かと言うと、ギリシア人奴隷を近臣に重用した為に蓄財や政治面の専横を許し、更にメッサリーナとアグリッピーナという悪妻の専横も許して多くの犠牲者が出るなど、自身が美食家で酒飲みだったことも合わせてマイナスに見られた点でしょうか。またクラウディウスの死因はアグリッピーナによる毒殺だったという説が有力で、そうした晩年の悪い印象も影響していると思われます。
性格的には真面目で責任感が強く、皇帝としての責務を果たしていたと思いますが、私人としては意志が弱いというか甘いところが致命的だったかなという気がします。


※かなり長くなってしまいましたねえ。本当はもう一人重要な人物について書くつもりでしたが、まとめと合わせて次回にしたいと思います。


おしまい。

<商会ショップ情報> 7/30の出品数

鶏ニンニク (調理中)(累計 625個)
羊ワイン   448個  (累計1060個)
ピザ     819個   (累計3835個)
クスクス    200個  (累計2198個)



FC2ランキング02 ←どうか押してってくださいなー
  1. 2006/07/30(日) 23:40:03|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ローマ帝国の歴代皇帝を評価する その2

コラボ企画 ~名君の系譜(迷君もね)~ の続き


めけさんとのコラボ企画 『東西ローマ皇帝の評価』 の続きです。
前回までに私のほうは五賢帝までを行いました。今回は段々と小粒になるかと思いきや、時々素晴らしい人物が登場するかもですねえ。
まあ私自身は有名どころの確認より、めけさんのマニアックな人物の評価が面白いんですが、初代~西ローマまでは割と目立つ人だけでも20人くらいになっちゃうんでなかなか手が届かないのが残念です。

前回はこちら→ 前回のめけさんの記事 と 前回の私の記事  

(ルールの確認) 
①リストアップは名君・有名どころのみ登場
②評価項目は内政・外交・軍事・実績・文化・性格・総合の7項目を、S~Eまでで採点。
  (但し他国の歴史上とも比較して、特筆すべき評価はSS可とする)
③書く担当は、私が初代~476年の西ローマ滅亡まで、めけさんが476年以降とします。
④気になる将軍・政治家が居ればコメントに追加も



<ローマ&西ローマ帝国編2>
               
セプティミウス・セヴェルス (193~211年)     
内政C・外交D・軍事B・実績B・文化C・性格D・総合C 
※五賢帝時代以後、自称皇帝が乱立する状況を再統一した軍人皇帝。大規模な粛清を行う一方で兵士の待遇改善や道路・港湾施設の整備などを行ったが、その結果財政は悪化した。その後パルティアに侵攻し首都制圧に成功するが、続くブリタニア遠征の途中で病死した。

同時代人のセヴェルスの評価は相当に高かったらしいが現在では・・・


カラカラ (211~217年)
内政D・外交B・軍事B・実績C・文化C・性格B・総合C 
※セヴェルスの子で23歳で帝位を継ぐ。ローマ市民権をすべての国民に与える法律を作った。この関係で増税と貨幣の改鋳を行いインフレが起こる(銀貨の銀含有量を半分にしたらそりゃなります)インフラ関係ではカラカラ大浴場は観光名所として有名ですね。またドナウ川方面での外交手腕は中々で和戦両略で安定化させます。軍事面では『ゲルマニア防壁』を改修し、更にこれを越えてゲルマンを討ち、凱旋式を行っている。また各地の軍団内から若く機動力に優れた直属部隊を創設して柔軟な運用を始めるなど、全体的に積極的な施策が多かった。


クラウディウス・ゴティクス(クラウディウス2世) (268~270年)
内政D・外交B・軍事A・実績B・文化E・性格B・総合B
※元はガリエヌス帝配下の将軍で、騎兵の指揮では特に優れていたという。帝位に就くとゴート族の討伐に成功し、『ゴティクス』 の尊称で呼ばれた、ローマで久々の軍事的勝利者。また討伐したゴート族の一部を帝国内へ移住させ農耕に従事させる一方で有事には防衛力に育てる事に成功する。治世は短く大きな内政上の実績はないが中々の人物で死後に神格化されている。


アウレリアヌス (270~275年)
内政C・外交B・軍事S・実績A・文化D・性格A・総合A
※もともとは前帝ゴティクスの騎兵長官で、公正な性格と軍事の才を買われて帝位に就く。その後ダキア地方を巡るゴート族との外交交渉でドナウ川流域の安定化に成功し、272年にパルミラの女王ゼノビアを討ち(この人は剣クエありますよね!)、274年にはガリア帝国を降伏させるなど、優れた用兵の才を発揮し帝国を再統一した。内政面では貨幣の改定とローマの城壁建設など。余勢を駆ったパルティア遠征の途上で暗殺されますが、彼の軍事面で見せた能力は只事ではなく、パルティア遠征の結果次第では過去の名将とも比肩する程の存在となっていたかも知れません。


ディオクレティアヌス (284~305年)
内政B・外交C・軍事B・実績B・文化C・性格C・総合B
※『3世紀の危機』を収束させ、東西正副4人の皇帝による統治システム『テトラルキア』を始める。更に官僚制と軍備の拡張・商業政策と税制改定等の再建策を行い、帝国内は一時的にせよ安定化する。ただし彼の死後は再び帝国内は内乱状態に戻ってしまうところに統治者としての器に限界を感じます。キリスト教徒を徹底的にに弾圧した為、近世までの彼の評価は厳しかった。


コンスタンティヌス1世 (306~337年)
内政B・外交C・軍事A・実績A・文化B・性格B・総合A
※6人が乱立する内乱後の帝国を再統一した。主な業績としてはコンスタンティノポリス(元ビザンティウム・後にイスタンブール)の建設・キリスト教の公認と優遇・ニケーア公会議・そして遷都と、政治と宗教ともに後世に大きな影響を及ぼす施策を行った。他にもドナウ川流域の安定化・専制君主制の強化・金本位制と貨幣の改鋳・身分の固定化など、評価はともかく長期政権にふさわしい多くの業績が残る。世界史上で『大帝』と呼ばれた数少ない人物の一人です。

コンスタンティウス (337~361年) 
内政D・外交D・軍事C・実績C・文化D・性格D・総合D
※コンスタンティヌス1世の次男。他の兄弟・従兄弟の計5人で分割統治・・・となるはずが争い、残ったのがこの人。父の軍事的才能は受け継がなかったようですが、一応この人がローマで行われた最後の凱旋式の栄誉を受けることになる。キリスト教の優遇政策は受け継ぎますが、性格的には猜疑心が強く、めぼしい身内を粛清しまくったために、最終的に頼れるものがいなくなってしまった;;


ユリアヌス (361~363年)
内政D・外交C・軍事B・実績D・文化C・性格B・総合C
※コンスタンティウスの従兄弟。ローマの多神教を復活させて『背教者』と呼ばれる。ほぼ軟禁状態という苦難の末に、目ぼしい近親者が粛清されてしまった為に24歳でいきなり副帝となる。ほとんど軍務の経験も無いままゲルマニア戦線を担当し、これを配下の軍団だけで越冬し乗り切り、更にストラスブールで3倍の敵に完勝するという記録的な大勝を上げることで兵・民衆の評価を得て前帝の死後に皇帝となる。彼の本質は哲学を愛した文人でしょうが軍事的にもそれなりの資質があったようです。その後、パルティア遠征では首都を陥落させたが補給が続かず撤退し、その時の傷が元で亡くなった。


テオドシウス1世 (379~395年)
内政C・外交B・軍事A・実績A・文化D・性格C・総合B
※コンスタンティノポリスを居城に選び、後にキリスト教を国教とし『大帝』と呼ばれる。ゴート族と協定を結び定住を認めた。オリンピア競技会の廃止・390年にテッサロニケの虐殺~アンブロシウスに破門され謝罪するなどいろいろありますが、全体としては危機的状況のローマを救った最後の名君の趣がぷんぷんと・・・ 実際この後数十年の多くは傭兵など軍人による実質支配が続くことになります。


ロムルス (475~476年)
内政E・外交E・軍事E・実績D・文化C・性格B・総合E
※最後の西ローマ皇帝。ゲルマンの傭兵隊長オドアケルに迫られてその退位する。(この人も剣クエ出ますよね) 奇しくも国名となったローマ建国の王と同じ名前なのは歴史の皮肉と言うべきでしょうか;; ただこの人、まだ若年で性格的にも無害だったため殺されずに余生を過ごしています。また修道院の建設などにも尽力した人でした。




(後記)
※同じテーマで複数人が何かを同時に書くのは面白いですね^^ 
  マニアックなのでなくてもまたやれたらいいかもです。
 どうもありがとでした~


おしまい。


FC2ランキング02 大海戦応援中ですよ~
  1. 2006/07/29(土) 07:22:33|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ローマ帝国の歴代皇帝を評価する その1

コラボ企画 ~名君の系譜(迷君もね)~

今回は 『歴史ファンの大航海時代』 ブログのめけさんとのコラボ企画です!
ローマ帝国の名君又は有名な皇帝をそれぞれ分担して評価してみようというもの。
私が初代~西ローマ皇帝滅亡までを、めけさんが東ローマ皇帝をという事で行ってみます。

(ルール) 
①リストアップは名君・有名どころのみ登場
②評価項目は内政・外交・軍事・実績・文化・性格・総合の7項目を、S~Eまでで採点。
  (但し他国の歴史上とも比較して、特筆すべき評価はSS可とする)
③書く担当は、私が初代~476年の西ローマ滅亡まで、めけさんが476年以降とします。
④気になる将軍・政治家が居ればコメントに追加も




<ローマ&西ローマ帝国編1>
               
アウグストゥス (BC27~14年)     
内政S・外交C・軍事C・実績SS・文化B・性格B・総合S 
※初代皇帝にして最大の名君。帝国の統治システムを1代で築き上げた統治者としての手腕は、人類史全てを見渡しても5本の指に入るかも知れません。軍事と体力の弱点も、アグリッパという堅実な将を得てカバーしています。(ガイウス・ユリウス・カエサルとの比較で総合SSは見送りに)

ティベリウス (14~37年)
内政B・外交D・軍事A・実績B・文化E・性格D・総合B
※ローマの2代目皇帝。相当に偏屈な性格で、統治期間の多くをカプリ島に引きこもりローマにはほとんど帰らなかったが、即位前後に見せた軍事的才能と、辺境対策・反対者の粛清など帝国の統治を固めた功績は大きい。

カリグラ (37~41年)
内政E・外交E・軍事E・実績E・文化B・性格E・総合E
※あまりにメチャクチャな中身全く無しの狂人皇帝だが、母方はカエサル家・父方はアントニウスの孫の英雄ゲルマニクスと血統はかなりのもの。剣闘士大会など当初の人気取り政策の結果、国庫が空になるや金策に走り次第に支持を失った。 (三国志の劉禅みたいな能力値にw)

