打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

連想

船窓商会員のアーカントス提督がこの間から始めたブログ、
うちやめけさんよりマニアックな展開見せてて個人的にはかなり面白い。
一般人にはまったくお勧めしないけどw
で、彼がこの間コメントくれたハドリアヌス防壁なんだけど、
これいつもアレを連想するんですよねえ・・。



ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm197263
(2001年のグランドナショナル)

まあ、これは極端ですが、
現代の馬なら60kg↑背負って高さ1.5~2mもの障害を飛んでしまうわけですね。


おしまい。

FC2ランキング02
 
ぽちっと参加中です~。
スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/31(土) 11:46:53|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

挑戦してみよう

かな、と思ったマルコ・ポーロのイベント。
たいていイベント情報でてから追っかけで消化してたのですが、
今回はWIKIでもまだ答えが出揃ってない感じでやりがいありそう。
情報出るまでいいとこ@1~2日の勝負なのかもですが、
だいたいの結論出る前に選択肢を見てみようかと。
あー、
WIKIといえばイベントページの参考リンク先に自分の所のエントリが載ってて若干吹いたw
ウチ有害じゃないっすからね!(たぶん)
安心して見て頂いて結構ですよん。(たぶん・・)

つうことで、今週やたら物騒だったカリブでの冒険から帰国して今日辺りから始めてみる予定。
あとはなんだ、手元に資料積んどいた方がいいのかな?
久々にちょっと興味湧いた。



おしまい。

FC2ランキング02
 
応援クリっく募集中です。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/30(金) 06:11:16|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草原の興亡 その6

大草原の覇者現る

中国では戦国時代末期、秦が他の諸国を圧倒し統一への最終段階へ突き進んでいる頃、
時代で言うと紀元前230年あたりでしょうか、
次第に成長しつつあった北方の遊牧民・匈奴の王(単于)家にある男の子が生まれます。
後に冒頓と名付けられる希代の英雄の誕生でした。
(普通に 『ぼくとつぜんう』 で入力して一発変換できる所がすごいw)

単于の長子として何不自由なく生まれ、幼い頃から騎乗・騎射に長けた子として周囲から注目されつつあった冒頓ですが、父・頭曼単于が後妻を迎えるとその環境は一変します。父の後妻に子が生まれると冒頓は継母から疎まれ始め、これにそそのかされたのか父・頭曼単于は次第に冒頓を遠ざけるようになり、遂に西にある大国・月氏へと冒頓を人質に出してしまったのでした。
その後、匈奴は月氏へと攻撃を仕掛けます。
これの本当の狙いは怒った月氏によって冒頓を殺害させるためのものだったと『史記』は書くのですが、実際の程はわかりません。
ただ結果として冒頓は月氏の所蔵する名馬を奪って逃亡し、
無事に匈奴の本拠へと帰還したのでした。
狙いが外れた(?)父・頭曼も表向きは冒頓を褒めるほかありませんでした。
なにしろ月氏の領有する地は良馬の産する所として既に有名だったのですから。
 (後に月氏は更に良馬の産地へと移動しますが、これとは別)


(新時代の幕開け)
月日は流れ、成長した冒頓は周囲に彼を慕う若者たちを従えるようになり、
厳しい規律をもとに次第に自分の命令を絶対とする集団を作り上げます。
そして紀元前209年、遂に父・頭曼単于を倒して自ら単于の地位に就いたのでした。
ちなみにこの年、中国国内では始皇帝が崩御し陳勝・呉広の乱が起きるなど、
その後数年続く内乱の時代に入っています。
単于となった冒頓は積極的な外征に乗り出しますが、
ここでちょっと史書にも残されているエピソードを紹介してみます。

ある時、東の強国・東胡と匈奴支配下の部族がトラブルになり、東胡は賠償として匈奴の名馬を要求します。この時気の強い冒頓の側近らは強硬な姿勢を見せるのですが、冒頓は『馬などまた手に入るものだからくれてやれ』とあっさり要求を呑みます。
次に東胡は美人として知られた冒頓の側室の一人を差し出すように言ってきます。
これに冒頓の側近らは、『大切な側室の一人を送るなどとんでもない』と猛反対するのですが、この時も冒頓は『女性の一人で両国が上手くゆくのなら送ればいいではないか』とあっさり要求を聞き入れたのでした。
さてこうして、匈奴の新しい単于は弱腰と見た東胡は調子に乗り、今度は隣接する小さな痩せ地を要求してきます。冒頓の側近は今度は『あの土地は痩せて牧草も少ないですからくれてやりましょう』と答えますが、ここで冒頓は激怒したのでした。
『土地こそは我らの宝だ、くれてやるなどとんでもない!』と。
そして直ちに自ら騎兵を率いて東胡へ攻め込み、油断していた東胡の王を倒すとともに先に送った馬と側室を奪回したのでした。その後、匈奴は東胡を制圧し、更に西の強国・月氏をも攻撃してこれを西方に去らせます。匈奴によって倒された東胡はその後分裂して東の烏丸と南の鮮卑族となり、従属しつつも存続してゆく事になりますが、この両者は後に三国志の時代にも登場してきますから耳にした事ある人もいるでしょうか。


(大草原の覇者)
こうして中国が内戦状態に入っている頃、北方の草原地帯では匈奴がモンゴル高原を制圧し、更に東は満州から西はアルタイ山脈の更に先まで、南はタリム盆地にまで至る広大な地域を支配下に収める大国に急成長していたのでした。
この頃の純粋な匈奴の人口は恐らく中国の数十分の一程度、いいとこ数十万人位でしょう。司馬遷も匈奴の人口は一つの郡程度と言ってますからそんなに多くはないはずです。
しかし彼の元には周辺の遊牧民だけでなく、最終的には西のオアシス地帯の諸国も貢納を始めるなど従属関係を結ぶようになり、その勢威はカスピ海近くにまで聞こえるようになってゆきます。驚くべき成長ぶりですが、この時点でユーラシア大陸東部の内陸地帯で彼に降らない残る諸国となると、先に攻撃を受けて遥か西に逃れていた月氏とその周辺国、そして南にある内戦中の中国くらいだったのですね。
後のチンギスやティムールなどもそうですが、草原に英傑が現れると一気に強大化する、その最初の例がこれだったのかも知れませんね。ちなみに冒頓単于はいまでもテュルク系の言語を話す多くの民族の英雄譚に登場する人物であり、例えば遥か西の現トルコ共和国でも冒頓の肖像は切手のモチーフになったりしています。


今回もほとんど資料読まないで書いてるから進むの速いですね^^
さていよいよ次回は、
急成長した匈奴と、ようやく中国を再統一した漢のお話を。
さすがにこの辺は調べて書くのでちょっと時間掛かるかもです。


おしまい。

FC2ランキング02
 
ぽちぽちっとよろしくね!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/29(木) 11:11:53|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草原の興亡 その5

