打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

リアル造船業界は・・

運命の前日


PS3版が実装されて2日目。
祝日という事もありますがリスボン前など結構人の出が多いですね。思ってる以上に増えてるなーと思う。このあとゴールデンウィークが本格化してきますから更に賑わってくるでしょうから、5月に掛けてかなりの活況を呈してくるんじゃないでしょうか。


さて今回は、リアル造船に関するお話を。いまマニラに篭って造船修行をやっているところでもあり、最近出た造船業界に関するレポートが面白かったのでその要約と他資料も交えつつちょっとご紹介してみます。まずは21世紀に入ってからの、東アジア3国のだいたいの建造能力の推移から。


【2001~2003年頃の建造量】
1.日本 約1200万トン
2.韓国 約1200万トン
3.中国 約 300万トン


【2008年の建造量】
1.韓国 約2600万トン
2.日本 約1900万トン
3.中国 約1400万トン


【2009年の建造能力(予測)】
1.韓国 約4000万トン
2.中国 約2500~3000万トン
3.日本 約2000万トン


【2011年の建造能力(予測)】
1.韓国 約5000万トン
2.中国 約4000万トン
3.日本 約2000万トン



1990年代までは日本が建造能力では世界1位、韓国が肉薄して中国はまだまだといった所だったのが、2000年代初頭に韓国が日本と同等水準まで能力を引き上げ、3年ほど前から日本を突き放して今では大きく突出した1位となっているんですね。それから2006年以降の中国の、驚異的とも思える建造能力の強化も目立つ所。計画通りなら中国も3000万トンを越える建造能力を持つはずという予測もあり、その伸びはちょっと読めないくらい。
いっぽう日本はというと、昨年まで順調に設備投資を行って建造能力を伸ばしてはいますが、年率7~8%程度と2007年までの好景気の割にはそれほど大幅な拡張を行っていません。
更に細かく造船所別の建造能力で見ると、2006年の統計では韓国が1位現代、2位サムスン、3位大宇で、以下7位まで韓国の造船所が独占し、8・9位が中国、日本では10位ユニバーサル造船、11位三菱重工、12位IHIとなってます。


それにしても、わずか数年でこの変動ぶりはすごいですね。
これほどにまで韓国・中国が設備投資を行っているのにはいくつか理由があります。
まず2000年代中盤~後半に掛けての世界的な好景気で大型船の需要そのものがかなり伸びていた事。更には海運業界全体で世界的な切り替え期に当たっている事。
船の構造基準が2~3年前に発効した海洋汚染防止条約などの条約・国際規則の改正に伴って新構造基準に変わって来てるため、数年前から各国で新型船への切り替えが始まっており、その関係で 『造船ブーム』 とするくらいに通常の償還サイクルより早い一大更新が行われていました。ただまあ、船が大型化すると言っても設計上はスエズ運河の水深(16m)以内に収まるようになるのでこの辺は限界あるのでしょうが。
まあそんなわけで、上記したように東アジア3カ国での建造能力の合計は2009年現在の時点で約8000~9000万トン、2年後には11000万トンにまで膨れ上がっていく事が予想されています。急激な建造能力の拡張はまあ計画時点ではそれに見合う需要があると見込んでいたのでしょう。特に韓国は超大型コンテナ船などでは圧倒的に強く、価格競争力もあるので行けると見たのでしょう。


(急転)
しかし、昨年秋から一気に進行した不況により、事態は一変しつつあると言うのですね。特に2009年に入ってからは大型船の発注がほとんどゼロに近い所にまで落込んでいるとの事。これもまあ極端な落ち込みとは思いますが、実際動かないのですからその先を見越しての発注などする気にならないでしょう。
もともと世界の海で就航している船の総トン数は約8~9億トン程度、これが20年前後で更新されてゆくとしたら1年単位では4000~4500万トンくらいで、これが平時における世界全体の建造量となるでしょう。その一方で建造能力は今後その2~3倍に達するというのですから、さすがに供給過剰としか言いようがありません。世界中で新型船への切り替えが進むとしても、限界ありますよね。年間の受注量の2~3倍もの建造能力を抱え、造船業界は造船ブームが去った後、いったい今後どうなるのでしょうか・・。


一方、各国でその置かれた状況はやや異なっています。
まず日本
日本は好況時にも極端な設備拡張を行わず、更新が主体で全体としてそれほど建造能力を上げていません。結果として物量的には韓国に大きく引き離される事にはなっています。それから日本船は韓国・中国船よりもやや割高で、受注の80%は国内からの発注で確保しています。これはまあGDPで日本は韓国の約5倍、中国の1.3倍ほどあるのですから国内受注では有利と言って良いでしょう。
結果、現在の極端な世界的不況にあってもだいたい各社とも2013年くらいまでの受注残を抱えており、世界の主要造船国では将来的に造船不況が続いてもまだ耐えられるほうだと思われます。ただ、先日老舗の造船会社が資金繰りの問題で一時操業停止に陥ったのは記憶に新しいところで、中小規模の会社では整理が進むことは考えられるかもしれません。大手でもJFE系のユニバーサルとIHIが統合する話もありますから、高コスト体質の改善や技術力の強化を図るべく今後他にも業界の再編が進む事も予想されます。韓国・中国と量的に水をあけられたときに規模の勝負でやられる可能性はあるので全然楽観視出来ませんね。
あとはまあ、為替の問題で、少ないパイを取り合う受注競争となった時に現在のような円高水準ではまともに戦えないだろうという不安はありますよね。



次に韓国
韓国は世界最大の造船国であり、上位3社がそのまま世界のTOP3でもあります。また付加価値の高い特殊船にも強く、技術的には日本以上のものがあります。しかし韓国の造船会社の受注は95%が海外からのもので、国内にはその建造能力を支えるだけの産業・海運は育っていません。ただし荷受けの能力だけで言ったら釜山などは東アジア1の巨大港に成長してますから面白い所。受注残は1.3億トンと日本の2倍ほど抱えており、同じく2013年くらいまではフル回転となりそう。為替の面では通貨が危機な半面、異常にウォンが安い結果値引きする余地が残されており、価格競争では優位に立っているともいえます。ウォンがそれまで持てばの話ですが・・・。
韓国のアキレス腱はやはりその過剰設備で、5000万トン級の建造能力を支えるだけの受注が2013年以降も確保されるかというとさすがにちょっと不可能な気がします。で、仮に造船不況→人員が余剰となった時に労使紛争が避けられないだろうというのがレポートのまとめとして提示されています。TOP3社の競争が激しくて能力削減で協調体制が取れるか疑問というのも不安要素。あとまあ根本的な問題として通貨を含めた経済情勢が受注残の終わる2013年あたりでどうなってるのかさっぱり読めず、これが発注する側にも影響を及ぼす事も予想されますね。


最後に中国
急成長してきた中国の造船業界も、内実では一部の巨大造船所を除くと中小の造船所が1000以上も乱立する戦国期のような状態で、これからまだまだ淘汰・再編が続く発展途上というところ。中小主体ですから作る船も中・小型船が多く、受注の20~30%は国内で取っているのは中国の強みと言えそうです。また建造コストは日韓の造船所と比較したら圧倒的に安く、日本からも海外進出先に中国を選んだ造船所もあります。受注残も約4000隻・1.3億トンと韓国に匹敵しているのは強いですね。
あとはまあ、一部の大手造船所は政府の支援を受けており、将来的には大型船の受注はここに集中してくる事になりそう。海運の面でも上海が釜山に迫る巨大港として育って来てますから市場・コスト・流通の各面で中国の造船業界はかなり高い将来性を持っているんじゃないでしょうか。
課題としては、技術開発の遅れ。どうしても大型船は韓国に取られるのが実情で、自国以外の受注をどれだけ取れるかが今後の造船不況を生き残る指針になってくる気がします。それと、現在の急激な受注の落ち込みで設備投資と建造そのものも一時ストップしている動きが一部で出ているようですね。海外からの発注に対して契約の履行が中小規模の造船所で完遂できるのか、財務体質の脆弱さが中国の不安要素と言えそう。



おしまい。

FC2ランキング02
 
ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/29(水) 20:11:13|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中盤の生産-3

愁雨来たりなば


上記のサブタイトル、全く調べないで元ネタわかったでしょうか。
いまやってる造船修行の進捗はまだそのへん。

さて、先週から書いている生産中盤における有望品の紹介もたぶん今回で最後。
ちょうど今日がPS3版の実装日なのでなんとか間に合ったかも。
ここでは錬金術と言語学は中級者でやるようなスキルじゃないと思うので除外して、残る調理と保管に付いても考えてみます。この二つを残したのは特に意図しているわけではないのですが、共に+5ブーストの消耗品が存在する点で鋳造・縫製・工芸とやや毛並みが違うと見ているのかも知れません。まあそのへんも考慮して取りあえず基本条件のR10縛りで選定し、1品だけ例外品を推奨する形で行こうと思います。


4-調理

①魚介のピッツァ
スキル/調理R10 (東地中海レシピ)
材料/小麦粉1・チーズ1・魚肉1
性能/+50回復
相場/1200~2000

調理でR10以下といってまず思い浮かぶのはこれ。
これの補充で困った事はラフロ実装直後の一時期を除くと記憶にないくらいの定番商品で、だいぶ供給量が落ちたと思う今でもざっと検索したところではN鯖の商会ショップにある総在庫が20000個以上ありました。
生産する場合はオポルトならここ1箇所で可能で、他にもアントワープ~ヘルデルなども使えます。ただまあ、移動すると生産効率は半分以下になりますから、一番早く作るなら『ピザ作りながらピザ食って回復』 これです。酒場で回復するより作ったもの消耗してでも動かないで作り続けるほうが早い。だいたい50分あれば銀行MAX貯まりますね。
このピザ、今ではもっと生産効率と性能の高い料理が出てきてますので主力の座から落ちてはますが、価格を考えると中級者の回復にはこれでも充分ですのでまだまだ作る人がいる、息の長い商品として定着していると言ったところでしょうか。



②副官歓待料理
スキル/調理R7 (リスボン酒場固定レシピ)
材料/2007年6月13日の記事にまとめてます(下記URL参照)
性能/効果小
相場/19000~25000


ここはちょっと変化球で、副官料理に手を出してみます。
調理のと言うと単体回復が1個1500~3000程度、艦隊回復で4000~10000程度のものが多い中では異例に高額となっているのがこの副官料理群。スキル的にもR7生産品ですから手を出しやすいですね。ただ、これの大変なのはスキルではなく、完成までの手間。
3種の料理を作ってリスボン酒場に持ち込み完成させる訳ですが、その3種がまた複数の素材を必要としていたりするので3段階くらいの下処理が発生するという、けっこうめんどいものがあります。
で、これは前に生産ルートとレシピをとりまとめたのでそちらを見つつ。
http://hamilcar.blog64.fc2.com/blog-entry-383.html

6種の副官料理の中で、素材とレシピの入手性から比較的作りやすいと思うのは
◎パイと大皿フルーツセット(倉庫番用)
○魚介マリネと2種のパン(主計長用)
△具だくさんの煮込み料理(兵長用)

木の実やエビ・水稲などは今ではPF産出のためにけっこう商会ショップでも購入できる事が多く、ベースの材料を作り貯めてからリスボンに行く事で大量生産が可能だったりします。ただ、副官料理は素材を貯める過程で銀行枠・倉庫枠を圧迫しがちで、リターンが大きい代わりにやるならアイテム枠を確保する必要がありますね。まあ、この点も共有倉庫の登場がかなり恩恵大きいかもしれません。上記の3種を999個作って20K売りの場合の売り上げが約6000万、作るのが大変ですがやりがいはありますね。



③フルーツの盛り合わせ
スキル/調理R7 (果物を使ったお菓子/マルセイユ)
材料/木の実2・蜂蜜1
性能/+45回復、壊血病回復
相場/置く場所で変化※

状態回復アイテムはライムジュースがありますが、行動力も回復できる料理で代用する人は多いでしょう。簡単な所ではそら豆のスープ・高級品で子牛肉のグリルライムなどがあり、その中間に位置するのがこのフルーツ盛り合わせ。この手の料理は補充で買う行動が多く、行動力が低いものでもいまだに使ってる人は結構いるんじゃないでしょうか。
で、この料理は基本生産量が2、材料で鍵となる木の実は調達・PF・商会ショップいずれでも入手性できて作りやすい。あとこれはさっきの副官料理でも材料となってますので無駄がないですね。
単価設定は副官料理の事を考えたら5~6Kとかでもいいのでしょうが、回復料理と考えたら2~2.5K前後がいいとこ。置く場所がリスボン・セビリアなら前者期待、それ以外なら料理としての価格になるので原価には注意ですね。ショップで木の実買ってたら2Kじゃ採算合いませんからw



