打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

ジョイントビルドの変革について

ジョイントビルド艦隊登場?

なにやら2日前のアクセスカウンターがえらいことになってるなと思ったら、
教祖ブログ歴史ファンという、ノトスの誇る老舗ブロガーさんにエントリー内でリンク張られていたんですね。御二方どうもありがとです。(普段お世話になりっ放しのめけさんに感謝の意を述べられると、照れるというかあちこち痒くなって来ますが^^)


さて今日の本題。
まずは今朝、鈴木さんから頂いたコメントより。
>私はJBの為に工芸とったのに。艦隊で共有出来るようになるなんて・・・
  スキル枠の関係でセカンドに取り直させようかと検討中です。
そう、私も気になっていた部分でしたので、これについて見てみます。
原因はといえば、なんだか先日来からやたらと小出しで情報が漏れてくる公式発表。
その中で 『こりゃ無視できないな~』 と強く思わされたのが、上記のコメントにもあるとおり、艦隊でのスキル共有などジョイントビルド関連の変更点。単に便利になったね! じゃ済まない部分がある気がしてなりません。ちょっと可能性として考えられる事を列記してみます。

①優遇ランクを複数要求するJB部品が登場 
プレーヤーは部品製作が楽になる一方で、逆に開発者の方としては複数のスキルにR12以上を割り当てられるわけで、部品製作で設定する要求ランクに幅が出てくるわけです。特に新登場する船の、更に最上位の部品でこれが要求される事が当然予想されます。
 
  例1)最も肝心な部品である船体作りのスキルだと、(あくまでも予想ですよ)
     『3層甲板型大型船体→主スキル=工芸R13、副スキル=造船R16』
        ※将来大型の戦闘艦が登場する時にはこれ位は要求されるかも知れません。
  例2)鋳造の船部品で予想するなら、                  
      『旋回砲台→主スキル=鋳造R14、副スキル=工芸R12』
        ※旋回砲は船首などに置かれ、ぶどう弾を装填した対人殺傷武装です。
        ※これは両替商なら単独でいけそうですね

まあこんな感じで、他にも『造船+縫製』とかで新しい部品が出てくる気がします。
では次。


②★2での様子見
今まで一本道だったJB造船の強化。これが同じ船でも場所によって枝別れして行って違う強化が可能になるらしいですね。ところが情報が小出しですから、あせって先に出た強化をしてし まって後から後悔すると言った事を恐れて当面様子見するプレーヤーが出ることも予想されます。なんと行ってもお金と手間が掛かりますから。これが近場で割 と安く出来る(それでも★3までやると数M掛かる)スループやフリュート・ダウなどの小型船ならまだしも、ラ・ロワイヤルや強化ヴェネガレなんかたった一隻で数十Mも注ぎ込むのですから、これは慎重にならざるを得ません。(挑戦する人は自作PCの世界で言う人柱ってやつだナ)
これはもう、ガンガンとオーバークロックじゃなくてJB強化造船して使用レポート流してほしいところですw


③複数生産スキルの職業が人気化
これは充分考えられます。特に2NDや2PCでやってる人はもう既に動き出しているかもしれません。例えば、メインが船大工で『造船R18+鋳造R17まで可能』な人でしたら、2PCのキャラは宝石商にして『工芸+縫製カンスト』 。こうすれば2人で『造船・鋳造・工芸・縫製』が可能となり、更に2NDのどちらかを調理師にでもしておけば『調理+保管』もカバーできます。
と言う事でちょっと複数生産スキル職を書き出してみると、
 
 両替商=工芸+鋳造
 宝石商=工芸+縫製
 美術商=工芸+縫製
 武器商人=鋳造+造船
 仕立師=縫製+保管
 パティシエ=調理+工芸
 錬金術師見習=工芸+鋳造+保管+錬金術
 香料商人=調理+保管
 調理師=調理+保管
 船大工=造船+鋳造
 戦術家=造船+鋳造

こうして見ると結構ありますが、この中ではやはり『工芸+縫製』の宝石商と美術商が船大工に対する補完性が高く、今後サブキャラの職業として人気化することが予想されます。
生産協力体制の高い商会やグループなら、R18船大工を核にして完全に分業してしまっても充分やってゆけますが、(これやるには採集・調達・保管・調理といった補助系スキルまで揃える必要があります)

で、遠いところだとこれで艦隊組んで長距離移動~! って事が流行ってくるのでしょうか?
ん、でもこれってなんだかRPGのパーティ編成を思わせる話だなあ・・・。
てことは、これか?これだな!

『ゆ・せ・そ・ま』 ←20代後半以上なら、これ何か分かる人けっこういるでしょ^^
            (DOLなら船大工・上級士官・調理師・宝石商という、
             対PKの護衛まで付いた正統派の構成ですね)

『ゆ・し・お・あ』  ←これマニアックな構成ね。
            (DOLなら戦術家・仕立師・工芸師・釣り師みたいな艦隊編成か)

こんな理論が出るとか出ないとか、どうなんでしょ。
(妄想で締めくくっちゃってスマン)



おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリ一発押して下さいなー
  1. 2006/11/30(木) 18:20:13|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

彫刻家再び・・・

石像Onlineの日々

もう1ヶ月も前に終わったはずの工芸修行。
カンストして1週間も経たないうちに誤消去してしまい、また一から修行しなおしと言う羽目になり、まーたオスロやベルゲンで石像Onlineの日々に。

石像Online_R12
(昨日の時点でやっとR12に到達。今日中にR13まで戻せるか微妙なところです)

『もうこんな修行2度とやるものか!』  
と親方の元を飛び出したものの食っていけず

『すいません、もいっかいだけ弟子入りさせてください・・・。』

としょぼくれてるダメな徒弟の気分です。トホホ。 (←実際こんな表現する奴見た事ないがw)

本来は工芸って先日8時間でR10まで持って行ったように、途中までは楽なんですがねぇ、
そこから先が気力との戦いです。
もっとも、工芸修行のラストのレシピ自体は恵まれていて、R10石像かR8シェリーの一次生産だけでガンガン上げていけますので環境的には悪くありません。また採集とセットで上げるならインドへ行って宝石磨くのも悪くありません。(コレも結構実利的に〇)
ではなぜ『気力』が必要かというと、

①縫製
なら、ベルベット織っている間に経験・利益ともに半端じゃなく上がりますので楽しい。
  (カンストは気付いたら後から付いてくるといった所です)

②調理は、利益は結構出ます。しかも生産したピザや鶏ニンニクなどの料理をちょっと安く・
  かつ大量に提供する事で、直接お客さんに買ってもらえるので(しかも毎日大量に)
  モチベーションがかえって高まる!

③鋳造は、生産品を交易所で売るだけなんで修行自体はちょっとキツイけど、なんと言っても
  花形生産品であるキャノン・カロネード砲が作れるようになると利益・満足度が非常に高い。

④保管は(まだ上げてませんので何ともですが)聞くところによると、今や卵孵化や
  南米行って採集とセットで上げたりとずいぶん楽になっているらしいです。
  またブースト装備が充実してるのは非常に有利ですね。(R10で充分かも)

⑤工芸。恐らく最も早いのですが、最後は儲からない生産品をひたすら作って売るだけ。
   また高RANK生産アイテムの船首像も大砲ほどの魅力が薄い・・・。

この辺が 『気力』 と評するあたりですが、じゃあなんで私がまた工芸R15目指して修行をしていて、何がそれを支えているのかというと、やっぱりそれは 『家具』 でしょうか。
もう来週の水曜日、ちょうどあと一週間に迫ったチャプター2の導入。
正直これが無かったらもうR10で止めて他の事やってます。
なんと言ってもここで工芸職人が、もう初めてといってよいくらいに 『やってて良かったぁ』
な瞬間が来ようとしているのですから。まあとにかく、『作れないものがある』 というのは恐らく上げる苦労よりストレス大きいんじゃないかと思っています。

しかし、あと一週間で熟練45000、単位で言うと22000~23000体の石像。
全部作れるかなあ。しかも週末仕事で休みなんか無いし・・・。
納期のオーダーきついっす。 親方ちょっと休みくだせぇ。。。



おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリックお願いでっす。。
  1. 2006/11/29(水) 17:32:26|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラクイズの問題解答(ハミルカル編)

私からの出題分の解答を

まず、最終的な出題に至るまでのプロセスについて。

①問題素材を、各スタッフが投稿(合計で約300問以上)
②リンクさんがデータベース化して問題形式ごとに仕分け。
  (まずこの作業、リンクさんすげー大変と思う・・・。)
③注釈・改善案・削除候補などをどんどん書込んで行き、
  (この時点でもう残り一週間を切ってました)
④編成班で連日集中検討会を開き、絞込み・拾い出し・修正案・削除決定をほぼ書き込み
  →優先使用問題を投票で決定・再検討等々の地味~な作業を重ね、
  (これに数日間、計10時間以上掛かっちゃって、もう時間的にギリギリに)
⑤更に文章的なものの修正も直前まで検討・加工して
⑥各チェックポイントごとに優先使用する問題を決定(良問・ご当地問題とかですね)
⑦最終原稿をリンクさんが問題文へ加工 (ここもリンクさんがすげー大変・・・。)
⑧更に直前チェックで拾い出し
⑨ここでやっと出題する司会者さん・スタッフへお知らせUP
⑩んでいよいよ本番!

こんな感じでしたね。(書いててぐったりするなコレ) 
んー、というかですね、リンクさん問題編成の関係だけで何十時間作業したんだろう・・・。

さて、最終的に用意された問題数は210問前後。(5人に聞きましたは除く)
実際には決勝戦で70問用意していたのが30問ちょっとで終わったことも有り、
予備も含めて残念ながら陽の目を見ない問題がおよそ70問以上出ました。
さて、ここでは未使用問題については今回発表をしません。
出なかった問題晒してもしょうがないし、次があったら使うかもしれないですからね^^
では、私が作成した分だけですが、以下に答え合わせを記載しました。
(恐らく主な作成者からは何らかの形でそれぞれ発表があるかと思います、多分)


【①セビリア〇×問題】
02.リオ・デ・ジャネイロは、ポルトガルの首都だった事がある?
 A=〇 (1808~1821年、ナポレオンから逃れたポルトガル王室が一時的に遷都した)

06.論戦で、1枚目がメリダの場合、次にコンボを起こすのに必要なカードはポルトベロである?
 A=× (ヴェラクルスで『古代文明の玄関都市』発動)

12.この時代に神聖ローマ皇帝となったイスパニア王カルロス1世。
  その彼と帝位を争ったのは、フランスのアンリ2世である?
 A=× (アンリの父フランソワ1世です)

14.DOL内では、南米でしか販売されていないキャッサバ。
  だが、21世紀の現在ではアフリカでもキャッサバは、実はアフリカでも生産されている?
 A=〇 (世界一はナイジェリアで、世界生産の1/2がアフリカ) ※これ出なかったかも



【②マディラ4択問題】
01.ここマディラは、ご存じの通りDOL内ではポルトガル領地ですが、大航海時代初期を
  代表する次の4つの町のうち、最も早くポルトガルに領有されたのはどこでしょう
 >1:マディラ 2:セウタ 3:アゾーレス 4:カーボヴェルデ
 A=2 (1=1420、2=1415、3=1439、4=1462年)

05.次の4箇所の遺跡のうち、一番古くからあるのはどれ?
 >1:チチェン=イッツァ 2:テノチティトラン 3:テオティワカン 4:マチュ・ピチュ
 A=3 (1:4~13世紀、2:14~16世紀、3:BC2~AD6世紀、4:15世紀中頃)
      ※これ調べないで知ってたらすごいです。

