打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

大海戦二日目

カレー海峡の攻防


この日も帰ってきたら既に中型が始まっていたので要塞回復組へ。
洋上と港内と行来していた中での感想など書き留めておきますね。

まず洋上の攻撃側。
洋上の攻撃艦隊は初日でプリマスを陥落させていた事もあって、攻撃側の目標をドーバー、次いでアントワープ、ブレーメンなどの周辺港へ移していましたね。特にドーバー→アントワープ攻略までの所要時間が非常に短く、ここは工作部隊と砲撃参加との連携が素晴らしかったと思われます。

カレー周辺の迎撃艦隊もかなり手厚く、大型の中盤から相手も相当に集まって来てはいましたがフリーにさせている時間はそう多くなかった様で、報告をきいていた限りでは同時砲撃は最大で3艦隊くらいだった模様。ただ、カレー周辺の海岸線が相当にトリッキーで、南北からの山越し砲撃を見逃しがちなのが懸念要素か。


次に要塞構築側。
耐久度に関しては最大でも35~40%程しか削られなかったのは初日と変わりませんが、リカバーが非常に早かった。イスパ以上にフランスから相当に人が増えており、回復のために待機している人数がひょっとすると20人近くいた感じからすると初日より安定していたんじゃないでしょうか。
ほんと22:40以降はちょっとやそっとでは落ちる感じがしなかった。

最終日は最大耐久での攻防となるのでかなり厳しいと思われますが、この要塞内外の連携っぷりを崩すには砲撃・邀撃・工作ともに人数を掛けるしかなさそうで、双方とも総力戦になること必至と思います。それと、結構あちこち分散していた通常の艦隊も、こういう展開だと対人メインならカレー周辺にいた方が戦闘数が稼げる気がします。

んー
ある意味今回の海戦は最終日の1時間半が最も熱い展開になりそう。
皆さん最終日もよろしくねー。


おしまい。

FC2ランキング02

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/30(日) 16:23:01|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大海戦初日

海峡の戦い


NOTOS大海戦初日、
まず攻撃側がプリマスを攻略しましたね。
防衛側はカレーの耐久度を40%ほど削ったあたりが最大で、
落とすまでには至りませんでした。

初日の私は中型が始まってからのINだったので完全にサポートへ。
見ていたら要塞構築に当たっている人数が少なすぎる様だったので、
大型はひたすらアムスを往復して鉄材と装甲板を納入してました。
カレー前が結構密集していましたが、
何だかんだで1万個以上は入れてた気がする。

ただ、イングランド側はこれまでも二日目以降で参加人数が増えて来るので、
このままの防衛体制だと今日にもカレーは危機に陥るだろなあ・・・。

いっぽう参加艦隊のいくつかが早めに砲撃艦隊を潰しに回っていた事もあり、
初日は削られつつもカレーを防衛できたと思うのだけど、
本気で落としに来る前提で予測立てておいた方が良さそう。

あとは、、、こちらのアレをアレされると困るけどさてどう出るかな。(ちと自重
いずれにしても緊急回復用の物資集積も限りがあるので、
防衛に関しては参加者数が物を言う展開になりそう。


ともあれ皆さん初日お疲れ様でした。
二日目も楽しんで参加しましょうー。

今日はカレー/ドーヴァー海峡付近がえらいことになる予感。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/29(土) 07:41:38|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プリマス沖海戦きたる

祭りの前


大海戦の案内記事です。
明日からNOTOSではイスパ陣営対イング陣営での大海戦が始まります。

イスパにとっては初の参加でしかも本命目標への攻撃、
イングにとっても初の自領地防衛戦。
結構熱い開催と思いますので皆さんぜひ参加して楽しみましょう。

まあ、色々狙いはあると思いますが、
実質プリマス/カレー戦に集約される開催でしょう。
攻防双方ともホスト国だけでなく連盟国にとっても重要な領地が含まれるとあって、
今回は目標選定と連盟投票の段階から中々面白い動きでしたね。
自国開催とあってどうしてもイスパ視点となってしまいますが、
反対側の視点でも今後の海戦動向にある程度影響がありそう。

残念ながら私自身は月末で結構忙しく実質日曜日くらいしかフルに動けず、
金土は完全にサポートに回るか大型だけになりそうですが、
まあ折角の一戦なので出来るだけ頑張って参加しようと思います。


開催内容については、
代理で公式BBSに出しておいた日程などの詳細は下記の通りです。
それから要項・手順などはイスパ広報局ブログに詳しく記載しています。

現仕様は初めての方も多いと思いますので、ぜひ併せてご参照のほどを。
http://notosespana.blog33.fc2.com/

取りあえずあれだ、
カレー集合の前にクエスト請け忘れの無いように!



■日程
2011/10/28(金) 20:00~23:00 第1回戦
2011/10/29(土) 20:00~23:00 第2回戦
2011/10/30(日) 20:00~23:00 第3回戦

■開催時間
序盤戦 20:00~21:00 小型船
中盤戦 21:00~22:00 中型船
終盤戦 22:00~23:00 大型船

■対戦国
攻撃側 イスパニア、フランス、オスマントルコ
防衛側 イングランド、ヴェネツィア

■攻撃目標
イングランド同盟港 アントワープ

■会戦海域
北海
ブリテン島南部

■集合場所
カレー集合(広場街役人前)


商会・団体等で個別に集合場所を設定している場合はこの限りではありません。

尚、今回は海戦海域にクエ請け可能な港がありません。
クエ請けはヒホン・セビリアなどイスパニア本拠地・領地・同盟港となります。
請け忘れが無いよう、ご注意ください。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/27(木) 11:52:06|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひらけ駒!