④魚介のグリル
スキル/調理R6 (船乗りの魚介料理/リスボン)
材料/バター1・エビ1・カキ1
性能/+55回復(艦隊効果)
相場/3~4.5K

料理の回復量ってだいたいR×5が多いのに、これはR6で+55・しかも艦隊効果と言うちょっと不思議な料理です。その手の代表はR10で+80艦隊回復のマグステで、これも同じレシピから。一見して素材の入手が大変そうなのですが、エビとカキがPF産出品なので自分で安定産出できるしショップでも結構安価に買えます。しかも基本生産量が2のためあっという間に999個作れると言う意外に優秀な料理レシピな気がしてて、個人的には自分用に普段の艦隊使用などにもおすすめですよ。



⑤その他
R12・塩漬け魚の木の実添え(+70)
R12・骨付き肉の羊肉ワイン煮込み(+60/マルセイユ転職アイテム用)
R14・鶏丸焼きニンニク詰め(+70)

この辺は安全海域でも作れて安定需要があるので、+5ブーストのできる神秘の香辛料で作ってみるのもいいでしょうか。まあ今更書かなくても調理修行する段階でお世話になる予感がw




5-保管

①金庫
スキル/保管R12 (リガ固定)
材料/鉄材20・鋼10・加工鉄材1(鉄材30)
性能/JB部品
相場/0.8~1.5M

正直言って中級者が保管で商品に出来ると思うのはこれくらい・・・。
上納品とかは倉庫の大きな船に乗れないと大変そうです。
需要的にはジョイントビルド造船で商用船強化の素材として、それ以上に毎月15日の納品物として、適切な時期・価格の出品なら作ったら作っただけ売れるものでしょう。これR10縛りだとブースト装備か鉄鎖で作ることになりますが、保管はこういったブースト効果が付けやすいのでR10どころかR2~4くらいでも作り始められます。




あとがき

『ようこそ大航海Onlineの世界へ! 生産は楽しいよ~』
ってのを知ってもらえたらと思い書き出したのですが、けっこう自分の好み入ってますね。
まあ自分の作りたいもの作って売れたらそれが一番楽しいので、稼ぐことだけ考えずにやるのもそれはそれで充分この世界の生産要素を満喫してることにもなると思います。あとはなにか1種自分で調達できる生産スキルがあると行動していく上で必ず役に立ちますから、その点でも商人になったらある程度早い時期に試して見るといいでしょうか。




おしまい。

FC2ランキング02
 
ぽちっとよろしくです!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/28(火) 07:15:36|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ファイナルラップ

サブタイトルはあれで


更新する記事のタイトルは毎回やや悩むところで、一時期ややキャッチ狙ったときもありましたが最近では深読みしないで内容がぱっとわかる付け方をすることが多いですね。
さて、昨日の夜半のこと。


造船14


3月から始めた造船修行がいよいよあと1RANKまで来ました。
@530サムと実際はまだまだなんですけど、それでもゴールが見える状況はやる気出るのでちと嬉しい。
(まあスキル上げが終わっても当面は投資亡命する気がありませんから、造船屋としては半人前もいいとこですね。もし各国回るとしたら侯爵まで行ったらの話になりそう。)

で、冒頭のタイトルの件ですが、次回からはサブタイトルをあるシリーズの題名で続ける予定。造船修行の進捗度をこれで表現する狙いなので判る人だけニヤリとしてて下さい。





Yukon来る

つい2日ほど前、
HPが国内初となるAMDのYukonプラットフォームを用いたノートPCを発表して来ましたね。
仕様と価格は以下の通り

【Pavilion Notebook PC dv2の主要性能】
CPU /Athlon Neo MV-40(1.60GHz)
チップセット /AMD M690G
メモリ /2GB(最大4GB)
HDD /320GB(SATA-5,400RPM)
GPU /ATI Mobility Radeon HD 3410(512MB)
パネル /12.1インチ液晶、WXGA1280×800
USB外付けスーパーマルチ標準添付
バッテリ駆動時間/約3時間15分
OS /Vista-HP
寸法/W293×D242×H24~33.5mm
重量/約1.7kg
価格/73,500円


AMDのYukonプラットフォームは、インテル系で占められている小型ノートPC市場に切り込むべく開発された低電圧CPU+GPU統合チップセットの構成。低価格な割りにGPU性能の高さは注目で、その第一世代の製品としてこのHPとMSIあたりのPCが出てきたと言う段階でしょうか。MMOの世界に関わってるここのブログとして注目なのはやはりGPU性能。ベンチマークなどがまだ出揃ってないので正確な所はわかりませんが、現状でネットブックの標準となっているATOM270+945GSEとの比較では明らかなアドバンテージを持ってくるでしょう。

それから周辺性能と価格に関しては、HDMIやブルートゥースを標準搭載し、更に外付けのDVDドライブが付いて7万円台というのは、性能を考えるとかなり魅力がありますね。CPUはATOMと互角かやや上程度としても、GPUがRADEON-HD3410というのはDOL程度なら普通に使えるような気がしてます。
ただ、恐らく不況と円高の影響でしょうか、Core2Duo+RADEONやGEFORCEのGPUを積んだフルスペックのノートPCが9万円台くらいでも買えるようになってるんですよね。このHPの製品もこれ以上価格が上がって来ると競争力を失う、そんな微妙な位置を感じます。

要望としては、出来たら外付けDVDを添付しないで6万円台のバージョンも出して欲しかった。65000円くらいなら完全に今の上級ネットブックの価格帯に入りますしね。あとOSをVISTAビジネス→XPダウングレード付きってやつも。PCの業界ではこのあと年末~年初あたりでWINDOWS7が出てくるのでこの辺の仕様は微妙な所がありますが、現状では小型PCにVISTAは重くなるだけなのでどうもね・・・。


AMDのYukon採用でこのあと軽量・小型化した製品や強化版が来るかは不明と言うより期待なのですが、こうした競合製品の登場を受けてインテルやその他メーカーがどう来るかも面白いところ。この製品だけで見たら12.1インチ液晶・重量1.7kgと、直接Eee-PCあたりのネットブックと競合するカテゴリの製品ではないでしょうが、昨年ネットブックを買った層には 『実際使ってみたらもうちょっと上の性能が欲しかった』 という人がいるでしょうから、その人たちを取り込む≒高級ネットブックの市場を食う存在にはなってくると思います。
というのも正直言ってネットブック市場で945系は非力&電力設計が古いなど、もう主力ではないだろうというのが今までも書いてきた所で、このあとインテルはチップセットをGN40(GPUはGMA4000)とするというニュースもあります。そんなこんなで、『低価格・省電力・ちょい高性能』 ってのがテーマになりつつある小型ノートPCの動向、この春以降の各社のモデル群は要注目ですね。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にぽちっと!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/26(日) 15:32:33|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中盤の対人生産品-2

その2 工芸・鋳造編


さてR10までで作れる、中盤での生産品を挙げる記事の2回目。
今回は工芸と鋳造で行ってみます。


2-工芸
①ファフニール像
スキル/工芸R9 (北欧像レシピ)
材料/琥珀15・青銅10・木材30
性能/砲弾回避8
相場/450K~1.0M

恐らく工芸スキルでの対人販売品としては、家具や防具・消耗品類と並んで主力となる優良生産品が船首像。必要スキルがRANK9と性能のわりに作りやすく、材料もユトランド近辺で全て揃うので大量生産が可能です。しかも実際の原価はかなり安く、利益率が高いところで相場が形成されているので商品単体で見たらほとんど弱点がありません。
あえて問題を挙げるなら琥珀を購入するのに最初のころはスキルを上げ難い宝石取引が必要な事が難点なのですが、原価計算したらロンドンやアムスの商会ショップ買いでも充分利益が出るのでスピード優先ならそっちを選択するのもアリでしょうか。
またこれの類似品でインドの船首像レシピにあるR9ヴリトラ像があります。こちらは宝石が琥珀からガーネットに変わり、使用数が15→5個で作れる為に(その代わりに青銅10→20へ)赤鉱石磨きなどで安く調達できるならこれでもOKでしょう。

ちなみにこれは私の主力販売品のひとつ。全てのログを解析してるわけではないので正確な所は分かりませんが、恐らく今までにファフニールとヴリトラ像で合計2000個以上は作ってますね。これのリスボンの相場は約500K前後で、耐久140MAXのファフニールだと1M付けても買ってく人がおり、船首像だけでもけっこうな売り上げになります。ちなみに長期間(もう1年半程ほぼ同じ所で出店してる)これ位の数を売ってると、今では特定の顧客が付いて近くで安売りしてる人がいてもあまり売れ行きに影響出ずに安定して買って貰えるようになります。特別隠してるわけじゃありませんが、このバザーキャラの名前出したらここ見てる人でも 『あー』 となる方いるかも。



②破壊の大錐
スキル/工芸R5 (船大工・工芸の書レシピ)
材料/木材2・鉄材2
相場/5~10K?

リスボンに売ってない海事用の消耗品。
OPスキルで排水ポンプが付けられるようになってやや微妙な感もありますが、できたら持っていたい白兵用アイテムですね。生産スキルは低めなものの、材料的には木材2・鉄2で基本生産量が1と原価が結構掛かる為、もし売るなら10Kは付けたい所。相場が分からない時は原価の2.5~3倍を目安にってのは私がよくやる値付け方法で、それに従うと8.5~11Kあたり。実勢も多分そんなにずれてない気がしますけどどうなんだろ。むしろ北海生産でリスまでもってくる事考えると海戦・BC期間なら15Kでもいいのではと・・・。



③レザーブーツ
スキル/工芸R10 (ブーツ強化レシピ)
材料/皮革10・植物油10
相場/1~200M

工芸R10で作れる物としては、恐らく最も高額商品となる可能性を秘めた生産品ですね。
ただ、今回は何も防御100ブーツを作れって話ではありません。
あとの回で書くことになると思う、鉄足ことR13グリーヴが防御16/耐久70で700Kとか付いてることを考えると、耐久低めでも将来的に強化できるレザーブーツは防御20台の段階でも充分に買ってくれる人はいるんじゃないかと。実際、防御30~40あたりで出品している人は時々いますし、20台くらいまではそれほど壊れずに残ってくれるんじゃないでしょうか。

原価計算するなら、防御7→20台にするのに強化約5回として皮革50・植物油50。
ブーツ=26K
皮革1K×50=50K
植物油3K×50=150K
計226K(ショップ買いでの計算)
更に壊れる可能性を20%と見るなら、残存率は80%×5回=約33%
226K/32%=原価680K
680K×2.0~3.0=1.4~2.0Mですか。
うーん。
防御30台ならともかく20台が1.5Mじゃまず買う人いないでしょうから、商売とするなら植物油はある程度自分で採って来るかプライベートファームの産出品を使う必要ありますね。それなら1M前後でも出せそう。ともあれ生産性を工夫すれば定期出品する人がほぼいないだけに商売として成り立つ気がしています。



④投資申請書
スキル/工芸R6 (参謀の心得書)
材料/ベニバナ1・羊皮紙3・ワックス1
相場/8~10K

これを作るにはアテネ~ベイルートですが、工業取引が低いと羊皮紙があんまり買えない・・・。それから染料のベニバナの購入量は取引なしだとやや大変。縫製系を取っている人なら工業・染料はあるかもしれませんので、この方たちはこの投資紙作りも候補になるかなと。で、やや大変なのに今回敢えてこれを挙げたのは、その需要動向。
毎月15日にある納品物にこれが入っており、作るのが意外にめんどい投資紙はあれば買ってしまう傾向にあります。しかも一人当たり108枚と結構大量ですから、毎月15・16日あたりは膨大な量の投資紙が消費されていることになります。それこそ何万枚と・・・。
ということで予め大量に投資紙を作っておき、15日に一気に売る、または14日までに商会ショップに出しておく、そんな行動もできますね。この、納品日を狙った消耗品の生産というのは他にも火炎壺や地方上納品・名工など色々考えられ、ショップに置くものとしては結構優秀と思います。




3-鋳造
鋳造品のいい所は汎用性がかなり高い点。
人物装備・船部品・消耗品などその範囲はかなり広いですし、低RANK品から使えるものが揃ってます。個人的な意見では生産を1種だけ取るなら鋳造をお奨めしたいくらい。
ではこのうちR10までで作れる、対人販売にも耐えられるものを上げてみます。

①大型コーヴァス
スキル/鋳造R5 (大型特殊兵装レシピ)
材料/木材70・鉄材60
相場/600K~1.0M

海事用の兵装品といえばほとんどが大船尾楼か大スパンカーでしたが、
昨年辺りからコーヴァスを使う人がかなり増えてきました。
これを私が初めて出したのが昨年の2~4月くらいですからもう1年ほど経ちますね。
この商品は以前にレポートとしてまとめたのでそちらを参考に。
装甲戦列艦の強化スキル・切り込み防止網のアンチテーゼとして昨年あたりから導入が進んだと思われるこの大コーヴァス。大船尾や大スパンカーと比べて壊れやすいために使用する方はまとめて買う傾向がある商品です。必要鋳造RANKが思いのほか低く、しかも単価が高いために早い段階で作ると稼げる商材と見ていいでしょう。また必要な取引スキルは工業品取引だけで良く、生産するための敷居はかなり低いんじゃないでしょうか。
あと、個人的にはR6で作れるラム系もちょっと面白いかなと思ってます。
材料が木材50鉄50でこれの大成功で出る特大ラムは1M以上付けても充分売れるので、中型ラムが出るリスクはありますが充分利益取れるんですよね。買う人は限られるだろうけど・・・。