09.『トラファルガル海戦』で、イギリス海軍を指揮したネルソン提督。
   このとき彼が乗っていた旗艦の名前は次の著名な帆船のうちどれ?
 >1:サンタ・マリア号 2:メイフラワー号 3:バウンティ号 4:ヴィクトリー号
 A=4 (1はコロンブスの旗艦・2は清教徒のアメリカ移民船・3は反乱を起こしたフリゲート・
        4がネルソン提督の旗艦だった1等級戦列艦。)
      ※正しくはHMSヴィクトリー号ですが『著名な』と前置きしましたのでHMSは省略。

11.現地人に何年間も捕まっていた後にコルテスの通訳となったイスパニア人がいます。
   大航海時代Ⅲにも登場した人物ですが、次の4人のうち一体誰でしょう?
 >1:ピエトロ・コンティー 2:ヘロニモ・アギラール 3:アル・ヴェサス 4:カタリーナ・エランツォ
 A=2 (他は大航海時代Ⅱの主人公たちですね。
      →後で知りましたが、2は実はDOLの冒険クエにも出てくる人物らしいです)
       ※となると出題文がちょっと微妙だったかもしれません。


【③アゾレス〇×問題】
Q.ジョイントビルド造船で、商用クリッパーを★2に強化する部品に上質リギングは必要である?
A.× (調理室・貯蔵庫・加工鉄材・加工木材。リギングは無印クリッパで使用ですね)

Q.鋳造R17で生産できる名匠アンフェール砲16門の最高貫通品は、
   名匠カロネード砲14門の966より高いのがある?
A.〇 (少なくとも976ってのがあるのを自作確認してます)
     ※これは復活問題としてサントドミンゴで出ました。



【⑤マラカイボ一問一答】
01.1666年にマラカイボを攻撃して金銀を奪い、
  後にジブラルタルをも壊滅させてしまった伝説の大海賊の名は?
 A=フランシス・ロロノア (これはマラカイボのご当地問題ですね)

02.ホメロスの『イリアス』にも登場する、
  南米の大河にも似た名前の伝説の女戦士の部族と言えば?
 A=アマゾネス

06.ビタミンやミネラルが豊富で飲むサラダとも言われている、
 南米最南端の町サンアントニオで買える嗜好品と言えば何?
 A=マテ茶

12.縫製問題です。マヤンブルー・ログウッド・アドミラルジュストコールから作られる、
  砲術と水平が+2の戦闘服といえば何?
 A=コマンダージュストコール (これは流行り物なので中南米でぜひ入れたかった)

16.アマゾン川で、大潮のときに川と海の水がぶつかり合って発生する、
  巨大な逆流現象をなんと言う?
 A= ポロロッカ or ボロロッカ (これはルクレさんからも同じ答えを求める問題あり)

18.南米のサンアントニオと南アフリカのナタール、
  なぜか同じ穀物が売っていますが、一体なんでしょう?
 A=トウモロコシ



【⑥準決勝:ジャマイカ一問一答】
03.南米ではスペイン語が主体なのに、なぜかブラジルだけはポルトガル語。では、
  1494年にブラジル付近で勝手に世界が線引きされてしまった有名な条約の名前は何?
 A=トルデシリャス条約 (回答はトルデリシャス条約でしたが、充分でしょと言う事で正解に)

05.中南米などに生息するピンク色の美しい鳥で、選手時代の王監督の打撃フォームも
  その姿にたとえられた、その鳥の名はなんと言うでしょう。
 A=フラミンゴ (オオフラミンゴでも可) ※こういうのがクイズっぽい問題文でしょうか?

07.サントドミンゴの冒険クエにも登場する、現在のニューヨークの東に延びる島と言えば?
 A=ロングアイランド

20.ジョイントビルド問題です。開拓地でスクーナーを作るのに必要な部品は、
  ①平甲板中型船体 ②中ガフセイル ③中マスト と、あと一つ何?
 A=砲門20 (中型なのに砲門20と言う引っ掛けを狙ったのですが、回答は加工木材・・・。)

21.南米原産の巨大な浮き草で、水に浮かべて子供を乗せる事すら出来るその植物の名は?
 A=オオオニバス (一応正解としましたが、単に 『オニバス』 だと違う植物です)

26.南米アルゼンチンとウルグアイの間を流れる大河があります。その語源はスペイン人が
  探索していた『銀』の川と願って付けたのですが、いったい何という川のことでしょう?
 A=ラプラタ川 (プラタ=銀 これはリンクさんからも同じ答えを求める問題アリ)

29.半導体メーカーのAMDで初のクアッドコアとなる、次世代ハイエンドCPUの
   コードネーム名にも採用された、イスパニアの領地と言えば?
 A=バルセロナ (こういうリアル雑学問題も入れてみました)



【⑦決勝:ポルトベロ一問一答】
03.ジョイントビルド造船に欠かせない部品の強化ロープ。
 これが作れるのはヴェラクルスとあとひとつはどこ?
 A=リオデジャネイロ

04.南米アルゼンチンとチリの間にある地方で、マゼランが1520年頃に
  『大きな足の先住民がいる土地』 と言う意味で名付けた場所はどこでしょう。
 A=パタゴニア

05.現在まだ解放されていないカリブ・中米地図の太平洋側。
  暗い部分に描かれている生物の宝庫と言われる島々の名は?
 A=ガラパゴス諸島 (これ生物クエで登場するのはいつでしょうねえ)

06.アルゼンチンとブラジルにまたがり、世界三大瀑布(ばくふ)として
  世界遺産にも登録されている巨大な滝の名はなんと言うでしょう?
 A=イグアスの滝

07.1519年、ヴェラクルスに上陸したコルテスが最初に戦って和睦した、
   アステカの宿敵だった王国は何?
 A=トゥラスカラ王国 (トラスカラでも可)

08.コルテスがインディオ達に間違われた白い神様の名は?
 A=ケツアルコアトル

11.セビリア生まれのドミニコ会修道士で、長年インディオたちの権利の保護を訴え続け、
   『インディオの使徒』 と呼ばれた男は一体誰でしょう。
 A=バルトロメ・デ・ラス・カサス 
   (単にラス・カサスでOKなんですが、なんとフルネームで回答あってびっくりでした。
    教祖曰く、『これ、インディオの使徒で検索したら一発』 とのこと)

12.1588年のアルマダ海戦の指揮官の一人となったフランシス・ドレイクが、
  世界一周を果たした時の旗艦の名は?
 A=ゴールデン・ハインド号

13.鋳造問題です。
  カリブに持ってくるとウマーなイスパニアの主要な名産品と言えばマスケット銃。
  では、これを生産するのに必要なのは鋼・鉄材とあと一つは何?
 A=石炭

14.銃の問題です。
   ブリーチローダー式とは①前込め、②後ろ込め、③回転式、このうちのどれ?
 A=後装式(あと込め方式) ※作成班では『④公文式』にしたら?という意見もw
 
15.かつて大西洋を渡るものにとっては重要な中継点となった、アフリカ西端の岬と言えば?
 A=ヴェルデ岬

31.2本マスト以上で全て縦帆の船はスクーナーといいますが、
  では、3本マスト以上で一番前だけ横帆で、あとは全て縦帆の船の帆装をなんと言う?
 A=バーケンティン
    ※これちょっと問題文が伝わりにくいかも。


以上です。
ところで決勝での問題、なぜか上記のように前半は私からの出題ばっかりでした。
この辺の出題傾向と相性悪目だったのがアクエリアスさん。ポイント-2から後半6ポイントの巻き返しはかなりのものでしたが結局届かず。逆にノーミスで正解を重ねた優勝者のTonerikoさんはクイズ好きというか研究も含めて手堅かったと思いました。
よく読むと微妙に出題文を直したいところもあって、見直すとちょっと恥ずかしいですね。
伝わりにくい点など有ったらスミマセンでした^^


長いことウルトラクイズ関連の記事ばっかりで、参加できなかった他鯖の方には申し訳ありませんでした。さて、次回は公式発表のあったアレについて!


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑応援クリック募集中です!
  1. 2006/11/27(月) 21:13:59|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

決戦の地ポルトベロへ!

第2回ウルトラクイズの覇者は?

さーて、
昨日のウルトラクイズ2日目は、サントドミンゴの敗者復活から一気に決勝の地ポルトベロへ。
かなりSS多いので途中はサムネイル貼り付けでどんどん行きますね。(かなり重くてスミマセン)

【第4チェックポイント:サントドミンゴ敗者復活戦】
11ドミンゴ敗者復活
ここでアゾレス通過+復活組の合わせて11名がいよいよ南米マラカイボへ。


【第5チェックポイント:マラカイボ早食い早押し】
12マラカイボ早食い
もう料理食いまくってとにかく押せ!
食いすぎて10食以上食べちゃった人もいましたが・・・。
13マラカイボ勝ち抜け
ここで約半数が脱落して準決勝へ。
しかし、涙する敗者に容赦なく襲い掛かるのが罰ゲーム!
(にしてもよくあんなメニュー考えるもんです)


【準決勝:ジャマイカ通せんぼクイズ】
14ジャマイカ準決勝01
ここまで残ったつわもの達。

15ジャマイカ準決勝02
しかしこの通せんぼクイズは知力だけでなく、運・体力も要求されるクイズ大会らしい熱戦になりました。特に2ポイント獲得後の『通過阻止問題』は、他の回答者の阻止を潜り抜けなければなりませんでしたので、最後の通過者はここで用意した問題数40を使い果たしてサドンデスにもつれ込む展開でした。

16ジャマイカ準決勝03
そして見事通過し決勝進出を果たした3名にはダンサーズによる祝福がw


【決勝戦:ポルトベロ早押しクイズ】
ここはもう、10ポイント先取の正統派クイズですね。
17ポルトベロ決勝01挑戦者
ここまで残った3名。
しかし、実質的に勝負を決めたのは意外にもこれ。

18ポルトベロ決勝02何問目?
『ところで今、何問目?』 
これ3回やって3回ともあっちゅーまに正解したのが左のTonerikoさん。もう完全に読まれてますね^^
ところでこのTonerikoさん、実は昨日の段階でスタッフの間では感嘆が洩れるほどの存在でした。


(ちょっと初日・2日目のチャットから抽出
>10点とかいるね

>まじで
>すごいね
>10点とってるのは、もう、1抜けでいいんじゃないか?
>今最高が何点とかアナウンス
>Tonerikoさん
※この時Tonerikoさん、10数問経過した時点で既にダントツの10問正解。
最終的にマディラの4択20問を1位か2位で通過したのがこの人でした。

(そして更に決勝戦の中盤での話)
リンク>現在まだ解放されていないカリブ・中米地図の太平洋側。暗い部分に描かれている生物の宝庫と言われる島々の名は?
Toneriko>?
room1:フレイマー>あーなんだっけこれ
アクエリアス>?       
ルクレッツァ・ロッソ>10秒    (←ルクレさんがカウント出す遥か前にもう『?』出してる)
リンク>とねさん
Toneriko>ガラパゴス
ルクレッツァ・ロッソ>5
リンク>正解!
ELECTRA>強い!

リンク>アルゼンチンとブラジルにまたがり、世界三大瀑布(ばくふ)として世界遺産にも登録されている巨大な滝の名はなんと言うでしょう?