ネロ (54~68年)
内政E・外交B・軍事C・実績C・文化A・性格E・総合D
※前半は大哲学者セネカや軍人コルブロなど優秀な臣下の貢献で公共工事やブリタニア対策・パルティア対策では成果を残したが、後に一人立ちすると放漫な経済政策と残虐に家族・近臣を粛清し、一気に民心を失う。前半の功績だけならC以上なんですが・・・

ティトゥス (79~81年)  
内政B・外交C・軍事A・実績B・文化B・性格A・総合B
※即位前はユダヤ戦役でイェルサレムを攻略・終結させた優秀な軍人。即位後は大地震や疫病・ポンペイが埋没したヴェズヴィオ火山の噴火など相次ぐ大災害の危機管理を陣頭指揮し、民意振興の娯楽などもやり遂げた直後に亡くなった。彼が長期政権ならと惜しまれます。

ネルヴァ (96~98年)
内政C・外交D・軍事E・実績D・文化C・性格A・総合D
※五賢帝の1人目。その後に続く禅譲による賢帝の時代を始めた功績は非常に大きい。本人はバランス感覚に優れた常識人ですが、高齢でもあったので目立つ業績はない。というより、わずか2年間ですがやるべき事を無難にこなせば良いくらいに帝国は安定していたと言うべきでしょうか。

トライアヌス (98~117年)
内政A・外交C・軍事A・実績S・文化B・性格B・総合A+
※五賢帝の2人目。パルティア・アルメニア・ダキア(ルーマニア)など度重なる戦役のほとんどを勝利し、帝国の最大版図を築き上げた。外交的には後に各地で戦乱が起こっているなど安定しなかったが、公共施設やインフラ整備も積極的で、全ローマ史でも屈指の名君との評価が一般的です。アウグストゥスとの比較で総合はSに至らず。(+修正済み)

ハドリアヌス (117~138年)
内政B・外交C・軍事A・実績A・文化A・性格C・総合A
※五賢帝の3人目。現場重視で帝国領地内の各所を積極的に巡察して回り、軍事面ではブリタニア北部やゲルマニアに防壁を築くなど安定に努めた。法整備やオリンピア競技会への援助など文化面の業績も高いが実はトライアヌスもハドリアヌスも同性愛者だったり・・・
この人はアウグストゥスとトライアヌスの比較で総合Aどまりに。

アントニウス・ピウス (138~161年)
内政B・外交C・軍事D・実績C・文化C・性格SS・総合C
※五賢帝の4人目。目立つ業績はないが、とにかく慈悲の人。元老院に嫌われた先帝ハドリアヌスが記録抹消にされそうになると涙を流して懇願し、『ピウス=慈悲深い人』と呼ばれた。業績的には安定志向で目立つものはそうありませんが、インフラ整備や防衛ラインの補強など、地味だけど次代に着実につなげた点は評価。(総合Bでもいいかも)


マルクス・アウレリウス・アントニヌス (161~180年)
内政B・外交B・軍事C・実績B・文化B・性格A・総合B
※五賢帝の5人目。別名哲人皇帝とも。思索にふける型の賢者だった。ゲルマニア戦線やパルティアなど自身の資質は軍事面ではないにしても結果として統治期間の大半を戦場で過ごした。娯楽には乏しくても自身で著作を残した点は文化をプラス評価したいです。継がせた子供がどーしようもない点は実績・総合共マイナスですが。。

5賢帝まで来てちょうど良いところなので、今回は一旦ここで切ります。
続きは次回に!(これ書くの思った以上に時間が掛かります;;)

おしまい。



商会ショップ出品数 7/27夜~7/28朝

鳥ニンニク 116個  (累計 625個)
羊ワイン  (製作中)(累計 612個)
ピザ     623個  (累計2916個)
クスクス   999個  (累計1998個)


※なんか売れるの異常に早かったです。小出しに分散することも必要かなあ


FC2ランキング02
押してってね~
  1. 2006/07/28(金) 09:20:05|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

需要的にはどれ?

需要と供給


調理の修業中で、商会ショップに生産した料理をせっせと置いています。
総数1万食以上とか告知しましたが、修行期間中の生産数を計算したら、最後までやると20000~30000食にはなりそうで・・・・
・・・
・・・
大丈夫か? 『めげない心』 
さすがにチョッと自信ないかもです・・・

ただ思いますが、今までやってきた鋳造や縫製の修行と、今の調理で決定的に違う点が1つあります。
真鍮もベルベットも普通にお店で売っていますが、料理は誰かが生産しないとまず手に入らない(NPCから収奪すれば別ですが)、
生産者の遣り甲斐が非常に大きいアイテムだなと。
当たり前のことなんですがねえ、これ結構修行中のモチベーション違いますよ!
売るときに必ず相手(他のプレーヤーさん)の事を考えるわけですからね。
さて、その 『相手』 の事を考えると、私が作っているうちで 
今売れる&欲しい料理 はというと、
①マグロステーキ ②クスクス ③鳥ニンニク ④ピザ
あたりでいいのでしょうか? 
そう、大海戦まであと2日!です。
せっかく料理を大量生産体勢に入っているイスパ人がここに居るわけですから、本来はマグロステーキとクスクスを溜めに溜めて、一気に放出というのが一番喜ばれそうです。
ただ、マグロ釣るの時間掛かるんで大量に供給できないです;;
たぶん同じ時間でクスクス3倍作れるんで、あと2~3日こちらを集中的に作ろうと思います。


おしまい。



商会ショップ出品数 7/26夜~7/27朝

鳥ニンニク 509個   (累計 509個)
羊ワイン   612個   (累計 612個)
ピザ     (製作中) (累計2293個)
クスクス   (製作中) (累計 999個)
※昨日は早寝したんであんまり作れませんでしたね。(なんせ今日4:30起きです)


FC2ランキング02
  1. 2006/07/26(水) 23:11:16|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

新職業を予想してみる

予想屋さん その1


既に公開されている、熟練剣士・遊撃隊士・銃士だけでなく、未公開の職業が登場するようです。って事でこれを勝手に予想する、もしくは希望的に妄想するのが楽しいんじゃないかと。海事系の新職業は上記の3種らしいですね。しかしまだ冒険系・商人系は発表になっていません。果たしてそれぞれ3種づつ登場するのでしょうか?

例えばこんなのはどうでしょうってのを・・・
(本気で当てにいってるとは思えませんが)



<冒険職>
 武装伝道師
自ら進んで未開の地へ布教に乗り出す宗教者。しかも入信しないものは武力に訴えるし、攻撃されても反撃を食らわせられる文武両道な側面を持つ。
優遇スキル=探索・宗教学・考古学・ラテン語・中南米土着語・身体言語・援軍要請・剣術・銃撃。

 コンキスタドール
冒険・商人・軍事能力を兼ね備えた上級職。未開の地を探検し、黄金財宝を求め、貪欲に征服活動を続ける者たち。実際は単なる軍人ではなく、探検で自ら拓いた植民地を経営する能力も問われる事も。
優遇スキル=探索・地理学・視認・財宝鑑定・開錠・行軍・中南米土着語・貴金属取引・突撃・収奪。



<商人職>
 総督補佐官
植民地などの拠点を経営面でサポートする上級職。他国や現地人の攻撃にも対応するだけの武力と、収益力を兼ね備えた商人の一つの到達点。
優遇スキル=会計・香辛料取引・香料取引・貴金属取引・宝石取引・社交・酒宴・戦術・防御・統率。

 掌帆長
船内で帆・ロープ・索具などの船の部品製作と修理・装帆の管理監督を行い、軍船では異色の職人的な軍務を負う。針仕事が得意な為、乗組員の衣類を直したり使い古した帆から様々な物を作り出す特技も。その多彩な 『使える』 職能ぶりから、後にインド洋沿岸で希望者殺到に・・・?
優遇スキル=会計・縫製・繊維取引・織物取引・工芸・採集・補給・造船・修理。
(この職あったらむっさええなあ)


 羊飼い
初の家畜取引優遇が?? 商人というより農民に近いが、自給自足が強みの生産職。 
優遇スキル=家畜取引・繊維取引・織物取引・食料品取引・調理・採集・調達・統率と微妙なスキルが続き、そしてなぜか宗教学が。(羊飼いはいちおう象徴的な存在なんで)


※最後のは謎ですが、どれも自分の欲しい物だけ書いてるような・・・
   発表があるまで、思いついたらまた書きます~

おしまい。



(商館ショップ出品情報) 7/25夜~7/26朝の出品数

魚介のピザ    754個 (累計2293個)
クスクス      999個 (累計 999個)
羊ワイン煮込み  519個 (累計 519個)



FC2ランキング02
応援クリック押してね~
  1. 2006/07/25(火) 23:38:40|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーゲンセール!

<報告と読者感謝のお知らせ>


※このたび交易商人に転職しました。目的は調理スキルの上達です。という事で、当ブログを見てくださっている方々への感謝を込めて、こんなお知らせを致します。また日頃の生産者ぶりを見て頂く機会かとも思いますので。


明日から10日間くらいの間、
料理のバーゲンセールを行います!
総出品量は楽に1万食以上を予定!!


期間中は、
Notosマルセイユ15番商館
 『世界の船窓から』
 

にぜひお立ち寄り下さい。他にも商会のレアハンター達の自慢の品々始め様々なアイテムが並んでいます!(と思う、たぶん) また、商会へのご入会者様も随時募集していますので、ご希望の方は、是非申請の程をお願いします。マッテルヨ。




(主な広告の品)

魚介のピザ      1X00~1X00㌦ (通常価格2000㌦前後のところ)
鳥ニンニク丸焼き  2X00~2X00㌦ (通常価格3300㌦前後のところ)
クスクス        2X00~2X00㌦ (通常価格3000㌦前後のところ)
羊のワイン煮込み  2X00~2X00㌦ (交易商人転職アイテムですので売切れ必至)
マグロのオリーブステーキ(限定品) ・・・超特価にて大奉仕!!


※その他、大砲・帆なども限定特価で時々出品する予定です。



(注意書き)
※ピザかクスクスはあまり切らさないように、なるべく毎日作ります。但し、売り切れの際にはご容赦下さい。(昨日は@1400㌦で出したピザが、日曜日という事もあって1時間ちょっとでほぼ完売しています)
※また、価格的には明らかに相場より安くなります。購入数についてはもちろんご自由ですが、なるべく多くの読者様に届けばと思い、告知生産と販売をしているので、その辺りをご考慮頂ければ幸いです。
※1度に出品できるのは3種類のみですが、メイン以外にも他の品々も日替わりでいろいろ出品しますのでお楽しみに!