②火炎壺
スキル/鋳造R5
材料/黒い泥1・石油1・火薬2
相場/45~50K

材料の黒い泥を採集するのが大変ですが、原価と売価のバランスで見るとかなり利益率が高い商品なのがこの火炎壺。商会の納品アイテムであるとともに、マルセイユでは武器商人の転職用アイテムでもあります。材料となる黒い泥はベイルート採集、石油も隣のヤッファで販売、ということでバルセロナかアレクサンドリアで火薬を買って現地生産する形でしょうか。マルセイユの商会所属という事もあり、今も時々まとめて作ってます。必要スキルは採集と工業品取引で、一番時間のかかる採集はできるだけ装備でRANKを上げて臨みたいですね。



③デミキャノン砲14門
スキル/鋳造R10
材料/大砲22・砲弾35・鋼20
相場/220~260K(名匠260~380K)

価格が安くて生産スキルも大砲としては低いため、かつては作れば結構売れた大砲です。1個あたりの利益は10万あるかないかですが、私も鋳造修行中にはR12ペリエも含めて何百個と作ってジェノバでバザーしてました。
その後ジェノバスクールが衰退して、販売の主力となる大砲はR13キャノンかR14カロネードにほぼ集約されてしまいました。一部でハイペリエ・シュミネあたりにも需要はありますが、生産材料に青銅を含むためもあってバルセロナ1港で作れるキャノン/カロネードと比べて少数派の域を出ていません。
でも、新規で始めて海事の修行をしようとした時にカロネードの1基40万は価格が高くて新規者では厳しいのが実情。そうした場合に所属した商会でサポートを受けるというのもひとつの手でしょうが、生産者の視点ではそこに機会損失がある気がしてなりません。
で、ここで敢えてこのデミキャノンを再び注目してみたらどうだろうかと。PS3版の実装や年度の切り替わりで新規層が増える=新たに海事修行をする人が増える時期ですし、中盤設定では自分も修行中なのですから試しに作ってみてもいいかなと思います。



④クロスヘルム
スキル/鋳造R11
材料/石炭20・鉄材30・鋼50
相場/500K~20M

これR11生産品ですから、R10までと書いたここでの範囲には入りませんが、ちょっと面白い存在なので敢えて挙げました。このクロスヘルムは素の防御力が35で、この時点でかなり高い値なのですが、生産品は耐久や防御・攻撃などのスペックが最大1.4倍まで出るためMAXだとなんと防御49まであります。で、人物装備の中で防御力を追及した場合はこのクロスヘルムの防御49品は頭装備の頂点に立つ存在だったりします。
んでまあ上記の相場欄で20Mなんて値を入れたのはその為。防御45↑のやつでもう4~5Mとかでも売れますし、人によったらもっと上の価格でも買うかも知れません。恐らく総資産が数10Mくらいの中盤でこれは大きい。R10+金槌とかでもいいのでスキルが届くようになったら一度お試しを。


他にも船首・船尾砲なども原価が安い割りにそこそこ売れる商品でしょうか。
次回は残る調理・保管あたりを。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/24(金) 23:45:59|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

中盤の対人販売品は?

その1 縫製編


前回、始めて間もない段階でも稼げそうな生産品の例を上げました。
続いて今回は中盤、R10あたりまで到達した生産スキルを使って対人販売が出来そうなものを考えてみます。このゲームのスキルは優遇がR15・非優遇がR10までとなっており、生産スキルの修行をする場合もRANK10をまず目標にすることになると思います。で、そこまでで作れるもので、バザーに出して売れるものってないだろうかと言うのがこの中盤でのテーマ。
以下に挙げている物はこれ私が全て作った事のあるものではありますが、選定はやや偏ってるかも知れません。現在の相場や売れ行きなど、一部でややずれてる可能性があるのはご容赦を。

(注)
ここをご覧になってる方、できたらここで挙げた以外にも、『こんなのどう?』ってのがあれば推薦してみて下さい。既にお気づきかもしれませんが、前回から始めた生産記事は、あと1週間ほどに迫ったPS3の実装を意識しての初心者向け情報として書いてます。んでまあ、なるべく多くの意見があるといいかなと。



1.縫製(船部品系)

①大スパンカー
スキル/縫製R9 (特殊兵装縫製法)
材料/麻生地95・革ひも30・木材70
性能/縦+11
相場/900K~1.5M


船の兵装部品です。
商品として見た場合の大スパンカーの特徴は、購買層は軍人以外の商人・冒険者も対象だと言うところ。もちろん消耗度合いは軍人さんの方が遙かに激しいのですが、ほぼ全ての人に需要があると言うのは大きいですね。こういう物は作って売れ残るってリスクがまずありません。
ただ、これ1回の生産に必要な資材が結構多いのが難点。大型船でも4回程度しか作れないのに失敗すると普通のスパンカーになってしまい、これが多いと結構へこむw
生産ルートとしてはアムス~オスロの往復1択とシンプルですね。
正直、手間を考えるとこれを1M以下では売るのはためらう商品だったりする・・。
あとはまあ、織物・工業スキルが結構要求される生産品ですね。




②改良ゲルンステイスル
スキル/縫製R10・織物R5 (要開拓地投資・中枢都市条件)
材料/麻生地23・木材2・鉄材1
性能/縦+15・横+15
相場/800K~1.2M


旋回がマイナスにならない、新型の戦闘帆。
従来のメインステイスルから縦-2・横+11になった事で性能が大幅に向上。ついでに市場の相場も0.8~1.2Mと倍以上に向上。
しかしその生産条件が開拓地・中枢都市限定となったことで難度もかなり上がってます。非優遇で作れるものではありますが、これを大量に手がけるようになったら生産者としては中盤を卒業と言っても良さそうですね。
しかも陸上生産でジョイントビルド船の工作室というメリットも受けられませんから、R10以下での大成功ボーナスは副官のみ。大成功の期待値はいいとこ25~28%って所でしょうか。これでは商大ガレオンや商用ジーベックに材料を満載しても、1隻分の生産回数が15~18回ほどではだいたい4~5個くらいしか期待できません。

と言う事でこの帆を大量に作るなら必要数の多い麻生地は現地調達に回し、ヨーロッパから行く場合は予め必要な木材と鉄材を確保して積んで行く事になります。
麻生地の購入はイスパニア人ならそこそこの織物RANKでも結構買えますからそれ程気にしないでカテゴリ3を使っても充分やっていけます。例えば前述の目標とした改良ゲルン帆が30個となれば、売り上げも2500~3500万ですからカテ3を50枚使ったとしても余裕で利益出ますよね。また他国の場合は1回あたりの麻生地の購入数がかなり減ってしまうので織物取引がイスパ人よりもR+5くらい必要なものの、材料と相場のバランスから見たら明らかに大スパンカー作るよりまだこっちの方が楽ですねえ。
あとは、中枢都市縛り=勅命達成が条件になるのと、生産地が危険海域な点にはご注意を。まあ、中南米東岸の勅命をやれる時点で、これを作れる頃にはもう中級者以上になってると思います。リスクとそれなりの難度があるからこその高相場と思ったらいいでしょうか。





2.縫製(人物装備系)
人物装備品の販売は、上に挙げた船装備品と比べたら売り上げ的なものではどうしても見劣りします。しかし服屋って縫製スキルを取った者としたら一度はやってみたいのが正直な所じゃないでしょうか。それにPS3版が実装されたらまた新規層が来る要因となりますので、ここで低~中級品の需要がまた掘り起こされると見ています。
大砲で言うとデミキャノン14門とかを欲しい人が出てくる、と言ったらイメージ湧くでしょうか。まあそこらへんの動向も見越して、作るなら安めで買いやすく、しかも実用性や見た目でいいなと思わせるものを狙って行きたいですね。

①コルセアコート
スキル/縫製R10 (実用衣装・第2巻)
材料/毛織生地30・コーデュロイ30・革ひも30
性能/速射+1
相場/300~500K


毛織生地が羊毛2、コーデュロイが羊毛1・綿花1、革ひもが皮革2で、材料的にはオポルト・バレンシア・トリポリの三箇所で作れますね。(毛織生地はジェノバでもいいかも)
基本的に人物装備品てのは何かしらの独自性・性能がないとあんまり商売として成り立ちにくいのですが、何故かこの服に関しては揃えておくと昔からけっこうな率で売れますね。恐らく見た目でそこそこカッコいいのと色替えでイメージが変わるとこでしょうか。



②ラクダ毛織バーヌース
スキル/縫製R9 (実用衣装・第2巻)
材料/ラクダ毛30・毛織生地30・ジュート製バーヌース
性能/運用+2、調達+1
相場/600K~1.0M?

同じ実用レシピ2巻に入ってるバーヌース系の最終レシピですね。紅海で買えるバーヌースはジュート製→ラクダ毛製と2回仕立て直しが効くのでそれだけでも使い勝手がいいのですが、何故かこのラクダバーヌースはピューリタンハットなどとの組み合わせで指名買いする層がいるんですよね。性能面で運用+2の変装+45ってのも相当に強力なのですが、まあ男キャラで冒険職になったら一度はお試しあれ。分かる人はわかるからw


③カリビアンシャツ
スキル/縫製R7 (カリブ衣服縫製法)
材料/貝紫5・麻生地15・革ひも15
性能/釣り+1
相場/250~400K

人気装備ランキングで上位に居続けている釣りブースト服。デザインはこのゲームの男服の中ではけっこう現代的でしかもラフな見た目。色のバリエーションも豊富なので常服にしてる人は多いですね。また女性装備で同じく釣り+1のモラも同様にかなりの需要があるのですが、取りあえず能登鯖ではこれをもう延々とセビリアで売り続けている、もはやNPCかと思うような存在の方がおり、能登でこれと正面から戦うのはあまり賢明ではないかも・・。となりでこのカリビアンシャツ売ってる場合もありますがこちらはまあラインナップに入れてもいいでしょうね。
材料でネックになるのは染料の貝紫で、チュニスで麻生地といっしょに買うときにスキルが無いとけっこう悲しいくらいに量買えません。縫製職で工業品・家畜・染料あたりは繊維・織物に次いで関連性高いので縫製スキル上げの時にちょっと鍛えておくといいかも。


④レザージレ
スキル/縫製R4 (実用衣装・第1巻)
材料/皮革15・革ひも10・ジレ
性能/漕船+1
相場/200~400K?

作るのが簡単な割りに貴重な漕ぎ服。
露出の多い服でこれに色々周辺装備を合わせるのが結構楽しかったりする。
ここまで挙げた服装備は①のコルセアコートを除いて漕ぎ・運用・釣りなど実用系のスキルを伴っており、普段着として優秀なんですね。普段から定期的に売るならここぞの高価な服よりこの辺の買いやすい服を揃えておくといいんじゃないかと。材料面でも麻生地・皮革・毛織生地などけっこう共通なものが多く、売れ行きに合わせて作りやすいと言う面もありますしね。


⑤クルタ
スキル/縫製R8 (インド民族レシピ)
材料/インド藍10・絹生地15・ししゅう糸5
性能/保管+1
相場/400~600K?

最後はこれ。個人的な趣味ですいません・・・。
一応500K近辺で設定しましたが、生糸やインド藍などインド系の素材で作るためヨーロッパで売るならもっと上の価格付けていいと思います。この服を挙げたのは、ノーマルではなんかちょっと地味なおっさん服な印象なのが、仕立ての色替えで出る黄色系と赤白系がかなりいい味出して来る為で、個人的にはこのゲームで作れる服の中ではクルタの黄色(金色?)が一番好きですね。
誰かこれリスボンで定置販売してくれないかしらん。


んー、ちょっと長くなったかも。
まだ縫製しかおわってないな・・・。
という事で次回は工芸・鋳造品あたりをご紹介。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑応援クリックもよろしくです。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/22(水) 00:05:25|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

初~中級者でも稼げる生産品は?