Toneriko>?
リンク>とねさん
Toneriko>イグアスの滝
リンク>正解!
room1:ハミルカル・バルカ>トネリコさんつええ
room1:フレイマー>トネさんはやいなw
リンク>調子良いですね おふたかた頑張れ
room1:ハミルカル・バルカ>というよりクイズ好きと見たw
room1:児玉さん>実力はあるんだろうね、検索してないと思われる
room1:アウストラ>ですねぇ
room1:ハミルカル・バルカ>作ってる俺らに好みが近いよーな
room1:シシリア>多分、回ってるサイトが似てると思う。
room1:シシリア>めけさんとこ、ルクレさんとこ、ハミルさんとこって3つは確実にw
room1:ルクレッツァ・ロッソ>次回スタッフにw
room1:アウストラ>w

リンク>ところで今、何問目?
Toneriko>?
room1:児玉さん>でた
ルクレッツァ・ロッソ>10秒
アクエリアス>?
リンク>とねさん
Toneriko>9問目
room1:フレイマー>タイムショックきたこれwwwwww
リンク>正解!
ベイブ>うへ・・・
アクエリアス>orz
ELECTRA>@w@
ELECTRA>強い
room1:シシリア>強いね、トネリコさんはw

リンク>ところで今、何問目?

Toneriko>?           (←これ出るのがまたすげー速いw)
ルクレッツァ・ロッソ>10秒
リンク>とねさん
ベイブ>・・・
Toneriko>30問目
room1:フレイマー>トネさんwwwwww
room1:フレイマー>ツヨスwww
room1:ELECTRA>それもうなしにしようよw
room1:りゅーね>まーくしてるwww
リンク>……
room1:シシリア>かくじつやw
リンク>正解!
room1:アウストラ>もはやボーナス問題w
room1:ELECTRA>3点それでとられてるし。。

 と言う感じで、中盤以降は優勝候補の本命が順調に星を伸ばしていった感じがしました。


19ポルトベロ決勝03決定!
まあ、そんなこんなで結局Tonerikoさんが圧倒的リードを保って優勝!

20ポルトベロ決勝04優勝者
と言いつつ、

21ポルトベロ決勝05優勝者B
『今、何問目?』 はもう完全にマークされてましたw

そして表彰式。
優勝賞金100M はこれはまたスゴイのですが、更にコレ。
副賞のプレゼンター、ゼルダ姫から贈られたものはと言うと・・・

22ポルトベロ決勝06副賞A

23ポルトベロ決勝07副賞B

24ポルトベロ決勝08副賞C

25ポルトベロ決勝09副賞D

い、いらねぇぇー。
しかも 『水と食料は捨ててねw』 
とか鬼のようなこと言ってます^^);


26ポルトベロ決勝10前回覇者広島さん
更に前回覇者、広島さんからこのコメント・・・。

27ポルトベロ決勝11集合写真A
最後はみんなで記念撮影! いやー、ホントみなさんありがとうございました。
もう1:30回ってたと思いますが、

28ポルトベロ決勝12集合写真B
んーで残ったスタッフでもう一枚。

最後に、
参加者・観戦・スタッフその他全てのみなさん、
本当にありがとうございました!
そして、準備段階から問題作成・更に当日の司会進行などなど、何から何までお世話になりっぱなしのリンクさん、お疲れ様でした。ただもう感謝!


と言うことで、今回お手伝いすることになったウルトラクイズも無事終わり。
次回から普通のペースに戻してやっていきますので皆さんこれからもヨロシクです。

※更新が遅くなってすみません、さすがにちょっときょうは脱力かも。。。

おしまい。

FC2ランキング02
 ←こちらへ支援クリックお願いします~
  1. 2006/11/26(日) 18:17:56|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウルトラクイズ初日の激闘!

雑用係のウルトラクイズ

はい、本番では雑用係にしか役に立たないハミルカルです。
ところでカウントした人によると、当日のセビリアの人数が380人を超えていたとか・・。
普段より明らかに300人は多い数字じゃないでしょうか。
皆さん本当に有難うございます。(いやホント嬉しいです^^)
では初日の現場の様子をダイジェストでどうぞ!

【第1チェックポイント:セビリア〇×】
01セビ1問目
さて第1問目の予告問題。
さすがに楽な問題なので95%以上が正解されましたが、中にはいきなり・・・。


(その後、第4問目での設問にミスがあり、全員復活で仕切り直しとなってしまいました。
問題作成班の一員としては、チェックに不備があり、本当に申し訳ありませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。)

さて、12~13問目で20人の通過者が決まり、敗者復活へ。
その後、敗者復活バザー用に街中へ飛び出して売り子してたら、
よくブログを見させて頂いてるPORCOさんがタッチの差で買いに来たり・・・。
(PORCOさんごめんね;;)

02セビ通過者
そんなこんなで予選通過者決定!

03セビ敗者
そしてこちらは残念ながら初日は敗退された方々
(だけど皆さん、『あくまでも初日は』 ですからね!)


【第2チェックポイント:マディラ4択】
ここは、本家ウルトラクイズで言うと機内ペーパーテストにあたる地点。
4択クイズを20問ですから、結構ここは実力勝負です。
実際、わたしはここでの成績上位者ベスト3くらいが優勝候補だと思ってたりします。
決勝はもう、直接解答の10ポイント先取ですから運の要素はほとんどありませんからね。

さて話が飛びましたが、ここマディラでの問題はというと・・・。
04マディラ
・・・。
いきなりペチコ問題かいw
んでその次は犬ガレー問題だし^^
能登ラジでもHRRさん時間忘れて盛り上げてましたね。。
しかしこの後は、歴史・地理・文芸・雑学など正統派でかなりの難問もまじえ、
『コレむずいよ』・『知るか』 の悲鳴が流れる知力の勝負へ。

05マディラ決定戦
ここでのハイライトは、上位通過者が決まった後の決定戦。
最後の1枠を巡り、残る2人の解答者の間で火の出るようなサドンデス戦が続き、
『もうこれ正解したら通過!』
とリンクさんの裁定も、なんと両方とも正解! やるなぁ。
そして舞台はアゾレスへ!


【第3チェックポイント:アゾレス〇×どろんこクイズ】
ええ、『どろんこ』です。
ここは危険海域ですから模擬も出来ません。
解答者は1人ずつ〇×クイズに答えて頂き、

06アゾレス
しかしアゾレスにこの人数はすごいナ。

07アゾレス正解者
正解者は無事通過!

しかし・・・

08アゾレス不正解A
10アゾレス不正解C
不正解の場合は容赦なく沈められます。
自分から仕掛けますから時には名声すら落ちる事に;;
まあ、これだけの猛者に囲まれたらリアルなら一瞬に大西洋の藻屑・・・。

最後のSSはその断末魔を。
09アゾレス不正解B断末
ひでぇ、コレひでぇよ・・・。

でも沈められた方も語尾に 『w』 つけてるから、まーいーか。
と言う事で、最後は2:00近くなってしまいましたが、無事初日の通過者が決まり、
いよいよ本日は決勝の地カリブへ!

ところで皆さん2日目、来ますよね?
たぶんいい事あるからねぇ~。
(初日は、2日目に行く為の単なるシード権の獲得くらいに思って頂いていいですから)

さぁ皆さん、
サントドミンゴへGO!




2日目が終わりましたら、出題された問題の内で私が作成した分については、
後日なるべく答え合せと解説をする予定です。


おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリックお願いします~
  1. 2006/11/25(土) 11:02:45|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラクイズの朝

第2回 
大西洋横断ウルトラクイズ』

11月24日(金)22:00~ 
Notosセビリア大聖堂
にてスタートします!

あ、第一問目の発表は事前に(21:30過ぎ~を予定)
出ますんでお早めにお越しを~。

鯖に関係なく、
みなさん
来るべし!!


今言いたいことはそれだけです
おしまい。


FC2ランキング02
 
↑今日も応援クリック募集中です~!

  1. 2006/11/24(金) 07:38:47|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

葬り去られたボツ問題たち

直前のドタバタの一幕

いよいよあと2日に迫った第2回ウルトラクイズ。
先日ついに公式HPが公開されるなど、スタッフ一同頑張っております。
ウルトラクイズ公式HPはこちら→ http://ultraq.blog84.fc2.com/
出来上がってきたHP、はぁ~こりゃさすがですねぇ。。。

さて今回は恥を晒すようなものですが、、、、
私がクイズで使う問題の叩き台を作っていたときのボツ原稿の紹介なんぞしてみます。
といっても、各自で作成→投稿→問題担当スタッフが選定・検討・採用して世に出る、その遥か前の段階、投稿すらしてない問題ですから全然参考にはならないでしょう^^
まあ、こういう傾向・形式で作ったのもアルヨと言うのだけは出してもいいかなと。
(ホントに参考にはなりませんからね)
答えはエントリーの末尾に記載していますので取りあえずいくつかどうぞ。。。


第一問 【〇×問題のボツ原稿より】
Q:
拠点攻撃用などの武装で、ボムケッチやボンバルダなどの船首砲に多用された大砲は、
なんとあのモーター砲である? (〇か×か)


第二問 【4択問題のボツ原稿より】
Q:
古代ローマの皇帝にヴェスパシアヌスという人物がいます。
現代イタリアではこの人物に由来する『ヴェスパシアーノ』と言う単語が、ある公共施設を意味する単語ともなっていますが、次の4つのうちどれでしょう?
 (1:公会堂 2:公衆浴場 3:公衆便所 4:図書館)


第三問 【直入力問題のボツ原稿より】
Q:
19世紀から始まった大西洋横断の最速記録を争う競争で、
記録保持船はその象徴を掲げる事が許され、
日本では映画の賞に同じ名があるその競争の名は?



もうだいたい問題数足りてるのに、こんなマニアな問題作ってもどうしようもないわ・・・。
って事で投稿する前に自発的にボツに。
本番ではもう少し練られたものが出て来ると思いますのでご期待くださいね^^


<消費者の味方のような生産物>
さて、明日はクイズ中で使用する料理の生産ということで、たぶん中南米のある街へ向かいます。
そういえば、南米などで売ってる交易品で作れる料理のアレ。
まともに売ってるのを見たことがないくらい地味ですが、実際はかなり優秀ですね。
回復量が少ないと人気ないのかな?
何しろ交易品1個から1回で生産できて、しかも回復量が+25とまずまず。
これがピザやパン・パスタだと一度小麦粉を作ってからの2次生産になってしまいます。
また純粋にスペックだけ見ると同じ中南米料理のマニソバはクスクスの上を行く優秀料理ですが、材料調達と2次生産が要らない分、作りやすさではこれ断然です。
恐らく1399個生産なんてあっという間(恐らく30分掛からない)ですし、しかも材料原価が圧倒的に安い。+25程度では本気の海事には全く不向きですが、手早くて安い回復アイテムが欲しい冒険者や生産者、修行中で金欠の軍人さんにはこれってかなりお勧めです。
実際のとこ、売るのではなくて自分で使う分にはこれで充分だと思いますよ。
んで、さっき気付いたんですが、これ南米だけじゃなくてアフリカでも生産可能ですね。
インド洋は全体的に料理作るの大変なんでその点でも優秀かもです。
ところでこの話、3日後に使いますので主語をワザと抜いています。
まあ直ぐ分かりますので、気になる方は中南米料理レシピをご参考にどうぞお試しを。


【問題の答え】
Q1=〇 (今のところ、拠点攻撃とかぜんぜんその用途ないからなあ)
Q2=3 (だって本人が有料トイレで金策なんて政策出すから・・・)
Q3=ブルーリボン (映画の賞~って所で難易度下げと検索しやすさを狙ったんですが・・・)



おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリックお願いでっす。。
  1. 2006/11/22(水) 21:20:42|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

其は何をする釣り人ぞ

なんか全然関係ない写真を1枚。


釣り師R?