今回から書き始める匈奴編、
DOLのエントリとしたらかなり異色の内容となりますね。
まあ今週から始まるらしいマルコ・ポーロの足跡イベントの事を考えると、
東~中央アジアの事を書くのはあながち遠くない話になってくるのかも知れませんが。

さてこの匈奴、(発音だとフン・ヌ、ヒュン・ヌなど)
その名前が最も早く現れるのは、中国の戦国時代あたり。
この時代の大国だった趙や秦に関する記述で、
黄河の北西辺の境界を侵す諸部族の一つとして匈奴の名前が登場してきます。
って、これじゃ説明不足ですね・・。
もうちょっと大まかなところも書いて行くとします。

いまから2300~2400年前となるこの時代、
黄河の中~下流域周辺(いわゆる中原)では戦国七雄と呼ばれる大国がしのぎを削っていました。

---------------------------
          燕    朝鮮半島
     趙                  日本列島
      魏  斉  
  秦  韓
  
        楚
---------------------------

だいたいの位置関係を記入すると上のように。
東に斉、
北に燕、
南に楚、
中央部に晋から分裂した韓・魏・趙、
そして西には秦がありました。
最終的には秦王・政が残る6カ国を滅ぼして中国を統一し、
始皇帝となるわけですね。

その後、春秋・戦国・楚漢戦争と続く内戦の時代を抜け出して成立した漢帝国は、安定期となると人口・国力の面でも世界最大級の国家となってきます。更にこの時代の中国は百家と呼ばれる様々な思想が発達するなど、文化的な先進性でも確かに世界のトップにいました。

ただこれ、あくまでも中国の中央部における話。
その周辺には匈奴をはじめ様々な騎馬遊牧民が活発に活動しており、しきりに中国北方の諸国へ侵入するようになっていたのです。特に趙の北にいた匈奴はこの頃から登場し、次第に成長しつつありました。歩兵と戦車が主体な当時の中国では、軽装で騎射を主とする神出鬼没な騎馬遊牧民はさぞ手を焼いたことでしょう。面白い事にというか必然と言うべきか、最も匈奴と接する事の多かった趙の国では、一時彼らの影響を受けて遊牧民のようにズボンをはいて騎乗・騎射する騎馬兵が登場してきます。もっとも史書を読むと、この趙も対匈奴においては正面から勝つ事が出来ないために謀略や懐柔策で対応する事が多かったようですね。

その後、中国を統一した秦の始皇帝は匈奴など騎馬遊牧民の侵入を防ぐため、
長城と呼ばれる長大な防壁を築きます。
そう、いわゆる万里の長城ですね。
もともと戦国時代から各国で建設されていた防壁を始皇帝が大幅改修・増築して作られたこの長城、現在見られるのは明代になって再修復された姿なのですが、実際に行って見るとそのスケールはほんと驚きます。(観光客が普段見る長城はだいたい北京の北部のもので、西の方では長年の間に建材等に使われてしまってかなり消失しているようですが・・)

長城01

これは私が3年程前に万里の長城を見に行った時の写真。
山の尾根伝いに幅6~7m・高さ10m近い防壁が見える限り延々と連なっているのを見ると、
ちょっと軽くショック受けました。
これ、まともに攻城兵器もなしで遊牧民が陥とせるのか???と。
じっさい匈奴も烏丸もこんな急峻な所からは侵入しなかったとは思いますw
もう少し低いところ・造りが甘い所を狙うか、城門付近を狙ったんじゃないかと。

さて、
これだけ膨大なものを作る労力・費用と、
正面切って戦いに打って出る場合の費用・消耗度、
これ考えたらどちらが賢明だったのか?
そう思わずにはいられませんが、
その答えは始皇帝の没後間もなく判明してきます。

中国で秦が揺らぎ、陳勝・呉広の乱に端を発した内戦が繰り広げられている頃、
匈奴では中央アジア史上に残る英傑が生まれていたのでした。
そして秦が倒れ、楚の項羽との争いを勝ち抜いた漢の時代、
匈奴と漢はユーラシア大陸の東方では初となる大規模な対外戦争に叩き込まれる事となります。


どうやらこの辺はあんまり資料を読まなくても一気に書けるので結構楽ですね。
次回からは色々有名人が出てくる序盤の山場に入ってきます。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑まだまだこれから!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/27(火) 18:11:28|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ご利用は計画的に


先月からやってる海事の修行関係。
一昨日ようやく最初の目標としたLV56まで行ったのでここでいったん終わりに。
スキルの方はR10目標だった貫通がまだR6止まりな以外はだいたい予定通りで、
代わりに水平と弾道がカンストまで@9000くらいまで来ているのがうれしい誤算。
というかNPC相手だと貫通より速射と回避切り替えつつの方が便利なのよねえ・・。
まあ、無理してぺちぺちで上げなくても、水平弾道はこの先も海事修行やれば充分届きますね。
と言う事で海事は切り上げて冒険転職。
久々に考古学者です。

だけどここで問題が・・。
考古学者へ転職した時点でスキルブックに入れてたのが、
地理学R7
宗教学R5
生態調査R3
応用剣術R3
統率R3この5つ。

いっぽう入れる候補はというと、
収奪・調達・貫通 たぶんこの辺。

ええ、そんなに難しい話じゃありません。
考古だから、 宗教→地理→生態 

と優遇関係なスキルから入れて行けばいいのに、なぜか一番上にあった地理学を入れ替え。
おかげであと数日は宗教クエ受けられない破目に・・。

とりあえず地中海方面の未消化クエから手を付けて行く予定だったのですが、
宗教が無いとこれが思ってる以上に不便不便不便。
そもそも宗教が一番低いから強化しようと思っていたはずなのにw
インド~東南アジア方面行くのでもいいけど、
これだと地理クエから片付けたほうがいいのかとやや悩む・・。
ほんと間抜けですね。

みなさん、
最大でスキル+5枠使えるようになったからって安易にスキルブックへ突っ込んでいませんか?
ご利用は計画的に、ね。


追記1)
合同イベント関係の素案を商会HPに上げておきました。
関係者のかた良かったらみてね。

追記2)
土日の論戦大会で船窓商会のブリュレ君が2日続けて2位に!
彼、知ってる人は知ってる某軍人さんの2NDなのですが、まさに文武両道というかなんというか・・。
ともかく王冠2個ゲットおめでとう~。



おしまい。

FC2ランキング02
 
押してって下さいな~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/26(月) 07:41:05|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草原の興亡 その4

シリーズ名は

深く考えてもいいの出ないのでもうそのままで行く事に。
さて、前回の最後に書いたようにこの後は匈奴について見る予定ですが、
先にスキタイの後期~末期についてちょっと補足。