生産R1~3でも充分売れる


これ一応は新規者むけ情報となるでしょうか。
割と早い段階に生産で稼ぐ一例を紹介してみようかと思います。

この世界である程度成長してくると、多くの人は消耗品をあんまり自分で作ったりしなくなり、一部はPC/NPCが売ってる物を買うようになりますよね。恐らくはそういう生産に時間を割くより、もっとやれる事・やりたい事があるってのが主な理由。で、こうした物のいくつかはその需要の高さから結構馬鹿にならない単価で相場が形成されてる場合があり、序盤の交易で稼げる金額をはるかに超えるものがあったりします。しかも物によっては商会ショップなどで買える材料で作れるにも関わらず。これはもう初心者と上級者で価値観が全然違うからでしょうね。
今回はそんな、早い段階から意外に稼げる・しかも低RANKで作れる生産品を上げてみます。

まあ初心者と言っても、今ではスクールがあるのでLV15前後までは学校クエの経験で到達できるんですよね。なのでここではバルシャ~キャラベルに乗ってるホントの初期段階を過ぎ、そろそろキャラック系に手が届くあたりから、サム・ジベ・大型ガレオン系に乗れる位までの初~中級者を想定して書いてます。

それからこれは注意なのですが、生産にしろ交易にしろ、最初は自分で交易品を買う→作る→売る、それが基本だと思います。最初のうちは資金を稼ぐだけでなく、自分で売り買いや生産をする事で会計・社交・取引・生産スキルといった商人として必要なスキルを育てる事がすごく重要ですし、それからプレイヤー自身の知識・判断・行動も最適化されますから。これが早い段階から誰かの支援べったりで寄生して育っても、そういうものは身に付きませんよね。もっと厳しく言うと、上級者による行過ぎた支援は時間こそ短縮されるでしょうが、一面でその支援した人が成長する過程をすっ飛ばす=楽しみも機会も奪う行為だとも思ってます。

その辺を承知の上で、こういう考え方もあるのね、くらいの気持ちで以下を読んで頂ければと思います。これとは逆に売れるかどうか分かんない物を試しに作って、実際に自分で出して相場や売れ行きを見るのも生産商人としては面白かったりしますよ。



①手桶 ☆☆☆
必要スキル/工芸R2(船大工・工芸の書10K)
材料/丸太2→手桶3~5
材料相場/1000~1500
上記原価/500~750
商品相場/2500~3500
利益率/4~7倍
※リスボンで売っていない消耗品。
材料の丸太はラスパルマスやアゾレスで買えるほか、プライベートファームで大量に産出するため商会ショップ価格が1~1.5Kと非常に安い。しかも生産した時に材料2に対して生産基本値が4のため原価も低いというかなり優良商品となります。そもそもこの消耗品、他の地域だと750~1000ドルとかでも買えるので、現地で買い占めて持ってくるだけでもそれなりの稼ぎになるという話も・・。



②予備帆 ☆☆
必要スキル/縫製R2(船大工・縫製の書10K)
材料/麻生地2→予備帆1~2
商品相場/3500~4000

リスボンで売っているはずなのですが、実際はなかなか行商で買えない消耗品。基本生産値が1のため商会ショップ買いでは採算に合わず作れません。ただし麻生地はアムス・アルジェ・チュニス等で売っており、特にアムスは隣の港が近い為に織物RANKがそれほどでなくてもなんとかなります。まあ織物上げのついでにやるつもりならこれを作るのもアリでしょうか。材料を交易で買う場合は原価800~900程度ですから、利益率は4~5倍に。そして予備帆は戦闘で最も消耗するアイテムなので、相場の上昇圧力・需要はかなり高いアイテムとも言えます。実際リスボンで予備帆を3.5~4Kでバザーに出すと、週末なら一晩で1000個やそこらは売れてしまいます。(いっぺん数千個作って売れ行き見てみようかしらん)


③撤収の鐘 ☆
必要スキル/鋳造R3(船大工・鋳造の書10K)
材料/青銅2→撤収の鐘1~2
商品相場/3500~4000

リスボンで売っていない消耗品。
これも基本生産値が1のため、商会ショップ買いでは原価が高く稼げない商品です。これは材料の青銅と、青銅材料になる銅鉱石とスズ鉱石が共にプリマスで売っている為、工業取引や鉱石取引を鍛えやすいイングランド人だと副業的に作っておくと初期では結構使えそう。自分用に貯めてもいいけど最初はアイテム枠が・・・。また鋳造R3のレシピなので序盤の鋳造上げでも普通に使うレシピだったりします。利益に付いては材料を交易で買う場合は原価1500程度ですから、利益率は2~3倍程度になってしまい、主力にするにはまあ弱め。



④メインステイスル ☆☆☆☆☆
必要スキル/縫製R3(単帆補助帆レシピ15K)
材料/麻生地10・木材5(大成功のみメインステイスルになる)
商品相場/240~400K

改良ゲルン帆や名匠フルリグドが出る以前は、旋回マイナスの付かない帆として海事用にかなりの需要があった、いわゆる戦闘帆です。耐久が最高で100を超えるものなどは400~500Kで買う人もいたくらいで、私など当時はそれなりの上級者でも稼ぐ手段として有効と思っていました。その後、ゲルン帆の登場でやや相場は落ちたと思いますが、ゲルン帆が1枚800K~1.1Mと高価な事、また速度調節目的などでこのメインステイスルはいまだに使う人がおり、けっこう売れる耐久アイテムのひとつです。
そして意外に大量に安定供給する人がいないのも狙い目。
帆はスロット数の関係で4個以上をまとめて買う事がままあり、10個や20個作った人がいても割と短期間に売れて供給不足になっちゃいますから。

このように序盤の生産としたら稼げるアイテムではありますが、問題なのはこれの生産は大成功の限定品と言う点。副官・マイスター・工作室など大成功の上昇メリットの受けにくい中級者以前の段階だと、恐らく大成功率は22~25%ってとこでしょう。それでも、この帆の生産はやる価値あります。
まず材料で見ると、麻生地はアムステルダムで、木材はベルゲンやオスロで買えます。でも取引スキルが育ちきっていない、又は船の容量が少ない段階では、この往復で結構時間の掛かる事に。やるなら木材を満載にしてアムス~ヘルデルを往復しつつ作る感じで、木材250個積みで生産50回、大成功20%で10個作れるってとこでしょうか。これで売り上げ3Mくらいになりますから中級者までなら結構な稼ぎになりますよね。また、原価を計算すれば分かりますが、この帆の材料と相場を考えるとロンドンやアムスの商館買いでも充分利益が出せるのがこの旧戦闘帆だったりします。
まだ中~長距離交易まで行けない方、
そこそこスキルと資金が貯まってきた段階の方ならぜひ一度お試しを。



⑤砂 ☆☆☆
必要スキル/採集1~
商品相場/5000~10000

さいごにおまけ。これは生産品ではなく採集で取れる交易品ですね。
こいつを敢えて取り上げたのはその売却単価から。カッツバルゲルやスキアボーナなどの究極剣を作るには砂が30個必要で、これらの剣のノーマル品相場は70~100万くらいのため、究極系レシピをもってる位の人だと採集するのがめんどくさいからと1個数千~1万ドルの砂でも買ってしまうことがままあります。この辺の事情を知ってて実際に砂採集で稼いだ人けっこういるでしょう。特に他鯖でキャラを育てる資金が必要、なんて場合にはそれなりに有効な手段な気がします。採集地としてはセウタ東の上陸地点などでも採れるのでリスボンからも近く、お手軽さも魅力ですね。




けっこう偏った選定してるな・・・。
生産スキルを覚えたら試しに1・2度こういう簡単に作れるものを出して見るといいんじゃないでしょうか。まあ消耗品販売をずっとやる必要はないかもですが、序盤でもちょこちょこ稼ぐ手段てのは他にも色々ありますよ。それから今回はR1~R3くらいで作れるものでチョイスしましたが、機会があれば次回はR10以下で作れる、稼げる生産品を紹介してみようかと思います。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/20(月) 23:18:52|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

近況と展望

マニラ収監中 春の読書週間


【アンケート実施中】
前回の更新で、今年春以降の記事作成に当たってのご意見を募集しています。
普段ここを読んでいる方がどういう内容に興味を持っているか、また書いてきた内容の評価を測る指標にもなりますので、ぜひぽちっと1クリックおねがいします。12時間ごとに1回有効らしいので複数選択も可能。今のところ船についての投票が伸びていますが、他もわりと万遍なく入っているようですね。
ここまでのご意見に感謝しつつ、引き続きよろしくです!


【納品】
今月の納品は金庫とピラルク。ベルベットジュストコールに次いで納品しにくいものが来てしまいましたが数日で400点台になっており、納品は自由行動&高難度納品物にしては普段より出足が早い。保管12はけっこうブーストで届くとはいえ、それにしてもうちの商会の生産能力はそれなりに高いことを再確認できて嬉しいところ。むしろ私今回なにも貢献してないという話も・・・。


【造船】
現在、R13の11000/16900。
熟練で@26000弱、サム換算で@680隻ほど、思ってたよりペースが早いような気もしますが、だんだん飽きつつ・・・。この後も続くかどうかはR14に届くまでが勝負と見てますがさてさて。ただまあメイン画面で造船しながら、本読んだり書き物したり他のキャラ動かしてますので動作的にはけっこう忙しいですね。


【展望図 その1】

2009展望図01

さてこれは・・・、なんだ・・・。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/19(日) 14:02:32|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝☆歴史ファン4周年

DOLに登場する好きなNPCを一人あげ、その人物について書いてみよう


歴史ファンの4周年企画で行っている上記の共通テーマ募集。
私にとって好きな、と言われればやはりこの人。


バルタザール。


架空の人物ではありますが、やはりイスパ人としてはバルタザールの名が真っ先に浮かびました。まあ、イスパ27~30章での彼のかっこ良さはちょっと形容しがたいですね。生き方そのものは不器用すぎる気がしないでもないけど・・。ともあれ他の国のイベントは全部をやっているわけではないので比較しようがありませんが、国イベントNPCとしては抜けた存在と思ってます。実力的にも戦闘用ガレオン乗りなのでゲーム開始初年あたりだと圧倒的に頼りになる存在で、この点に付いては他の国別NPCの追随を許さないでしょう。いわんや某軽ガレオン娘など・・・。まあとにかく書いてて止まらなくなりそうなくらい、バルタザールは別格の存在。それだけに、以前のオスマンイベントでヨーロッパ側の窮地で復活してきた時は素直に感動があり、いい演出だったと思っています。



いっぽう彼との対比で見るたびに複雑な気持ちになる、
ありていに言って 『このへたれが!』 と思わずにいられないのが、
バレンシア~マラガ間あたりをウロウロしている、

メディナ・シドニア公。


個体としての第七代シドニア公は別に劣悪な人物と思っていませんが、海事の経験と適正の無さ、そしてそれがもたらした結果についてはもう、歴史への影響が大き過ぎてため息すら出てくるものが。
しかもこのシドニア公がDOL内で乗ってるのは、史実を反映してかイスパニアNPCとしては非常に珍しいガレアスだったりしますので、なんかもう余計にトホホ感が・・・w
彼とアルマダ海戦に付いては歴史ファン内でも何回かに分けたシリーズ記事を組んでいますので、
そちらを見るといいですね。(あー、なんか記念記事らしくなったかも)


取りあえずお題の答えはこんなとこでしょうか。
4周年おめっと~す。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/17(金) 21:30:48|
  2. 大航海な人物伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第二回ブログアンケートの実施

2009年春~冬の参考に


事前に上げた書きたいものリストはわりかし実行してるこのブログですが、この間書き終わったエル・シドの人物伝のあとの事は特に決めないでいたのでそろそろ考えようと思ってます。で、最後に挙げた書きたい歴史記事リストはさていつだったかなと過去記事見返していたら、どうやら昨年12月に箇条書きしたのがこのへん。

1.オスマン帝国の系譜
2.中国史その1(三国時代~隋唐まで)
3.日本に来たヨーロッパ人の人物伝
4.大航海時代以前のイスパニア史
5.1460年以降のポルトガル史
6.アイン・ジャールート以降のモンゴル帝国史
7.草原の興亡 中世期編
8.北米大陸史

と挙げて、結果として4のイスパニア史とそこから分岐したエル・シドの列伝を書きました。この2つで35本位になってますから結構な分量になってますね。この春以降の更新に当たってはここからもう1本シリーズ記事を書くことを考えてますが、ちょっと久々にアンケートなど取ってみようと思います。

以前にやったアンケートで頂いた結果はかなり参考になりましたからね^^
先日コーエーでもアンケートを取っていましたが、方向性を考えるに当たって他の人の意見を聞くのはかなり重要と見ています。個人のブログなのに人の意見で内容変えるの? って思うかもですが、基本的にわたしアンケートに挙げるものは全部書きたいものなんですよね。無理に活動日誌とか挙げてないのはそういうわけです。
そこら辺も踏まえて今回は、以前のデータとの比較も考えてこの辺に。






無料アクセス解析



期限は今月末までに設定しています。
前回は頂いたコメントでインスパイアされたものがエンリケ物語とレコンキスタ話に繋がりましたので、
投票とともになにかご意見ありましたらぜひお聞かせ下さい。


おしまい。


FC2ランキング02
 
↑投票待ってます!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/15(水) 23:30:27|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次期拡張パックの予測-4

船の予想(日本編)


さて予想記事もこれで最後。わたしたちの直接のご先祖様が生きていた日本に関係する船についても予想を入れてみます。


【日本エリア】
(和船)
まず実績では、かつての大航海Ⅱでは3種の日本船が登場しました。

1)関船 (中型)
2)安宅船(大型)
3)鉄甲船(超大型)