(以下は暇人の妄想なんで相手にしないで結構です)

この人って、釣りRいくつだろ?
ぼーっと見てても、これがまたちっとも釣ってくれません^^);
釣りRANK低いんかなぁ・・・
もしかして釣りアイテムか? (いや、そら釣具持ってるけど・・・)

んー、そういや大航海での私らって、餌も無しでどうやって釣ってるんだろ?
竿は振ってるみたいだから疑似餌かなあ・・・。
つか、武器欄に 『釣り竿』 とか出ないかな? 
できたら表示される装備で欲しいぞ。

それにしてもこの人は何を釣りたいんだろね^^
クロダイかな? スズキかな?
イワシ狙いじゃないよな?
まあ、ボートじゃマグロ釣ったら沈むしな・・・

・・・
・・・
(20分経過)
・・・
つ、釣れねえエェ、、、、。

って、それをずっと見てる私も私だな。
なんか、競艇のボートみたいのがブンブン航っているけど、コレでほんとに釣れるのかな?

んー。(岸壁をみてみる)
ん!
お魚、いるじゃんww
おっちゃん、ボートは要りませんw
ここでチョイ投げてみてくれんかな・・・。



おしまい。

FC2ランキング02
 ←一発押してってください~
  1. 2006/11/21(火) 21:12:26|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回ウルトラクイズ 【日程変更のお知らせ】

【日程変更のお知らせ】 
第2回ウルトラクイズは11月24(金)・25(土)に変更です


先日、速報で開催告知をしました『第2回 大西洋横断ウルトラクイズ』 ですが、
間の悪い事に公式イベントが26(日)に行われる事になりましたので、1日前倒しして
11月24(金)・25(土)で実施される事になりました。と言う事で改めて開催告知といたします。

第2回ウルトラクイズ_ロゴ


第2回 『大西洋横断ウルトラクイズ』

【開催日】   2006年11月24(金)・25(土)に変更されました
【開始時間】 24(金)22:00~ セビリア大聖堂
        25(土)20:30~ サントドミンゴ(予定)
              ※敗者復活(全員参加おっけ)もアリ!? 
 
【予選会場】 Notosサーバー・セビリア大聖堂よりスタート
【本選決勝】 ポルトベロ 
【ご注意】   本選の中盤以降のチェックポイントへは、
        『南米への入港許可』
 が必要です。


予選参加はどなたでもおっけです!
他鯖の方でもセビリア・マディラ・アゾレスとかなり楽しめますよ~♪              

次回のお知らせではルート・形式・ルールなど詳細もお伝え出来たらと思います。
いよいよ開催日も今週に迫ってきていますが、スタッフ一同では皆さん多数のご参加お待ちしています!! 
(入港許可までもうチョイ
という方、最後の頑張りでぜひとも獲得を!)




おしまい。

FC2ランキング02
 
(↑↑応援クリックしてって下さいー。)
  1. 2006/11/20(月) 16:20:14|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルチ生産者の逆襲!

今日は工芸修行のライブ更新を。

ハイ。2周目となった工芸修行の生レポートですね。
今回は事故で記憶を失って怒りに燃えた工芸師が一気にスキルを取り戻してゆく話です。
えー、たぶんイメージとしては 『ランボー怒りのアフガン』 的に両手に小銃乱射か、 
もしくは JOJOの 『URYYYYYY』 なバーサーク状態とでも思ってください。(という妄想設定)
って逆襲ねえ・・・。
これ自分の不注意から起きた事なんで、どう見ても逆襲というより逆ギレ又は逆恨みです^^
まあ、そういうことではありますが、工芸ないとホント困るんで2周目に突入です。

さーて、1日でどこまで上げられるものでしょうか。
今日の修行の模様はライブ更新で順次お伝えしていく予定です。



<スペックと準備>
職業:工芸師(工芸+1)
装備:ノコギリ(工芸+1)
アクセ:酒類+2、工業品+1くらい
副官:ヴァレリー倉庫番(工業品+1) 
関連スキル:食料品、酒類、調味料、嗜好品、工業品等の各取引 (支援を含む)
消耗品:カテ1・カテ2・ピザなどの料理
レシピ:酒造・酒造2・調味料・芸術指南書
カスタムスロット:F5カテ・F6レシピ・F7レシピ・F8料理 で勝負!

<修行メニューの候補地>
①シラクサ
R2オリーブ油、R3アクアピット、R5ウィスキー
 ※食料品はカテ1で買えるので初期の生産には向いてますがバレンシアのがいいかな。

②チュニス
 ※オリーブ・アーモンド・小麦が買えるかなり優秀な港です。
  但し酒類はお金にならないので篭もって生産が前提の今回は不採用に。

③バレンシアーパルマ
R2オリーブ油、R3ワイン、R3アーモンド油、R3アクアピット、R5ウィスキー、
R4ブランデー&R7ワインビネガー (干しブドウの2次生産)
 ※いろんなものが作れる非常に優秀な2港。
  2次生産も見込めるのでボルドーに行く前としても有力候補です。
  またアクアピットとウィスキーは名産判定の付く交易品というのも優秀。

④ボルドー
R3ワイン、R4ブランデー、R7ワインビネガー、R8シェリー
 ※工芸修行の地としては本命中の本命港です。そもそも買える量からしてやたら多く、
  嗜好品と酒類さえ持っている人なら恐ろしく生産効率が高いのが特徴です。
  特にフランス人で酒類・嗜好品取引スキルを所有している人なら、
  ブースト込みR7~カンストまでここオンリーでもいいかも。(あとはメゲない心、か。)

⑤プリマス
R5青銅像
 ※ここなら銅鉱石+スズ鉱石からも材料の青銅が作れますので、工芸と鋳造を 同時に
   育てたい人にとっては候補かも?但しR5レシピですので一時的にな使用になると思います。  

⑥ベルゲン&オスロ
R10石像
 ※最後まで熟練が2以上入るため、生産効率は最高で5000/h以上、普通にやっても
   3000~4000/hは楽に稼げるという、工芸修行の最終地候補の恐るべき港です。
   但し弱点としては、美術品に対する暴落耐性が無いために石像を大量に売ると暴落する
   危険がある点で、前もって宝石・火器・織物などで調整しておくといいです。
   この調整は自分でやるのが前提ですが、オスロで織物を暴落させてしまうと縫製修行を
   している方々に多大な迷惑が掛かりますのでなるべく他のものを落としましょうね^^);

※実際の修行コースはまだ決めていません。
  生産の状況を見ながらでやりますので、あくまでも予定は未定で決定にあらずと言う事で。

それでは、修行スタート!

【09:45 工芸R1】
バレンシアでスタート。
+2ブーストですから、R2オリーブ油、R3アーモンド油、R3アクアピット、R3ワインをいきなり生産し始めます。こりゃ速いかもw



【09:48 工芸R3に】
バレンシア
流石にここまでは速いです。まだカテ1を1枚も使ってませんしw
R4ブランデー(2次生産)、R5レシピのウィスキーも生産を始めました。
作る種類が多くてカスタムスロットの打ち分けがめんどいですね^^


【10:05 工芸R4に】
バレンシア
さすがにちょっとオリーブ油・ワイン・アーモンド油は効率が落ちてきました。
どうもR4が軽い山かも。
込みR6だとワインビネガーもまだ作れず、+2ブーストが活かしにくいRANKなのかもね。
ちょっと休憩入れながらやってます。


【11:35 工芸R5に】
ボルドーに移動しました。
R4で予想以上にペースが落ちましたが、R7でワインビネガーが生産できるのは非常に大きいと思います。また干しブドウから作ったワインも2次生産に回しています。
さてこれでR6まで何分で到達するでしょうか?


【12:05 工芸R6に】
ボルドー
あー、ここは速いですね。わずか30分で熟練2500叩き出しています。
そして遂にR8シェリーの生産が可能になり、ランクより+1と+2での全て一次生産で上げられます。これって全く無駄がなく、恐らく生産効率はここが最高点になりそうです。


【12:42 工芸R7に】
ボルドー
シェリーのぱわー恐るべしです! R6+2でのワインビネガーの熟練が3、シェリーで5入ってます。ここを更新しながら作っているため手が止まりがちなのにも関わらず、37分で熟練3600とは・・・。
ここから先は段々と落ちていくと思いますので、集中力の続くうちに頑張って作ります!
(なんかお腹すいてきたので昼飯に^^)


【13:57 工芸R8に】
ボルドー
なんだかんだ言ってまだまだ成長速いですね。これでもうR10の石像に手が届くので、目先を変えるのもアリかも知れません。どっちかと言うと工業品取引を上げたいと言うのもありますので。さてどうしよう・・・。


【16:30 工芸R9に】
ベルゲンに移動してます。
他のことやったりもありますが、なんだかペース落ちてますね。メニューはR8+2になったので石像作りに入ってます。ところがR8~9の時点での石像の熟練は1回あたり+3。シェリーならだいたい+4入ります。ボルドーだとR7ワインビネガーも作れることを考えるとあちらの方がたぶん優秀ですね。工業上げたいのですが、またまたどうするか判断のしどころです・・・。


【17:50 工芸R10に】
工芸R10
ベルゲンにて
やっとR10まで到達!80分で熟練8100叩き出していますから、時給だと6000超えてます。
そして木材が持ちきれなくなりましたのでいったんアムス方面へ戻ります。
やー、やっとだナ。。。  (実は今ベルゲンの相場が面白いことになりつつあったりして^^)




つづく。

FC2ランキング02
 ←一発押してってください~
  1. 2006/11/19(日) 17:27:38|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

次世代船の予想 その3

中型船の予想 (進化編)

昨日はマイナー船の発展型などを見てみました。
完全に好みですがジーベック系って地中海などの早い段階で乗りたいんですよね。
さて今回は、本命系統の船の発展型などを見て見たいと思います。


ヘルマフロダイト・スクーナー
⑤ヘルマフロダイト・スクーナー
これ絵を見ると分かりますが、横帆のマストに帆桁を足して縦帆も同時に張れるようにした複合船です。
もう一見して『こりゃ便利だなぁ~』と思わせるものがありますよね。
ヘルマフロダイト=『両性具有』を意味しますがそのまんまだナw
実際、貿易風を待って年に1回交易できればイイやという昔と違って、交通手段の発達で世界の距離がどんどん縮まっていく近代では様々な状況でも対応できる移動手段が求められるっていう事なのでしょうか。
そういう時代の要求なのか、18世紀後半ごろには他にもこういったスクーナーとブリッグの合いの子みたいな船も登場してきていて、何でもありというか帆装のバリエーションがどんどん広がっています。
DOLの世界では既にクリッパーすら出してきているのですから、こういう進化型が出てきてもちっとも不思議じゃなく、かなり期待しています。またこういう風に思考を進めると、将来的には船種としてだけでなく、むしろもっとユーザー側で自由なカスタマイズが出来るようになってもいいかもしれませんね。
というのはどうだろ?