古代期でおなじみの遺跡と言えば古墳などの巨大建造物。
権力の誇示か宗教的理由か、その国/勢力の王にある程度権力が集中してくると人造による大きな建造物が登場してきますよね。スキタイにおいてもそれは例外でなく、早くは中央アジア東部あたりで直径60~80mクラスの円形古墳が登場し始め、後期スキタイの中心となる黒海沿岸地帯では紀元前4世紀頃になると最大規模の古墳が出現してきます。
中でも代表的なのが黒海北岸のチョルトムリク古墳。
直径100m・高さ21m(完成当時)というのは、
平坦な草原においてはそれこそ圧倒的なスケールを感じるものがあります。
では、この古墳は誰の手になる遺跡なのか?
以前から多くの研究者が諸説を唱えてきました。
紀元前4世紀と言えば既にヘロドトスの時代から100年ほど経過していますので『歴史』の記述にはありませんが、ストラボンの記述や出土品からこの時代のスキタイの王とされる人物が一人います。
アタイアス。

アタイアス

世界でたった数枚しか現存していないというこのコイン、
中にあるATAIASというアルファベット、読めますよね。
通貨の鋳造は権力の象徴ですから、このATAIASという男が王かそれに準じる人物なのは間違いないでしょう。それに図柄は弓を引くヘラクレスと騎馬。その2で紹介しましたようにスキタイにはヘラクレスを祖とする伝説がありますのでそれにも合致しており、王にふさわしい図柄と言っていいでしょう。
そしてこのアタイアス、
実はDOLのクエストにも登場するある人物と戦っているのでした。

ところで後期スキタイが次第に衰亡して行き、紀元前3世紀頃を最後として歴史から姿を消したのはいくつか理由があると見られています。その候補のひとつには東から新たな騎馬民族による圧迫を受けた事、もうひとつは、紀元前4世紀以降になるとギリシア方面の勢力が隆盛となり西からも徐々に圧迫されて行った事、これが大きく影響していると見られています。

話を戻しましょう。
アタイアスが戦った紀元前4世紀頃のギリシア方面の敵、
それはマケドニアのフィリッポス2世でした。
DOLでは 『偉業の先駆者』 で登場する、アレクサンドロス大王のお父さんですね。
つまり手掛かりの少ないスキタイとは言え、
もうこの辺は完全に歴史の表舞台に関わる事象となってきたのでした。
フィリッポス2世は、その治世で北方の諸民族としきりに戦いその勢力を拡げに掛かるのですが、そのうち紀元前339年には黒海北西部の沿岸地域への勢力拡大を図り、ドナウ川方面へ自ら軍を率いて出陣します。そしてアタイアス率いる数万のスキタイ騎兵と激突してこれを破り、アタイアスを戦死させると共に2万の捕虜・家畜・馬を得てスキタイを東へ去らせたといいます。
その後もスキタイとマケドニアの戦いは続きます。
フィリッポス2世の息子アレクサンドロス3世もペルシアとの戦いでスキタイ騎兵を破り、東方遠征の過程でスキタイ文化圏に進出して都市アレクサンドリアを建設したのでした。優れた騎兵を擁し縦横無尽に活動するなど、かつては大国ペルシアを寄せ付けかなったスキタイも、さすがに歴史に残るマケドニアの戦術家2人が相手では分が悪かった、と言う事なのでしょうか。

その後、紀元前2世紀になると中央アジアからスキタイの足跡は消えます。
この頃には既に東方には強大な騎馬遊牧民の集団が出現し、
最盛期には中央アジア一帯の諸国を従属させるまでになっていたのでした。

と言う事で次回から匈奴編です。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと一発!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/24(土) 06:42:42|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

押入れの奥にあるものは・・

すっかり忘れてたけど、

昨年~今年あたりのイベントで貰った各種ロットで良くわからんものが大量に出てた。
んでまあ在庫みたら目ぼしいところで銀タロットが35枚。
けっこうあるなあ・・。
2NDのアパルタメントなんて完全に放置してたけど、
確認したら他にも天馬の羽とかロキとかラーとかアテナのなんちゃらとか、
良くわからんアイテムが散乱してました。
天馬とかまず使う機会があるとは思えないな・・。
他にもハイペリエ910×4基とかは結構いいかもと思うんだけど、
いつの間に生産して放り込んでたのかもうさっぱり思い出せませんw

つうことで、
取り合えずこないだからタロット引きまくってるカトゥルヌスさん(仮名)に
銀タロットの押し売り。

『これほんとに1/4なのかなぁ?』
とか言ってたけど、
あとはカトゥルヌスさん(仮名)の引き次第ですはい。
さて残り5枚、誰か使う人おるかなー?

それにしても長い事色んなイベントやってると、
こういう良くわからないアイテムで結構馬鹿にならない保管枠を消費してるもんですね。
しょうもないアイテムでも思い出あるから中々捨てられないんだけど・・。


おしまい。

FC2ランキング02

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/23(金) 10:21:08|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内需拡大策!?

今日発表のあった各種機能の実装計画

まあだいたい可能性若しくは要望としてかなり以前から挙げられていたものが多く、
ほぼ予想通りじゃなかったでしょうか?
一部は料金の発生するオプションで、というのもね・・。
いあ、悪いけど手放しで褒めてないですよ。


1.貸金庫預入数の拡張、7月/無料、
2.アカウント共有倉庫サービス、7月/有料、
3.キャラクタースロット追加サービス、5月28日/有料(315円)、
4.書籍の連続閲覧機能、5月28日/無料、
5.@Webの商会ショップ出展アイテム閲覧機能の追加、5月28日/有料

すいません、良くわかりません。
1キャラ追加スロットの315円ってのは、毎月支払い発生?
違ったら私の国語力のなさですかそうですか。
なんだろ、やたら支払いプランが増えて混乱するわw

まあ、1キャラ追加って事は、
初期状態で50+2+16で68枠増えます。
あとは1M投資で銀行3枠、
寄宿舎で1×5?+マネキン5=10枠ですから、
手軽なところでアイテム・交易品81枠分↑を毎月315円支払って使用すると考えると、
確かにこのキャラ追加は有料でもそれなり以上に魅力あります。


しかしですね、有料サービスで気になるのが
『アカウント共有倉庫サービス』
これです。
こないだからやってる三国志Onlineでは、オプションでなく初期の料金プランでもう一族内(複数キャラクタ間)での銭荘(銀行)アイテムの共有があらかじめ実装されています。つまり、確かに単アカウントでのアイテム共有可能な倉庫が出来るってのはそらすごい便利ではありますが、倉庫分のアイテム枠増加はあるとしても、特別値打ちを付けてわざわざお金取るサービスなんですか、と。

それと、まず基本プランでLITEとCDSのパッケージ購入かで既に複数の選択肢があり、
更に月毎のオプションで
1.基本=1575円
2.@WEB=315円
3.追加キャラ=315円
4.共有倉庫=???円

1のみ~1+2+3+4まであるとなると、
これ、毎月の課金の選択肢が8通りとか発生するってことなりません?
大丈夫かな・・。

確かに色々便利にする方向を打ち出してきたのは、
全体としてはかなり高評価するべき。
ですが心理としてお金が絡む変更は一歩間違えると反感買う事が多いわけでして、
逆にちょっと心配にすらなります。