(他サーバーからご来訪の方に)
普段来られない他サーバーがメインの読者の方には、N鯖でのキャラクター様の本国などへの出張・受注生産も致します。またINしている時はだいたい西地中海にいますので、N鯖ご来訪の際にはぜひTell又はここに事前コメントをして下さい。(期間終了後も、飽きて転職するまでは随時やりますヨ)

(価格について)
売れ行きと材料原価・カテ1や神秘の香辛料等の入手状況を見て若干変動しますのでご了承下さい。基本的に利益を上げる前提の活動じゃないのですが、あまり安くすると相場を壊して他の生産者さんに迷惑が掛かってしまいます。
採集や探索などで数百個単位を安く必要な読者の方は、コメント・テルなど直接ご連絡を下さい。



なんだか普段と違う記事ですが、たぶん今回限りですのでご容赦の程を。


FC2ランキング02 ←どうかここおしてくらさい!
  1. 2006/07/24(月) 23:50:17|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

第2回ドー〇ィカップ後記

タイトルが伏せ字のあやしい商会イベント


第2回ドーティカップに参加しました。
・・・
・・・
怪しすぎる大会名ですねえ。
これDOL知らない人が見たら何だと思うんでしょうw

まあ、
商会長のめけさんが企画した冒険者・商人向けのルールでの模擬戦 (←こちらを参照に)
のことなんですが、これに初参加させて頂きました。


ドーティカップ01
最初は3on3~4on4で、まあこんな体勢で何度か勝ってたのですが、

ドーティカップ02
2回戦以降、4on4で商会の軍人さんが2人向こうに付くともう歯が立ちません;;
この絵見ただけでも、もう終わってるの分かりますw
(そもそもわたし、冒険者のショコラさんにも歯がたたないんですが)

でも面白いですね、こういう対人を全然やらない人でも気軽に参加できる形式は。


ドーティカップ03
んで最後に記念撮影を撮って


ドーティカップ04
乾杯で〆! 

そのまんまな記事ですが、こんな感じです。
どうも皆さんお疲れ様でした!!
それからありがとです~



おしまい。

FC2ランキング02 ←打つべし!打つべし!打つべし! (いえ、どうか打って下さいw)
  1. 2006/07/23(日) 23:55:33|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

地味~なスキル調整

転職前にやることと言えば・・・


昨日、マルセイユで交易商人のクエを紹介して頂き、さあ転職!
とはならないんですね、これが。
スキル調整ってやつです。
交易商人は繊維と織物取引が付いているんで、必要なのは染料取引あたりです。
またこれ地味だなあw
しかしですね、地中海で染料出るのがチュニスの貝紫・ラグーザのウォード、
ガンディアの貝紫&ペルシャンベリー・それからベイルートのベニバナ ・・・ 
染料はもともと大量に買えないから上げづらいです。  
んで、どうせなら目的もってやろう!と思って準備しているのが

『投資紙作り』 


またまた地味に選びましたw たぶん手順はこんなとこでしょうか。

アテネで羊皮紙とワックス
   ↓ 
ガンディアで染料2種(場合によってはアテネ往復)
   ↓
ベイルートでベニバナ買付け
   ↓
投資紙の大量生産
   ↓
ガンディア
   ↓
アテネに戻る

カテ2を少し使いますがこのローテでどうかなあ?
但しこのルート、日によっては危なそうですね。
うーん、社交上げたい人なら役に立つルートでしょうが

『染料育てる意味あるのか?』

と言われると確かにスキル枠足りないんで返答に困ります^^);
ま、その時はその時です ハハハ・・・
多分、何周かしたら飽きるとは思いますんでてきとーに。


おしまい。

FC2ランキング02
クリックよろしくです。 (ペコリ
  1. 2006/07/21(金) 05:09:50|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅雨明け前にコレやっとこう

あと数日で・・・?


猛暑の後に集中豪雨、ここ数日の天気は典型的な梅雨末期の症状の様に見えます。
んで、梅雨明けの合図のように起こるもの

「ドッカーン」 と一発 でかい雷雨 が来て

ハイ、梅雨明けましたw
となる気がしている今日この頃です。

・・・
・・・
でさあ、なんかヤナ予感しません?
私、昨日買いましたよ、UPS (無停電電源装置ですね)
自分の部屋用に! 
航海中とか戦闘中に停電来ると、アセりますよお~
生産で街中に居てもビビリますからねえ。
(ま、個人でUPSはやりすぎだろ、とも思えますがね^^)


おしまい。 (あとでもう一本上げるかも、ですが)
FC2ランキング02
  1. 2006/07/20(木) 15:27:06|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

職業選択に困った!

調理→工芸へのルートは?


以前 『3つ目の生産修行』 として調理と工芸を考えたのですが、実際に転職間近となって結構困っています。というのも、この2つの生産スキルは関連性が非常に高く、続けて育てやすそうなのですが、両方満たす中級職が無いんですね。それじゃどうしよっか、という事でちょっと考えてみます。



(調理で欲しそうなスキル)
食料品取引・調味料取引・嗜好品取引・酒類取引・香辛料取引・家畜取引・工芸・釣り等。


(工芸で欲しそうなスキル)
酒類取引・食料品取引・嗜好品取引・工業品取引・工芸品取引・貴金属取引・宝石取引・採集・鋳造・等


やっぱり多くのスキルがかぶってます。これを考えると、先を考えて取得していく必要がありそうですね。但し欲しいからって全部取るのは無理なので、一時的な取得も含めて2~3個に絞るとなると、優先順位はこんな所でしょうか。(既に調理R8・工芸R7です)


調理 =食料品取引・酒類取引・(家畜取引・香辛料取引)
(R10ピザ&クスクス、R12羊ワイン、R14鳥ニンニクなど)

※正直なところ、オポルトでカテ1使いながらピザをひたすら作っていれば、R15到達するような気がします。R10~R15までの総熟練度が73000、R10レシピなら最後まで熟練2~4くらいは入りそうなので、大体18000~24000食くらい作ればいけるんじゃないかなと。
・・・
しかしこれじゃツマラナイですね。それと1種類じゃあんまり持てません。という事で時々クスクス・羊ワイン煮込み・鳥ニンニク丸焼きとかバリエーション持たせると良いんじゃないでしょうか。それと、この後は工芸で採集生活に入ると思われます。複数でやることもありそうなのでなるべく艦隊効果のある料理を作っておく必要もありそうです。
もう1点、将来パティシエになる場合を考えると、どこかでバウムクーヘンとププランを作っておくことも考えておきたいですねえ。息抜きのマグロ釣りもアリです!



工芸 =酒類取引・採集・(嗜好品取引・工業品取引) 
(R7ワインビネガー&ラム酒、R8シェリー、R10石像、R10~14鉱石削りなど)

※なんというか途中までシンプルだなあ、このルート。ワインとサトウキビを買えるマディラをメインにやるなら後はセビリアかオポルトくらいですから、R12あたりからは採集とセットであちこち行くか、機械的にやるかの決断が問われそうです。



さてここで、ある上級職が浮かびます。 
『パティシエ』 これ良さそうです。今の状況的には、ほぼ完璧にスキル揃ってますw

パティシエ
調理+1工芸、酒類取引、食料品取引、嗜好品取引、調味料取引、採集、調達)

これなら 採集→工芸 と調理を平行して育てつつ、酒類や食料品取引を共通で上げられそうです。採集で消費する膨大な料理を自前で用意しつつ、料理スキルも無理なく続けられるかな。
・・・
ただねえ、条件が結構厳しいです。商人LV56~、合計LV116、名声5万、調理LV12のクエこなすわけで、よく見ると商人系の上級職の中でも特にキツイですね。。当面はこれか工芸師を目指すのかなと思いますので、名声やLVあげなどこれに合わせた動きも考慮すべきでしょうか(あんまりやってる人いなそうですが)


こうして見ると、調理と工芸は共に非常にレシピが多く楽しめるものの、本気で上げる前提では数えるほどしかない点では鋳造と縫製にも通じるものがあります。
ただなんというか重要なのは、上げるだけが目的ではなく、上げる過程を考え・工夫し・楽しむことにも有る気がします。同じことばっかりやっていてはつまらないし、中の人の生産スキルも上がらないですしね。(本当は、キャラと同様にプレイヤーも材料やレシピ・相場に習熟していないと、RANKだけ高くても真の生産者とは言えませんからね)


おおおーい、長々書いてた割には結論無いじゃないか!
えっとですね、酒類取引をメインに据えると交易商人、調理Rが欲しいと調理師ですかねえ。
(最後の最後でえーかげんw)

おしまい。


FC2ランキング01
ポチッと押してってね!
  1. 2006/07/19(水) 23:32:16|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縫製R15レシピの果てに

最初で最後のメイン帆作り・・・かも


週間ぶりにインドから帰還しました。
目一杯に生糸を積んでなんとかケープまで来たものの、ここで金糸用の砂金を買い込んだらもう水も食料も入りませんw 残り倉庫枠が25個弱、ビールを密造して残り4・・・オイオイ

早朝にも関わらず、ここで買い付け支援してくれたポルトガルの人が本国へ帰還するというので、連れて帰って頂きました。 
ところがもう、迷惑かけまくりです。なにせ1日目でいきなり水切れ・食料切れ・・・

疫病は伝染させるわ、ビールと水を何度も分けて貰うわで、 なんつーか私いない方がマシです。Sさん本当に有難うございました。

さて、そんなこんなで本国に帰還した私は、『せっかく縫製R15になったのだからなにかそれらしい事しておこう』 と思い、R15メインフルリグドセイルとR12~13サテン製ラフカラードレスを作っておこうと考えました。まあ、ある意味基本ですね。『サテン~』は仕立師になるためのクエで必要な納品アイテムで、しかも3着必要です。大変だよお。 ただ、これ作るのはモード5のレシピですが、商船ドロップのみの人気レシピなので商館見ても、まあまともな価格で置いていません。
(実は1箇所見付けましたが、価格がウンM・・・どうしよう)
流石に買っていいものか迷ったので、取り敢えず北海に移動してメイン帆作りに入りました。


メイン帆02
    (こういうやつ、確かに便利かも)

メイン帆を作れるレシピ2通りのうち
①2枚スルと3枚ステイセルの大成功品+ボンネット=確実に成功
②麻生地60・鉄材40・木材40で直接生産=大成功品のみメイン帆に


メイン帆01
        (こんな感じで成功する)

①は手持ちに2組分あったのでそれを先に作り、その後アムステルダム~ハンブルク~オスロ・ベルゲンで②をぐるぐるとやっていました。

(結果)
およそ半日、約40~50回トライして、成功したのがわずかに7個・・・
私は生産系の商人なんで、いままで生産活動それなりにやってきていますが、この作業だけはかなりメゲました;;
最後はもうオスロ行くのが面倒なんで、商館売りで安めの木材を買い込んで作ったんですがねえ。。

※メイン帆は戦闘のときは外すでしょうし、PKなどで取られない限りまず一生もののアイテムです。ですが今日の作業をやってみて、バザーでメイン帆売っている人が2~2.5Mくらいで出している気持ちがようやっと分かりました。今まで、『これ原価だとハズレの差額も入れて300Kしないだろ~、いくらなんでも高すぎるよ』 と買わなかったのですが、あー無理ないかも、と思いましたデス。


タイヘンだコレ・・・


おしまい。


FC2ランキング02←押してね!
  1. 2006/07/18(火) 23:07:46|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦列艦より強力なフリゲート艦!?