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑今日も応援クリック募集中です~!
  1. 2006/11/18(土) 08:56:18|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次世代船の予想 その2

中型船の予想(マイナー編)

前回の続きで行くなら、正統派の帆船としてバーケンティンやブリッグを紹介するところでしょう。
ただこれは船種というより帆装の形式なので、船大工のところに持っていって改造する時に出るべきものですから今回登場するかは微妙なのですね。(それ言ったらスクーナーもその流れですが) と言うことで今回はちょいとマイナー方向に振ってみました。出る確率は低いでしょうがこういういろんな発展型が登場してくると幅が出ていいなと思いましてので取り上げていきます。


(中型編)
ポーラッカ・ジーベック
③ポーラッカ・ジーベック
チャプター1で登場したポーラッカの進化型です。
非常にマイナーな船となってしまっているポーラッカですが、本来は作りやすく少ない人数でも使えるいい船です。素性は良いのですから発展型を期待するところでして、実際に18世紀中頃には上のようなジーベック的に縦帆を取り入れた改良が施されて登場しています。
うーん、考えてみるとこれ結構速くて曲がる・しかも中型にしては積める船になりそうなのでぜひ導入して欲しいところですねえ。また地中海で導入できるのも大きな魅力でしょうか。


ジャベッコ
④ジャベッコ
これフランスでの元のスペルは『chebec』ですから、語源はジーベックそのものですね。フランス読みならシェベックです。(ケベックはQだから字が違う・・・)
系列としては大型船扱いのケベックも同じ船種と言っていいですね。
これは、バルバリー海賊との戦いで手を焼いたor手を組んだスペインやフランスの海軍が実際に導入していた船で、フリゲートなどよりキールを浅くしたため安定性は多少落ちるものの、非常に回頭性に優れていたため西地中海を中心にかなり運用されています。
もし大航海時代Onlineで登場するならバルセロナやマルセイユで造船できると雰囲気出ると思いますんで期待しているところです。
つか、イタリア方面でもうケベック出ちゃってるから駄目っぽいナ・・・。
どうかイスパニアにもジーベック作らせてくれ~。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑応援クリック募集中です!
  1. 2006/11/17(金) 07:23:23|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直前に出してくる長期計画の話

家具職人になりたい!

さて予定では新型船の予想その2を書くつもりでしたが、
http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/room.htm (公式/長期計画のページ)
きのう長期計画の発表がありましたので、一日延長して先にそちらから取り上げて見たいと思います。船のお話は明日書きますのでご了承を。
しかしアレです。もう来週に迫ってるイベントは長期計画って呼んでいいのかな?


【チャプター2 『Angkor』登場!】

<家具の実装>
えっと、これ、やっぱり必要なのって工芸だよね? (+工芸品取引とか言われても困るが)
・・・ナイ。
・・・しかもこういうタイミングで誤消去した私。
・・・。
おし、工芸もっかいやるか! 
って宣言しても、なんか留年して語学の単位取り直してるダメ学生みたいで恥ずいナ。
だけどまあ、ここ一週間と言うもの不便しまくりで、工芸持ってないのがホント身に沁みる晩秋の夜でした。(表現が分けわからん所はお許しを)
うーん、なんだかR1から垂直立ち上げするのは面白い気もしますね^^
と言うことで、今やってる星人がキリが付き次第に工芸やると思いますが、
日程的にウルトラクイズがもうすぐなんで修行レポートはちょっと先になるかもです。
だけど家具作るのに工芸R15言われたらどうしよう・・・。


<東南アジア海域の実装>
これ思うんですが、マラッカはポルトガル領地になるんでしょうか?
テルナーテとかも領地の可能性あるけど、チャプター2はポルトガル相当いい展開です。
(まあ、オランダが進出するまでは天下でしたので当然と言えば当然か)
でですね、ちょっと地図上げときますが、マラッカ海峡押さえられたら他の国はかなりキツイです。
マラッカ周辺海域は、現代でも毎年10隻単位の商船が海賊被害に遭っている世界でも屈指の海難地域なわけでして、ここを封鎖されるともう大きく南を回ってバタヴィア(ジャカルタ)のスンダ海峡かスラバヤ東のロンボクを通過しないと東アジアへ渡れません。
(ちょっと地図上げておきます)
東南アジア01

さて気になる入港許可イベントがどうなるかですが、例えばこの人の登場とか。
アルブケルケ01
そう、アフォンソ・デ・アルブケルケ提督(1453~1515年)ですね^^
この人、ホルムズ・ゴア・マラッカから香料諸島に至るまで征服しまくった、
恐らくこの時代最高の軍人さんの一人です。

アルブケルケ提督がゴアにいてイベントスタートし、例えば
『丁子とかの香辛料を持って行くか・海峡の艦隊と連戦するか・遺跡の断片でも発見するか』
でマラッカから先の道が開けるとかがベタな展開でしょうか。

まだ全然分からない展開ですが、出る前にこうやって色々考えるのも楽しいんですね。



おしまい。

FC2ランキング02
 ←一発押してってください~
  1. 2006/11/16(木) 06:55:27|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次世代船の予想 その1

新規の小型船を予想してみる

さて、ホントは昨日始めようとして見事に脱線して終わった予想企画。
今日から数回に分けてまた予想してみます。で、今回は小型のものから。 
前回、1等級戦列艦・改装型フリゲート・スループと予想しておきながらスループしか当たっていないのですが、これはちょーっと本当に出るかも知れません!

(小型編)

カッター
①カッター
※1本マストの巨大なメインの横帆に縦の補助帆を装備した沿岸用艦艇。
主に密輸監視や 沿岸警備隊で運用された軍用のカッターと、ヨットから変化した商用のカッターとがあり、 速力と取回しに優れていた為に18世紀のオランダやイギリスでは多数運用されていました。


ラガー
②ラガー
※2~3本マストに斜めの桁と縦帆を装備した中~小型船。
元々は漁業や沿岸交易に使用されていたのですが、その扱いやすさの為か後に軽戦用の10門以下の武装も施されてゆきます。18世紀末~19世紀初頭のいわゆるナポレオン戦争の頃には通商破壊の私掠船から輸送にと幅広く活躍します。


戦列艦やクリッパーがそこら中を走っているDOLの世界ですが、実際にはこうした中~小型船が最も多く運用されているわけで、今後のNPCへの採用なども期待したいところですね。
さて次回は中型船の中からもちょっと見てみたいと思ってます。

おしまい。

FC2ランキング02
 ←これ押して行ってくださいー。
  1. 2006/11/15(水) 00:13:43|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

手抜きな3分座談会などを

生糸の相場が合わないからヒマだ・・・


とINするなりログに書いたら、

(以下は一部抜粋しただけの非常に手抜きな身内ネタエントリーの例です。・・・スマントオモッテマス)


ショコラーゼ>暇なときはブログ更新だw
金艮シ可>それだっ!
ショコラーゼ>w
ハミルカル・バルカ>・・・アイ
ハミルカル・バルカ>では皆さんで座談会をして、それをそのままあげる
ハミルカル・バルカ>という手抜きはだめでしょか
ショコラーゼ>ログこぴぺこれ最強w
ハミルカル・バルカ>お題は・・・んと船というのはどうでしょ
鹿角>波平をよく支えていると思います
金艮シ可>(´∀`)つ ハミルカル・バルカがドーティ派閥に
ハミルカル・バルカ>お母さんかw
ショコラーゼ>波平…
ルクレッツァ・ロッソ>それは、舟!
鹿角>ギク
ショコラーゼ>課長がすべったw
ハミルカル・バルカ>そーいえばわたしもドーティ常備してるんだけどなあ
ショコラーゼ>船の絵は難しくて書けません;;
ハミルカル・バルカ>なんかどっかでそれ見たような・・・
ショコラーゼ>キノセイキノセイw
ハミルカル・バルカ>トーガからドーティなると違和感スゴイです
ショコラーゼ>お題が船からドーティに変わってる件w
ハミルカル・バルカ>誰かが誘導してるな
ルクレッツァ・ロッソ>フランス語で船のこと「ドーティ」っていうのよね
ハミルカル・バルカ>マジカ
ショコラーゼ>そうなの?
鹿角>言わない言わないw
ショコラーゼ>w
金艮シ可>|・)狼少年

と、ここから先はどんどん脱線していったのですが、(しかしこのメンバー濃いなあw)


さて本題。
私が本来お題にしたかったのは 『新型船の勝手な予想を膨らませる』 
だったので、 (そういう司会が全然出来てません^^);
次回からは手ぇ抜かずにちゃんと書きますね。

『大型クリッパーは出るのか?』 とか、

『ジベ強化まだぁ??』 から始まって

『史上最大の大型ジャンク!!中華船キタコレ』 

というようなキワモノなども扱っていこうと思います。
なんかあったらご意見お願いします~。ペコリ



おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリ募集中です~
  1. 2006/11/13(月) 21:27:15|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第2回 『大西洋横断ウルトラクイズ』 の開催速報

第2回 『大西洋横断ウルトラクイズ』 (開催告知)

昨年開催された最大規模のユーザーイベント 『ウルトラクイズ』 。
その第2回が舞台を中南米に移して今年も開催されます!!
今日はその速報として概要を。

第2回ウルトラクイズ
                          (画像はリンクさん作成のものをお借りしました)

第2回 『大西洋横断ウルトラクイズ』 開催概要

【開催日】   2006年11月25(土)・26(日)
               11月24(金)・25(土)に変更されました
【開始時間】 初日は22:00スタートを予定。

【予選会場】 Notosサーバー セビリア大聖堂よりスタート
【本選決勝】 ポルトベロ 
【ご注意】   本選の中盤以降のチェックポイントへは、
       『南米への入港許可』
 が必要です。予めご了承の程を。
        
※時間・会場・形式などの詳細は固まり次第またお知らせ致します。
  皆さんぜひご参加を!!



と言うことで、私も問題作成のお手伝いをさせて頂くことになりました。
他の数名と共にマニアック問題の作成担当を命じられて既に作成に入っています^^
担当ジャンルは主に歴史・地理・人物・雑学などですが、今回は本選会場が中南米ということもあり、ある程度そちらからの出題も混じってくると思います。
(ちょっと検索した位じゃ出てこないのも作りますからねぇ~)
既に50問ほど提出したのですが現状では問題数がまだまだ足りない模様で、
日も少ないため今日からまた追い込み掛けて作っていきます。



おしまい。

FC2ランキング02
 
(↑のブログランキング参加してますよん)
  1. 2006/11/12(日) 07:51:03|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あー、やっちゃいました

さらば・・・


さて昨日から大海戦。
2回連続して同じ組み合わせのため、支援活動しようにもかなりヒマになっちゃったイスパニア人としては比較的平和な海で活動しているのですが、中の人どうも昨日から混乱気味。
んー、一応報告をば。


kougei R0


・・・・。


あ、あれ?


!!!!!!


間違って工芸R15、

消しちゃいましたから!!