まー運営とか経営とかって綺麗事だけじゃないからなあ・・。
むしろ収益構造の向上を新規増加で狙うだけでなく、
既存ユーザーの客単価の増加で狙うってのは方針としてはアリです。
でも、こういうのはやるほうよりやられる方が覚えてるものですよ。
ほんとうまくやろうね・・。

まああれです、
例年6月末にやる株主総会へのアナウンス材料のひとつにはなりますね、
うん。

(今回はやたらひねくれた記事になっちゃったなw)

おしまい。

FC2ランキング02

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/21(水) 20:56:34|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

航空祭

日曜日、自衛隊の航空祭に招かれたので見学に行ってきました。
自衛隊の基地のある周辺だと人材受け入れなどで地元企業は支援しているわけで、私のいるところもその関係でこういうイベントには人数集めにかり出されるわけですね。とは言え、海自の観艦式とかは見てほんと楽しいイベントなので機会があれば積極的に参加するのですが(船好きだし)、これは単なるお祭りなので行った事ありませんでした。

朝6:50
眠い目をこすりつつ陸自の某駐屯地へ集合。
門を警備する第一戦車大隊のお兄さんは朝から元気だわw
(あ、これだけでどこか分かっちゃうか)

9:40~10:00
普段なら1時間半もあれば着くはずなのですが、
田舎な土地に数万人規模が押し寄せたので基地付近は一般車両で大渋滞。
自衛隊のバスで裏道通って現地の駐車場に直接入れたのでそうでもありませんでしたが、幹線道路はほぼ一本道のためこれは帰りが心配・・。
では、意識してあんまり写真とらなかったうちの何点かだけ。


CH-47J
CH-47J
最大6トンの積載が可能な輸送ヘリ。
これ大戦略とかでも出てきますのでお馴染みでしょうが、ぶっちゃけ乗用車ならともかくこれに軽戦車3台とか無理じゃないかと。この機体は中東などの最前線から災害用など幅広く使用されており、一般にも目にする機会は多いですね。


UH-60J
たぶんUH-60J
海に多少でも関係ありそうなのと言えば救難ヘリ。
左右にフロートが付いてるのでこれ水上でも着水みたいですね。
そういえば一昨年にやってた 『よみがえる空』 って作品、見た事あるでしょうか?
小松基地所属の救難ヘリパイロットの周辺を描いたものでしたが、
現場の描写が結構リアルであれは近年でも中々の良作でした。
で、あれに使われていた救難ヘリが多分これです。
調べてみたら主人公の彼女役を演じたのは能登麻美子さんだったりしてw
まあ私たちにはこういう支援・救助関係が身近で一番お世話になるんでしょうね。


F-2A
F-2
が2機。
こいつが今回の目玉な展示飛行かも。
アナウンスだと岐阜あたりから飛んできたそうです。
かつて次期支援戦闘機『FS-X』として開発計画段階からいろいろな政治的ニュースになったこのF-2、対艦ミサイルを4基搭載可能にして運動性能も水準以上に持ってるなどかなり万能な支援戦闘機らしく、登場までの経緯も含めて実際に目にするとまったく関係ない者でもちょっと色々思わされるものがありますね。
さて実際に見てると 低空・低速での進入→急旋回/立上りで急上昇 など、色々な動きを見せてくれて 『おお、こら凄い』 と思ったものの、普通のデジカメしか持って行かなかったので撮れたのはこんな・・。
しかも行かなかった人に見せたら、『これラジコン?』とか言われて激しく落胆ス。


帰りは思ったとおり大渋滞。
最寄のICに乗るまでに2時間近く掛かりましたが、まあたまにはこういうお祭りに出るのもいいかなと。



おしまい。

FC2ランキング02
 

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/21(水) 05:17:03|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生産上位品の出が悪い・・。

昨日は久々に生産モード。

海事に使おうと思い、キャノンの生産を50基ばかりやってました。
このうち出来たのが
名匠キャノン=17基
Nキャノン=31基
大成功率=17/48→35.4%
副官が主計50以下の軍人キャラだった事を考えると、大成功率そのものはまあまあ。
ところがこの名匠品の構成なのですが、

1344=3
1330=2
1316=3
1302=3
1288=6

なぜか知りませんが1358・1372・1386あたりの中~上位品が一個も出ませんでした。
まあ、自分用の海事にはノーマル品使いますからたいした問題じゃないでしょうが、
キャノン生産の楽しみは上位品がなんぼできるか!
これに掛かってますので、こういうパッとしない生産結果はちょっと残念。
でも、これ本当にたまたま出来が悪かっただけなのか、ってのもちょっと気になるところ。
50個ばかし作ったくらいじゃなんともでしょうけど、
一方で 『最近、大砲の上位品って出が悪くなった?』 という意見もちらほら聞こえますから・・・。

んー、今度は100個単位でまとめてつくってみようかなぁ。
最近縫製やらないので、溜まっていく一方のカテ3の使い道としてはアリかも。
火器上げにもなるしね。
もしくは複数人で作って結果持ち寄るとかできないかな?
誰か最近キャノン作った人いましたら教えてください。

などとちょっと気になる昨日の生産結果でした。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑参加中~!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/20(火) 14:14:21|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うみとさん その2

DOL@船窓商会の納品は投資紙で最近楽めなものが続いてるようで恵まれてますね。
今週はなんだかんだでけっこう三Onやってました。

無料体験アカウントでできるLV20までは昨日到達。
まあ、生産とかもやってみたいのでもうちょっとこのままかな。
双剣と弓やってるんですが、なんとなしに個人的には妖術とかも面白そうなんだがw
課金するかの判断は置いてもまだまだ色々やる事ありそうです。
まあ、この三国志Online、大航海時代Onlineやってる身からするといろいろ気付く点ありますので、
ただやるんじゃなくてそのうち比較とかのレポート書ければいいかなと思っています。

いっぽうDOLでは今週海事上げ中になぜか、、、

子爵

はいはい、ししゃもししゃも。

んー、これって爵位修正の一環なんだろうか。
上級騎士爵あたりで始まった今年の目標は男爵くらいとか書いてた気がしますが、
なぜかもう4つ来ちゃいました。(冒険1・海事2・大海戦1)
ブログ読み返すと昨年の12/28までは1等勲爵士だった事考えると、
そこから6段階ですからえっらい昇進が早い気がしますね。
これ@1G投資するか、大海戦で@300くらい戦功稼ぐかすれば、
なんとなく今年は伯爵まで視界に入ってきたかも。
と言っても次を貰うにはどうも合計名声が引掛かって来るっぽいので、
むしろ冒険するほうがいいかも知れませんね。

告知と叙任のために本国帰ってきたので、大砲作ってまたカリブ行こうと思います。
あともうちょっとなのよねー。


おしまい。

FC2ランキング02

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/19(月) 06:19:39|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草原の興亡(仮題) その3

草原の文化

エルミタージュ美術館にある 『黄金の間』 と呼ばれる特別室。
ここには、ロシア皇帝ピョートル1世が収集を命じたことで盗掘による被害から逃れ、
奇跡的に残存していたスキタイ美術の粋が集められています。