関船が中型船で安宅船が大型船、そして鉄甲船が投資発展で登場する超大型船で、いずれも対波性のないガレー軍船として扱われていました。用途が瀬戸内海や太平洋・日本海の湾内や沿岸部主体ですからそれで充分だったのでしょう。
日本の船は平底で竜骨も隔壁もない独自構造の造船技術で作られており、基本的には古代からこの構造で作られています。イメージ的には船底になる巨大な平板に側面となる板材を組み合わせてゆく感じで、外板=構造部という面白い船だったのですね。これで大型船まで作ってしまうのだから木造としては驚異的に精密な作りな気がします。ただまあこれだとどうしても捻れる力が働いたときの板間の防水性は心配ですし、強度や対波性などは中国船の方がまだ上でしょうか。

帆装は1本マストに巨大な四角帆を備えていたものの、上記の船の主要な推進力は櫂によっていました。このうち特に1570年代に織田信長によって建造が命じられた6隻の大型安宅船は当時世界的にも珍しい鉄張りだったとされます。
さて、概略はこの辺にして、日本の船についてはルイス・フロイスの著述にもかなり多岐にわたる日本とヨーロッパ船の比較が記載されています。ちょうどこの資料が家にあるので長くなりますが抜粋してみますね。


・我々の船にはカヴェルナ(肋骨材)とクベルタ(甲板)があるが日本のにはない。
・我々の船は多く帆だけを使う。日本の船は全て漕がれる。
・我々の船は水が入らないように、
  外側を松脂またはガラガラ(瀝青→天然アスファルトやタールと樹脂の混合剤)で修理される。
  日本の船は板を巧みに組み合せるだけで、他の接合剤も使わない。

・我々の船は布製の帆を使う。日本の帆はすべて藁の帆である。(実際は木綿や筵)
・我々の綱具は麻またはカイロ(ヤシ繊維)で作られる。彼らのは藁で出来ている。
・我々の碇は鉄製である。彼らのは木製である。
・我々の船は船首に衝角や斜マストがある。日本の船は船首が開いていて戦闘には向かない。
・我々の櫓は1本の木で出来ている。日本のは2本で出来ている。
・我々の水夫は漕ぎながら櫓を水の上に上げる。日本の水夫はいつも水の中で漕ぐ。
・我々の貴人は船尾にいる。日本の貴人は船首にいてしばしば濡れる事が多い。
・我々の船のマストは円柱だが、日本の船のマストは角材である。
・我々の船のマストは取り外せないが、日本の船は漕ぐ時にマストを外せる。
・我々の船の旗は四角い。彼らの船の旗は細長く竹に差している。
・我々の船は長期航海に備えて大量の水を積む。日本の船は2日毎に水を積み直す。
・我々の船は船首から乗り降りする。日本の船は岸に向かって旋回し、船尾から乗り降りする。
『ルイス・フロイス/日欧文化比較 第13章の一部を抜粋』

所々勘違いもありますが、まあよく見てますね。
彼の日欧比較は他にも人物・民俗風習・武器など多岐に渡って書かれています。


(和洋中複合船)
さて、日本の船の予想はこれで終わりません。
16世紀末~17世紀に日本の商人・軍人は大挙して東南アジアに進出しており、それによって鎖国されるまでのごく短い期間、日本の航海技術・造船技術はヨーロッパや東アジアの技術・思想に接し吸収した結果、飛躍的に進歩を遂げていました。

例えば徳川家康などに朱印状を発行されて貿易に従事していた朱印船。
朱印船貿易に使用された船は次第にヨーロッパ人が持ち込んだガレオン船の技術と貿易相手となった東南アジア方面のジャンク船の技術が取り入れられ、船体や帆装がジャンクとガレオンの複合船のような帆船に仕上がって行きました。絵が現代にも多数載っていますから教科書や歴史書で見た覚えがある人も多いでしょう。で、例えば長崎の末次船などはこれ良く見ると帆装と船体の下半分がガレオンで上半分がジャンク、そして船首楼など建屋が日本の矢倉造りになっており、まったく和洋中を折衷したような艤装になってます。ごく短期間にこんな船を作る日本や東南アジアの船大工の基礎技術はちょっと驚きなのですが、日本人は更にガレオン船そのものも建造・遠洋航海に成功していたのでした。

1613年に三陸から出港しアカプルコまで、支倉常長ら慶長遣欧使節を乗せて航海した船、サン・ファン・バウティスタ号がそれ。これ以前にもウィリアム・アダムスと徳川家の御船手奉行だった名将・向井正綱の指揮で80~120トンと小型のガレオン船が伊豆の伊東で2隻建造されており、既に17世紀初頭の時点で日本人はガレオンを作った実績とそれを支える基礎技術を持っていたのですね。

と言う事で、追加でこの二隻を。


4)極東改装型ガレオン(冒険/海事)
日本の造船技術をベースに建造された中型のガレオン船。
日本ならではの緻密な建造手法により、遠洋航海を乗り切る驚異的な対波性と耐久性・推進性能を実現したガレオン系の次世代船となっている。また高いトータル性能から外洋で他国の私掠船と遭遇しても対抗できるだけの戦闘力を有している。

遣欧使節の和製ガレオンは500トン級の大型船ですが、あえて伊東で作られたものをイメージして中型船としました。装甲と耐久だけなら重フリゲートや強襲重キャラベルを上回る中型船ってのが出たら面白いなと。これはまあ予想より期待ですね。もう半端な大型船が出てもほとんどの人が乗らないでしょうから。


5)末次船(交易/海事)
ジャンクをベースにガレオンの船体・和船の建築技術も取入れた大型複合船。
名称は他のも考えましたが、残ってる資料・模型と知名度からこれで予想。
一見すると三本マスト船、ガレオンよりシンプルな帆装は少ない人数で運用でき、大陸への外洋航海を乗り切る高い耐久性を備えていそうです。巨大な船倉を持つ超大型交易船として、また武装する事で海賊に対抗する武装商船としても転用可能な万能型の船に。

倉庫量の最大が900を超える巨大商船ってイメージ。ガレオンベースだから改造次第で武装用にも使えるわけですが、なんだか中華の2~5番艦になりそうでこわい。
こういう船は必要LVの縛りをきつくするべきでしょうねえ。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/14(火) 07:42:28|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海戦における支援艦の考察

こだわると奥が深い活動


予想記事を上げる予定でしたが、その前に1本別記事を入れる事にします。
テーマは大海戦の補給活動に付いて。海戦の結果そのものを書く記事は多いだろうけど、補給活動を書く人はまあ余りいないと思うのでそれなりに需要あるかもしれません。


(参加まで)
大海戦の3日目は、商会員が所属しているポルトガルのEが付く某固定艦隊の補給艦として参加。2NDキャラはフランス籍なのに直前まで出られると勘違いしてて、ムライさまがクエストくれないのでようやく気付く間抜けっぷり。ただまあせっかくなので支援やろうと思い、マルセイユの商会ショップで売ってた木材やら砲弾やら買いこみ、銀行にあったマグステ・名工・予備帆・手桶なども降ろし、その他もろもろの補給物資を急いで買い込んでGO!


(支援艦の基本行動)
特に決まった艦隊に付かない場合は支援の薄い海域に付いたり周辺にいるN狩り艦隊に位置情報や情勢を知らせるなど、重要ですが割とシンプルな動きになるのでここでの記述は特に致しません。考える事の多いのは作業量が格段に多くなる特定艦隊への随伴支援艦の場合。普段から模擬やってるわけではないので適切かどうかは判りませんが、海戦中に特定の艦隊の補給艦/支援艦する際の行動はこんな感じでやってます。


1.補給物資のバザー
これは基本ですね。基本にして奥が深い。
物資満載の補給艦と言えども積める量は限られてますし、ただ出してればいいって訳ではありませんから。

①積み込み量
いままで何10時間か補給艦やってる感じでは、積む物資の割合はビール4~5.5:砲弾1.5~2.5:木材3.5~4.5×艦数くらいでだいたいバランス取れる感じでしょうか。ここから戦場の特性考えて調節してます。例えば南米などビールが造れない場所だと途中から出せるのがラム酒とかになって転用数が減ってしまい酒の消費が早くなるのと、砲弾が買い付けも生産も出来ないので木材少なめでスタートする、こんな感じです。以前に南米でやった大海戦で特定艦隊へ3時間×3日間の支援艦やった際には、2隻で出て途中で2回補給してますから、物資量としては700~800×2×3で4200~4800個、3日で12000~14000くらいの消費がありました。うまくいくと中型で57~60分稼動なんて事も出来るので、戦功に対する上積みはけっこう馬鹿にならないものがあると思います。つうか本気でMVP出そうと思ったら今では特定の支援あるなしで全然違うんじゃないでしょうか。


②位置取り
どうしても大型艦だと支援するペア艦隊に出足で負けてしまう為、まごまごしてると追いかける形になってしまいます。しかしそれでは提督~2番艦が物資を買えません。
恐らくベストなのは戦闘終了後に総旗のちょっと前にいること。小中型だとある程度NPCも狩るので、次に行く方向の情報を艦隊に出しつつ、自分はその中間に位置することが出来るといいかなと。
それから対人で連続して戦闘になる場合、どうしても2~3戦目は人によって物資がきつくなります。戦闘が長いなと思ったら提督のすぐ近くに位置して点滅してる合間~直後までに買える様に心がけるのですが、実際これをやるのは難しいですね。この辺を突き詰めると船の装備については旋回減にならないゲルン帆や名匠フルを積む、人物装備は操舵MAXにすることに。ですが商大クリッパーの増量だとこれでも置いてかれるので位置取りはほんとに難しい。支援艦隊の1番艦用に減量した商用船を作る必要あるのかな、とかも考えた事ありますが、さすがにやりすぎですね。



2.戦闘中の情報発信
①NPC/PC情報
これは艦隊が無駄なく戦闘を進めるサポート。自然と索敵を兼ねて自分の次の位置取りを前めに持って来ることに繋がりますので、やるとやらないとでは全然違う動きになりますね。

②残数報告
戦闘に入ってる最中に優勢か劣勢かの判断は戦ってる本人にはなかなか掴めないものですよね。なので10-8、とか5-7とか、先に沈んだ人だけに任せないで適宜ペアのチャットに打ち込んでます。

③局面報告
提督の護衛状況や相手旗の位置を見て無駄な位置で戦ってる人いないかなとか、白兵中にケツに張り付かれてる人いないかなとかも見てます。重力地帯でも戦闘してる艦をタゲれば他のキャラ表示は消えますので判るんですよね。伊達にここ2~3年のほぼ全ての主要な模擬大会見てるわけじゃないっすよw

④接近報告
海域に出てる艦隊数が局地的に劣勢となってる場合の分断注意、もしくは狙えそうな艦隊がいる方向の情報出しなど、戦ってる外部の者でしか判らない情報を流すのは結構重要な気がします。N狩りだと戦闘外表示をONにしてやる場合もありますが、さすがに重力地帯でそれは無謀ですから・・。

⑤士気上げ?
私の苦手な分野・・・。すごい人だと支援艦なのに艦隊の士気というかやる気を上げるべく、応援団かチアリーダーのようなアクションを起こしてる方がいます。まあそこまでやる必要あるかはともかく、気付いた事をどんどん言うのは必要かも。って外部の人間にそんな事言われるのは大きなお世話なんでしょうがw

⑥外部ツール
思いましたが、スカイプ必要ですね。いまでは多くの上位艦隊がスカイプで意思疎通やってるので、そうした所に支援をする場合は自分でも聞く体制とってないとだめだなと感じました。

だいたい意識してるのはこんな所。
支援役にはもっともっとやれる事があるはずで、正規に雇ってくれたら色々提案できるかもですね。ボランティアと契約による活動は何だかんだ言ってもモチベーションが全然違うでしょうから。




(大海戦における補給ラインの妨害)
最後にちょっとヤな話を。
今回は参加したのが3日目だけなので1・2日目の状況が分からなかったのですが、開始後に教えて貰ったところではどうも補給活動を妨害するような動きをする輩がいるから気を付けて、との事。補給物資って1ドルとかでバザーするのでそれをわざと買って捨てたりする人いるよ、って話らしい。

もちろん特定艦隊の補給艦であっても、同じ陣営の参加者が物資を買って頂くのは全く問題ありません。むしろ頑張って~と思ってます。先に上げた補給物資量も、支援してる陣営全体で買われた量を想定して準備してますしね。
まあ、ポルトガル攻撃→イスパニア対象の海戦で2NDキャラとは言えポルトガル陣営の補給艦やるのはどうなんだって話はありますが、今では他国に2ND海戦キャラを作る人が増えてきてますし、個人的にも強い国益志向がないので、最優先は人と人の繋がりで動いてます。(良く考えたら国益薄い以上にそもそも対象港のサッサリってランカーなんですよねw)
その人たちが一分でも長く、無駄なく戦って欲しいな、これが支援やる動機でしょう。

ですが、今回見た輩はどう考えてもそういうのとは意味合いが違う。
ポルトガルキャラで妨害の横買いされたらバザーの国籍指定も意味ないんですよね・・。
しかもポル旗で『ネ○イン○○帥』(全然伏せて無いかも)などのキャラ名にはポルトガルに対する貢献もイスパニアに対する貢献も考えてるとは思えません。