世界初の装甲艦


大航海時代、更には19世紀前半の戦列艦の時代まで、軍艦の船体の素材は木製でした。
もちろん、補強用として一部に銅板や鉄板を張り付けたものはありましたが、全体を鉄で作った軍艦の登場は一体いつ頃で、どのような経緯で生まれてきたのでしょうか?



(木材の払底)
18世紀末には、イギリスにおいて最良の木材と考えられていた樫の木が次第に枯渇してきます。なにしろ戦列艦を1隻作るには木材を数千本は消費します。(ネルソン提督のヴィクトリー号には6000本の木材が使用されています) 長い戦争の果てにイギリス本土の良質な森林資源が消滅しても不思議ではありません。

(部分的な鉄材の使用)
船体といっても、外板、竜骨(キール)、肋骨材(リブ) などありますが、18世紀になってこのうち構造部分の肋骨材などには鉄骨が一部で使用が始まります。また1777年にはイギリスで鉄製外板の小さな客船が登場しました。更に1820年にはイギリスで全鉄製の汽船が誕生し、郵便船として就航します。ただしイギリス海軍省などでは、薄い鉄板では強度に問題があると考えられていたため、軍艦ではオーク材やチーク材がその後も使い続けられ、鉄材の使用は徐々にしか進みませんでした。
この辺り、新しいものを取り入れるには、なにか決定的なことが起こらないと人間なかなか認めがたいのかも知れませんね。

(大暴風雨)
1838年、イギリス海峡ですさまじい暴風雨が発生します。
多くの船が座礁・破壊されてしまう中、このとき海峡内に居た船舶のうち、まともに生き残ったのは鉄製の汽船『ギャリー・オーウェン号』ただ1隻でした。この結果、強度面で鉄材の優位性が認められ、商船や一部の国の軍艦などで鉄板の使用が本格的に始まります。

(木造艦の終焉)
1853年11月30日、クリミア戦争のさなかでトルコの艦隊がロシア艦の攻撃を受けます。
このとき全艦隊が木製の軍艦だったトルコ艦はロシア艦の砲撃で完全に破壊されてしまいました。これにより各国、特に参戦していたイギリス・フランスで装甲艦の設計が活発となり、新時代を迎えることとなります。

(フランス装甲艦の登場)
1859年、フランスは世界最初の装甲フリゲート艦 『グロワール号』 を進水させます。
この船は基本的には木造でしたが、両舷の外板が10~12mm程度の鉄板で装甲され、速力13.5ノット・ライフル砲36門・240mm砲6門・160mm砲24門を備えた強力な船でした。

仏グロワール号(グロワール号)


(イギリス艦の歴史的傑作)
1861年、フランスのグロワール号の登場に対抗する形で生まれたのが、史上有名なイギリス艦 『ウォーリア号』 でした。 ウォーリア号は全船体が鉄製の軍艦で、速力14.4ノット、178mm砲34門で、114mmの装甲が船体中央に施されていました。 ところで戦艦の定義としては『自分の主砲に耐えられる装甲をもった軍艦』 と言うのが考えられ、ウォーリア号は砲撃力と防御力のバランスから『世界初の戦艦』と呼んでいい位の革新的な船でした。(正式に『戦艦』の呼称が与えられるのは1868年のオーシャン号からです)

英ウォーリア号(ウォーリア号)


(戦列艦より強力なフリゲート?)
グロワール号もウォーリア号も、主砲の砲門数は30~40門程度で、従来の海軍の分類では5~6等級艦である 『フリゲート』 に分類されてしまいます。しかしこの両艦の攻撃力・防御力・速力を考えると実質的に戦列艦を上回る能力をもっていて、この両艦の登場を境に、大航海時代以降、200年前後に渡って従来の軍制上の頂点だった戦列艦は完全に旧式化してしまう事となりました。

※その後世界各国がこれを手本として海軍を整備してゆきます。イギリス艦とフランス艦の影響を非常に多く受けたのが、実は自力で軍艦建造の能力が無かった明治時代の日本海軍なのですが、それはもう大航海時代とは別の話ですので、今回はここで終わりとしますね^^

おしまい。


FC2ランキング02 ←ご支援クリックを!
  1. 2006/07/17(月) 21:06:26|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

採算ラインのマニアックな追求 その2

採算ラインをキッチリ考える その2:ベルベット編②


<Ⅱ・カテゴリー3入手レポート>

今回は、生産活動を続けるための必須アイテムである、『カテゴリー3』 を入手する手段についても考察してみます。行く前と行った後では準備の仕方に大きな違いがありますので、何通りか見てみます。


(カテゴリー3の入手方法)
①クエスト達成
商人ならクエストこなしてロット貰うってのはオーソドックスですが、数こなせば結構馬鹿に出来ません。
   (有名どころ)
   セビリア~コペンハーゲンのレースクエ =7枚
   アムステルダム~マルセイユの両手剣クエ =7枚
   カ
リカット~ケープの生糸クエ =9枚
      ※ヨーロッパに居る時は地道にセビリアとアムスの両クエをこなしておきましょう。
       他の交易のついでにマメにやってれば結構100枚単位でためられます。


②造船によるロット入手
●今や造船修行は、このロットの登場で結構利益の出る、少なくとも赤字にならない作業となりました。ただし地方によってもらえるロットと中身が異なりますので、それぞれのプレースタイルに合わせてやってみて下さい。それと、原価は最も安いでしょうが、時間の拘束は最も大きい方法ですので、プレイ時間が短い社会人の方は無理が有るかも知れません。(ながら作業はかなりオススメ^^)

 (例)ザンジバル/ローズウッド製サムブーク /店売り損失400K )
    →ロットNO.4=注文時13枚、売却時11枚 =計24枚、

 カテ1  =10%  14K-16K (売れそうな最低価格※)
 カテ2  =10%  50K-55K
 カテ3  =20%  100K-120K
 カテ4  =15%  80K-90K
 投資書 =15%  09K-10K
 依頼書 =20%  09K-10K
 クスクス=10%  04K-4.5K  予想価値の平均=41.95K~

※設定価格はかなり主観入っています、というかかなり違うかも。ご指摘頂ければ修正します。←7/17朝、修正済み(1回目)
また売る地域で大きく異なりますので、細かい数値にこだわる方は各自で再計算してみて下さい
※何種類もあるロットですが、カテ3を高い確率で入手できるのが、アフリカ東部でもらえるNO.4と紅海のNO.6だと思います。カリカットのNO.7も名匠仕立てが出る事があるので良いですが貰える枚数が少ないので多少割高です。
※上記の期待値で、ロットNO.4には42K以上の価値がありそうですので、ローズ製サム1隻当たりの損失が400Kあっても、24枚×42K=1008Kの価値があり、逆に608Kの利益が出ます。
※造船R10以上の方は、アラビアンガレーの方が高いので枚数もらえてオススメです。
(サム1隻=造船12日ですから、手続き込みで1隻=14分/14日として608/14=43.4K/日の利益 →1枚当たりの期待値と1日当たりの利益がほぼ同じなのは興味深い)



③ロット買い
●造船と比べてなんと言っても時間の短縮は大きいです。
●ロットを直接買う場合も、下記の期待値により、NO.4で42K以上、NO.6で45K以上、NO.7では更にそれ以上の価値がありそうなので、35~40K以下で売りが出ていたら買ってみるのも面白いかも知れません。
また、バザーに出ているのは40~45K付近が多いですが、『このロットはもっと価値あるぞ』と言う方はその価格で計算して見てください。(いらないものは上記価格以上で再販できれば、です)
●当然ながら運に左右される買い方ですw んで当然自己責任で売買をお願いします・・・ですが1000枚単位で買おうとすれば段々平均的になってゆくでしょう。
●カテ3の出現がいいロットでも15~25%位ですから、必要数の5倍程度の購入が必要で、まとまった手持ち資金が無いとめんどくさいです。(再販である程度の回収はできますが)

ちなみに他の目ぼしいロットだと・・・(怪しいデータですからあくまでも参考までに)
 (1/2/3/4/投資/依頼/他で)
 NO.1 =20/10/05/05/20/30/10 停戦書          →期待値21.6K
 NO.4 =10/10/20/15/15/20/10 クスクス4K       →期待値42.0K
 NO.6 =10/15/25/10/10/20/10 神秘の香辛料9K  →期待値45.5K
 NO.7 =10/10/15/25/20/15/05 名匠仕立て&カード →期待値44.5K+α
 NO.9 =20/15/10/10/15/20/10ハンザ50K      →期待値36.5K
 NO.10 =15/15/10/10/10/30/10停戦書         →期待値31.5K

こんな感じでしょうか。実際、インド洋・アフリカ東岸で出るNO.4・6・7が主力となると思われます。あとは比較的入手のしやすさだとNO.9でしょうか。(NO.1やめときましょうねw)↑7/17朝修正済み


④シャウトで買い付け
●現地ではこれが普通かもしれません。カリカット・ホルムズ・ザンジバルなどあちこちで修行している造船屋さんが、カリカットなどの主要港に売りに来るようです。

 1)リスボン 相場=100K~ ・・・よく、「80Kで買います~」 という声を聞きますよね!(どうもそれではあまり買えないそうです)
 2)カリカット 相場=120K~ ・・・(ここの数字が一番大事かも) 7/17朝修正済み
※記事上げた後に教えてもらった上記の数字ですが、本当はここが採算ラインを考える上で一番重要かもしれません。相場が悪いと50個売りで+120Kを下回ることが良くあります。1枚で作れる個数次第ですごくシビアになりそう・・・(めけさん有り難うございます)


※もしバザーや商会で50K以下で売ってる人がいたら、なにかの間違いか大チャンスなので財力が許す限り買ってしまいましょう! (本当の初心者の方には教えてあげるのもアリですよ) 


(後記)
※かなり長くなってしまいましたが、実際にはプレイを効率ばっかり追い掛けるのが本当に楽しいかと言うとそれは違いますよね。私の感覚では効率プレイをやると、その後リバウンドでボーっとしたり無駄な動きをしている事が多く、ガス抜きは必要と思います。ただし一方で、『知らずに効率の悪い動きをする』  のとはまた別の話で、こういう記事が多少なりとも役に立てればいいのかなと。

※あと目的ってのもポイントでしょうか。 
『何を上げるか・育てるか・それとも楽しむのか』 によって見方はかなり異なります。 『上げる・育てる』 って事自体が楽しければそれは最高です。だけど結構作業的な事を数十時間するわけで(下準備も入れればもっとです)、そこをメゲナイ心が無いと達成できませんね。多少の支援は受けるにしても、そうやって自分の工夫で上げた人は、上げていく途中の面白さ+そこから先の面白さも一味違うんじゃないでしょうか。

最後に私の感想として、下積み修行が出来る・向いてる人にとっては 
生産活動は楽しいよ!
とだけ書いておきます。

おしまい。

FC2ランキング01
↑↑↑ マニアックな記事ですが、応援クリックお願いです~
  1. 2006/07/16(日) 23:31:43|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

採算ラインのマニアックな追求

採算ラインをキッチリ考える その1:ベルベット編①


(あらかじめお断りを)
 ①生産をやらない人にとってはどーでもいい記事かも知れません。
 ②生産はここまで細かく考えなくても充分楽しいスキルです。
 ③この記事やたら長いので・・・スミマセン、多分1回じゃ終わりません。
 ④イスパニアの縫製屋という限定的な話ですが、一部は汎用で役に立つかも。
 ⑤なんというかネタバレかも、ですねえ。 自分で身をもって知りたい方はごめんなさいです。
※こういった前提の記事ですが、ハマル人には保存版となるかも知れないものをやるのも一興かと。

  さあ、このマニアックさについてこれるかな?