(上の写真はWIKIにあるやつ)
とにかく、写真資料を見ただけでもハッとするその造形美。
そして資料のページを繰るとともに湧き上がる思い。
これほど表現豊かで独自性に富み、しかも黄金輝く豪華な装飾品や馬具や調度品を、
2300年以上も前に身につけていた騎馬民族がいたとは・・。

いったい彼らはどこから来て、何を残したのか。
そして与えた影響は?
早朝の眠い目をこすりつつ引き込まれるようにつらつら調べ始めると、MMOをベースに広いジャンルを取り扱うブログではとてもじゃないですが踏み入れてはいけない気がしつつあります。まあ長編覚悟のシリーズなので踏み込むんだけどw


前回ちょっと書いたように、スキタイを扱った資料や伝説はまずギリシア人の手によるもの、
ついでペルシア方面の遺物からと、ある程度特定の地域に限られます。
確かに彼らの動きが活発になる紀元前5世紀頃においては、東地中海~オリエント世界が先進地域のひとつであり、少なくともスキタイの一部族は黒海東岸~カスピ海北岸というそのすぐ近くの地域にいたわけですから、これはまあわかる話です。
実際、ギリシア的な意匠を取り込んだ後期スキタイの遺物は多く見つかっており、先の写真に挙げたエルミタージュに収蔵されている美術品の大部分は黒海北岸の草原地帯の墳墓から納められたもので、中にはギリシア的な意匠が伺えるものも多く含まれています。

そして実際の歴史上でも、ペルシア帝国の前に存在したアッシリア、そしてそれを滅ぼしたメディア王国の成立期には既にスキタイの影がちらつき始めており、メディアはスキタイの支配下に置かれていた時期もあったのですね。研究者の中にはメディア王国やその後のペルシア帝国の一部にはスキタイの部族も含まれていると見る向きもあり、紀元前5~6世紀には既にイラン高原~トルコに至る一帯で大きな軍事的影響力を及ぼしていたのでした。

ではそれらの連想から、彼らが残した美術工芸品はギリシア・オリエントなど西方からの影響で花開いたのかというと、そうとは言い切れません。確かに以前は西方起源説が有力だったものの、むしろ最近の研究結果は逆の答えを示し始めているのが面白いところだったりするんですね。
それでは近年の調査結果では、彼らのルーツはどこを示しつつあるのでしょう。

実は1970年代以降になって、そのヒントのひとつになるかもしれない手掛かりが黒海・カスピ海とはまったく別の地域から発見され始め、今も次々と発見され更新されているのです。まさに現在進行形の考古学と言ったところ。
その地域は、南シベリア、そしてモンゴル高原。
この地域で紀元前8~9世紀という最も古い時代のスキタイ系と思われる墳墓の調査が始まり、そこからスキタイ文化を特徴づける動物文様の遺物が出土し始めたのでした。そして最近の年代測定でその時代が紀元前800年前後という結果が出るに及んで、スキタイ東方起源説は一気に有力なものとなってきたのでした。

これ、武器や馬具など実用性に優れたものは伝播力が強いですから相当に離れた地域でもそれほど時間が掛からず浸透してゆきます。一方でモチーフや風習などは伝える必要性は薄いわけで、例えば埋葬品や武器の柄などの飾りにはその地方・民族独自の物が残りやすいのですね。本当にスキタイ文化が西方起源なら、最も初期に遥か数千kmも離れた東方の草原地帯で特徴的な遺物が出るでしょうか?と。

特にモンゴルの西にあるアルタイ山脈付近で発見されたアルジャン遺跡群は、
その規模・出土品の特徴・時代の古さなどから中央アジアの研究者に衝撃をもたらします。
そして21世紀に入り、エルミタージュ美術館とドイツの共同で調査が始まったアルジャン2号遺跡では、
更に色々な発見がなされるにつれ、いまでは西方説は地元のカザフスタン系の学者など唱えるもの少数となるに至っています。
しかしこれ近年になってから調査が進んだってのは、これは偶然ではないですよ。
90年代以降の共産圏の崩壊により、国境付近での調査や各国の先端技術を用いた合同調査が可能になるなど、大きく政治的な要因が動いた結果といえるでしょう。


こうして、
今では南シベリア~モンゴルなどアルタイ山脈以東からの起源説が有力となりつつあるスキタイ文化、
このスキタイ文化の大きな特色といえるのが動物文様です。
初期スキタイではこの動物文様、主に鹿や馬が意匠となり装身具・馬具・武器・墳墓の副葬品などに取り入れられています。そして紀元前4~5世紀にかけての後期には、主に西方で鷲と獅子を合体させたグリフォンなどギリシア系のモチーフも多く取り入れられるようになり、その造形・意匠は複雑さを増して登場してくるようになります。歴史書や石版など文字としての記録に現れ始めるのがこの紀元前5~4世紀の後期と言うわけなのでしょうね。

スキタイ文化圏01
(スキタイ文化の影響地域)

最後に、スキタイ文化の影響地域を地図に出してみます。
こうしてみると、ほぼ中央アジア草原地帯の全域がおさまって来ますね。
彼らの後に続く東の匈奴・西のトラキアやサルマティアなど、
スキタイはその後の遊牧民の文化にも大きく影響を残したのでした。

さて次回はいよいよというか、古代における最大規模の騎馬遊牧民、
匈奴について見てみようと思います。
古代はほんと資料が少ないから話を展開するのに苦労するのですが、
この匈奴についてはそれこそヘロドトス以上の大物歴史家が、
必要に迫られてか詳細な記録を残してくれていたのでした。
ええ、たぶん皆さんも漢文で読んだことある書だと思いますよ。



そろそろカテゴリ分けする時期なのでシリーズ名を決めないとなのですが、
さて何かいい名前ないでしょか?



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとここも押してってね。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/16(金) 18:10:02|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うみとさん

DOLと三国志のはしごで過ごしてました。

まずDOLのほうでは海事上げ上げ実施中。
ヴェラクルス沖のバッカニア狩ってるわけですが、これソロで砲撃やってるとけっこう消耗早いのね・・。
大砲はカロネとペリエで30基ほど持ってきたのに、2回出港して1セットずつ壊れる感じで、土曜日から数時間やってもう半分なくなってきてます。砲術17なのに消耗早いんじゃないのと思わないでもない。
ナッソー沖のマルーナとかがいい感じなんだけど、こないだ狩ってたらネデPKに粘着&暴言吐かれたのでいまいちやりづらいしなぁ・・・、まあロイヤルフリゲート乗れるまで@30000くらいになってきたので大砲は在庫でなんとかなるっしょ。
いざとなったら突撃あるのみですはいw
それから商会向けに空き枠使ってポルキャラ作成。
まだリスボンから出てないけど国籍これは失敗したかも・・。
ええ、入れるだけならフランスでいいじゃまいかと。