で、この行為は困った事にやられた時のダメージがでかい。

私だけに限って言えば今回はマグステ100個と名工100個だけでしたが、これはやられたときの脱力感というか精神的ダメージはPKに拿捕されたり暴言吐かれるよりもっときついですね。
2~3分でしたがみんなが戦ってる最中に一時やる気無くしましたもの。
補給艦や支援艦を1度でもやってる人ならそんな事まずできないでしょう。
例え国益ガチガチでやってる人であってもまともな神経の持ち主なら・・・。

これあんまり書きたく無いのですが、支援活動をやろうすると海戦中の3時間、準備まで入れたら4~6時間を費やし、しかも手弁当ですから1日で5~10Mくらいの持ち出しになります。
そうした上に成り立っている海戦中の支援活動に対し、

『バザーで出ている物を海上だろうが支援バザーだろうが好きに買って何が悪い?』

これどうなんでしょう?
例えある程度の国益を指向する人でも、海戦時に実際に海域に出てやる支援活動は善意に基づくボランティア以外のなにものでもありません。少なくとも私はそう思ってます。だって本気での支援ってすごい消耗しますもの。たぶん自分が大海戦にでる時の数倍は消耗してる。

こういう支援活動に対して妨害かいたずらかは知りませんが横買いするのは、そのキャラ名も含めて意図的にやってるかなり悪質な行為としか思えず、これはリスボンでバザーしてる安い物を買って高値転売するのはもちろん、海戦時に港の中でやってる支援バザーを買って転売する事とも全然次元の違う行為と見ますね。
しかしこれをハラスメント扱いで報告/要望出すのはどうも慎重になります。
この程度でわざわざ出すのはヒステリック過ぎる反応な気がしてならないし。
ただまあ、じっさい次もこの手の人が出て来たらどう対応するか考えて於かないと・・・。


あ、これが実際に本気と本気のやりあいなら問題ないですよ。
補給を妨害するのはむしろ戦略的にかなり有効ですから。
あのやる気なくさせ度はすごいわw



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろろん。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/13(月) 13:25:32|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

次期拡張パックの予測-3

船の予想

気の早い予測記事もこれが三回目。最後は船について取り上げてみます。
1回で終える予定が長くなったので中国編と日本編で分割し、今日明日で上げてゆきますね。
東アジア地域がこれまで実装されてきた東南アジアや南米と大きく異なるのは、DOLのプレイヤーに提供できるだけの独自の造船技術を持っている点。
ヨーロッパのキャラベル・キャラック・ガレオンの系統や、インド・アラブのダウ・サム・ジーベックに続く第三軸の造船体系となりますが、前二者はDOLの開始時点で既に登場していますから、実に5年目にして新しい体系の新型船群が出てくることになります。では、過去のデータも参考にしつつ、独自予想も交えて見てゆきましょう。


【中国エリア】
えー、小型ジャンク、ジャンク、大型ジャンク、以上。

・・・。

だと話が進まないのでもうちょっと分類しよう・・・。
ほんとにこれで来たら笑う他ないけどw
でも確かにジャンク船は基本構造そのままに小型のボートから外洋に出る大型の物まで作ってるのであながち間違いではなかったりします。三国志シリーズをやった事のある人なら楼船・闘艦・艨衝・走舸といった船種には聞き覚えあるでしょう。あれも基本的にはジャンクの一種と考えて良さそうで、この分類は明代にも使われていますからここでも出てくるかもしれません。


(ジャンク船の特徴と船種)
ジャンクに付いては外国の文献でいくつか残っています。
まず、マルコ・ポーロの東方見聞録から引用。

①船体の材質は松かモミの木で甲板は中型が一層・大型が二層船体。
②船体は12~60の隔壁に区切られて浸水に備える構造。
③船底は竜骨はありますが平底。
④マストは3本+補助マストが1~2本、更に4人櫂を装備。
⑤帆は横帆の一種で、帆桁の材質が竹+添え木。帆は粗い木綿製。

船体と帆がかなり特徴的ですね。
マルコ・ポーロが乗ったのはイル・ハン国へ向かった時の超大型船ですから、かなり優れた技術が導入された13~14世紀当時としては最新鋭のジャンクだったでしょう。いっぽう、イブン・バトゥータは、『三大陸周遊記』の中でカリカットに入港して来たジャンク船隊をこう記述しています。

1)小型ジャンク=カカム船
2)中型ジャンク=ザウ船
3)大型ジャンク=ジャンク船

このうち最大のものは4層甲板・1000人乗りという巨大船だったといいますから、彼が生きていた14世紀中盤の船としてはヨーロッパの船と比べてもとんでもない規模だったと言えます。更に15世紀初頭の鄭和の艦隊で作られた超大型ジャンクは人類史上最大の木造船だったとも伝えられていますので、中国の造船技術はこの頃までは世界一だったと言っても言い過ぎではないと思います。そして規模についても。
1420年代、ヨーロッパでエンリケ航海王子がバルシャ船やバリネル船での西アフリカ探検航海を編成し始めていた同じ頃、鄭和の艦隊は数万人の人員を持って中国からインド洋を渡り、既に東アフリカや紅海まで遠征してモザンビーク辺りまで到達していたのですから、世界全体で見たらヨーロッパ人は完全に後発組だったのです。資金難もあったでしょうがこの後でもし明が鎖国政策を取らなかったら、中国艦隊は喜望峰を回って西アフリカでエンリケの艦隊に接触していたかも、なんて想像するのはちょっと楽しいですね。
さて、ちょっと脱線しましたがこのジャンクも17~18世紀頃になると大型・重武装化した海賊ジャンクが登場してきます。

4)中型海賊ジャンク=ハイ・チュアン(砲12~25門・150~200名)
5)大型海賊ジャンク=ヤン・チュアン(砲20~30門・300~400名)
6)  〃       =後期型ヤン・チュアン(砲60~64門に改装)

18~19世紀に登場してくる後期型の大型海賊ジャンクだと、砲門数だけならガレオンあたりと互角にまで改装されてきます。これがDOLだと60門標準だったら改造で90門まで行きますから、砲スロット数次第ではなかなか侮れませんよね。大砲そのものは小型だったでしょうが、18~19世紀の海賊は武装されたジャンクを数百隻単位で有するまでに組織が巨大化してきますからちょっと手が付けられないまでになっています。そんな彼らも清代末期に進出して来たフランス・イギリスの艦隊にはボコボコにされてしまいますが、戦列艦が出ているならこうした18~19世紀のジャンクが出ても不思議じゃありません。


(考察)
ただまあ、これらの構造だとジャンクの弱点は明らか。
まず、平底船ということで対波性能の低さ。どうしても波を被ったり大砲を撃った時の船の復原性には若干の不安があると思います。平底船はジーベックも同じですが、大型ジャンク以外はあまり外洋向きとは言えませんね。(ジーベックも基本的には地中海の船)ただし竜骨と隔壁を持つ構造から、剛性・耐久性はそれなりに高かった気がします。
次に横帆船で補助マストも横帆の帆装のため、逆風には全く不向きな船と言う点。
基本的にインド洋まで行く場合は季節風で航行するため切り上がりの性能はほとんど求められなかったのでしょう。近海はオールを装備してますからまだしもこれではちょっとつらいw
意外に優れてる点は船体構造で、隔壁で区切られてる為に浸水からの沈没にはある程度耐えられるかなと思うところ、それから平底なので波の低い場所では旋回性能が結構高かったんじゃないかなと思う所。
これらをDOLでのスペックに当てはめると、横帆・旋回・耐久が高く、縦帆・対波・装甲が低め、そしてちょっとだけ漕力が付くってイメージに。一定の帆走性能と対波性能を持ちつつ漕力40~60程度ある複合船って出てないので面白いかと。


※次回は日本編、もう書けてるので明日上げます。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろしくですー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/12(日) 08:06:55|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次期拡張パックの予測-2

港の予想


今回は登場してくる港を過去データも交えて予測してみます。
まず、実装される港の数ですが、東南アジアや南米西岸の時を考えると1度に8~10箇所くらいの港が出てきても不思議ではありません。配分としては日本2港・朝鮮1港は最低あるでしょうから、そうなると中国の港は5~7箇所ほどと言う事に。
中国の港は地勢的に南部・江南・北部に三分化され、海域自体も南北2つ出来るんじゃないでしょうか。配分としては南部1(たぶんマカオか広州)・江南2~3(泉州・杭州・南京)・華北1~2(済南・天津)くらいが初期実装候補に。
あとは追加で洛陽・長安・成都などの中国内陸、福州や斤州などの中国の中間地点、日本で琉球・蝦夷・敦賀・佐渡あたりのどれかが出てくる事が予想されますから、最終的に12~14港くらいになるかなと見ています。では過去実績も踏まえたリストアップを。



(中国エリア)
01.マカオ (Ⅱ○、Ⅲ○、Ⅳ○)
漢字で澳門。ここは実績的に出る可能性は相当に高いですね。
史実だとポルトガルの植民地となるのは19世紀とだいぶ後なので、東南アジアの前例も考えると恐らく影響度20%保持+ポルトガル語有効くらいでの実装が妥当でしょうか。生糸産出実績のほか、過去にはライチなども買えました。


02.広州 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
マカオからすぐ東にある港。ここは南の玄関口としてけっこう古くから発展してきた港でもあり、後に広州の対外開放によりマカオは没落することに。それとここから内陸・奥地に行くという可能性もある気がします。ただ産出品的には真珠・べっこうなど安めの宝石類が浮かぶくらいで使えるかというと微妙・・・。


03.福州 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
イメージ的には台湾の対岸にある港です。過去のシリーズではここの南西すぐ近くにある泉州が優秀すぎてあんまり利用頻度はありませんでしたが、泉州の近距離交易の相手としては結構使い勝手が良さそうなのでここでの交易品は注目。


04.泉州 (Ⅱ○、Ⅲ○、Ⅳ○)
別名ザイトン。この時代の中国の玄関口で、鎖国政策が始まるまでの明代では大発展を遂げることになります。そして恐らく中国エリアのクエスト依頼人、造船所、人物NPCなども集中する拠点港となるでしょう。ここをどの国が取るのか、これが東アジア実装では日本と並んで注目となるのは間違いなさそう。産出品実績は生糸・茶を主力として真珠や変わったところでフカヒレなど。


05.杭州 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ○)
現在の上海はまだ漁村くらいしか存在してないので、江南ではこの杭州が主要港になるでしょうか。そして南宋時代にはここが首都でした。運河によってこの杭州は長江と繋がっており、最終的に北京まで運河伝いに行けるのは偉大と言うほかないですね。産出品としてはここは間違いなく陶磁器類が出るでしょうし、ヒスイとその加工品は現在でも有力な産物なのでこれも確実。そして過去実績では冬虫夏草や麝香もここ。こうやって挙げてみると交易するならザイトンよりこっちの方が優秀な気がしてきた・・。


06.南京 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
長江下流域の大都市、というより政治・経済面における中心地。古くは三国時代の呉の首都・建業であり、その名称からも南京は中国における南の副都でした。宋代以降の中国で江南の経済力が港北~華北を圧倒するようになると、ここは杭州と並ぶ重要都市として君臨し、大航海時代直前である明代初期はこの南京が首都でした。
ところで、大航海世界では河川で遡上できるのはこれまでアマゾンとナイルだけでしたが、果たして長江と黄河は実装されるのか、これも東アジア編での注目となりますね。もし実装されたら武昌・成都・洛陽・長安などいろんな町が登場させられますし、陸上ポイントもいくつか出てくるでしょうから。


07.沂州 (Ⅱ×、Ⅲ×、Ⅳ○)
山東省南部の古都。江北~河南はなぜか有力港が少ないので登場する可能性はけっこうあると見ています。またこの地域は有名人が多く、荀子・諸葛亮・王羲之など多くの文化人・政治家を輩出しているため冒険クエストの舞台としても有望な気がします。


08.済南 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
黄河の河口域にある街で、現代では人口9000万を誇る山東省の省都でもあります。
黄河が実装された場合はここがカイロと同じような役割を担うのでけっこう冒険者は立ち寄ることが多くなりそう。


09.天津 (Ⅱ×、Ⅲ×、Ⅳ×)
これまで登場実績がないのですが、北京が内陸なのでその玄関口として出る可能性あるかなと。あと更に後背に重要遺跡が目白押しで、これの奥地に北京や万里の長城があるなんてのはいかにもやりそう。


10.遼東 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
後世ここは戦略的に非常に重要になってくる東アジアの要地。ただ上記の天津が来る場合はバランス的には見送りとなるかも。産出品としたら鉱石・工業品が出てくると思うので生産屋としては期待する港の一つ。


11.長安 (Ⅱ○、Ⅲ○、Ⅳ×)
黄河の中流域にある古都。大航海時代だと既に西安ですね。内陸にも関わらずかなり登場実績は高く、黄河が実装されている場合は高確率で出てきそう。また将来的に内陸都市が実装された場合はユーラシア大陸東側の玄関は敦煌かここになる可能性も。そういえばNHKのシルクロードシリーズでは長安スタートでした。