エッセイ将棋マンガが面白い


子供の頃のある時、
散歩がてら親父と一緒に本屋に行く機会があった。

店に入った親父がその時 『何か欲しいのがあったら一冊買っていいぞー』 と言うので、当時10~11歳くらいだった私が結構な時間を考え抜いて選び出したのは、故・大山康晴十五世名人の書いた四間飛車の本だった。

なんでそんな事を覚えているかと言うと、
親父に本を買って貰ったのが後にも先にもその唯一度だったから。

かなり後になって親父から 『ああいう時は普通、参考書とか伝記とか、せめてマンガを選ぶだろー』 と内心呆れ果てたので二度と連れて行かなかったのだと言われたが、これは子供にフリーハンド与えた親父の負けである。

そもそもうちは母系が音楽・書・歴史に傾倒する文学肌なのに父系はスポーツには金を出しても本などあまり買わないので、スポンサーが一人居なくなっても別に困らなかったのだけど、あの時なぜ本屋に行ったんだろうとよくよく思い出してみると、確か学校で野球やっていた私にパチンコで勝った帰りの親父が気前が良くなって声を掛けただけな気がしないでもない。

何の話か分からくなって来たけど、
つまり10代前半くらいまでの時分の私は、歴史と同じくらい将棋が好きだったのですハイ。

中学生くらいになると近所の公園(当時そこは公園のテーブルに将棋盤が何枚も据え付けられていた)で将棋指している年寄り連中に混じってたりしており、恐らくそこが将棋に振れていたピークだったと思う。
まあ、諦めたくらいだからそれほど強かった訳じゃないのですが、今でも基本的に居飛車は指さない事を思うと、子供の頃の棋風って相当に影響ある様ですね。

また何の話か分からない方向に行きそうなのでさっさと本題へ。

いま、何やらプチ将棋ブームが来つつあるらしい。
年齢層は、主婦と子供。
地方の子供将棋大会の参加者が各地で昨年・一昨年より増えているらしく、私の地元静岡でこの夏に行われたJTこども将棋大会の参加者は、昨年の533名を大幅に上回る663名を集めています。ちなみに一昨年が487名で、ほんとじわじわ増えてます。

いやこれは侮れん。

んでまあ、一般に将棋を扱った小説・漫画というとプロになるまで&プロ入りして以降の頂点を目指す作品が多く、少し前で言うと月下の棋士、近年だと今年の漫画大賞を取った3月のライオン(作者はハチクロ描いてた人ね)あたりも基本的にプロ世界の話ですよね。

そんな中、今年から連載が始まった、全く一から将棋を指し始める子供とお母さんによるエッセイ将棋マンガが出ています。
今の将棋人口のど真ん中とも思える層の話で、かつ目線が低いというか実にありそうな展開なので、身に覚えのある人はつい読んでしまう作品に仕上がっています。


『ひらけ駒!』

南Q太 著 講談社 刊



小学4年生の宝くんが将棋を覚え始めて段々と強くなってゆく描写はあるものの、基本的にこの作品は将棋を媒介にして親子の日常と非日常(なぜか現役プロ棋士が実名で出てくる)を描いている部分が大きく、素材が将棋でもサッカーでもあまり作品の風味は変わらない気がします。

まあ、小学5年生でアマ3段は既に相当に強く、
もう一段階上がると奨励会や研修会が視界に入ってくるので、
そこでどう分岐するかが気になる所。

個人的にはかなりの良作と思う 『3月の~』 より更に取っ付き易いと思うので、
さらっと読みたい方は如何かと。



おしまい。

FC2ランキング02



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/24(月) 20:18:46|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大海戦判定の問題

固定化する大海戦


来週の大海戦はN鯖とZ鯖でイスパニアが宣戦布告しました。
恐らく両鯖のイスパ国はアメリカーナ実装以降、これが初の海戦参加。
当事者としては喜んでおりますが、
大海戦の判定条件に関しては相変わらず疑問を感じる事もありますので、
今回は改めて問題提起をしておきたいと思います。


まず来週の大海戦で上位三カ国、
いわゆる大国開催はこれでほぼ出揃いましたが、
小国グループの開催は未だ発生していません。

小国といっても勢力4位国はそれなりに力の有る国が少なくありませんが、
どうして全く発生していないのでしょう?
そして大国グループでも特定国が連続して対象となる状況はどうなのか、
話を進める前に大海戦の判定条件を確認しておきますね。



(海戦の判定条件)

攻撃国の決定条件

防衛国の決定条件


まとめると、
1.攻撃国判定=国威が 『士気高揚状態』 かつ、敵対度が 『敵意』 以上であること。
2.防衛国判定=攻撃国の大小国グループ内で最も敵対度が高い国に宣戦布告する。



そう、このわずか二行の記述が、
大海戦の発生だけでなく投資行動にも多大な影響を及ぼしているのです。

この仕様、一見すると大国が小国に宣戦布告して大海戦の戦力バランスが崩れるのを防ぐ妥当な措置とは思うものの、果たして運営側はそこから別の行動制限が発生している事に気付いているのでしょうか?