架途さん01
そして三国志Online。
前日カトルさんが来るというのでINしていっしょにやってました。
いや、子守りしてもらったというべきか。
自分でまったく回復しないでひたすら双剣振ってるとかもうね・・。
おかげで半日でLV1→11に。
が、ここで問題が。
呉に入ることにして、『建業にいる孫権に謁見する』 依頼を受けたはいいものの、
向かってる途中で体験アカウントでは建業のあるエリアに行けないことが判明・・。
入れないならクエ出すなよ、とちょっと脱力しましたw

この日は取り合えずカトルさんとジャンヌさんもいる部曲(商会みたいなところ)に入れてもらい、
おまけにいろいろ頂き物しておわりましたが、最後にぢゃんぬさんから一言、
『課金すればいいんだYO!』
うーむ、妙に説得力があるw

まあ今後もDOLで生きてくことは変わりませんが、折を見てまた覗きに行こうと思います。
取り合えず貰ったもの装備できるとこまでは行かないと申し訳ナス。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちぽちっと!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/12(月) 07:26:21|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

商会過疎化!?

しょこらさん休止を表明!

もともと色々なオフゲー楽しんでるお人で、
昨年~今年はモンハンあたりに行ってたりはしたものの、
現商会に入ったときからわたしが最もお世話になった方のひとりでもあり、
改めて表明されると正直寂しいっす・・。
またいつか帰っておいで~。


(さてさて今後は・・)
2008年5月10日現在、NOTOSマルセイユ15番商館・世界の船窓から商会の在籍者は34名。
このうち2NDなど複数登録している分を除くNETの人数で24名。
最近の傾向を見ると、
だいたい週1回以上のIN率をキープしている人がそのうち10人ちょっと。
月1回以上で見て15人前後って所でしょうか。
ずいぶんさびしくなってきたなぁ・・。

んでまあ、恐らく来月~再来月あたりになると、休止表明された方やINしてこない方の登録が順次切れてきてしまうので、総数で30名を割り込んでくる気がします。ほんと商会として今までほとんど表立った勧誘活動を行ってないでこの人数がキープできてるってのも逆に驚きますがw

一方うちは 『個人の自由意思を尊重すること』 を最も大切にする商会。
それだけに普段は各自でかなり自由きままにやらせてもらってるので、勧誘活動とかしなくてももちろん何も言われません。(むしろ強い勧誘は推奨してないしね)

現状でも納品のほうはRANK4=170点で止めてるのでまだまだ何とかなるとは思うものの、
めけさん来たらそろそろちょっと相談というか、
この先どうしようかね? ってのは一度打ち合わせすべきなんだろうなー。
まあ本来こういうのを個人のブログに書くのもなんだけど、
ここも一応は広報の役割あると思いますので、今回敢えて商会内のテーマで書きました。
他の人の目にとまるかも知れないって事でね。

で、ここから先は明らかに全体意思も確認するべき内容なのでちょっと控えつつ、
そろそろなんか対応を考えようかなと思った次第。




うーん、ちょっと商会ブログにでも残すかなあと思うので、
明日にでも連絡記事書いたら船窓商会の人へはメールしますね。


おしまい。

FC2ランキング02

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/10(土) 12:59:13|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

大海戦で乗る船は・・。

前回からの続き。

NPCをメインに戦う艦隊の旗艦候補として(対人は相手がN狩り艦隊の時くらい)、
大型では他にどんな船があるでしょう? 
欲しい能力はなに?
うん、こういう視点では軍人さんはまず書かないと思うので面白いかも。
へたれのたわごとな気がしないでもないけどね・・・。

1年以上この手の艦隊で参加してきた中で、
特に旗艦として必要な性能と感じるのは速度と戦闘力のバランスで、
強いってのは最優先事項ではないと思います。
で、戦闘の面ではそれこそ軍人さんのブログや動画でいくらでも目にする事できますから、
敢えてここでは置いときます。


【速度の分類】
一言で速度といっても、大きく 出足・回り足・最高速 と大別できると思います。
なんか競艇みたいな話だなw

出足(加速力)
N狩りは戦闘数自体は対人より多いので、各戦闘後の出足は結構重要。
カリブとかだと1日で80戦近くやる事もありますよ!
あと青ゾーンから速やかに出る時の能力としてもぜひ欲しいですね。
出足は旋回性能・増減量に依存しますが、
ガレー系は漕船スキル次第で帆船よりかなり出足が向上するのでこの点有利ですね。
あとは急加速もあるけど曲がらないという諸刃の剣w 修正しました!がぶさんありん。

回り足(旋回力)
出足とほぼかぶる能力ですが、ペアの援軍側は総旗に併せて細かく転舵する必要があり、
旋回性能が低いと反転した後に速度が乗らなくて敵PCから逃げる時などで捕捉されてしまいます。
これは船以外にも操舵RANKにも依存するのかな。
それからガレー系は逆にやや難のあるところってのがバランス取れてて面白いかも。

最高速(帆性能)
NPCを探して海域を横断するような移動が多くなるのでぜひ欲しい性能。
逆風への切り上がりも考慮すると縦帆もそこそこ高いのが理想ですね。
(軍ジベ旗艦の場合だと敵PC艦隊から逆風へ逃げるってこともやります)
で、今まで船窓商会の艦隊では3種類のうちここ重視で、
戦闘帆じゃなくてメインフルリグドセイルを多用してきました。
ただし現在では改良ゲルン/ボンネット帆の登場で組み合わせが多様化してます。
ペア旗艦の船が微妙に違うのでいろいろ調節して速度合わせたりとかねw

この3つが全部必要になるって前提で速度が優先されると思うわけだけど、
なおかつ忘れてはいけないのが大型に限っては提督やる人も戦力だと言う点。
海戦慣れしていない人や海事そのものを普段やらない人も参加するのがNメインの艦隊ですから、
仮に提督2人が砲3スロット以下の船に乗ってしまったら残り8人で対人するのはかなり無理ありますよね。
下手するとNPCの戦列艦隊にすら手こずる羽目に・・。
(大型の場合はNPCでも船種によってはB~Eでも戦功ボーナス入りますので全滅狙う事があります)
それにある程度慣れてくるから提督になる場合が多いわけですし。
その点も踏まえて出来たら砲4スロット以上が望ましいんだけど、
これで選択肢が大きく変わってしまうのが悩ましい所です。


【大型船の候補】
それでは実際にいくつかピックアップしてみます。

ロイヤルフリゲート
(速度○・戦闘力○)
かなり優秀で船員以外にほぼ弱点が見当たらない気がします。
やわいと言いつつ船員112・装甲26・耐久930ってのはあくまで戦列と比べたらの話で、
ジーベック系などと比べたらこれはちょっと世代が違う船って感がありますね。
個人的には速度は戦闘力の重要な要素と思うのでスペック以上に運用しがいがある船と見てます。
でも価格と作りづらさは・・・。