<教えてもらった事>

『ベルベット生産』をやってて採算ラインになる、
   生糸買い→ベルベット売り の相場の目安は、
   『同盟港なら繊維取引R10+3で最低30~40%差以内』、
   『他国だったら、R12+3は欲しいところ』・・・

これ実際に現場でカテ3を1枚使って生糸を買い、ベルベットを売っていたある御方が判断した話なので、理論じゃない生の声です。地道に隣町~往復して生産するならまた別ですね。
・基本的に1枚当たりの利益がカテ3の入手単価より低かったら完全に赤字です。
・またそれ以上の利益でも、少なくては他の交易やった方がイイって話にもなるでしょう。
・但しこれは利益ベースの事で、経験値・名声の上がり方は普通の交易とは比較にならない位に大きいです。

この記事は 『ベルベット生産』 における色んなデータを把握することにより、より正確な根拠と言うか判断基準を与えようという試みです。だって、『繊維取引R10+3以上』なんて相当やらないと達成できないでしょう。そうじゃなくても 『この目的・条件ならやれるかも』って事だってあるかも知れません。
だからむしろこれから挑戦する生産の中級者向けのガイドに近いと思います。
ただ、如何せんサンプルが自分自身だけなのでデータのバラつきも有りそうですが、そこはご容赦下さい。



<Ⅰ・生産レポート>

(鯖)   ノトス
(港)
   マスリパタム (2006年7月15日現在=イスパニア同盟港)
(国籍) イスパニア
(副官) 主計長A  縫製・繊維スキルなし


ベルベット01
(生産品) ベルベット
(生産数) 2~3個、大成功期待値25%=2.25個

(原料) ①生糸×3 ②刺繍糸×1(生糸×4+仕立て道具×1=4~6個)
      ※刺繍糸=生産数4~6個、4×37.5%、5×37.5%、
              大成功期待値25%=4.88個
              4÷4.88=0.82 →生糸0.82=刺繍糸1個

生糸の実質消費の予測)(3+0.82)÷2.25=生糸1.698個→ベルベット1個
      ※つまり、生糸100個だと、大体58.9個のベルベットが出来る計算に。
      ※大成功の期待値が25%ってのはちょっと高目かもですが、22%でも
        4.83個&2.22個=1.72個=100:58.1 なのでほとんど変わりません。
      ※仕立て道具の消費量は、1÷4.88÷2.25=0.091:ベルベット1 なので、 

仕立て01仕立て道具1=ベルベット11個 製作可能と思われます。

(その他必要なもの) 
カテ3①カテゴリー3   クスクス②料理(クスクス・ピザなど)

(ここでぜひこの点を)
※生産中は繊維支援を受けて数人で作る事も多く、クスクスなど艦隊効果がある料理だと非常に喜ばれます。
※支援を受けられ、しかも相場が良い幸運なときは、酒場に移動する時間すら惜しまれます。また、支援してくれる人は交易所前から離れられない事も多く、ヨーロッパから来るときなどは複数の料理を許す限り目いっぱい持ってくることをお勧めします。私はクスクスを1399個、ピザ400個、鳥ニンニクを200個用意しましたが、それでも2週間位しか持ちませんでした。繊維取引をR12~とかに上げる人の苦労は並大抵じゃないんで、この位は役に立ちたいな、と思ったわけですねw
  (相場が悪めのときにあまり料理を使うと、料理代のぶん採算が悪化しますんで、無理の無い範囲で)

(売買価格) 生糸買い=約1670、ベルベット売り=約6800 ※100%前後の各売買単価
(繊維R別の生糸購入可能数)
  ※N鯖マスリパタムのイスパニア人の場合
  R07=66 
  R08=71   ※現状の素の取引ランクでの購入量
  R09=76 
  R10=81  ※+2ブースト時の購入量
  R11=86
  R12=91
  R13=96
  R14=101
  R15=106
  R16=111
  R17=116
  R18=121  ※R15+3の方に支援頂いたときの購入量


(生産結果)
 R15+3=R18 の生産量=平均71.4個(12回実施)
  ※生産比率=生糸120÷ベルベット71.4=1.68:1 
    →試算値1.698なのでほぼ計算通りです。

(生産結果のまとめ)
  ※生糸1440個購入でベルベットが857個作れましたので、生産比率は1.68:1

生糸01生糸1.68個で
   
ベルベット01ベルベット1個 作れる計算です。


(利益)
 ※1個当たりの平均的な利益(相場の差が30%以内)は、@2600~4000くらいです。
 R10の場合=48個×2600~4000=124,800~192,000㌦
 R15の場合=63個×2600~4000=163,800~252,000㌦
 R18の場合=71個×2600~4000=184,600~284,000㌦

(生産面の結論)
①これがカテ3×1枚の入手価格+目標利益を上回っているかを見れば良いのでしょうか。
 まあ、こんなメンドクサイ事しなくても、実際に1枚使って売ってみれば分かるんですけど。
 行く前に計算したい人は参考になると思います。

②この結果、取引R1の差でベルベットの生産数が約3個弱違うことが分かります。
 →R8差の場合=R8×3=生産数23~24個差! 

③また、取引R1の差で利益の差が約8~12K違う事が分かります。
 →R8差の場合=R8×8~12K≒65~90Kくらいの利益差が! 

④取引Rの影響が如何に大きいかが良く分かりますねえ。取引RANKは2~3ヶ月集中してやっている人なら繊維でも火器でもR10以上に達していて不思議無いんですが、生産スキルをあれもこれも中途半端に取ろうとするとR8以上には中々育ちません。



次回は、この活動を続ける最重要条件になっている、
『カテゴリー3の入手』 について見てみます。


おしまい。

FC2ランキング02 ←ちょっとは参考になった、とお思いの方は応援クリックを!
  1. 2006/07/15(土) 18:04:07|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新型船のアレコレ

久々に船の話を


さて、発表から日が経ってますが、拡張パックの情報で公開された新型艦3種、ちょっと見てみたいと思います。

1.イベリアンガレオン 2.ケッチ 3.ラ・ロワイヤル

・・・うーむ。
以前私が新型艦の予想で上げたのは・・・
①スループ ②大型フリゲート ③1等級戦列艦 (蒸気フリゲート艦はネタですよ)

ひとっつも当たって無いじゃん!! 
まさかこの期に及んで、あのガレー砲艦を出してくるとは・・・
それとイベリアン・ガレオンって、名前はかっこいいけど、イメージ的には海賊船に黄金奪われたり、海戦でボコボコにされてる所しか浮かばないんで 『やられ役』 ぽいんですよねえ。
あと、フィリピンからアカプルコ向けの定期便とかかな。(イスパ人としてはぜひ所有したいですが) 面白いけど、まだこのラインナップでは、本格的な新型艦の登場はこれからかも、と思わせます。

あと気になるのがパーツを組み合わせて作るって言う 『ジョインド・ビルド工法』。私のように生産スキルを複数扱おうとしてる商人オンリーなプレイヤーには、『いいかも』 と正直思っているワケです。

なんだか脱線していってますので、軌道修正。


このなかで、今日は 『ラ・ロワイヤル』 と思われる絵があったのでご紹介します。


ラ・ロワイヤル01
かっこいいなあ。 

ん!
んんん?
気になるんだけど・・・

このデザインだと、オール漕いでる時は、たぶん砲撃できないですよね!

他のガレー系も同じ事だけど、
ゲーム中で漕船系と砲撃系スキルを、一緒くたに使ってる人いません?
砲撃主体の海戦の時にはオールを使わないでも航行出来る様に、この船の帆装は3本マストの縦帆仕様にしてるのかなと思いますが、その辺のDOL内でのリアリティはどうなんでしょう。
実際問題、砲撃した時は反動で船が反対側に傾くので、その船体の復元性が問われるんだけど、その状況ではとてもオールで漕いでるなんて事は出来ないでしょう。つか反対弦から浸水します。
だから、『ガレー船にキャノン砲』 なんて組み合わせはちょっと無理がある気がするんですが・・・ 



おしまい。

FC2ランキング02 ←ポチっと一発ヨロシクドーゾ
  1. 2006/07/14(金) 00:22:28|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

3つ目の生産スキル

次のターゲットは・・・


さて、生産修行の途中ですが、
2個目のスキルの縫製が、現在R14の12000/19600 といった状況です。
このペースだと恐らく明日までには完了すると思いますが、
縫製上げはR10~ がやたら早かった気がしますねえ。

本来生産スキルはカンストしてからが、アレコレ作って利益を出す楽しい段階だと思いますが、私の目はもう次の生産スキルに向きつつあります。 (だからお金がたまりません;;)
まあ、帆や高RANKな衣装作りには興味あるので、ちょっとやってみる予定です。。で、残る生産関係のスキルはというと、

(生産系)
工芸 =R7
調理 =R8
保管 なし
造船 =R8
(補助系)
釣り =R8
採集 なし
調達 なし
探索 =R8
(取引系)
食料品取引 なし
酒類取引   なし
嗜好品取引 なし
工業取引  =R6
鉱石取引  =R7
家畜取引  =R6


こんな感じです。持っているのは中途半端にランクが揃っていて、
どうもR9くらいに本気でやるかどうかのボーダーラインがあるようです。(非優遇であげるのはR8が限界かなと)
まーあ、『保管』 のカンストを目指すようだと本当にマニアックなんで、工芸と調理を目指すのが普通でしょうね^^

現実的な選択肢としては
A: 工芸 と採集・酒類取引 (ワインビネガーやシェリー、名工や石削り)
B: 調理 と釣り・食料品取引or家畜取引 (ピザ・クスクス・鳥ニンニク・マグステ狙い)

あたりになるのでしょうか?この辺はまだ良く解かって無いので、実際に上げた人にも聞きつつやってみようかなと思います。
個人的には、夏に追加される拡張パックの 『船のジョイントビルド』 に興味があって、
鋳造・縫製・工芸とカンストしていたら面白い展開になるんじゃないかと思っています。
(造船は・・・ちょっと時間的に厳しいです)

というわけで、『大砲・兵装・帆・船首像』 が自分で一通り作れたら、というのが夢ですねえ。
他の人の役にも立つだろうし。
ただ、私はレベルの合計が低いので、今一番先にやるべきはスキル枠の確保に冒険か海事LV上げ、なのかも知れません・・・

『これ、いいよお!』 という生産関係のお教えが頂けたらゼヒお願いしたいところですね^^

おしまい。

FC2ランキング02 ←ブログランキングからほかの人の所もどうぞ~
  1. 2006/07/13(木) 14:42:02|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WinDy がんばれー!