(投資行動と対戦国の固定化)
NOTOS鯖を例としてみましょう。
今ヴェネツィアの国威が高いと出ているので、
ヴェネツィアが次の攻撃国となる可能性が出ています。

ですが、ヴェネツィアが敵対度を上げる攻撃投資相手としてフランスとヴェネツィアの同盟港がどこにあるかなーと見てみると、遠隔地の4箇所のみ。本命と目されるジェノヴァ・カルヴィなどのヨーロッパ圏が自国同盟港なので攻撃投資ができないのですね。
もっと言うと、もし残り4同盟港をヴェネツィアが全部取ってしまったら、ヴェネツィアは大海戦の目標港すら無くなってしまう。
となるとヴェネツィアと言うより、小国グループではむしろフランスかネーデルがヴェネツィアを攻撃投資に出てこないと、大海戦の発生そのものが難しい状況かなとも見て取れます。
そもそも特定国が攻撃対象となる設定で、同盟港が3箇所以下の場合に大海戦の投票が成立するのかしらという疑問すらあるのだけど・・・。


このように、他国の同盟港に大量の攻撃投資をするには、当然ながら攻撃対象国からも同盟港を維持するための防衛投資が必要で、しかもそれがかなり反復的に行われる必要があります。
この場合、旗が変わった時点で攻撃/防衛投資の関係は逆転し、今度は防衛側にも敵対度を上げる機会が発生しているので両者にはある種の共生関係が発生しているとも見られますね。

まあ本来なら投資は自国にとって必要な港の影響度維持・奪取を目的としたもので、こうした共生的な投資行動はやや目的から外れ気味かもしれませんが、大海戦の発生も所属国民にとっては間違いなく自国のメリットに繋がる行為であり、対象港の影響度を一定以上維持する事にも繋がり、投資への参加者も増えてくるので特に否定する要素ではないとは思います。


ただ、こうなると投資相手が固定される傾向は避けられないでしょう。
しかも継続的な反撃投資を期待する以上、他国領地のあるヨーロッパ近海で。

そして敵対度を上げるために結構膨大な投資力を必要とする以上、
どこか一カ国に目標を定めて投資するのが海戦発生の近道となってしまい、
更には大海戦中の対人結果も積み上げ要素となり、
結果としてNOTOS鯖の大海戦は対イングランドで集約してしまう、と。
こういうループ状態から抜け出るのがほんときつい。

これあと半年ほどで次の大規模アップデートが来るとして、
それまでに小国全てが大海戦で宣戦布告できるでしょうか?
既に黄色信号が灯っている気がしてなりません。


さらに言うとこれらの現象、
Tierra Americanaで大航海世界が17世紀に突入し、
旧国が領地を失い新興国が力を持ち始める時代設定がされたというのに、
小国と大国が投資でぶつかり合う展開、
それからネーデルやフランスといった海洋での新勢力が力を増してゆく展開、
これらが大海戦の発生条件の上では事実上否定されてる事になり、
個人的にこの点でも結構な違和感を覚えます。

ちなみに11/8のチャプター3実装では大海戦まわりの仕様は調整程度にとどまっており、
発生条件には手を付けられた気配がありません。
チャプター名称のわりに一部(特に海事周り)であんまり自由度のない仕様、
この辺りが今後どう判定されるのか、改めて注視したいと思います。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/22(土) 18:08:58|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Radeon HD7000シリーズは

下位~中位モデルで立ち上げる?


Fudzillaのページに、
AMDの次期主力GPUシリーズとなるRadeon HD7000シリーズの情報が出てましたね。
元ネタはVR-Zoneから。


http://www.fudzilla.com/graphics/item/24528-amd-radeon-hd-7000-series-shows-up-in-drivers

http://vr-zone.com/articles/amd-radeon-hd-7000-gpus-listed-in-leaked-driver/13766.html#


Catalystドライバに記述が出て来たと言うものですが、
興味深いのはその型番。

上がっていたのがHD7300~7600番というのは、
これは今までの傾向からすればローエンド~ミドルクラスに相当します。
その上だと下3桁が700~800番台でミドル~パフォーマンスモデルで、
900番台、例えば950・970・990がハイエンドに与えられる番号です。


で、今使っているのがHD4850で既に二世代前の物なのでHD7000シリーズに変わったらグラボを更新しようと思っていたのですが、これだとHD7800~7900番台の上位製品が出るのはひょっとしたら後回しになるのかも。

見慣れなくて最初分からなかったのがシリーズ中の製品型番で、
例えばHD7600でみると、HD7600、HD7600A、HD7600Mとある。
Mはモバイル用だと思うのだけど、
Aってなんだろなと思ったらこれ一体型PCの事ですか。

関連してこの型番の中には第二世代のAPU(Trinity)に搭載されるGPUも混じっているらしいと書いているので、これに7000シリーズのどこが乗って来るのかも興味深い所。

何れにしろ2011年末~2012年春はAMD、NVIDIA共に28nmプロセスで製造された主力GPUがここで出揃って来る時期なので、久々にGPUの動向から目が離せなくなりそう。




最近なにやら忙しく、
DOL内はゲルン帆と名匠キャノンあたりを作ってバザー放置気味。
バザーイベントと議会有るので週末までセビリアにいればいいかなあ。

(さらに追記)
改良ゲルンの生産、
ステイスルの材料が余ったので特製ボンネットも生産してきました。
縦横足して+34だから生産できる戦闘帆としては結構いいかなと。
両方合わせて30枚ちょっとになったからある程度はバザーに出せるかな。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/20(木) 21:20:47|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブリテン大海戦の発生

時、来たれり


【イスパニア軍の攻撃】
カルカッタ
アントワープ
ケープ
ダブリン
ダバオ
静観


さて来ましたね。
漸くイスパニアの手番です。

しかもブリテン島周辺港が候補地に入っているというNOTOSでは初の展開。
対象がダブリンになるかアントワープになるかで対象海域の違いが出ますが、
事実上のプリマス・ドーヴァー攻略戦です。
これは熱い。