という訳です、ハイ。 
まいったねこりゃ。

そもそも工芸無いとJB造船の船体は作れないわ、オリーブオイルやハーブソルト・ブランデーとかも作れなくて調理にも支障出るわで(クスクスやマグステ・鶏ニンニクが・・・)、実はかなり痛いのかもしれません。R10くらいなら2~3日で復帰出来そうではありますが、ちょっと今すぐ取り直すのはメゲる・・・。

しかしまあ、本来消すはずだったスキルと合わせてこれでスキル枠が2個空いてしまったというのは、これはこれで何かやる機会なのかも。
でも突然の事態で何も考えて無いし、さてどうすっかなあ。
皆さんもスキル消去は慎重に~、ってこんなマヌケな事する人はあんまりいないか。
はぁ・・・。




おしまい。

FC2ランキング02
 ←支援クリックお願いでっす。。 [あー、やっちゃいました]の続きを読む
  1. 2006/11/11(土) 09:11:52|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古代~中世のロングセラー武器

古代の最新兵器 『弩』


軍事技術というのはいつでも容赦のない、最先端の世界ですから、より進歩したものが一般的になってくると見向きもされなくなるのが通常です。使う方は命がけなのですから、誰が好き好んで旧式の武器など使いたいと思うでしょうか、という事なのでしょう。
ところが古代世界から中世にかけて長いこと、およそ2000年前後も使われ続けてきた武器があります。それが今回紹介する弩(いしゆみ)です。

弩とは、通常縦に持つ弓を水平に寝かせて、弓を引く動作をウィンチのように機械的にした道具ですが、機械的に弓を引くため人力では撃つ事の出来ない強い矢を放つことが出来たのでした。大航海時代Onlineではピサの交易品などで登場する 『クロスボウ』 がそれに最も近い機構をしていますから、あれをイメージしていただければ良いかと思います。

クロスボウのイメージ図はこちらを参照(WIKIより)

(弩の発明)
弩が地中海世界で登場したのは、紀元前399年のシチリア島シラクサではないかといわれます。
この時、シラクサの指導者ディオニュシオス1世は、新兵器を開発するために大規模な資金を投入し、結果完成したのが弩らしいのです。当時シラクサはカルタゴと争っていて、この時完成した初期の弩でも弓より遥かに強い威力を持っていましたので、これに目をつけたほかの国々も多く登場してきます。

(成果と発展)
さてここで登場するのがマケドニアの王フィリッポス2世(BC359~336年在位)。
そう、アレクサンドロス大王のお父さんです。
フィリッポスはこの新兵器『弩』に目を付けて研究を続け、完成した弩は巨大なものに発展してなんと長さ13フィートの矢を発射することが出来たといわれています。(シラクサ弩のおよそ2倍)
フィリッポスの息子アレクサンドロス大王はこの新兵器を戦場で実際に使い、例えばレバノンの大都市テュロスを攻略する際にこの兵器を投入してかなりの成果を上げたとされています。
これ以後も弩は様々な形態に発展して行って、小型な携行式のものから船や城壁に取り付ける大型のものまで見られるようになります。残念ながら連発は出来ませんが直撃すれば甲冑の鉄板すら貫く威力は捨てがたいようで、この兵器はヨーロッパから中国にかけて、全世界的に長期間にわたって使用されるようになり、中には一斉発射式やマシンガンのようなものまで登場してくるようになります。

(衰退へ)
ところがこの弩、大航海時代が始まる直前くらいのヨーロッパでは、残念ながら戦術的には旧式とせざるを得ない大会戦が何度も発生し、結果としてその運用が大きく減ってきています。
その象徴的なのが英仏百年戦争の前半で行われた『クレシーの戦い』と『ポワティエの戦い』でしょうか。この会戦は重装騎兵+弩兵のフランス軍と、歩兵+長弓+騎兵のイングランド軍との戦いだったのですが、連射性と本来優れているはずの命中率でも大きく劣っていたフランスの弩兵隊がほとんど使い物にならずにイングランドの長弓兵の前に決定的な敗北をしてしまいました。
更に時代が下るとマスケット銃兵と槍兵を活用したイスパニアの『テルシオ陣形』が大流行し、更にそれを負かすネーデルラントやスウェーデンの火器を集中運用した戦術が編み出されていって完全に旧式のものとなってしまいます。ただ、攻城戦などの定置物に篭っての戦いではまだ余地があったようですが、次第に銃や大砲の性能が上がってくると軍事的にはその姿を消してゆくことになりました。(後に手榴弾などの投てき器具としても使用されるのですが、それはもう弓矢の一種とは言えないかなあ)


おしまい。

FC2ランキング02
 ←これも押してね~
  1. 2006/11/10(金) 07:09:26|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大航海時代の子午線?

経度0ってどこ?


『そりゃ、ロンドンでしょ?』
ってのは、現代の大部分の人の答え。
そう、あくまでも大部分。
なぜならフランスの人は、『そりゃパリだろ!』 と自信を持って答える人もまだまだいるそうです。
でもって大航海時代のヨーロッパの航海者に聞くと、『そらあカナリア沖だろ?』となってきます。

どうしてこんなことになるかと言いますと、大航海時代後半の16世紀末までは各国とも共通してカナリア沖を経度0(本所子午線)としていました。これが世界が探索され、新大陸の開発もどんどん進んでくる17世紀になると様相が変わり、イギリスはロンドンに、フランスはパリに子午線を変更して使用を始めます。このようにまだこの時代は有力国は各国ともそれぞれ勝手に地図によって変えていたのですね。
これでは技術の進歩により不都合が出てくるのは当然で、後にクロノメーターの発明と経度測定法により次第に正確な経度が測定できるようになると、各国で統一性を欠く子午線の決め方では支障をきたすようになって来ました。
そこで1875年、国際地理学会はパリを経度0の基準子午線にする決定をします。
ところがコレに最後まで異を唱えたのが仇敵イギリス。
フランス案を受け入れずに押し通し、結局当時の大英帝国海軍の力と海上交易の実力・世界中にある植民地の裏づけもあり、1884年にワシントンで再度開かれた会議によってロンドンのグリニッジ天文台を本初子午線とすることが決定されて現在に至ります。ところが面白くないのがフランス。まあ当然ですが、フランスだけは最初の決定を通してパリを子午線として使い続けたのでした。(あくまでも国内限定ですが)
こんな時 『まあさあ、隣なんだから仲良くしましょうよ』 ってのは日本的な考えかも知れません。
しかしあれです、実際英仏はドーヴァー・カレー海峡を挟んだお隣さんなのですから、海峡を毎日行き来する漁師さんや商船員たちはそんなこと考えていられないでしょうねえ。ってことで現場ではイギリスのものしか使わないでしょうが、こういうフランスのこだわりって結構好感持てます。

それでですね、さきほど実地で見てみますと、大航海時代Onlineの座標ってどこが経度0かと言うと、どうやらロンドンの少し東を通っています。
DOL子午線
実際通って見ると、↑こんな感じ。
どうもロンドンとアントワープの間くらいですね。
って事は、この世界ではパリ子午線採用!? 
いやわからんけど、謎だ・・・。


おしまい。

FC2ランキング02
←一発どうぞ押してって!
  1. 2006/11/09(木) 07:04:15|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打倒ローマへの道 第11日目

ローマ攻略の検討 その5


もう、とんでもなく間が空いてしまっているので忘れている、もしくは  『それ何?』 となっていそうな打倒シリーズ。きょうは珍しく気が向いたのでちょっと書き残した部分をやってみます。本来それなりに気合入れて書かないと後に残せないのですが、今回は完全にIFなので気軽に妄想を展開するのみ!と言う事でかる~く読んでいってくださいな。

(まず今までの考察と展開を列記しておきます)
第1日目  『打倒ローマへの道 第1日目』
第2日目  『打倒ローマへの道 第2日目』
第3日目  『海の民 カルタゴ』
第4日目  『カルタゴの軍司令官と政治家』
第5日目  『ハンニバル支援』
第6日目  『ハンニバル支援 その2』
第7日目  『ローマ攻略の検討 その1』
第8日目  『ローマ攻略の検討 その2』
第9日目  『ローマ攻略の検討 その3』
第10日目 『ローマ攻略の検討 その4』

 ※正直、今読むとちょっと恥ずかしいですコレ。それなりに考えて書いてこれですから・・・orz
  まあ、めげずに地道にやっていきます。まだ全然終わらないしね。
 ※前のテンプレートに合わせて書いたものなのでバランス崩れているところはご容赦を。


(攻城戦オプション:新兵器の投入)・・・してくれる人を探す話

さて、大都市を力で攻めるのに不可欠なのは攻城戦兵器。
正確には、
①純粋に建築物を破壊するためか
②守備兵を減らすのか
③内部へ侵入するための手段なのか
④心理的なプレッシャーを与えるためか
などなど、それぞれの目的によっても違いますが、
これはもう大砲が登場した後、規模や戦術は進歩しても重要度は変わりません。
なぜなら城壁や山・川などの要害はそれ自体が非常に高い防御力を備えていて、
剣・槍・弓に始まって銃などの対人兵器では全然削れないのですね。
以前、第一次世界大戦で要塞化された古城が砲撃を受けている映像を見たことがありますが、相手が大きいのであの時代の大砲でも容易には崩せませんでした。

ましてやこの時代、紀元前3世紀の技術力では、優れた攻城兵器を備えた部隊でも、大都市を攻略するには数年掛かるのが当たり前でした。しかも大体は正面から力で落ちるのではなく、背後から手引きを受けたり兵糧が尽きたりして開城にいたる場合の方が多かったのでした。ましてや当時地中海でも最大規模の大都市だったローマとなると・・・。
これはローマ自身やギリシアの土木建築の技術力をもってしてもちょっと厳しいくらいかも。
ハッキリ言って野戦の切れ味と比べたら数段劣る攻城能力しか見せていないハンニバル旗下の部隊。戦役初期というか開戦の原因になってしまったサグントゥムの攻略に、中小規模の都市でしかないのに実質数ヶ月も掛かってしまっている所からしてちょっと不安があります。
しかもアルプスを越えてきた部隊がそんな大道具なんか大量に持っているはずもありません。

ではどうするのさ?
と言う事で、前回までは力攻め以外の方法を模索してきたのですね。
今回はキッチリ攻城を・・・・と言う事でご助力願いたいのがこの御方。
さて誰でしょう? (知ってる人はここら辺軽く流してくださいね^^)
この時代だけでなくて現代でもかなりの有名人です。(しかも歴史とは関係ない分野で)
特徴で言うとこんな人。

1.所在地=シラクサ
2.得意分野=数学・物理学・科学技術
3.『〇〇の原理』みたいなものに名前が残っています
4.名前の頭は『ア』

すいません、こんな所で引っ張っても意味ないですね。
そう、アルキメデス先生です!

アルキメデスの生没年はBC287~BC212年ころ。 
もう完全にポエニ戦争時代の人です。いや、そんなもんじゃありません。
BC215年、アルキメデスの住んでいたシラクサがローマから寝返ってカルタゴ側に付いた時、攻めてきたローマ軍を迎え撃ったのがアルキメデス先生の発明による数々の防御兵器でした。 実際の効果はともかく、そのあまりの奇想天外な兵器ぶりに仰天したローマ。
後々まで図入りで詳細な報告書や後世の画家の素材となるほどでした。
で、このときアルキメデス先生が作ったと言われる兵器はこんなもの。(多少あやしいのも)

①テコの力を利用した巨大なクレーンの先に取り付けられたカギ爪
   (これでローマの軍船を引っ掛けてひっくり返してしまったらしい)
②城壁の上から振り出され、巨大な石や丸太で近づいた兵士や船を破壊してしまうクレーン
③鏡を利用して太陽光線を敵船に反射し炎上させる兵器 (コレはかなり怪しいナ)
④大きな石を投げ、軍船の帆や船体を損傷させる大型投石器(カタパルト)
⑤巨大な弩から発射された誘導弾や弾幕のように連発可能な投石器
⑥これらの兵器が有効に働くように設計・配置された城壁群

な、ちょ、これ、 
先生、天才すぎます。
だってこれ、2200年前ですよ!
ぜひとも我が軍に来てそのお知恵を貸してくださいぃぃぃ!
先生が無理ならお弟子さんの誰でもいいですから・・・。

となるかは分かりませんが、とにかく時・場所・人とこんなに都合良く揃っている事もめったにありませんので、歴史IFとしてはベタベタですがこうして2200年以上経った今でもネタにしている人がいるわけです。なにしろ、ローマを目前にしている所で攻城戦兵器の不足が一因で遂に攻め切れなかった名将がいる一方で、同時期、それも数百キロしか離れていないところでそのローマを苦しめる程の対攻城戦兵器の製作者がいるのですから。
上記の兵器うちのいくつかは後世の人が勝手に膨らませちゃったものもあるようですが、少なくとも①については多くの資料が記載していますのである程度近いものがあったと思われます。
実現性の実際のところは、アルキメデスは長年ローマとの盟友関係を続けた前主ヒエロンの係累だったとも言われていますから、敵の敵は味方とは言ってもヒエロン王の死後に簡単に寝返った当時のシラクサ指導部とは相容れない考えだったかもしれません。それにBC215年頃にはもう72歳と結構な歳なので直接出向くのはちょっと無理かもしれません。