PCケースの雄 が大ピンチ  


<ガンバレ!>
大航海時代Onlineとはほとんど関係ないニュースなのですが、今日の夕方知ってかなりショックありました。
アルミ製PCケースの製作で独自のブランドを築いている、WinDy ことソルダム株式会社の生産委託先である星野金属工業が1回目の不渡りを出したとの事。
プレスリリースでは単に生産委託先だから深刻な影響ありません、的な発表に留めていますが、多少なりとも知っているものにとっては、それで済むとは思えません。

(間違っているかもしれませんが)
星野金属工業は、NECのPC98などのケースを長年手がけてきた老舗工場です。
各社の生産が海外に移ってからも『国産』にこだわり続け、
1998年にアルミ製PCケースの設計・販売の会社として立ち上がったソルダムを通して現在まで累計20万台以上の自作PCケースを出していると思います。

ソルダムの社長の星野さんは、たしか星野金属工業の息子さんだったと記憶していますが、会社としては確かに別組織です。

私がこうやってブログの記事を書いているのは、不安をあおる為ではなく、私自身がソルダム製品のかなりの愛好者だからです。これまでに買った製品は、PCケースが5台、その他周辺パーツが数十種に及び、未だに結構使っています。 また、以前に製品の仕上げ工程についての改善案などの要望も出したこともあります。
おまけに、群馬県の太田市にある本社(つか事務所?)に顔出したりもして、おみやげ貰った事もありました。(同じ町内であった仕事のついでではありますが)

ところで、群馬県の太田市と言えば富士重工の本拠地で知られた町で、他にも大手メーカーがある工業地域です。関係無いかも知れませんが、ソルダムがある所はそういった精密工業・金属加工・板金などの技術が発達した地域だったりします。
ソルダム(WINDY)ブランドのケースの優れているところは、その圧倒的な工作精度で、
この辺は台湾や中国のメーカーではちょっと真似できないものがあります。
また、意匠や機能の独創性も他社に無い特長でしょう。


あえて申し上げますが、ここの製品が全部が全部名作、と言うわけではありません。
デザイン・機能・細かいところの仕上げなど、はっきり、『これ失敗だったかなあ』というケースも確かにありました。
ですが、ここのケースの多くは『世界初』の要素を持っています。
良いも悪いもなく、『初めて』を世に出しているメーカーがどれほどあるでしょうか。
私が買っている点の大きくはそこにあります。
自動車で言うと、かつてメルセデス・ベンツのパーツやデザインは世界中のメーカーに影響を与え、数年後には明らかに影響を受けた高級車があふれる、といった状況がありました。
PCケースの世界においては、今ではソルダムからスピンアウトしたケース・電源の販売元もあります。ですが買いません、かなり良いとは思っていますがね。

このような状況になって、『設計・意匠等の知的財産は当社が』 といっても実際に作っているところがピンチになっているのでは、今後の生産には大変な苦労ガあると思います。他社に生産を委託したら、それは『WinDy』と呼んでよいのかどうか・・・

ただ、ソルダム社長の星野さんは、製品の品質とかそのへんは相当こだわりがある人なので、納得できるもので無い限り 『しばらく出さない』 という可能性もある気がします。
そういうのが 『ブランド』 の価値を高めることでもあり、
ユーザーとしては、この先製品が出てくるようなら、黙って買っても問題ないだろうなあ、と。
この先分かりませんので、とりあえず今日の時点では、

ガンバレ!

としか言いようがありません。


おしまい。



FC2ランキング02
(上の応援クリックも押してってね~)
  1. 2006/07/11(火) 23:52:51|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イタリアVSフランス戦史 !?

戦争の歴史で占う、ワールドカップ決勝 (数時間前作成)



時事ネタとして、イタリア対フランスの、サッカーじゃなくて本物の戦争の歴史を見てみようか、
と思ったのですが、(こういうのも歴史ネタとして面白そうだったんで)

・・・

コリャだめだ!

イタリア軍 あまりに弱過ぎる;;


企画倒れ濃厚です

フランスに限らず、ローマ時代を除いては他国にほとんど勝ってないようです。
帝国主義時代のアフリカ侵略とかだって、まともな装備の無い現地人に大敗したりとか・・・
良くこれで現在まで独立国として保っていられるなあ。(南北問題はあるけれど)

なんと言うか、イタリア人がサッカーで見せる強烈な守備力や、
あの『負けないこと』に徹した戦いぶりは戦争では全く発揮していません・・・


(情け無い話はいっぱい)
第二次大戦当時の北アフリカ戦線で、
ある部隊が丸ごと降伏しようとしてイギリス兵に話しかけたら、
『うるさい、あっちいけ』 といわれて、
しょうがないから自分で銃を拾ってトボトボ歩いて他の部隊に降参した話とか、
こういう情けないネタならごろごろ有りそうなんだけどなあ。


おしまい。

FC2ランキング02企画倒れの記事ですが、いちおうクリックだけお願いしときます;;)
  1. 2006/07/10(月) 00:00:32|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

DS脳トレやってみた その1

世もすなる 任天堂DS_lite  なるものを買った日のこと


家電量販店で予約すること2週間ほどで今日入荷したそれは、
小さく、薄く、きれいな画面でした。

商会の 『画伯』 こと ショコラさん がたびたびネタにしているので、
欲しくてたまらなくなってしまったのです、ハイ。(どうも、こういう物欲はまず押さえられません)

最初に一番興味のあった 『脳年齢測定』 ってのをやったのですが、

<1回目> 

脳年齢01_060709-01

おりょりょww


<2回目>
脳年齢01_060709-02


・・・

・・・

これって数値 いいんじゃね?

と思って取り敢えず記事に上げましたが・・・ 
うーん、まだこの先はやってません、というか今ブログ書きながら続けています。

※例の絵を書くのはどこにあるんだろう?
私は壊滅的に画才が無いので怖いと言うか興味津々というかなんですが。

もう少しやってみよう。


おしまい。


FC2ランキング02
  1. 2006/07/09(日) 16:48:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

星に願いを その2

昨夜は七夕だったりして・・・


私が今いる 『星』 は、天の川でなくてマスリパダムですが、
昨夜は 7月7日 っつーことで、
ええ、願ってみました。 

短冊-『なんかいい事ありますよーに』 てけとーな願いだナ

なぜか街役人のオジサンに祈ったんですが・・・

・・・
・・・

そしたらなんと、

星に願いをR12
縫製Rankが12に上がっちゃいました!!

なので早速ベルベットをコラショと織ってみると・・・


星に願いをLVUP
なんと商人LVが上がっちゃいました!!

ついでにこんな名産コンボを作ってみると、


星に願いを3コンボB
(全部マスリ-ボンディで作れる名産織物3連コンボ)

このくらいの相場だとおいしいかも・・・  フランネル作るの結構だる~ですけどね

どうやら星に願いはちょっと叶ったようです^^

・・・
・・・

今日はこんなネタですみません。


おしまい。



FC2ランキング02←こちらのヒヨコにもお願いを!
  1. 2006/07/08(土) 14:39:31|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打倒ローマへの道 第10日目

ローマ攻略の検討 その4


前回から力攻め以外の都市ローマの攻略方法を検討していて、今日はその2回目。

(攻城戦オプション:インフラの破壊)
本当はここまでやりたくないんですよねえ・・・ 
勝っても都市機能が半減以下になってしまうから。

ただ、これ前回の兵糧攻めと合わせて本気で実行したら、勝っちゃいます、確実に。 
だけど悲惨な結果も予想できます、色んな意味で・・・
なんだか労多くして実り少なしと言った感があります。
・・・
・・・
では状況確認からやってみます。



(ローマのインフラストラクチャ)
①道路
純粋に都市の機能とは言えないかも知れませんが、都市と都市を結ぶローマ街道はほとんど高速道路網と言えるほどの堅牢性と規模を誇っています。また市内の主要街路は石畳で敷設され、排水溝も備えたものでした。BC3世紀の時点では、まだそれ程くまなく整備されていないかも知れませんが、他の都市と比較すれば遥かに優れていたと思われます。

②上水道
水の供給には恐ろしいほどの執念を見せたローマ人の上水道建設は、現代にも残り使えるものがあるという驚異的な耐久性を誇っていました。建設の思想も実にシンプルで、基本的にはセメント防水した水路の地下埋設ですが、障害があれば山があろうが谷があろうが真っ直ぐ橋でも何でも架けてしまって目的地まで通してしまう建設技術を持っていました。水源からの高低差が少ない場合も水圧とサイフォン原理を利用した工法で供給するなど、充分に大都市をまかなうだけの水量を確保していました。また、雨水を溜めて生活用水にする技術も発達していて、公衆浴場などは雨水を利用していた様です。

③下水道
トイレから雑排水までカバーするべく、市内くまなく設置された下水道網は、蓋付きの側溝や沈殿枡を備え、非常に清潔な市街を形成していました。まあ、バクテリアを使った浄化槽などないですから、最終的にはテヴェレ川にそのまま排水するのでしょうが(キチャナイなw)、この辺は蒸気機関や自動車が発明されるまでの近代都市が、牛馬の糞尿で悪臭を放っていたのとは大きな格差があります。
(ローマは同時に車両の交通規制も行っていたようです)
古代では屈指の大都市なのに大きな疫病の蔓延もなく、人口の激減といった事態をあまり経験せずに済んだのは下水道の整備が大きく影響していたのでしょうか。


④公衆浴場 ・・・・・フロの話は、しなくてもいいですかね。(混浴ネタは捨てがたい???)
⑤運動場 ・・・・・・・運動会の話も、いいですね。(^^)
⑥コロッセウム・・・・この話はどこか別の機会で・・・
⑦バジリカ ・・・・・・議論でも裁判でも商売でもやってしまう、公会堂のような汎用型施設と言うべきか
⑧フォルム ・・・・・・この施設は現代でも『フォーラム』という単語が残る。日比谷公園みたいなもの??
⑨神殿 ・・・・・・・・多神教ローマらしくいろんな人・物を神格化してしまいますが、主神はユピテルです。

大体こんな感じです。 まあ④~⑨は内部施設なので攻城戦の検討からは除きます。


(破壊するインフラとその効果)

①道路(ローマ街道)の破壊
高速道路網を部分的にでも破壊すれば、ローマに補給・増援に障害を与えられますが、こちらの使うものまで破壊してしまっては意味がありません。ここでは主要道の選別を行います。破壊するといっても恐ろしく頑丈に出来ていますから、部分的にしか壊せないでしょう。足止めを目的とする位に考えておく方が無難ですし修復も可能です。