んでまあ、過去の結果を見ると、

ダブリン=ブリテン北・ブリテン南
アント =北海、ブリテン南

確かこうかな。
気になるのは連盟投票の動向。
どちらが来てもフランスは領地カレーが対象となるリスクがあり、
北海だと更にネーデル領地が対象となります。

で。

現時点(開始一時間後)ではアント票が多め。
連盟戦力の均衡を考えると、、、
意外とダブリンも捨てがたい気がするんだよなあ・・。

それと正直な所、なにぶんとイスパは経験がないため、
戦術的には恐らく相当に後手に回ると思われます。
地勢的には自国の同盟港が一切ないのは相当に有利なものの、
その状況で2-3とかになるとかなり苦しいので、
やはり今回は事前の連盟動向がかなり影響するでしょう。

(参戦すれば領地投資が可能になるメリットがある事から)
連盟でフランス、ヴェネツィアどちらが来るのかがまず要素となり、
更に北海が入るかどうかでネーデルの動向にも影響してきます。
オスマン国籍は既にイング投資している可能性が高いので一部は逆志向で割れるかも。
何れにしろネーデルの動向が最も気になるところ。


理想的には3-2か2-2ですが、さてさてどうなるかな。
例えばアント選択でネデ静観、もしオスマン連名で3-1と言う流れだと、
流石にイベントとしてどうなんだろう・・・。

そこら辺もつらつら考えると、
自国手番と言う事を抜きにしても結構注目の一戦。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/18(火) 17:18:15|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後衛型ボンバルダの建造

最大耐久494の小型船


先週、NOTOSイスパニアの他国敵対度がようやく敵意に達しました。
私もわずかながら投資させて頂きましたが、
告知を出したり積極的に攻撃投資に出ていた方々、
皆さんひとまずの到達お疲れ様でした。

さて、次回以降の大海戦判定で選出される可能性が出てきたという事で、
久しぶりに海戦用の船を作りに入ってます。
実際のところ久々すぎて海戦それなんだっけ状態で、
手持ちの船も旧式化しつつあるのでいっそ作り直そうかと。

このうち特に手を入れたいと思ったのが小型で、
使っていたガンボートとは別の方向性のをと思い選定したのが、
アンボイナで建造する後衛型ボンバルダ。

船員数や砲撃系オプションはガンボートには及びませんが、
最大耐久が小型クラスで最高となる494に達するのと、
支援系のオプションが豊富なので選んでみた次第です。
いくつか組み合わせが考えられますが、
私の能力・スタイルも考慮してこんな感じでレシピを組んで見ました。


0回
鉄張り装材 →初期化

1~5回
小ラテン 汎用砲門 強化ロープ 強化ロープ
小スク  汎用砲門 強化ロープ 特殊船倉
小ラテン 汎用砲門 特殊船倉  汎用船室
小スク  汎用砲門 診察室   汎用船室
小ラテン 汎用砲門 司令塔   提督居室

再強化して6回目
小スク  副官室 汎用船室


(5回目が終わった時点での性能)
耐久+130、縦+35、横+15、旋回+3、対波+1、
装甲+2、船室+12、砲室+16、船倉-12
OP=医療支援、司令塔


旋回で中間値-1を引いてしまいましたが、
強化ロープ×3+特殊船倉×2で耐久+130が出たので充分ですね。
悩んだのがラスト1回。この状態だと帆性能・旋回・装甲・船室のどれかに振る必要があり、
旗なら帆+船室という選択肢もありそうでしたが、結果選んだのは旋回・装甲・船室に。
最終的な性能はこうなりました。


後衛型ボンバルダ-1b

 
後衛型ボンバルダ-2


耐久+130、縦+30、横+30、旋回+5、対波+1、
装甲+3、船室+16、砲室+16、船倉-14
OP=医療支援、司令塔
増減=-20%

最後の副官室が不安要素でしたが、なんとか中間値を引けた模様。
司令塔入れた時の旋回-1が惜しかったけど、作り直す程でもないのでこれにて了。


 後衛型ボンバルダ-3

名匠帆+改良スパンカ入れるとこういう数値に。
まあ遅いとまでは言いませんが、
元々そんなに優れた帆性能をしている訳ではなく、
NPC狩りなどにはあまり向いて無さそう。

オプションスキル
この船を作る場合だいたい轟音機雷を入れる方が多いと思いますが、
私自身にあまり機雷を撒くセンスがないのと、
船の性能そのものではこの組み合わせの方が上げ易いと考え、
医療支援+司令塔で構成しました。

専用はまだ未定で恐らく海戦直前に付けると思います。
生存性あげるなら耐砲撃か直撃阻止ですが、
全体的にディフェンシブに偏った構成なのでもう少し考えてみようかと思う。



おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/16(日) 21:49:57|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

AMD FXシリーズの登場

爆熱・爆音覚悟のOC用CPU登場!?


10/12に発表となったAMDの新CPU群、AMD FXシリーズ。
コードネームZambezi、Bulldozerアーキテクチャ投入製品として
最上位のAMD FX-8150以下の数モデルが発表となりました。


fx-8150B.jpg


ところが、、、

早速出て来た各種のベンチマーク結果がかなり悲惨な事になっていて、お通夜ムードどころかこれは騒ぎになるほどの失敗作レベル。ゲーム用PCの視点でレビューが書かれた4GAMERなどは、ハッキリと 『使えない』 と結論付けています。

http://www.4gamer.net/games/100/G010000/20111014094/


確かに新アーキテクチャで既存のソフトとの最適化があまり進んでいないのでしょうが、それにしても価格が半分程度の前世代CPU、PhenomⅡX6 1100Tなどよりも低い結果、対INTELだと4コア8スレッドのCore i7 2600Kどころか4コア4スレッドの2500Kにすら後塵を拝するベンチ結果がいくつも出ていては洒落にならんかと。