軍用ジーベック
(速度○・戦闘力▲)
高バランスだけど船員数にやや難。
乗船LV・価格的にはそこそこ手頃で高性能ですね。
敵PC艦隊に追いかけられてもまず引き離せるのでいまだに有力な候補です。

高速ケベック
(速度◎・戦闘力△)
速いし船員結構乗るけど3スロットなのが惜しい。
OPが操船強化と急加速ということもあり旗艦候補としてはかなり優秀ですね。

ラ・ロワイヤル
(速度×~▲・戦闘力◎)
地中海など静かな海限定だけどかなりアリかも。
初日にロワ×2のペア艦隊でしたが速度的なあまり不満は感じず、
ガレーなので戦闘後の出足が戦列より優れてる気がしました。
単艦でそれなりに強いってのも仕掛けられたときの安心感になりますね。

各種クリッパー系
(速度◎・戦闘力×)
移動に特化するならこれだけど、襲われたら逃げるほかないですね。
むしろクリッパ旗艦だとN狩り艦隊にすら襲われやすいって話も・・。
でもまあ選択肢としては充分考えられます。

機動型ジーべック
(速度◎・戦闘力×)
大型船で最高の旋回12を誇る船のひとつで、これなにげにかなり速い。
残念ながら砲3スロでも改造してMAX39門とフル武装できないのが惜しい所。
旋回12ある船は他に調査用スクーナーと作戦用ケベックがありますが、
作戦用ケベックは3スロでMAX51門・93人と戦闘力ではこちらの方がいいかも。
あと機動型ジーベック、個人的には名前で選びたい一隻。

重ガレオン
(速度△・戦闘力○)
実は-18%にすると旋回が10に達する優秀な船。
硬いわ強いわでバランス取れてるのでLV次第で候補にはなりそう。
他にこの系統だと速度重視で大型ガレオンってのも充分考えられますね。
N狩り旗艦で乗ってるのまず見ないけど・・。

戦列艦
(速度×・戦闘力◎)
いまだ現役の主力艦で、カスタマイズ次第では使える余地あるかも。
強いけど逆風の遅さはつらいので長距離移動は難アリ。

装甲戦列艦
(速度×・戦闘力◎)
対人では現在の主力艦。
戦列よりもっと遅いので移動が多いN狩りの旗ではちょっと使えないかなあ。
そもそもこれ選択しないあたりが今回のテーマですから。


まあ一部はまにあっくですが、、、
何かしら参考になりましたでしょうか。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑押してねー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/08(木) 21:12:02|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

休暇は終わりぬ

GW最終日の波乱

今日は2本書きます。
ご存知のように連休最終日の午前中にDOLではほんと珍しい長時間DOWNが発生。
しょうがないのであの日は停止中は本読みつつ三国志Onlineやってきました。
(スキタイ美術の本見てるとなぜか眠くなる・・・)
それにしてもこの三ON、
昨年の夏頃だったかな、第一回のクローズドβ以来のプレイでしたけど、
今ではずいぶん動作が軽快になってきてるんですねえ。
最初の頃の酔うような重さとは別物。
まあ、水鏡先生のとこで初期の依頼してた程度なので評価はこれからですね。

さてDOLの方はというと、
午後になって復旧したはいいけど完全に事前の予定は狂ったので、
開戦前の2~3時間ほどはスキル調整してました。

砲術14→15
弾道13→14
水平13→14
速射11→12

ぺち飽きるこれ・・・。
もうやりません。

そういや貫通まだR5とかだけど、どうやって上げて行こうかなあ。
スキル上げだけって動きは飽きるので普通に使っていようかしらん。
操舵優遇で賞金稼ぎでもいいかなとか考えつつ、ちょっと要検討。



さてだらだら書いててもなんなので大海戦の総括でも。
今回は船窓商会単体では艦隊が組めなかったので、いろいろな方と戦ってきました。
初日は入れてもらう側、2・3日目は児玉さんと自分でペア編成募集しての戦いに。
結果は戦功49・50・56とだいたい3日間とも同じくらいでしたね。

ただちょっといつもと違うことした点だと、
N狩りメインの提督やると撃沈数を稼ぐのがほぼ大型に限られる感じなので、
最終日の中型は重フリゲートから作戦用コルヴェットに乗り替えました。

やー、やっぱこの船速いわ。

速度と戦闘力のバランスで選んだら中型N狩りだと旗はこの船が最高なのかな?
本来ペア艦隊の旗艦は船・装備をある程度揃えるのが前提だけど、
合わない場合は相手との速度差考えると少し装甲つけても良さそう。
思い切って速度優先で旗は軽クリッパ×2隻でもいいかと思わないでもないけどね。
ん、そう考えると、んんん、
大型のNメイン艦隊の旗艦はロイヤルフリゲートが最高なんだろうか。
戦列艦で装甲なしと、
ロイヤルフリゲートで装甲3枚だと、
まだまだ後者の方が速いと思いますしね。
今回3日とも戦列で最終日の最後の戦闘で知り合いのとこに仕掛けられましたが、
装甲つけてないので横の砲撃がもう痛いのなんの。
あれならロイヤルフリゲート+削剥3枚の方がいいなと。
次回の海戦には頑張って乗れるようにしておきたいですね。
あと船作って頂ける人も探さないと、か。
ちょっとこの話は続けてエントリ書きますね。

つづく。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/08(木) 20:59:14|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろ紹介

珍しくメディア系の話など。

わたしマンガは歴史っぽい素材の作品をそこそこ買う程度なのですが、
雑誌で定期的に購読してるのが月刊アフタヌーン。
買ってるただ一冊がアフタヌーンてのは恐らくかなり少数派ではないかとw
んでまあこの雑誌、正直あとの半分は作画からして完成度のそれ程高くない作品が多いものの、
前半のいくつかは嗜好的にも以前から注目してます、特にこの辺。

1.ヒストリエ/岩明均
後にマケドニアのアレクサンドロス3世の書記官となるエウメネスの物語。
作中ではスキタイ族出身とされる主人公エウメネスの生い立ち~少年期を経て、ようやくアレクサンドロスの父・フィリッポス2世に仕える所まできています。既に相当の知略を見せつつあるエウメネスの今後に要注目といった所。歴史上ではこのエウメネス、後に単なる書記官から騎兵の指揮を任せられて功績を挙げ、アレクサンドロスの死後は大王の後継争いであるディアドコイ戦争の一方の雄とされるまでになりますが、さてどこまでいくでしょう。それから作者の岩明均さんは『寄生獣』で知られた人ですが、本作品の前にも第二次ポエニ戦争のシラクサ攻防戦を扱った『ヘウレーカ』など、近年は歴史系の素材を扱ってますね。