(朝鮮エリア)
01.漢城 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ○)
現在のソウル。16世紀だと李氏朝鮮の時代でも首都はここ漢城でした。過去のシリーズでは京城という名称でも出てきますが同じ港。こういう表記の問題で気を使うのもアレなので素直にソウルで来るかも。ここはやはり各種の医薬品産地として結構期待してて、医薬品だけで3~4種類出たら面白いですね。相場次第ではこれを日本あたりに持ってくだけで利益が出るので、医薬品と相性のいいポルトガルが取りに来るかどうか・・・。




(日本エリア)
01.長崎 (Ⅱ○、Ⅲ○、Ⅳ○)
実績的にはほぼ確実なのですが、平戸とか博多の存在はさてどうなるでしょうね。
過去の産出品としては銀が多く、更に磁器や美術品などけっこう高額商品が浮かびます。
ただ磁器などは二次的なもので、本質としては銀の産出量と単価がこの港の価値を決める気がしないでもない。


02.堺 (Ⅱ○、Ⅲ○、Ⅳ×)
恐らく東アジアの最優秀港になりそうなのがこの堺。
織物・武具・火器・工芸品・美術品などなど高額商品が目白押しで、後背地に鉱山も抱えているので何が出てくるのか非常に興味深い港。更に日本関連のクエストの拠点として、また更に北上したり太平洋を渡るうえでの出発地となるので職種を問わずお世話になりそう。それから郊外から京都に至るルートも設定されていそうで、陸戦で剣豪が出てくるとかだと恐ろしい事に・・・。


03.大阪 (Ⅱ×、Ⅲ×、Ⅳ○)
大航海Ⅳで堺の代わりにここが出てきたのは、あの作品が大航海時代シリーズの中では後の時代でのスタートだったからと思います。16世紀後半あたりの時代設定ならまだ堺でしょうか。


04.京都 (Ⅱ×、Ⅲ○、Ⅳ×)
内陸都市ですが、ここはいかにも何かありそう・・・。
剣や鎧のクエスト入手品はここに眠ってるような気がしてなりません。
しかしあれですね、時代的には誰がNPCとして出るんでしょうか。


05.蝦夷 (Ⅱ○、Ⅲ×、Ⅳ×)
登場したのは補給港としてのみ・・・。ただしウシュアイアの例もありますから東端の同じ存在としてひょっとしたら出るかなーと。遠い将来、北回り航路が開発されたらここで一息つく航海者がいるかも?


06.首里 (Ⅱ×、Ⅲ×、Ⅳ○)
または那覇。16世紀当時の沖縄は琉球王朝の第二尚氏時代で、明とも非常に関係が深いため実装される可能性はけっこう高そう。(現在でも福州とは姉妹都市)産物はまあ農産物が主なのでしょうが、楽器や漆器・織物なども候補になってくるので1品使えるのが入ってるだけでだいぶ違いそうですね。あとは東南アジアからの売り場としても注目。


07.その他 (Ⅱ×、Ⅲ×、Ⅳ×)
候補としては博多・敦賀・佐渡・桑名・名護屋あたりを挙げておきます。これらは過去実績がないものの商業や鉱業・海運の拠点であり、位置関係や産出品を考えると出ても不思議じゃないかと思いますので。




書いてて思ったのが2点。
まずこの地域の言語はいったいどうなるんでしょう。大航海Ⅲだと確か中国語と東アジア土着語の2種でしたが、中国語に広東語と北京語が追加され、朝鮮語・日本語も入れて4~5種実装とかだとまた言語枠がえらい事に・・・。
次に登場してくるNPCの存在。世界だと違う時代の人間が存在してもあんまり気になりませんが、日本でそれやるとさすがに違和感ありまくり。時代は戦国~安土桃山なので人材には事欠きませんがさて誰が為政者なのでしょう。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑もう一回予想記事をいれます。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/09(木) 22:37:04|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

次期拡張パックの予測-1

交易品の予想

だいぶ気が早い話ですが、恐らく今年の夏~秋には出てくると思われる次期拡張パッケージに関する予測記事をいくつか書いてみます。まず今回は交易品に関する予測を。予測といっても過去の大航海シリーズにあった交易品やアイテム・発見物も参考にしてますのでそれなりの精度は出てるつもりで書いてます。
そしてこの予測記事、大前提として東アジア実装アップデートで書いてます。
今までのアナウンスを通して読んでいくとクルスデルスールの2年間はここへの助走となっているとしか思えませんし、これでまた1~2年実装しなかったらさすがに商業的に成り立たないでしょうから。


(中国エリア)
01.中国画(可能性A/有望度D)
美術品。クエのおまけか収奪品で既に出てますよね。実際に買える港がどこかとなると南部の広州・ザイトン(泉州)か杭州あたりでしょうか。

02.青磁(可能性C/有望度S)
工芸品。南米のトゥン以上にヨーロッパで高値取引されそうな工芸品。16世紀だと美術品としての最盛期だった北宋~南宋期を過ぎていますが、明・清代でも輸出品は相当に出ていますからかなり有望。焼物としては世界最高水準でヨーロッパではまだこれほどの薄物は作れませんでした。

03.中国茶(可能性A/有望度C)
嗜好品。紅茶とマテ茶があるのに中国茶がないとは思えません。もっと細分化して出たらおもしろいけど、それより中国茶はライブイベントで最速船競争のネタになりそうかなとも見ています。確かカティーサーク号でロンドンまで110日そこそこ、現在のDOLの大クリッパーがいったい泉州からロンドンまで何日で行けるのかちょっと気になるところ。

04.生糸(可能性A/有望度B)
繊維。恐らくザイトン(泉州)あたりで産出と思われますが、この地方の象徴的な交易品なので出ないとかなり違和感あります。果たしていくらくらいの単価で出るのでしょうね。もしくは中国生糸は別ブランド化されるのかなあ。んで中国生糸でしか作れない縫製レシピとかありそうで怖い。

05.中国絹織物(可能性C/有望度A)
織物。これは上記の生糸とも絡みますが、もし登場したらアワイヨ以上に単価の高い交易品でしょう。

06.中国刀(可能性C/有望度C)
武具。曲刀の一種ということになりますが、東アジアには更に有望な武具があるので登場してもいらない子になる予感が・・。むしろ剣よりこの地方だと青龍偃月刀の存在があるのでこれがどうやって入手できるのかが興味深い。

07.冬虫夏草(可能性B/有望度B)
医薬品。これはⅢで発見物・Ⅳで交易品として登場実績があります。超希少な医薬品てことになりますが、果たしてこれってヨーロッパに持って帰ったら何と思うのでしょうねw

08.大黄(可能性C/有望度D)
医薬品又は染料。過去に登場実績がありますし、種類の少ない染料品なのでこういうラインナップは押さえるのかも。ただ希少性はあまりないので単価は低め設定でしょうか。

09.竜骨(可能性C/有望度B)
医薬品。太古の動物の骨で漢方薬の材料になりますが、これ中国ではしばしば考古学上の大発見の鍵となっています。例えば北京近くにある周口店で出てくる竜骨は実は北京原人の骨だったりしましたし、河南省の安徽県で産出された竜骨に文字のようなものが書かれていた物は実は殷代の文字が書かれた甲骨片でした。もし高RANKの考古学者だったらこれをヒントに史実より400年早く殷墟や北京原人を発見してしまうかもw

10.七宝焼き(可能性C/有望度A)
工芸品。これは日本でも出るのかも。元々は中近東のものだったと思いますが、もし登場したら完全にトゥンバガと張り合える交易品となりそう。



(朝鮮エリア)
01.朝鮮人参(可能性A/有望度B)
医薬品。ⅢでもⅣでも出てることもあって来る可能性はかなり高そうで、しかも結構な高級品ですね。
ただし朝鮮半島に港は実装されるのでしょうか。過去の実績だと京城または漢城あたりの名称。それよりなんというか独自の目ぼしい産品が思いつかないような・・・。実績では生糸や絹織物あたりは出ていますし、一個一個はそれなりに優秀そうなものの、独自のとなるとちょっと難しいのかも。まあどっちにしろこの時代の(続けるのはやばそうなので以下略で)



(日本エリア)
01.銀(可能性A/有望度B)
今さら銀はないだろうと思うかもですが、何気に隣接地域に持っていったら高値で売れそうな気がする。何しろこの頃の日本は世界最大級の産出量を誇る貴金属の大産地。買い付け量・基本単価とも安めだったら普通に中近距離交易品として使えるかもしれません。

02.漆器(可能性A/有望度B)
工芸品。後世、『ジャポネ』といえば磁器と並んでこの漆器類を指したほどの日本の代表的輸出品のひとつ。これもⅣで登場してますからかなり可能性は高く、蒔絵などの高度な装飾のものはアイテムで登場するかも。

03.象眼細工(可能性B/有望度B)
工芸品。七宝が中国扱いなら日本ではこの辺の呼び方のものが出てきそう。Ⅳでの登場実績もあり、名称はともかくこの系統の交易品はかなり高い確率で出てくると見ています。

04.茶器(可能性C/有望度B)
工芸品。最初は磁器を考えたものの、16世紀なら茶器でもいいかもと考えて予想。後世になると有田(伊万里)はヨーロッパに多大な影響を与える磁器ですが、設定が戦国~安土桃山時代だとまだそこまで成長してませんから発展度しだいかも。

05.日本刀(可能性B/有望度A)
武具。名のある刀工が鍛えたそれは世界最高レベルの性能を誇る剣ですね。それとは別に数打ちの日本刀はこの時代の輸出品としては代表的なものでしょう。普通の日本刀との区別で銘刀がアイテムとして出てくる可能性は高く、場合によってはエクスカリバー以上の性能を持ってるかも。

06.清酒(可能性A/有望度D)
酒類。これはⅣで登場してますのでけっこう出そう。もしくは工芸レシピで登場か酒場メニューで絶対出てきますね。下級品でどぶろく。ああ、時代的には清酒はまだ希少扱いなのかも。

07.火縄銃(可能性D/有望度B)
時代設定しだいですが、16世紀末の日本は世界最大の銃生産・保有国でした。発展度しだいで登場したらヨーロッパに逆輸入出来たりして。いあ、それより東南アジアに持ってくには最適な交易品となるかも。

08.屏風画(可能性D/有望度A)
美術品。これは高そう&数買えなそうって点ではトゥン以上に希少ですね。

09.西陣織(可能性C/有望度A)
織物。確かこれは過去のシリーズでアイテムで出てますね。
しかしこんなのまで出てきたら大阪もしくは堺は超優良港となってしまい争奪戦必至となりそうな予感が・・・。

10.その他
べっ甲・真珠・ヒスイなどは日本・中国エリアでまず確実に出てきますね。
あとは穀物が多品種出てきそうで、これは料理の材料として注目。
それから家畜で豚、鶏あたりは可能性が高く、またしても羽毛生産地が出現するのでしょうか。



まだ予想に過ぎませんが、こうして見ると明らかに美術品・工芸品・武具・織物といった加工技術を要する高級品、つまりカテゴリー3での候補が多いのが分かります。それ以外に米とか大豆などの穀類も出るでしょうが、イメージ的にはこういったカテ3系の交易品が多く出るという予想結果はスキル上げや積み込み需要が増えてくるんじゃないでしょうか。まあ高度な加工品が多いのはそれだけこの地方の文化レベルが高い事を示しているのでしょう。

で、これを踏まえて半年後のカテ相場を予測するならこんな感じに。
カテ1 →↑
カテ2 →→
カテ3 ↑↑
カテ4 →↓

カテ3の需要拡大/相場上昇はもうかなりの確率で発生してくると見ています。。
それから医薬品にも注目ってのと、そろそろLV上限解除も睨むと再びカテ1の上昇がある気がしています。あとまあカテ4については貴金属の産出と東アジアに香料・香辛料を持っていった場合にどれくらいの価格になるか次第で上がる要素は残ってます。なんとなくですが、中国~日本~東南アジアの三角交易が成立しちゃうんじゃないかと思うんだけどどうなんでしょう。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/08(水) 06:09:32|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

商会イベント報告

土曜日に実施した船窓商会のイベント、

無事終わりましたので結果を報告報告。

(1.結果報告)
実施日/4月4日(土)
参加者/14人(18キャラ)
時間/21~23時(解散は0時くらい)
生産数/改良フルリグドセイル75枚、メインフルリグドセイル8枚
分配/1人あたり5枚、不参加者のおみやげを5枚+α確保

商会イベント0904-01
当初は21:00ドミンゴ開始の予定が、
早めに人が集まってきたのでカラカスに移動してたらいつの間にか30分早く開始に。


(2.生産会の配置)
今回の配置はだいたいこんな感じになってました。
ほぼ予定通りの人数が来てくれましたが、効率良くやるには実質これ-2~3までが最少数かも。

帆生産役=(1)
鉄材生産=(2~3)
鉄材運搬=(2~3)
麻生地買い付け=(4~5)
材料バザー=(6~9)


(3.実施内容)
①参加者は事前に木材を積んでドミンゴ集合。 
  ※積み込み量は倉庫MAXの-250個程度積み過ぎるのはそのあと動けなくなるので×
  ※鉄材と木材の2種生産はけっこう大変なので基本的に持ってきた木材だけでやります。
    今回1人当たり平均550~600個持参で改良フルリグド4.7~5.0枚出来てます。
②集合したらドミンゴで麻生地を各自1回分(100~130くらい)積み込み。

  ※要織物支援、織物R10~12のイスパ人で120~130枚くらい買えます
カラカス移動
④カラカスで鉄鉱石を1回分購入(要鉱石支援)
⑤鉄材生産役の木材・麻生地を各自で分担して持つ
  ※水・食料は最低限まで捨てること
⑥鋳造持ちの人は残って鉄材を生産開始する。
⑦他の人は帆生産地のウィレムスタッドへ移動
  ※生産工程を覚えて貰う目的もあったのでみんなでカラカスに行きましたが、
    時間短縮するならドミンゴで鉄材生産役の荷物をみんなで持って直接ウィレム行きでしょうか。
⑧材料ごとに持つ人を決めて集約させる

⑨材料別に生産役の前に並んでバザー出品
  ※生産役の人のまわりには、物資集積&荷物持ちが必要です。
    これは手が空いている人全員でやりましょう。
  ※材料ごとに持つ人を決めてバザーで数量表示するといいかも。
⑩縫製マイスターさんはバザーから順次材料を買って生産開始。
  ※1回あたりの必要材料は、麻生地54 鉄材36 木材36 
    改良フルリグドセイルはこれの大成功品のみ!
⑪最初の材料がなくなったら、
  A)麻生地買い付け班(数名)はドミンゴ買い付け&ピストン輸送
  B)鉄材受け取り班は荷物を空にしてカラカス移動
  C)鉄材生産班はひたすら生産
⑫木材がなくなったら、ウィレムで丸太が売ってるので、
  D)ネデ人+木材生産班がウィレムで丸太買い付け→木材生産
⑬以上を手分けしてぐるぐるやりましょう!