このCPUは性能面だけでなくターボ使用時の最大動作クロックが4Ghz超えと動作周波数が高い事、それからCPUのダイ面積が大きくトランジスタ数も増大している事からか消費電力も結構高く、これだと流石にAMD好きな私でも現時点では導入しようという気は起きません。


以前このCPUに関しては1コアあたりの性能が高い方向に振った作りがDOL向きかも云々と書きましたが、ベンチ結果から見ると逆に動作クロックほどの性能を出しておらず、これだとDirectX 9世代の古いタイトルでは一層苦しいんじゃないかとすら予想されます。いやはや余りにも予想外でしたが、期待させた方がいたら申し訳ありません。

わずかに希望が有るのがOC耐性で、無理矢理あげた記録ですが8Ghz超えしている事からも一部には試してみようという層が居る事はいるでしょう。ただし消費電力がそれこそWじゃなくKW単位で換算する覚悟が有れば、な気がしないでもあいりませんが・・・。

うーん、何だかこの流れ、数年前にPentium4・PentiumDの後継CPUで失敗・キャンセルして本来モバイル用だったCore Duo系統にメインを切り替えたINTELの経緯を思い出します。あの時インテルは主力CPU開発でオレゴンとイスラエルの2チームを持っていた事でなんとか凌いだと記憶していますが、世界最大級の半導体メーカーのINTELならいざ知らず、遥かに小さい規模のAMDでは一個一個のリカバリーがそうそう効くとは思えず、かなり影響は大きいかも知れません。

例えばこのアークテクチャを用いて来年出る第二世代のLlanoはCPU+GPUのパッケージですから性能・消費電力・発熱の面で更に厳しい結果が待っている気がしており、これはAMDのCPU部門、下手すると数年は苦しいかも。



おしまい。

FC2ランキング02



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/15(土) 10:53:20|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DOL予算の仕分け

一番欲しいのは船枠です。


Tierra Americana チャプター3で実装される各種のオプション課金。
それぞれに魅力のあるものなので、どう構成しようか思案している方もいらっしゃるかと思います。
で、今回は現時点の私の予定など挙げてみようかなと。


【1ST】
○ 追加キャラスロットNO.2
△ 船内倉庫
△ スキルノート


【2ND】

○→× @WEB
○→△ 追加キャラスロットNO.1


【3RD】
○→△ 追加キャラスロットNO.1


恐らくこうなると思います。
一番魅力あるのがメインアカウントでのキャラスロット追加と見ているのは、
これで船枠が+5~6程度可能になるから。

アイテム枠も50+バッグ+バインダ+金庫+アパート+副官船なので恐らくMAX100枠以上ですが、これは他のアカウントのどれか1キャラは減らそうと思っているので相殺です。
1キャラ増&減なら所持金総額も変わらないですね。

じゃあ船枠も相殺じゃないかと思うかもですが、基本的に最も船を出し入れ&造船しているのはメインアカウントなので、1アカウントでの船枠がMAX+5~6されるというのはやたらでかい。
つか今の仕様で一番不便に感じているのは船枠なのよね・・・。

んでまあ、これだと毎月の課金総額はほぼ同水準なので、
そこから動きを見て便利かもと思ったものを追加しようかなと目論んでいます。
場合によっては3アカウント目の課金を停止してもいいし。

まあ実際の所DOLより書籍代の方が毎月掛かっていたりする現状では、別にフルオプション化して課金額があと2~3000円増えようが経済的にあまり痛いとは思いませんが、あまりに唯々諾々と追加課金するのってなんだか悔しいというかそれで良いのか俺と思うのと、なんだかんだ言って追加アイテム枠って 『枠が有ると埋めたくなる』 コレクター心理からすると、本当に困ってから徐々に増やした方が良いんじゃないかと・・。


それとPK回避オプションの件。
あれ確かにPKの有無で行動制限されることが無くなると思えば便利は便利なのだろうけど、逆に仕掛ける事も出来なくなっちゃいますよね。専業軍人ではない私でもイベント時などでごく稀にPKK的な動きをするので、メインでこれを入れるのは逆に行動制限になってしまう可能性があり、あまり宜しくない。
それから3アカウントで艦隊編成するなら全部導入しないと意味ないので、こちらも恐らく余程のことが無い限り導入しない気がします。

そもそも気を付けていればPKに遭遇するのは年に数回程度ですし、回避する手段が複数ある現状&古参と言えるくらいまで育った段階でお金払うほど魅力あるかと言うのが現時点では良く分からん。もちろん、私自身そうでしたが中級者の段階で初めてPK食らった時にすごい衝撃を受けた覚えがあり、それによって忌避する選択をするのも理解できるので、それこそ人によりけりのオプションかと思う。
それと気になるのは、PKさんでもしっかりRPされてる交渉系の方などは当って困るほどではなく、むしろ不快な言葉を投げるPKさんの方が被害以前に遭遇するだけで精神的に不愉快で、こっちの被害はPK回避オプション入れようが入れまいが関係ない気がしないでもない。(完全に没交渉となるなら別ですが)
そこら辺を考えると現時点では見かなと思う。


あと一点挙げるなら共有倉庫NO.2。
NO.1とは別の場所に設定できると言うのは意外と面白く、
交易品999枠が与えられるなら、
何か有用な使い方が出来るかなーと思ったりする。



おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/12(水) 17:32:57|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オプション課金の目指すところは・・・

良質な長期収益タイトルを


今回はオンラインゲームの課金システムについてのお話です。

先週末に運営が発表したTierra Americana チャプター3より実装されるオプション課金項目の追加と対PK仕様の変更、あちこちのブロガーさんが書かれているので様々な意見を読まれたことでしょう。
PKさんから業界に近い方まで、本当に様々な意見が出ていて、久々にあちこち見てました。