2.ヴィンランド・サガ/幸村誠
10~11世紀、ヴァイキングによる北ヨーロッパ侵攻の時代を描いた作品ですね。
デーン人の主人公トルフィンはまあ置いといて、注目はついに覚醒というか威厳の備わってきたデンマーク王子のクヌート。作中では、後にイングランド王・デンマーク王・ノルウェー王を兼ね、スウェーデンをも勢力下において北海帝国と呼ばれる一大王国を築き特に『クヌート大王』と呼ばれる事になる彼クヌート王子が、父であるデンマーク王スヴェン1世に叛旗をひるがえし立ち上がるかな、という所まで来ています。この作品には北米大陸ヴィンランドを発見した航海者レイフ・エリクソンや、この戦争で活躍する実在の武将トルケル(作中ではトルフィンの大叔父)、ケルトの将軍アルトリウス(アーサー王のモデル?)の子孫という設定の傭兵アシェラッドなど、各キャラクタがなかなか個性出してて読んでて楽しいです。

3.おおきく振りかぶって/ひぐちアサ
は最初から読んでたけどもう人気出ちゃったからいいか・・。

4.トライアルライド/原作・魚住青時、作画・小林知恵子
デビューしたての騎手が主人公の競馬ものですね。
たぶんまだほとんど注目されてないけど、描写が臨場感あってちょっと面白い作品になってます。中央競馬が舞台ではあるものの、地方競馬とか『乗馬』の事とか、少年誌ではまず書かない所まで登場させてるのは異色ですね。だんだん誌上で置かれる位置が後ろの方になってるけどガンバレw


次はもっと珍しくアニメの話。
現在BS2放送で深夜にやってる 『カウボーイ・ビバップ』 の再放送。
いま見ても、出てからもう10年経つとは思えない完成度の高さは、これ数年に一度の作品だったかも。それから数枚CDがでてるシートベルツ演奏のサウンドトラックはめちゃくちゃ秀逸なのでおススメです。DOL能登鯖ではここの登場人物からとったと思われる方いらっしゃいますが、スパイクもフェイもエドもDOL内でよく見るのにジェットはいないのだろうかといつも思うw 
ところで、今期の新作品でも有数のビッグタイトルと思うマクロスシリーズの最新作 『マクロス・フロンティア』、さすがに予算は潤沢にあるらしく画的な面はすごくレベル高めなのですが、それ以上にこのシリーズの伝統というか特色として今回も音楽面には相当に手が入ってていいですよ。
あ、両作品とも音楽は菅野ようこ女史が担当って事になるのか。
なんとなく大航海時代シリーズにつながる〆になったらしいのでこの辺で。


追記)
ひょっとして全サーバー落ちてます?(いま5/6、10:15くらい)
ログインできるワールドがありません(0) 
こんな表示初めて見た気がするw

おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にここも押してってね!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/06(火) 09:06:28|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キッド再び

久々の書籍紹介は、
シリーズ第6巻となる『海の覇者トマス・キッド』の最新刊を。



海の覇者トマス・キッド第6巻 『ナポレオン艦隊追撃』
ISBN978-4-15-041166-4

原題/Tenacious
著者/ジュリアン・ストックウィン
訳者/大森洋子
発行/早川書房

本国イギリスではもうシリーズ第9巻が執筆中という時期に来ているものの、
ハヤカワ文庫の翻訳版は前巻で打ち切りとなる可能性が高かっただけに、
これは正直良い意味で予想を裏切られました。
うん、素直に嬉しい。

さて、前巻までに一介の水兵から士官である5等海尉にまで出世してきた主人公のトマス・キッドの物語は、これまでキッドの成長と冒険的なエピソードを主体に描かれていましたが、ここで初めて大きな海戦を体験する事となります。
それも、イングランド海軍史上の大海戦に。
あー、明日から大海戦の大航海時代Onlineに丁度いい話な気もします。
ではちょっとあらすじだけ・・。


1797末~1798年初頭、
北米で活動していたキッドの乗る戦列艦テネイシャス号は、
新たな命令を受けて大西洋を東に横断し、ジブラルタル海峡に向かいます。
そこには、他にも地中海・スペイン方面など各地に展開していたイギリス艦隊が終結しつつありました。
更に、当時イギリスの青色艦隊少将だったホレイショ・ネルソン提督が合流します。
そう、キッドはこの巻で、
既に頭角を現しつつあったネルソン提督率いる艦隊の一員となり、
地中海で活動する事になったのでした。

1798年当時、
地中海の情勢は緊迫度を増していました。
先年既にイタリア侵攻を成功させた気鋭の将軍ナポレオンは、
パリに凱旋したのち新たな目標を定め、
南フランスの軍港トゥーロンに大艦隊と数万の陸軍を集結させていたのです。

そして5月19日、ナポレオンはトゥーロンを出撃します。
その行き先はどこか?
ネルソン率いるイギリス艦隊による索敵・追撃が始まります。
行き先不明なフランス艦隊を追うなか、そこでキッドはある重要な情報を入手します。
地中海を往復するくらいの索敵行動の結果、遂にネルソンはナイル河口に停泊するフランス艦隊を発見し、キッドの生涯初となる海戦がはじまったのでした。
はい、この先は本書を読みましょうねー。



(さて史実では、、)
1798年8月1日、
ナイルの海戦(アブキール湾の海戦)が火蓋を切ります。
陸沿いに縦隊で展開していたフランス艦隊(戦列艦13・フリゲート艦4)に対し、
ネルソン率いるイギリス艦隊(戦列艦14)は、オリオン号・テセウス号・ゴリアテ号など5隻を陸地とフランス艦隊の間に割り込むように突入させ、フランス艦を挟撃すると共に陸地からの砲撃を封じるという作戦に出ます。
縦隊を取っていたフランス艦隊は、左右からの砲撃を先頭から順番に受けて1隻づつ撃破されてしまいます。この結果、フランス艦隊は旗艦ロリエン号(124門戦列艦)を始め5隻が炎上又は撃沈され、更に戦列艦9隻・フリゲート1隻が拿捕され壊滅します。対するイギリス側の目立つ損害は浅瀬で座礁したカロードン号の1隻のみという史上稀に見る圧勝となりました。
この時代の海戦はほとんど決着がつかなかった事を考えると、
ちょっと当時の衝撃は計り知れないものがありますね。
そしてフランスの地中海艦隊がほぼ壊滅した結果イギリスは地中海の制海権を取り戻し、アレクサンドリアに上陸していたナポレオン率いる数万のフランス陸軍はエジプトで立往生する事になったのでした。そしてこの後、第二次対仏大同盟が実現します。たった1回の海戦が戦局全体にドラスティックな影響を与えたという点では、このナイルの海戦は非常に特筆するものがあり、この7年後に起きるトラファルガル海戦よりも影響度は大きかったかもしれませんね。

追記)
そういえば、本書がイギリスで発行された2005年はトラファルガル海戦の200周年記念にあたり、
著者ジュリアン・ストックウィン氏は巻頭の言葉を
『ネルソンを措いてほかにはおらず』  ~セント・ヴィンセント卿~
で書き起こし、巻末では 『本書をサー・ホレイショ・ネルソンに捧げる』 と書き残しています。


おしまい。

FC2ランキング02
 
明日は大海戦!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/05/03(土) 10:36:20|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。