まあ実現性は薄いとは云え、こういう賢者(ほとんど軍師)や外部の専門家の力を借りるといった努力はすべきだと思います。と言うのも、台頭する蛮族ローマに警戒感を抱いていた東方世界の人間は少なからずいたと思いますから。視点を変えれば、カルタゴ人は商売敵でもまだ話の通じる相手、これがやたら武力に訴える蛮族(東地中海世界から見た当時のローマ人のイメージ)よりも自分達に近い存在だと考えて支援するところがあってもおかしくなかったと思います。

と言うことで、いつになるかは分かりませんが、次回以降は当事者であるローマとカルタゴ以外の、地中海世界の各勢力などについても見て行く予定です。
ご意見お待ちしていますね~


おしまい。

FC2ランキング02
←どうぞ応援クリ押していって下さい。。(ペコリ
  1. 2006/11/08(水) 07:06:09|
  2. 打倒ローマへの道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

スループ対スクーナー

どっちが速いか実験してみました


最近やたら見かけるスクーナー。
流行り物なのか知りませんが、本拠地でも作れるスループと違い、開拓地方面でしか作れないこの船がこれほど目立つのは余程優れているのか、ちょっと気になっていました。
なので自分で作って実験してみましたよっと。

<ちなみに公式ランキングでのN鯖の人気船種はこんな感じ>10/25~11/1
1位 10.1% 商用クリッパー
2位  7.2% 商用大型ガレオン
3位  6.1% 商用大型キャラック
4位  5.1% 輸送用ガレー
5位  3.6% スループ
6位  3.6% 商用ガレオン
7位  3.0% 商用ジーベック
8位  3.0% アラビアンガレー
9位  2.7% 商用ガレー
10位 2.7% 商用ピンネース

結構みんなイイの乗ってるのねえ。
商用船が圧倒的に多いのはLV構成なのかプレースタイルなのかは不明ですがどこの鯖でも傾向はほとんど同じ。
ところが、N鯖だけはご覧のように5位にスループの存在が!
正直全然積めないし、最高速では中~大型船には勝てないこの船。
ただなんと言ってもその加速性能は半端じゃなく、またそれほどLVが高くない航海者でも乗れる割には全体的に航行性能が高いので人気になっているのでしょうか。それと、上記のうちでは★2以上の強化船扱いに出来る数少ない船と言うのも魅力なのかも知れませんね。
私自身の評価としても、以前に『スループ論みたいなもの』で記事書いたように、旋回性能の重要さを再確認させた功績は非常に大きいと思っています。

では、同じく★2以上に乗れる縦帆のJB船で、尚且つ中型にアップし、旋回も13とかなり優秀なスクーナーはどうなのか、スループとの比較はどう?というのが今日のテーマです。


<1.用意した船>

スループ★3
スループ★3  (減量=たぶん-11か12%)

トプスルスクーナー★3
スクーナー★3(減量=-11%)

※スクーナーは個人的な好みでトプスルスクーナーにしています。
  (普通のにしないと比較にならんだろ!というのはもっともなんですが・・・)
※あと、両方とも減量が半端なのは私の造船能力のせいなのでご容赦くださいね。
  紋章がサークルクロスなのは一応 『船窓』 商会のイメージっぽいかと思ったんです。

<2.主な航行スペック>
スループ★3  縦277  横30   旋回14  帆2枚+兵装1枚
スクーナー★3 縦247  横92   旋回13  帆3枚+兵装1枚
 ※帆装はトプスル仕様です

<3.船部品>
A装備:メインフルリグド+大スパンカー
B装備:メインステイスル+大スパンカー

<4.装備後のスペックとバルセロナ→ジェノヴァの所要時間>
Aスループ  縦330 横78  旋回12  行き4分30秒  帰り4分45秒
Bスループ  縦314 横38  旋回14  行き4分40秒  帰り4分59秒

Aスクーナー 縦321 横164 旋回10  行き4分13秒  帰り4分30秒
Bスクーナー 縦297 横104 旋回13  行き4分26秒  帰り4分53秒

A商用クリッパー(+18%) 縦286 横387 旋回5   帰り4分36秒


<5.備考と感想>
何で2種類の帆装調べたかと言うと、帆のスペック上は確かにフルリグド付けた方が数値遥かに大きくなるんですが、旋回マイナスが意外と効くんじゃないかと思いまして、マイナスの付かないステイスルも一応実験してみたんです。
つまり旋回の高さがこれらの船の特徴なのだから、それを殺すのが特性に合った運用なのか疑問に思っていたのですね。ところが、加速感があるのは最初の数十秒だけで、あとはもうハッキリと速度の違いが分かってしまいます。加速がある分だけ最高速に乗るまでが短いと言うことなのでしょうか。ただスループはもともと帆2枚のためか、それほど違和感がなかったので、旋回が多い区間ではステイスル混ぜるのもアリかも知れません。
今回の実験は近距離での移動ですが、そもそも30日以上とかの長距離移動なら、商用でもクリッパーかジーベック系の減量船乗った方が速いと思っていますんで、あくまでも中距離以下での運用での話です。
ただ、リクエストが有って一応測っておくかと思いましたので、商用クリッパーでも計測してみましたが、逆風区間が無いにもかかわらずこの距離だと若干クリッパ負けてました。
これがアドリアとかだとキツイかも知れませんね。
と言うことでこのスクーナー、中距離や風向きの悪い区間ではいい練習船になると思います。
またNPCが多くて操船が重要な区間では、旋回10以上と言うのが非常に効いて来ると思いますので、冒険者には素晴らしい船なんじゃないでしょうか。
ちなみにバッカニアたちが好んで使ったのもこの船かブリッグあたりなんですよねええ・・・。
こんな取り回しのいい船に追いかけられたら商船なんてまず逃げ切れません;;


※追記
中~小型船に乗るメリットですが、『持ち物枠の節約』 ってのも挙げていいかと。
船部品で言うと帆で1~2枚、兵装が1個は少ないのにスピードはそれなりにありますから、例えばスループとクリッパーだと部品枠が3個、スクーナーでも2個違います。地図やブースト装備を抱えた冒険者さんなどでは結構これくらいの違いでも恩恵感じるかもしれませんね。


おしまい。

FC2ランキング02

イッパツ応援クリックお願いします~
  1. 2006/11/07(火) 00:18:26|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイヤモンドの宝庫? その2

秘境の宝石


なんだかインディ・ジョーンズみたいなサブタイトルですが、ダイヤモンドの続きです。
前回、ダイヤモンドを始めとした宝石が、アフリカ・インド・オーストラリアなど旧ゴンドワナ大陸で揃って産出している話を書きましたね。で、今回書きたいのは南米大陸の話です。
中学の時だったか、『大陸移動説』の説明をする時に象徴的な話を習ったこと有るんじゃないでしょうか。南米大陸の東側とアフリカ大陸の西側の海岸線が似ていて、両大陸の地図を動かすとくっ付くぞってアレです。
確かに似ている、というかくっついていたのは間違いなさそうですから、あの例え話は説得力あります。で、傍証として南米とアフリカには動植物などの生態系にも非常に近いものがある等々・・・。

ここから本題。そこまで推理を進めると、
『じゃあ、アフリカ西岸から中央部に集中しているダイヤモンドはどうなのさ!』
って考えた人がいたかどうかは不明ですが、答えは大当たりです。
実は南米でもダイヤモンドは出るんですね。
ですが現状、産出量では1000万カラットにも満たない、世界では小規模産地でしかありません。
でも、この南米にはまだ全く未開発の大鉱山が間違いなく眠っています。
それもとんでもないところに・・・・。
正にインディ・ジョーンズ並みの冒険者じゃないとこんなの気付きません。
その場所とは、ギアナ高地のある一角。
ギアナ高地はアマゾン川の北、街で言うとカイエンヌの西側から西北西に延びる、
高さ2000~4000m級の高山地帯です。この地方は未だにほとんど未開発で地球上の最後の秘境とも言われるのですが、ここのある場所ではおよそ数百年も前から『ダイヤが出るぞ出るぞ』と噂になっていたようなんですね。
そのとある地帯、秘境なのにそんなに無名じゃありません。

1912年、コナン・ドイルが発表した小説 『ロスト・ワールド』 は、映画『ジュラシック・パーク』シリーズにも影響を与えた古典SFですが、実はこの小説で調査に訪れた探検隊が恐竜を始め不思議な動植物を発見してしまった地帯こそが、このギアナ高地の中でも『テーブルマウンテン』と言われる山頂が平らになった山々が舞台だったりします。小説『ロスト・ワールド』は、ギアナ高地の 『ロライマ山』が舞台となっていて、この山の山頂は45平方kmもあります。(東京都で言うと千代田区・港区・中央区を合わせたよりも広い)
このテーブルマウンテン、密林地帯から突然高さ数百~千mもの断崖絶壁が立ち上がっていて、その上に平らで広大な地形が広がっていますので、その頂上では外部から隔離された独自の生態系が発達してしまっています。
なぜこんなSFみたいな地形が生まれてしまったかと言うと、それはゴンドワナ大陸の移動で地殻変動が起こった時に、どうやらここギアナ高地がその中心になったらしいのですね。
つまり地球上で最も安定した変動の少ない地帯の一つなのですが、そうなると地殻が割れたりもせず、ただ何億年もの間、雨風による侵食だけが進むことになり、固い岩盤だけが残って断崖絶壁になってしまったと考えられています。こうしてみると本当に恐竜のような太古の生物が生き残っていても全然不思議じゃありません。

さてここで、ダイヤの話に戻ります。
古い古い地層が風雨に晒されて、岩盤だけが残り、何億年も前からの地肌が露出する・・・。
現代ではヘリコプターで直接テーブルマウンテンの頂上にも降りることが出来ますので、
次第に生態系や地質調査が進んで来ていて、その結果実際にテーブルマウンテンのふもとではダイヤモンドを含んだ小鉱石が発見されているそうです。
また『ロスト・ワールド』で登場したロライマ山でも、ダイヤモンド鉱石が発見されています。
そう、全く未開発のダイヤの鉱脈は、ここに眠っているのはほぼ間違いありません。
それにギアナ高地近くの海岸線(カイエンヌあたり)は、かつてアフリカのシエラレオネからサンジョルジュに掛けてのダイヤモンド産地の海岸線と恐らく接していたと思われます。
さらに言うと少し南にあるブラジルではダイヤの鉱床であるキンバリー岩(キンバーライト)が発見され、既に採掘されています。

大航海時代でギアナ高地といえばこの人、サー・ウォルター・ローリー卿(1552~1618年)。
新大陸『ヴァージニア』の命名者でもあり、イギリスの軍人・探検家にして私掠船長・更にエリザベス女王の愛人とも言われるローリー卿は、1594年にエリザベス女王の許可をもらってギアナ地方を探検します。そしてその際には、
『この地帯はダイヤの原石で敷き詰められたクリスタルマウンテンだ』、とすら述べています。
このローリー卿、30代の頃にはコーンウォールで鉱山の監督官を務めて絶大な成果を上げたり、後にトリニダード島でスペインの総督を拿捕した際には金鉱石の見本を持ち帰って報告するなど、鉱物資源の採掘については専門家だったようです。

ところで、このギアナ高地を背後に持った大航海Online世界の街と言えば・・・

そう、カイエンヌ!