私の現時点の感想としては一部の仕様で疑問に感じる部分もありますが、
OP課金の多様化など基本方針については概ね同意する内容と思っています。

今回の記事は、これに関して既に多くの方がユーザー視点で書いているので、
後発になった当ブログでは運営ではないのでそうですね、一株主視点でちょっと考えてみます。


まず検討に先立って、日本オンラインゲーム協会が今年の7月に業界の市場調査レポートを出しているので、そのうちのいくつかの結果を以下に掲載しておきます。



1.タイトル数(PC)
2006 264
2008 271
2010 312

2.国別分類(PC)
2006 日本074 韓国107 米国65 中国台湾07 欧州0
2008 日本089 韓国106 米国44 中国台湾16 欧州8
2010 日本105 韓国113 米国35 中国台湾43 欧州7

3.国別分類(ブラウザ)
2009 日本26 韓国40 米国0 中国台湾08 欧州2 =51
2010 日本31 韓国05 米国2 中国台湾11 欧州2 =40

4.平均課金額(円)
2006 定額1,254 アイテム4,385 
2008 定額1,128 アイテム4,872
2010 定額1,137 アイテム5,108

5.市場推移(円)
2006 総売上1015億 運営737億
2008 総売上1239億 運営922億
2010 総売上1329億 運営1035億

6.ソーシャルゲームの市場規模
2009 231億
2010 1036億



【所見】

これらの数字のうち、特記ない場合はPCとモバイル両方が含まれていますのでご注意ください。
まずタイトル数に関しては、参入業者数が微増している事もあって順調に増加傾向にありますね。
次に開発国に関して、国産が増加、韓国がPC増・ブラウザ激減、米国はPC激減・ブラウザ横ばい、中国台湾はPCブラウザ共に増、欧州は横ばいとなっており、特に目立つのは国産及び中台タイトルの増加でしょうか。
ただしこれらはあくまで量的な結果であって質に関してはカウントしていないので、粗製乱造の気配がある中国台湾産のタイトルに関しては来年~再来年の結果で判断すべきかもしれません。

最も注目すべきなのが次の課金額の比較。
定額タイトルが横ばい~微減傾向に対して、基本無料+アイテム課金の形態は課金額もさることながら年々増加の傾向を示しています。
んでまあ、このレポートでは次の市場規模のデータと合わせて、『ブラウザ+アイテム課金+SNS』 の形態が中期的には主力の収益モデルとして提示されており、逆にパッケージ売上は2008年をピークとして減少している結果が出ている訳ですが、これらのレポート結果と今回のDOLの課金方針を見てみると、何となく目指しているものが見えるんじゃないでしょうか。


【DOLの課金モデルは】
まずDOLの基本課金額1,575円、これは平均課金額よりやや上という程度。
それから既に導入されているオプションが3つ合計で945円。
合計で月額2,520円と、平均よりやや優秀な数字になりますね。

大航海時代Onlineはこれらに加えて更に年1回のアップグレード、年2回のアイテムつきパッケージ販売、年1回のアイテムつき攻略本販売などがあり、これらを全て購入しているような熱心なプレイヤーだと年間の支払い総額は1アカウントで40,000円くらいでしょうか。
これを月額で割ると3,300円程で、この時点で既に月額課金タイトルとしては結構な高額課金ゲームでしょう。
そして更に今回の4つの追加オプションの導入により、フルオプションの合計は3,150円に。
ちょうど基本課金額の2倍ですね。
これを全部課金すると4,725円、アイテム課金ゲームの平均値にかなり接近することになります。


まあ実際にフル課金する人は少ないでしょうから平均だと2~3,000円くらいに収まるとは思いますが、それでも月額課金タイトルとしては異例の高額課金タイトルに躍り出るのは確実でしょう。
しかもこれがサービス開始から7年目のタイトルで、まだまだ万単位の課金ユーザーを抱えていると言うのだから、他社から見れば既に現時点でも驚異的に収益性の高いタイトルと思います。
実際、上のレポートでオンラインゲーム市場のパッケージ売上が頭打ちになっている状況を考えると、年に2回もパッケージ販売をしてそれがある程度成功しているというのは相当に優秀といって良いと思います。


で、年間4~5万円位と言うのはDOLプレイヤーの平均年齢が既に30歳を超えている事を考えると、その年齢層で趣味に費やすものとしてはそれ程でかい出費ではないのかも知れませんが、一方で大学生も居るでしょうし、PS3版で入った方だとひょっとしたらまだ中学生の方もいるでしょう。うちの商会にもかつて中学生のプレイヤーさんがいました。

DOLの独特な世界観はそうした未成年層から始めて社会人になっても長く楽しめる素地がありますし、また他者と競う事だけが遊び方ではなく、例えばソロでコツコツ冒険するような人だとオプションは精々共有倉庫の315円くらいで間に合うわけで、遊び方次第では月平均2000円~5000円くらいまで、プレイヤー層に応じて無理なく遊べる場だと思います。


これとは逆に、私の場合を例に出すとDOLともう一つ、大戦略WEBという基本無料+アイテム課金型のブラウザゲームを並行してプレイしていますが、こちらはほんとに対人ガチでやろうとすると直ぐに5万10万使ってしまうので、今ではある程度のところで妥協して参加しています。
で、こうしたアイテム課金型ゲームだと多くの場合対人コンテンツが基本であり、その熱が冷めると急速に衰退するリスクを孕んでいるとも考えられる為、見かけは高額課金ですが一人当たりの平均プレイ期間はそれほど長期とならないと思われます。