アッピア街道(BC.312年)=ローマ~カプア~ターラント~ブリンディシ(今の国道7号線) 
  ※これはカルタゴ側の補給路になりますので手を付けません。
  ※ラティーナ街道=ローマ~カプア、も同様に残します。

アウレリア街道(BC.241年)
=ローマ~ジェノバ(今の国道1号線)
  ※ここは同盟諸都市からの補給路になりますので、テヴェレ川付近
    (橋の付近でいいかも)で部分的に破壊します。

フラミニウス街道(BC.220年)
=ローマ~リミニ(今の国道3号線)
  ※完成したばかりで気の毒ですが、ローマの北北西へ伸びるこの道も、
    有力な補給路になりそうなので、破壊します。

つまりローマの東~南側の道路はカルタゴ軍の補給路として1~2本残し、北~西側にかけての主要道はローマ軍の補給路となるため手前で破壊します。(下図を参照にしてください)

ローマ街道02
              (共和政ローマ時代の街道網/BC215年以降も含む)


②上水道の破壊
紀元前215年時点で完成しているローマの上水道はわずか2本です。建設年代・規模・破壊箇所は以下の通りです。

アッピア水道(BC.312年)
  ※上記のアッピア街道を作ったのと同じ、
    アッピウス=クラウディウスにより建設された最初の水道。
  ※ローマの東側の水源地から敷設された水道で、全長16km以上あります。
   ほとんどが地下埋設型で、地上には90m足らずしか露出していませんが、
   この露出部分の橋や水道溝を破壊します。

旧アニオ水道(BC.272年)
  ※ローマの北東の水源地から敷設され、全長63km以上、地上部分330m足らず。
    市街付近ではアッピア水道のすぐ近くを通っていて、
    破壊工作をする時とその後の警戒には都合が良い位置にあります。


この2本の水道だけで、1日あたりの供給量は約250,000立米(㎥)もあり、その後BC144年に第3の水道であるマルキア水道が建設されるまで、ローマ人の喉を潤していました。
また2本の水道は共にローマの東側に位置しています。恐らく包囲戦におけるハンニバルの本陣は、ナポリ方面から攻め上がる関係上この付近の平野~丘陵部に置かれる可能性が高く、場合によってはカルタゴ軍の水道供給路に変えることが出来るかもしれません。

一方、市内で雨水を溜める方は内部なので破壊しようがありませんが、ローマの西側を流れるテヴェレ川からの取水はその方面の門を重点封鎖することで、ある程度は防止出来ると思われます。(帝政期には城壁がテヴェレ川を取り込むように右岸まで拡張されます)

※水を絶たれるというのは食料を断たれる以上にキツイ攻められ方で、地下水が出ればいいですが、出ない場合はそれこそ1~2ヶ月で干上がる可能性があります。(イタリア中部はそもそも雨が少ない)

※更に悪辣な戦法としては、『破壊した水道の、市街への端末から汚水や毒を流す』 という事も考えられます。この場合、飲んだ人が直接害されるだけでなく、市民の精神的なダメージ、市内に残った貯水も汚染で使用不可に、飲んだ動物の病気による疫病発生など、相当な効果が見込めます。



③下水道の破壊
市内を流れている部分は破壊できないでしょうが、最終的に汚水を川(外部)に流していますので、出口部分を閉塞又は逆流させて溢れさせることは可能と思われます。
この場合の効果は・・・、衛生面の低下→害虫の大発生・疫病の発症・心理的ダメージ等、上水道の破壊と同等以上の効果があります。


たいたい以上のような攻略法になります・・・。


さすがにヒドイでしょ? ここまでやったら。 
書いてる本人がなんかもう、ちょっと凹んでます。
攻城戦の具体的な戦術を書くとこういうのはとうしても避けられないんですが・・・

ですが、第3次ポエニ戦争で、カルタゴを陥落させた後にローマがやったこと、

『完全に破壊し、住民は虐殺し、残骸も埋めて都市をまるごと地上から消滅させ、草木も生えないように塩を撒く』

現実にやったこの方法、これはもっとヒドイです。これから比べれば、カルタゴ人が「やられる前に」 の心境になっても責める気にはなれませんか・・・。
私のように、たとえ負けてもこれだけはやりたくない、と思うようでは古代でも現代でも、指揮官にはなれないでしょうね・・・


おしまい。

FC2ランキング02
(今回はキツイ内容ですみません)

※攻城戦の布陣など、もう少し具体的な図が用意できれば後日上げたいと思います
  1. 2006/07/07(金) 08:29:01|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

縫製修行中 R11編

インドでわしも考えた?


さて、2個目の生産スキルに選んだ縫製の修行、
R10+1まで進んだ所で、今週からいよいよインドで生産体勢に入っています。
ここで生産方針に2つのルートが有るのですが、どちらをとるべきだったでしょうか?

ルート①: 縫製上げ=熟練度を最優先で、R12+1のベルベットまで育てる。
ルート②: 縫製上げと同時に利益と商人経験を稼ぎつつR12+1まで育てる。

この2ルートの場合、大きく違うのが綿花と生糸の生産レシピで、
綿花→①R9インド更紗、②R8モスリン
生糸→①R11サテン & R12ジョーセット、②R10トルコ絨毯 



どういう事かというと、これには出ていませんが、副資材の『羊毛作り』が大きなポイントになっています。羊毛を作るには、ボンディシェリで 『羊2→羊毛1』 の作業が必要です。

これが激しくダル~い。。

トルコ絨毯の名産判定&利益はベルベットに匹敵するものがあり、50個売りでLV40台の商人経験が+500以上、利益が200~300Kくらい付きます。(相場が116%以上でのふっかけはすごいことに^^)
ですが、トルコ絨毯のレシピは『生糸2・羊毛4・絹生地1』で、つまり1回に付き羊さんが8頭必要なんです。 生産するまでの下作業が4~5回必要では、縫製の成長はR11のペルシャ絨毯やサテンに遠く及びません。 カテ3をそれほど使わなくても、マスリーボンディの往復中に綿花は綿生地に変えておけば結構生糸はたまります。
(これが女性キャラだと染料取引+2の貝紫チャドリ&アクセサリーで+4ブースト! になり、インド藍をいっぱい買えますので、インド更紗作りも更に順調に行きます。)

(サンプル)
大体同じ日に縫製R10+1になった私とめけけ嬢 (商会長さんの2ND)
トルコ絨毯&モスリン&インド更紗作り に走った私と、
トルコ絨毯+サテン&ジョーセット&インド更紗作り で行っためけけ嬢 
(たびたび登場ゴメンナサイ)
※7/7、比較レシピを一部訂正しています。

(結果)
数時間のうちに縫製熟練が7000~10000の差が付いていました。
この結果はすごいですね。
(私がモタモタしてるのもありますが)

※補足として、この間に私のほうは商人LV+1、繊維+1、染料+1、利益+7~8M位になっています。(めけけ嬢の方は不明です)
恐らくR12+1=ベルベット を織れるようになったらザクザク経験上がる気がしますので、どちらのルートが長期で成長が速いかの判断は、するまでもありませんかねえ。

でもね、縫製はおもしろいですよ。
なに作っても、遅くても。
鋳造なんて、マジで上げるなら鉱石叩くしかないですもの。
それに生産する結果が 『真鍮 と ベルベット』 どっちがいいですか?
なんかワクワク度が全然違うんですナ。 
修行するための下準備はもちろん必要ですが、

このレポート見た人が縫製やりたくなるなら幸いですね^^



おしまい。


FC2ランキング02がんばれ! と思ったら一発クリックお願いです。
  1. 2006/07/06(木) 11:49:37|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

打倒ローマへの道 第9日目

ローマ攻略の検討 その3


(攻城戦オプション:兵糧攻め)
都市ローマの『強み・弱み』を考えると、
強み:
丘陵地を利用した立地・城壁や城門の堅固さ・市民=兵士の多さ・道路網による補給と増援の容易さ・植民市の存在
弱み:
人口の多さ・少数の兵では守れない城壁の長大さ・外部の水源地

兵糧攻めは、弱みのうち 『人口の多さ』 を突いた作戦です。
またこれの実施には、ローマの農業生産の変化を考慮した戦略を組み立てる必要があります。

西地中海01


(ローマの農業生産の変化)
ローマ人は農耕民族です。第一次ポエニ戦争以前には、ローマはイタリア半島内の自作農園で穀物を完全に賄えていたと思われますが、戦後徐々にですが大きく生産スタイルが変化してゆきます。
原因として大きいのは、シチリア島・サルデーニャ島と言う初の 『属州』 を獲得したことでしょう。ローマは穀物生産地としてこれらの島を貴族その他に安く貸与し、これら富裕層は大規模な農園を経営し始めます。また従来の島民は、カルタゴに代わってローマに対し通商や穀物の輸出を行う様になります。その結果、イタリア国内の穀物生産は段々と競争力を失い、大規模農園への集約とオリーブ・ブドウの生産へと切り替えが始まってゆくことになりました。

第二次ポエニ戦争のIFで攻城戦を行おうとしているBC215年~212年は、第一次ポエニ戦後から25年が経過しています。この時点でローマの穀物自給率は恐らく相当に低下し、シチリアとサルデーニャの存在抜きにローマ市民に穀物(小麦粉)を供給することは困難になっていたと思われます。更にBC216年のカンネー戦以後は、南イタリアのカンパーニャ・カラブリアといった地方の多くはハンニバルの手に落ちていますので、その地方からの食料の供給もあまり見込めません。


(ローマの人口問題と防衛体制)
一方、都市ローマはこの時代では異常なほどの人口を抱えた大都市で、紀元前225年の時点の軍役該当者が28万人台で、女性・子供・奴隷も含めた総人口はその数倍以上に達していたと思われます。(植民市も含む)
市民の多さは=兵士の多さにつながるローマですから、時間を置いての力攻めには防衛力も非常に高いでしょう。また事前に攻められると分かっていれば、食糧の備蓄や女子供・老人を周辺の植民都市や農村に避難させる等の措置を取っているでしょう。しかし、後にハンニバルがローマを強行偵察した時には、これら一般市民が城壁から大挙して見物していたといいますから、本気で数年籠城する対策を取っていたとは思われません。
おかしな話ですが、
たとえカルタゴが増援により10万人以上の兵力で攻撃しても、包囲する側よりされる側の方が人数が多いわけで、補給物資の必要数は防衛側の方により負担が掛かる状況にあります。

つまり、カンネー戦直後(1年以内)にハンニバルが大規模な増援と補給を受けて攻城戦に着手していれば、相当有利な状況で開始できる可能性が高いと思われます。もしここでローマ側が包囲を嫌って平地での会戦に挑んでくるようであれば、ハンニバルにとっては尚更望むべき状況になってゆきます。本来の騎兵戦力を活かせますし、まだこの時点でローマにはハンニバルに決戦を挑める武将は育っていないのですから。

ハンニバル支援ルート03
             (兵糧攻めの際の第3ルート)