だいたいカイエンヌって、現在でも 『仏領ギアナ』 なのですね。
カイエンヌを開発したら、ダイヤモンド出ないかなあ? 夢があっていいと思うんだけど・・・。
というかこういう事なんでどうか出してください。


おしまい。

FC2ランキング02

イッパツ応援クリ押してってくらさい。。。
  1. 2006/11/05(日) 08:55:39|
  2. 地理史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダイヤモンドの宝庫? その1

アフリカがダイヤモンドの宝庫なのは・・・・

アフリカ大陸を代表する交易品といえばダイヤモンド。
西アフリカならインドより遥かに近く・大量に宝石をヨーロッパに運べるため、長年投資戦の舞台ともなってきました。
ところで実際の話では、ここ20年間くらいのダイヤモンドの世界生産はおおよそ9000~1億カラット。そのうちアフリカ大陸での生産が半分近くを占めます。
現在ではオーストラリア・ロシア・カナダなどで大規模な鉱山が発見・開発されてその地位が低下していますが、少なくとも大航海時代以降~20世紀に掛けてアフリカの地位は揺るぎませんでした。ではなぜアフリカでダイヤモンドがこれほどまで採れてきたのでしょうか?

ダイヤモンドは、キンバリー岩(キンバーライト)という火成岩を採掘することで得られます。
このキンバリー岩、もとは地球の地殻深くに埋もれているのですが、
大陸の移動・変動・火山活動などで地表まで押し上げられる場合があります。
そのもっとも大きな移動とは、2~1億8000万年前くらいに南半球にあったゴンドワナ大陸が、およそ1億年掛けてアフリカや南米・インド・オーストラリア・南極などへ分裂し、移動していった活動でしょう。
この地殻の変動と火山活動でダイヤモンドを含んだキンバリー岩が地表近くへ押し上げられるわけですが、さらにこの火成岩が集中して出てくる地帯があります。『剛隗地帯』と呼ばれるこの地帯は更に古い20数億年前の硬い岩盤で、そのため地殻の裂け目も深く発生したのだと言われています。 アフリカはその剛隗地帯を3箇所持っていて、『西アフリカ剛隗』・『コンゴ剛隗』・『カラハリ剛隗』と名付けられています。
この3箇所がダイヤモンドの産地になり、DOLの世界的に表現すると次の通りです。

①西アフリカ剛隗 →シエラレオネ・アビジャン・サンジョルジュから北へ延びる地帯
②コンゴ剛隗     →ルアンダ・カリビブから北東へ伸びる地帯
③カラハリ剛隗     →ケープの北東・ナタール・ソファラの西に掛けての内陸

結構ちゃんと交易品に出てきているものですねえ。(ちょっと感心)
ところで、先ほど上げたゴンドワナ大陸から分裂した各大陸、アフリカを始めインドやオーストラリアなど面白いと言うか当然のように宝石の宝庫となっているのですが、まだ1箇所ほとんど手付かずで残っている大陸があります。
そう、南極大陸ですね。
ここは国際条約でどこの領地ともなりませんので、各国の調査基地による地質調査こそ行ってはいても、大規模な開発は恐らく永遠に出来ないでしょう。まあ環境のことを考えたらそのまま触らないでいてもらいたいのですが、もし大規模なダイヤモンド鉱山が見つかっちゃったら、さてさてどうなる事でしょうか・・・。
明日はまだ開発が遅れているあの大陸について取り上げて見たいと思います。
次号、フランス人は必見か!?

おしまい。


FC2ランキング02

FC2ブログランキング参加中です
  1. 2006/11/04(土) 09:35:06|
  2. 地理史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日は何をする人ぞ

生産修行が年季明け


今日は午前中から工芸やっていて、一気に熟練11000ほど稼いで

工芸R15

はぁ、ようやく工芸修行を終わらせることが出来ました。
イベント挟んだのもありますが結構手間取りましたね。
今日はなぜかオスロが 『雑貨が売り時だよ』 状態のまま数時間固まっていて、
更に石像を数千体納入してもなかなか美術品暴落せず、
なんとかギリギリでベルゲンで終了しました。
その後は工芸師の転職紙も貰い、あとはスキル調整やっていよいよ転職って事になりそうです。
調整するのは会計・火器・工業品だから武器商人のほうが良さそうですが、
明日から能登では合同開拓イベントがあります。
私もできるだけ納入などやろうと思いますので週明けまでこのままかもですね。
んで月曜日になったら大マストと砲門80作ってボッタクリ販売をば・・・
い、いや今のは気のせいだな^^ (と言いつつなぜこっちも消してるんだ俺は)
ただ実際のところ、両替商は工芸と鋳造が優遇なのでジョイントビルドの部品作りやるには非常に向いている職業で、造船の事を考えなければ宝石商の縫製&工芸に次いで便利だと思います。(ベストは造船屋が造船+鋳造+工芸10、宝石商が工芸と縫製を担当って形でしょうか)

ここまで書いてなんだかちょっと調子悪めなんで落ちますね~
うー、なんだかのど痛いなあ・・・。




おしまい。

FC2ランキング02
 押してってくださいな^^
  1. 2006/11/03(金) 19:07:54|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスファルトの湖

真っ黒な湖の成分は・・・

どうも今までのエントリーを見ていると、カテゴリーを立てているもののうち、地理史跡と書籍紹介がちょっとどころかかなり弱いですね。今後は生産関係の記述が減ってくるでしょうからここら辺をテコ入れしたいと思っています。

さて、そんな中で今日選んだのはカリブ海に浮かぶ小さな島、トリニダード島での不思議な湖について。トリニダード島は1498年にコロンブスの第3回航海によって『発見』され(あくまでもヨーロッパ人の視点においてね)、1532年にスペインの植民地になり、その後支配者が次々と入れ替わった島です。現在人口はトリニダード島とトバゴ島合わせて120万、千葉県より少し大きいくらいの小国です。さてこのトリニダード島、位置的にはカラカスとカイエンヌの間にある大きな島ですが、ここにあるピッチ湖は、なんと天然アスファルトが湧き出して湖となってしまった不思議な湖だと言います。直径700m、深さ75mくらいですから湖と言うより池か沼くらいの大きさですが、実際現在でもピッチ湖は世界最大の天然アスファルト産出鉱脈であり、トリニダード=トバゴは他にも石油や天然ガスも豊富に採れるカリブでも有数の資源国だったりします。

原油が酸化・蒸発する事によって残った天然のアスファルトは、現在でも道路の舗装だけでなく防水材や塗料・接着剤など多くの建設資材に使われる貴重な素材です。
ただし、大航海時代以後の木造船舶で防水や腐食防止・破損箇所の補修用途として常備されたのは、似た外見の材料ではありますが石炭を原料とするタールの方だったようで、これもかなりいい特性持っています。
天然アスファルト系の素材は確か塩分に少し弱かった気がしますので、本来は航海用には不向きだったかもしれませんが、一般的には粘度・伸び・接着性・耐侯性などでアスファルトがより貴重品扱いを受けたでしょう。
もちろん石炭が大量消費される=コークスの精製でコールタールもいっぱい出る)産業革命以前には、天然アスファルトが出れば船大工は大喜びで使ったでしょう。そういう意味では遠くカリブの地で発見されたアスファルトは、船乗り・開拓者共に大歓迎を受けたのかも知れませんね^^



おしまい。

FC2ランキング02
 ←応援クリックお願いです~
  1. 2006/11/02(木) 23:23:33|
  2. 地理史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦術家ハミルカル(妄想)

なんか本職っぽいものをやっておきたい。


んー、最近生産の途中で眠たくなってしまいます。
今の工芸修行なんて最も上げやすい状況なんですがねー。

管理R5

まあ、↑のように管理技術がようやくR5に届きましたので、そろそろ篭って一気にガーっと終わらせるつもりです。(試験勉強かい) さあって来週はなにやっていることやら???

(冒険へ?)
ところで、そもそも私は始めた当初からしばらくは冒険者で、現在もその名残で各冒険系スキルがR5~8くらいでそのまま残っています。発見数は400に届きませんからたいした事ないんですけどね。ただ、冒険LVが20台で名声が2万超えてますから、当時はそれなりに真面目にやってたんだと思います。本質的には地理・史跡・歴史もの好きなので、恐らく最終的には冒険者メインで全うする気がしますが、このゲームっていつになったら日本まで到達するんでしょうねええ。
無寄港世界一周レースとかやったら面白そうなんだけどなあ。
で、その前にモラトリアムと言うか何かしら後片付けみたいな事を。


(寄り道 その1)
えっとですね、カテが余ってるんですよ。
1~4まで合計で3000枚以上・・・。
造船上げ兼ロット稼ぎをやってた名残ですね。
それでもカテ1は食料品と家畜に、2は工業品と鉱石、3は火器と繊維・織物と、対応スキルが有りますので自分で使うと思いますが、カテ4系のスキル一個も育てて無いんだよなあ。
こないだ商会内で500枚売ってもまだ同じくらい余ってるしで、またぼちぼち造船やり出したら貯まって持ち切れなくなるのが目に見えてるんで、自分で宝石でも取ろうかしらん。
3は星人やれば消化できそうだから心配なさそうだ・・・。
それよりも、銀行枠をカテ1~4、投資書と依頼書で6枠も占有していたら冒険やるのは無理有りますね。


(寄り道 その2)
しかしですね、恐らく一旦なったら長いこと冒険職に就いていそうですので、始める前にやってみたい事が・・・。 そらあ何って、RP的には我が家の基本職。そう、戦術家!

『戦術家 ハミルカル・バルカ』

んー、ちょっとイイかも^^
といっても船大工になるの止めるだけですからたいした話じゃないんですけどナ。
ただ、実際に戦術家で海事兼造船やるとなると、ちょっと『ハミルカル』では専門と優遇スキルに違和感ありまくり。
①機雷なんか紀元前3世紀にはありませんし、
②銃撃も合いませんねえ。弓術とかなら分かるんだけど・・・。
③鋳造技術もまだたいしたことなかっただろうし、
んー、結構キツイか?
突撃も剣術も優遇じゃないしねえ。
せめてこだわるならガレー船で戦術メインで戦うのが『らしい』んでしょうか。

時間は掛かりますが戦術で海事やるなら、戦術R+7のほぼフル装備で(スキピオ+2・サラディン+2・エパミノンダス+2・ケルト+1) ※+3のアレクサンドロス鎧は希少ですから入手きたらと言うことかな。さてこれでどこまでいけるんでしょう? うん、頑張ってアレクサンドロス入手しよう!
それに戦術の系譜としたら、我が家というか息子は大王の影響受けていますんで。
(ああ、そう言えばこないだレパントの戦功で、戦術+2のアクセ『金羊毛騎士団勲章』を貰ったのでした。耐久50なので数無いと直ぐ駄目にしてしまいそうで使う気になれませんね^^)

ところで肝心の戦闘艦についてですが、古代カルタゴの主力戦艦である3段櫓船は、強いて上げるとするならJB造船で3段櫓船体で作る北欧重ガレーくらいでしょうか。
にしてもそもそも私のLVでは乗れないでしょうけどね^^
2段櫓大型船体だと、強襲用ガレアスとラ・ロワイヤルでしたっけ?
まあどう考えても相当先じゃないと乗れません;;

RPにこだわるにも修行が必要なのですね。




おしまい。

FC2ランキング02
 ←応援クリしていってね~
  1. 2006/11/01(水) 23:28:52|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。