となると理想的な収益モデルの一例として、『継続的に、長期間、ある程度高額の平均課金額を維持するタイトル』 というものが浮かんでくる訳ですが、DOLの目指している所はまさにココなのではないでしょうか。
極端に言うと半年で支払い10万円のタイトルを一発当てるよりも、毎年平均3~4万円くらいの収益が見込めるタイトルが育ったらそれを5~10年続けるのも中長期の売上としては柱になり得るんじゃないか、ってね。

それから追記で長期間のプレイを助ける存在として挙げるなら、ユーザー間の良質なコミュニティの形成、これが有るか無いかも非常に大きな影響があると思います。DOL世界は7年目を迎えて相当に成熟したユーザーコミュニティを形成しており、例えばB鯖で定期的に行われている商会対抗形式の模擬リーグ戦の開催などは、それ自体がB鯖に人を呼び、市場を活性化している大きな要素と考えられ、これの有る無しでプレイの継続に影響を及ぼしている人が居るであろう事はほぼ間違いないかと思います。これは本当に大きな財産でしょう。ある意味ユーザーの行動がタイトルを育てていると言ってもあながち言い過ぎでないかなと。

そこら辺も考えると、今のソーシャルゲームは草刈場のような課金システムを低コストで開発して如何に短期で収益を上げるかと言うタイトルがやたら多く、そういうゲーム設計で良質なユーザーコミュニティの形成に至るかと言うと疑問であり、そこからするとDOLに関してはかなり異端の設計と収益モデルと思います。
こういった点も影響してかDOLは復帰率が非常に高く、またある意味他に変わるものが存在しないジャンルのタイトルであり、他のタイトルでは真似のできない収益モデルを構築しようとしている(と見られる)今回の追加オプション導入と言うのは、成功さえするならそう悪い手ではないかも知れません。


ただし、定着するには内容の充実が大前提であり、追加倉庫にしても追加スキル枠にしても手段であって目的ではないので、それを活かすエンドコンテンツをオプション導入以上に充実させないと中身スカスカで枠だけ大きくする結果になりかねません。
そういう意味では今回のチャプター3、開拓街の開発はエンドコンテンツに近い要素ですが、目玉である大学とスペシャルスキルの実装は目的であると見せつつも本質は手段としての要素であり、その結果として何ができるのか、プレイヤーがオプションを課金したくなるにはこの部分を更に強化する必要があるかなと思います。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/10(月) 18:55:50|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ローマンガレー

宿敵


さてCP3のインタビュー内容についてですが、
オプション課金云々の話はまた別の回で取り上げます。

やはりコメントするとしたら新型船ですね。
無視できないのが出て来たので・・・。


【ジーベッククルーザー】
【ジーベックフリゲート】


ジベにブームがついてバーク帆装。
ヘルマフロダイトだったポラジベ/機動ジベより若干進歩した所と後退している所が混ざってるような気がしないでもないけれど、この船体はやはり見栄えがするので性能次第では人気が出そう。


【マニラガレオン】

これで一本書ける船ですね。
OPとしては商船なのに反撃できるだけの性能つけて来る気がしますが、
航行性能に振って来ても不思議じゃないのでさてどうなるでしょう。
今回のラインナップの中ではこれが出たら一番作ってみたい。


【ローマンガレー】

問題はこれ。
なにこのトライレム(三段櫂)ガレー・・・。
しかもわざわざ接舷用のカラス(Corvus)付いてるモデル。
※修正(公式見たら三段って書いてるのでトライレムですね)

と言う事はこれ第一次ポエニ戦争中の、
恐らくBC260に起きたミレ海戦以降の仕様。
RP的にこいつがシチリア辺りに浮いてたら拿捕しないとだよなあ・・・。

資料画で言うとこの辺。

ローマのトライレム船
※これはトライレム船の資料画 (船の歴史辞典より)


でもまあ、こういう趣味に走った船が出て来るのは歓迎ですね。
性能関係なしに鑑賞するだけで結構嬉しいものです。

ハトシェプストの壁画に出ているようなガレー船でもいいし、
ヴァイキングのロングシップも捨てがたい。
カルタゴのクインクエレム(5段櫂船)辺りも実装してくれないかなあ・・。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/08(土) 09:51:12|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伝説の名馬1~4

競馬世界史本の紹介



前回ルドルフの記事を書いたので、
関連して競馬史の書籍を紹介しておきます。

『伝説の名馬 1~4』

著者:山野浩一
出版社:中央競馬ピーアール・センター


1990年代の中頃に、競馬場で配布しているレーシングプログラムのコラムとして連載されていた同名のシリーズを4冊にまとめて出版されたもの。刊行される前から非常に面白いなと思ったコラムで、当時のレープロは今でも保存しています。(と言うより半分レープロ目当てで競馬場に通っていたりする)

さてこのシリーズ、世界史上に出現した膨大なサラブレッド種のうち、競馬研究家の山野浩一氏自身がピックアップして100頭まで絞り込んだラインナップなので流石に錚々たるメンバーが揃っています。一番古い所だとエクリップスやフライングチルダーズあたりも出て来るので17~18世紀のサラブレッド成立期から選んでいます。

で、基本的にサラブレッドを含む近代競馬は馬産からレースまで一貫して欧州の貴族の嗜みであり、そこから世界中に発展してゆくにしたがって産業として傾斜していくので、自然扱う内容は世界史を踏まえた記述となっています。一頭一話完結のコラムが元原稿で、各話の導入部がだいたい当時の社会情勢や地理歴史から入るんですね。私が敢えて数多の競馬本からこのシリーズを推奨するのはその一点から。