ここでもう一度地図を見てみると、
前回までにシチリア島の制圧とイタリア本土までの補給路の検討を行っています。ここから上記の状況を考慮した補給路を更にもう一本足すと上の地図の様になります。
つまり、『もう一方の穀物供給地であるサルデーニャ島を奪取して、ローマの補給を絶ち、なおかつローマの対岸に補給地を確保する』 作戦です。

これにある程度の兵力を割く事は通商民族であるカルタゴ人なら積極的に参加するでしょう。現にハンニバルに支援することは渋った本国の政治家ハンノですが、サルデーニャ島へは軍を送っています。(将も兵も力不足で失敗していますが)
サルデーニャ島の状況としては、本土が攻撃されている時に大規模な増援を送る余裕はありませんから、1~2個軍団程度での防衛が限界と思われます。
但し、カルタゴとしては重要な戦略拠点ですから、水準以上の将軍とシチリアを攻略した後の軍を送り、敵の穀物生産地の奪取と補給路の確保に充てます。

シチリアとサルデーニャ、更にカンパーニャという主要な穀物生産地を失ったローマが食べさせなければならないのは、数十万人が口にする毎日の食料です。この状態で本当に何年もの籠城に耐えられるでしょうか? また籠城は相手が諦めるか援軍が来ることを前提とした手段ですが、このローマへの援軍はハンニバル相手に平地での会戦を突破しなければなりません。

ここまで来ると最終段階というべきで、ローマの食料備蓄が切れた時は、場合によっては1年以内に開城する可能性すらあります。
(ローマ人の根性が試される展開ですから相当粘りまくる事も充分予想できます)
カルタゴ側で見ると、勝っている状況での傭兵や商人というのは実に利に聡い人たちですので、途中で『ヤメタ』と言い出すのは考えづらく、最後まで補給と包囲体制・制海権が維持できるかに掛かっています。カルタゴ本国が支援するのであれば、10万人以上の軍を維持する資金には全く問題無いでしょう。(北アフリカの収益だけでその数倍の兵力を楽に支えられるだけの経済力があります。)

※ここから先、『どうやって終わりにするか』 はそれこそハンニバルの決断に掛かっているかなあ・・・


おしまい。

FC2ランキング02←ブログランキング参加中!
  1. 2006/07/04(火) 23:37:46|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

打倒ローマへの道 第8日目

ローマ攻略の検討 その2


前回からの引き続きで、攻城戦を行う際の不安点の残り
③攻城戦兵器の不足
⑦攻め落とす以外の攻略方法の検討
について考えてみたいと思います。


ところでローマって本当にそんなに難攻不落の要塞都市なの?
ここまでカルタゴ側から都合よく書いてきていますが、相手の事ももう少し検討したいところです。

過去も未来も(ポエニ戦争以後)ローマが1度も外敵の侵入を許した事が無いか、というとそうではありません。というか記録が多く残っているので、ヨーロッパの他の主要都市、例えばパリ・ロンドン・ウィーンあたりの方が余程耐えているイメージがあります。

(古代ローマの主な落城の記録)
①BC.390 
ケルト人の襲来によりほとんど抵抗できずに城壁を破られ、7ヶ月もの間占領されてしまう。最終的には大量の金塊を払って和睦・捕虜を解放してもらう。
②AD.410 
西ゴート族の侵入による 『ローマの劫掠』 により3日に渡って荒らされる。
③AD.537 
東ゴート族の包囲攻撃で水道その他が破壊され、伝染病が発生し人口が激減し開城に至る。


こうして見ると、『結構ローマ陥落してるジャン』 と思えますが、今回攻略対象にしているのは、BC390年の陥落の後に復興・補強工事を行い、8km以上に渡って城壁を整備し、丘と多くの門で封鎖された活力のある時の町です。はっきり言ってローマの最も活力のある数百年の初期であり、ココを万全の準備の下に守られたら数年は落とせないでしょう。

では、攻城戦の勝利は不可能か?
私の答えはNOです。NOとしなければ話が進まないしww

私はもちろん軍事の素人ですが、歴史を見ている人間であれば古今の攻城戦や長期戦、更には戦略戦術の文献が参考になるんじゃないでしょうか? まあ、この辺は歴史のIFを勝手に妄想しているだけなので、多少破綻していようが色々いじってみる方が面白いと思います。 使えるかどうかはともかく、ちょっと挙げてみましょうか?

(攻城戦オプション)
A:兵糧攻め
B:水攻め
C:インフラの破壊
D:情報・心理戦
E:内部崩壊や裏切りの誘発
F:城外への誘い出し
G:トンネル掘り
H:数による力攻め
I:籠城前の速攻
J:新兵器

怪しいのもかなりありますが、前出のローマの落城の際に使われているのもありますので、いくつかは検討に値すると思われます。

上記のうち、力攻め以外の方法で私が検討してみたいのが
A:兵糧攻め
C:インフラの破壊
J:新兵器

このあたりです。(Jは謎ですがIFっぽくて面白いかなと。)
次回は具体的な分析に入ります。



おしまい。


FC2ランキング01
押したらイイことあるかなあ?
  1. 2006/07/03(月) 23:38:17|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

打倒ローマへの道 第7日目

ローマ攻略の検討 その1


今回からは、『問題点④攻城戦への不安』 を検討してみたいと思います。
実際のところ、途中で相当な勝利を重ねても、最終的に攻城戦をクリアできなければ和睦以外の勝ちは無いでしょう。 現にハンニバルは序盤でティチーノ→トレッヴィア→トランジメーノ→カンネー と勝利を重ね、合計で10万人前後の戦死者・捕虜をローマに強いていますが、最終的にはローマを落とすことが出来なかったため(攻城戦も行っていない)イタリアから撤退しています。普通の国ならもうここで滅亡していて不思議じゃないのに、ローマは成長途上の国家の活力の様なものか分かりませんが克服しています。

ではなぜ序盤の連勝という最大のチャンスにローマを攻めなかったのかと言うのは、それこそ歴史に与える影響を考えると重大な分岐点だったと云えます。ハンニバルの心理は分かりませんが、状況を整理して問題となりそうな点をクリアする方策を検討していきたいと思います。 

(対ローマ攻城戦の不安点)
①単純に兵力の不足
②ハンニバル軍の構成と適正の問題
③攻城戦兵器の不足
④長期包囲戦を行う上での補給路の問題
⑤整備された道路網による、他都市からの援軍の襲来
⑥長期戦を行うことによるカルタゴ本国の政治的圧力
⑦攻め落とす以外の攻略方法の検討
私が取り敢えず思いつくのがこの辺です。

このうち①と④の補完として、前回に増援と補給路の確保を行うことを検討しています。⑥は実際に影響あったかも知れませんが、以前問題点②で検討したようにカルタゴ本国が総力を上げて協力するのが前提なのでここではクリア出来ているものとして進めます。(但し余りに時間が掛かるのは、やはりいずれマイナスに働くでしょう)

①の兵力不足ってのは、当初の持ち兵が少なくても勝ち戦を続ければ雪だるま式に味方が増えていくのが普通なのですが、実際に味方してきたのは北イタリアの蛮族の一部と少数の都市だけで、ローマと同盟都市に限ってはこの常識が通用しませんでした。

②の補足ですが、ハンニバルの軍は主力の重装歩兵と軽装の傭兵以外はガリアやヌミディア騎兵の比率が高い構成でした。だからこそ歩兵で敵主力を引き付けつつ騎兵が機動力を活かした包囲戦術を行うって云う戦いが可能となるのですが、一方で騎兵は攻城戦向きの兵種ではありません。用途として広い範囲を哨戒する事は出来るでしょうが、城壁を攻める用途には期待できませんし、馬はなにより糧秣を大量消費しますので長期戦では補給の問題もあります。ということで、カルタゴ本国からの増援は、ある程度攻城戦向きに歩兵・工兵主体の編成が必要と思われます。

⑤の増援の可能性については、充分考えられることで逆包囲を防ぐためにも主要ルートを押さえるなどした孤立化を図る等の対策が必要です。

残ったのが③と⑦です。③と⑦は終わり方にも繋がる事なので、それぞれ次回以降に別個の記事にまとめます。


おしまい。


FC2ランキング02
応援クリックよろしゅうに^^
  1. 2006/07/02(日) 23:31:40|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オスロにて

インド前夜に考えた


(縫製のスピードと効率を考える
現在R9+1まできた縫製修行ですが、ここでオスロに篭ってR10+1→インド修行 への仕上げに入っています。
買える主な素材は ①亜麻 ②羊毛 ③皮革 です。
ここで考えたいのが、どのレシピを使って上げて行くかと言うことになります。
そしてスタイルはもうカテ3使って篭るのみと考えています。
(余りに効率悪ければ時々コペンハーゲンを往復)

①亜麻は R10レシピのレース作りで、成功時=熟練3、大成功=熟練6 で問題ありません。
③の皮革はR9で皮ヒモ作っても効果無いので繊維上げのために買うだけとなりそうです。
(ミトン作りというルートも有りますがめんどくさいので除外)ココまでは一応OKとしますね。

考えてしまうのが②の羊毛です。R9+1の時点では
R4レシピのニットは、 羊毛×1で、成功=熟練1、大成功=熟練1
R8レシピのツイードが、羊毛×3で、成功=熟練2、大成功=熟練4

(数量当たりの熟練効率)
一見するとツイードの熟練入手率はニットの2/3です。但し副官を主計長に付けると大成功の確率が25%前後に上がる気がします。(主計の能力値による) 仮に羊毛150個購入した時の熟練度の期待値は、ニットが150、ツイードが150/3×2+150/3×2×25%=125になります。 
つまり購入数量150個当たりの熟練入手効率では ニット150:ツイード100→ニット150:ツイード125で、2/3と思われたツイードの効率が125/150で5/6にまで改善します。

(時間効率)
これは単純に必要素材が1:3ですので、ツイードの方が3倍早く購入分の生産を完了できます。(細かい事言うと、コペンハーゲン往復の場合は洋上生産が可能ですし、行動力回復等のコマンド切替え時間も影響あると思いますが)

(成長速度)
熟練入手効率5/6 × 生産速度3= 15/6
つまりカテ3の使用量を考慮しない場合は、
ツイードの方がニットよりも2.5倍早く縫製RANKを上げられる事になります。 
この場合R9→10への必要熟練度は8100で、
繊維R5+2だと亜麻110&羊毛140ですので、
カテ3×1枚当たりの熟練の期待値は64.2+116.7=180.9 となります。
R9→10へのカテ3の使用量では、8100/180.9=カテ3×44.7枚 となります。
※これはイスパ人で繊維R5+2の場合ですので、イング人で高繊維Rならもっと少ないカテ3消費で済みます。
※もったいないと思う方は2回に1回程度コペンハーゲンを往復して頂ければと思いますが、そうすると今度は往復時間と生産の関係を洗い直しになるんでメンドクサーですねこりゃ。


つか、こんな生産報告を誰が参考になるって言うんだ・・・


おしまい。

FC2ランキング01
押してって下せえー
  1. 2006/07/01(土) 23:01:51|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。