(4.備考)
はっきり言って帆を作る人が一番大変です。
20人来たらわずか1.5~2時間で材料数にして40000個以上使いますので、
生産中はほんとにいっぱいいっぱい。
なのでバザー出品(材料供給)する人は見やすい配置で生産役が買いやすくする工夫をしましょう。

商会イベント0904-02


(5.実際の生産会では・・・)
予定より木材を多く持ってくる人が数人いたため、最初は材料の受け渡しと整理に難儀する事に。
そして生産役がウィレム投資してない事にしばらく誰も気付かず、なぜか普通のメインフルリグドが出来てくるハプニングもあって最初のターンはやたらカオスなまま持ってた麻生地が終了・・・。
(ネタとしては面白かったけど本来これは艦隊組んでたわたしのミス;)
2回目の生産と応援で荷物持ちする人が来てからはだいぶペースが上がり、だいたい22:00くらいには70%ほど完了してました。最後は材料の確認やらで時間とりましたが、今回のように事前に参加する各員の倉庫量を読んで配置と行動決めとくとかなり効率よく生産できますね。


(6.最後に)
この帆の生産会は人数いたほうが各工程を分担して生産しやすいですし、
お金も掛からない、
むしろ出来上がった物のこと考えると大黒字になるので身内イベントとしておススメですよ。

ただ、やるにはネーデルかヴェネの縫製マイスターいないと厳しいですね。
今回は念のためバックアップでめけさんに縫製職になって貰っていましたが、カイエンヌやトルヒーヨで生産となると2倍くらい時間掛かるかも知れません。あまり長時間のイベントは現実的でなくなるので、その場合は時間より生産目標を下げて計画する事になると思います。

どちらにしろ事前にシミュレートすると色々見えますのでお試しあれ。
ってことで参加された皆さんお疲れ様&ありがとでした~♪
次は何しようかしらん。


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/05(日) 09:35:09|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雑記帳

予定は未定


(修行中)
先月あたりから造船修行やってます。
現在のところ、11500/14400くらい。
R1からの熟練度だけで見ると60%くらい進んでる計算なのですが、
だんだん貰える熟練が減ってるので実質だとまだ半分も来てない感じがしてやや気が遠くなるw
えーとなんだ、サム換算で@1000隻ほど。
だいたい1日10隻目標にやってるので終わるまで3ヵ月半くらいってとこでしょうか。
その頃にはもう夏ですね、それまで続くか甚だ怪しいなあ・・。

でもまあ、やってて思ったのは、これ私のプレースタイルには合ってるかも、と。
普段からDOLしてる裏で本読んだりビデオ見たりブログの原稿書いてることの多い『ながら』プレイヤーですし、造船しつつ他の生産キャラにその日売るもの作らせてリスボンでバザーしてますのでそれなりに稼いでいたりもします。
ああ、造船で貰ったロットの中身も売ればいいのか。
マニラでやってるとカテ3・4と名匠仕立てがどうにも貯まってくるんですよね。

明日はいよいよ企画した商会イベントの実行日なのでいったん帰る予定。
普段みんなバラバラで動いてることの多い商会なので楽しみ。



(停止)
同じ造船の話ながら、こちらはちょっと気の毒過ぎる話。
下手に検索に引っ掛かってもあれなので名前出すのは控えますが、つい先日入社の直前で内定取り消しをすると共に操業停止に至った話がニュースになっていた某造船所。あそこも含めてあの近辺にある造船所・海運会社にはけっこう仕事で関係あるのでちょっと他人事じゃありませんでした。近所にもう一社老舗の造船所あるのだけど、じゃあこちらや関連業界で救済的に斡旋できるかというと、うーん、余力ありそうなとこでもみんな必死でやってるの知ってるから・・・。

それにしても、あそこの造船所で作ってるのは多くが中小型船でそんなに建造期間の長い船じゃないんだから、銀行もたとえ整理するにしても数100億規模で抱えてた受注残がある程度完了するまで繋いであげる事できなかったのかと思わないでもありません。造船業で受注抱えたまま融資止められたら流石に産業として成り立たないだろうに。それと船作るにはかなり広範囲な部品・資材メーカーがその背後にいるわけで、そっちでも相当に影響大きい事になるでしょう。何と言うかこういう普通じゃ考えられないことが起きてるあたり、直接対象となっている新卒者・従業員・企業だけでなく、銀行側も含めてもはや民間でどうこうできる範囲を超えてるんじゃなかろうか。



(次の予定は・・)
先日終わったエル・シドの人物伝の次に何もって来ようか検討中です。
なんとなーくオスマン話か育成企画ものあたりにしようかなとか浮かんではいますが、
造船で篭ってるメインキャラが動けないので普段とちょっと違う動きになっており、
裏で何か出来そうな気も。




おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろです~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/03(金) 18:16:03|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エル・シド その11

不敗の英雄


当初の予定よりも1回多くなったこのシリーズもこれが最終回。
イベリア半島で伝説的なまでの名声を獲得するまでになったエル・シドの最期を見てゆくことにします。

(クアルテ以後)
1094年のクアルテの戦いでムラービト軍を撃退したエル・シド。
これ以降は彼を巡る周辺諸侯との関係は急速に好転して行きます。
まずアラゴンとは同盟が成立し、更にサラゴサとの停戦協定をエル・シドが斡旋していたことで、アラゴンはエブロ川を越えてエル・シドの居るレバンテ地方へ軍を動かすことが出来るようになっていました。

次にナバーラ王国とバルセロナ伯とは婚姻関係が成立します。今まで書いていませんでしたがエル・シドと妻ドーニャ・ヒメーナとの間には一男二女、三人の子が生まれており、その内の娘二人が上の両家に嫁ぐことになったのです。しかもその相手はナバーラ王の孫でモンソン領主のラミロと、もう一人はバルセロナ伯ラモン2世の息子で後を継ぐ事になる後のラモン3世というイベリア半島の王侯たちでした。
そして後にモンソン領主ラミロとエル・シドの娘クリスティーナから生まれたガルシアはナバラ王となりますから、その後のナバラ王家(ヒメノ家)は100年後に断絶するまで実はエル・シドの血脈を受け継いでいたのですね。

また、こうした上位の諸侯との同盟や婚姻関係が成立すること自体、エル・シドの地位が向上したことを意味していました。この頃から証書などにはバレンシア伯やロドリーゴ伯の名が見られてきますし、政治的にはアラゴンやナバーラと関係の深いフランスにもその名が見られるようになってきます。


(バレンシアの覇者)
その後、アラゴンからの支援も受けたエル・シドは1096・97年と再びムラービト軍を破り、1098年からはバレンシアの北東すぐ近くにある古都サグントの攻略も行っています。サグントの町はかつて1300年前にハンニバルが半年に渡る攻囲の末にようやく攻略できたほどの城塞都市で、崖の上に街と一体となる防衛施設が築かれていたため力攻めではほとんど攻略不可能な所でした。エルシドはここを数ヶ月もの包囲の末に降伏に至らしめ(つまり攻め落とせなかった)、バレンシア一帯を完全に平定します。
1098年夏、今やバレンシアを含むレバンテ地方はエル・シドの掌中にありました。彼の統治は度重なる軍資金の調達のため上級市民にかなりの重税を課すなど負担の大きいものだったようですが、一方で教会の整備や聖職者の保護、市内の治安維持などは問題なく成されており、それなりに安寧を取り戻しつつありました。
しかし、彼に残された時間はもうあとわずかとなっていたのです。


(英雄死す)
1099年7月10日、エル・シドはバレンシア近郊で発病しそのまま亡くなります。
伝説では彼の遺体はそのまま保管するよう命じられたとされ、ムラービト軍が攻めてきたらその姿を見せるよう言い残していたとされます。そして後日ムラービト軍がバレンシアに迫った時、城門から馬に乗せられたエル・シド(の遺体)が突撃してくるのをみたムラービト兵士は我先に逃げ出した、そんな話が伝わっています。(確か1961年制作のエル・シド映画のラストが正にこれだったかと思う)
その後、バレンシアはエル・シドの妻ドーニャ・ヒメーナ主導の下に防衛が続けられますが、相続権のあったナバラ・バルセロナ、同盟関係にあったアラゴン・サラゴサ、そして元主君のカスティーリャのいずれもバレンシア確保には動きませんでした。
1102年、バレンシアはムラービト軍の接近により放棄され、エル・シドの入城から8年で陥落します。
最大の障害を取り除いたムラービト軍はその後間もなくサラゴサを平定しますから、彼らムラービトゥーンにとってエル・シドの存在が如何に大きかったかが分かります。


(あとがき)
さて、これでレコンキスタ史上最大の英雄エル・シドを巡る話は終わりとなりますが如何だったでしょうか。
彼の人生を追い掛けていて最も驚くのは、負けた記録が全く無い点。
『わがシッドの歌』 は半分空想の叙事詩ですから信頼性はあまりありませんが、エル・シドと同時代やすぐ後に書かれた伝記・公文書などの資料にそういう記録が一切見当たらないのですね。それこそ若い頃の一騎打ちからカスティーリャ王の近習筆頭だった頃の王位継承戦争や小人数での戦闘、現場指揮官としてのサラゴサ時代、更に独立してからの大軍相手の会戦・防衛戦・攻城戦まで、ありとあらゆるパターンの戦闘を30数年経験していながら、ロドリーゴ・ディーアスとエル・シドの名は勝利と共にありました。

恐らく彼自身の武勇というか戦闘力はずば抜けて高かったでしょうが、それ以上に彼の統率力と普段からの教練による部下たちの力量が生半可な農民兵では対抗できないほど優れていた気がします。しかもエル・シドはしばしば奇襲を受けたり挟撃されたりとピンチな局面があるのにそれを切り抜けていますから、余計にその強さが目立つのですね。
最後に、ごく個人的な視点ながら彼を歴史ファンの項目で評価するとこんな感じに。


■ロドリーゴ・ディーアス(エル・シド)
武力S
戦術B
戦略C
軍事総合A
政治D
魅力B

特殊スキル:突撃・防御・収奪・調達 
ブースト装備:名剣ティソナ(武力・戦術+1)、コラーダ(魅力+1)

◆総評
その戦場はイベリア半島内に留まるが、乱世で30数年戦いに明け暮れながら一度も負けず、独立国を持つまでに出世し、単独の勢力でムラービト朝に初めて土をつけた実績は並の軍人のレベルを突き抜けている。特に小規模戦闘で異常なまでの強さを発揮した武力と統率力はちょっと比肩する者がいないほど。逆境に強く、不遇な時も多くの者が彼を見捨てなかった人間的魅力も相当なものがある。一方政治的にはたびたび無謀・無思慮な行動が見られ、それが多くの政敵を作り主君に遠ざけられる一因となっており、彼を使いこなす者には相応の器量が求められる。それを割り引いても恐らく中世イベリア半島では最高の軍人の1人で、能力的に最も最適な部署は王家の副官か部将だったと思われ、最初の主君サンチョ2世が存命のままであればイベリア半島の歴史は完全に別物となっていた可能性すらある。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑おつかれさま~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2009/04/01(水) 23:40:17|
  2. エル・シド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
5位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。