DOLの関連書籍としては開拓時代のアメリカ競馬や17~19世紀のヨーロッパ史がバックボーンになっているのでそれなりに読めると思います。
もう一冊推すなら1985年に出たエイブラハム・S・ヒューイットの『名馬の生産』(サラブレッド血統センター刊)でしょうか。こちらはそれこそ世界的なベストセラーなので今更わたしが推奨するまでもないくらいの名著です。

ちょっと脱線しましたね。

さて、このシリーズの1巻が出たところで山野氏が全100頭の選定を終えるのですが、コメントで『もし日本馬を入れるならルドルフを加えて101頭とする』と添えており、1680~1990年代前半の時点で世界レベルに到達していたと評価していたのがかの皇帝シンボリルドルフ一頭だった事を覚えています。(現時点だとエルコンドルパサー、ディープインパクト、ヴィクトワールピサあたりは日本枠の候補に入るかも知れませんね。)


ちなみに本書に関しては、1993~1997にかけての刊行物で1巻が既に絶版ですが、Onlineの古書サイトなどではそこそこ入手できるので探して見ては如何でしょう。

競馬と世界史に興味がある方なら、
まず失望はさせないと思います。



おしまい。


FC2ランキング02

ぽちっと宜しくー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/05(水) 15:40:03|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

皇帝逝く



1984年11月11日。
確かこの日は日本丸か海王丸を見学に行って甲板に上がったと思うのだけど、
子供の頃の話なので天皇賞だったか菊花賞だったか今ではもう定かでない。

ともかくこの日、
日本競馬史上で初となる無敗のクラシック三冠馬が誕生しました。

シンボリルドルフ。

パーソロンとスイートルナとの間に生まれ、ハプスブルク家のルドルフ1世にちなんで名付けられたその馬は、GⅠ7勝、勝ったレースより負けたレースの方が記憶に残るという、 『日本競馬史上最強馬』 の冠名とともに現在まで衰えぬ足跡を残したのでした。


そして引退後、
産駒を送り出したその最初の世代から
最良の後継となるトウカイテイオーを輩出。
個人的にはこの一事だけでルドルフの産駒成績は充分と思う。
20年前、あの飛節を目にした時の強烈な印象は今でも覚えています。

そして今日。

皇帝逝く。
馬齢30歳、馬としてはかなりの高齢で亡くなったとの発表が。

表現が陳腐で本当に申し訳ないけれど、
『時代』 『区切り』 そんな単語が自然と浮かんだのでした・・・。



おしまい。

FC2ランキング02



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/04(火) 20:10:16|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

海戦用投資


余ってる資金をアントワープかダブリンどっちに入れようかと思い、
アント見たら1%差で先に誰かが入れていたので私も追加。
まあちょこっとですが。


ant-1.jpg

これが消化してこんな。

ant-2.jpg


敵対投資の形にするには、
ここから更に取り返して頂かないといけないので一旦移動。
この程度じゃほとんど影響ないよね・・。
最初から差の少ない所だと一度に額入れられないのが悩ましい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/03(月) 22:58:46|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天地明察

算術バトル時代小説



天地明察_コミック版1   

原作・冲方丁
漫画・槇えびし
出版社・講談社

現在、アフタヌーン誌で連載中の第一巻。
算術と暦をテーマとするかなり変わった作品ですが、
時代とテーマがDOL世界にも関連しているので紹介しておきます。


取りあえず舞台は17世紀の江戸時代、
本作品は主人公を含め登場する3人の偉才を中心に展開して行きます。

まず主人公である渋川春海、囲碁の一派である安井家に生まれて安井算哲(二世)を襲名した人物で、この方面では後に碁聖と呼ばれることになる本因坊道策との手合が作品のひとつの支流となります。

それよりもこの渋川春海、地理学・天文学・暦学の世界では17世紀どころか江戸時代でも屈指の業績を残した人物で、特に地理学に於いては日本人として初めて全国規模で緯度を測量して天球儀や地球儀、占星術の基礎となる日本独自の分野図をまとめ、暦学に於いては自身でまとめ上げた貞享暦が採用され、その功績によって江戸幕府の初代天文方として天文台を建設するに至った人物でもあります。

そしてこの方面で主人公と関わってくる重要人物が、関孝和。
鎖国下の日本にありながら世界レベルに到達した江戸時代を代表する数学者であり、主人公・春海にとっては算術におけるライバルというより畏敬を込めつつも目標となる人物として描かれますが、当人同士が対面するのは物語の終盤が見えて来る頃なので、上梓された第一巻と連載されているアフタヌーン誌上の時点では算術の難問題を一瞥して解いてゆく化け物じみた人物像のみ描かれている段階。

まあ、本当に面白くなってくるのはまだこれから。
恐らく2012年以降なのだけど、
既に第一巻の時点で相当にお奨めなのでぜひ手にとって見てください。
つか恐らく初版そんなに出ていないので、
新刊コーナーにある内に買っておいた方が良いかと。


天地明察_原作  

著者・冲方丁
出版社・角川書店

で、面白いと思ったら是非原作も。

と言うより世間一般には原作の方が恐らく知られているでしょう。
2009年に出た同名の原作は吉川英治文学新人賞、本屋大賞を受賞して直木賞候補にもなった作品で、来年には映画化されるとのこと。

あんまり書くとネタバレなので内容詳細については自重しますが、本作は本因坊道策、関孝和だけでなく、酒井忠清、保科正之、徳川光国(光圀に改名するのはもう少し後)など、17世紀後半を代表する幕府要人、むしろ全員主人公より著名な人物が脇を固める構成なのでそちらもかなり掘り下げられています。
特に保科正之と徳川光国の出てくる章は何度も読み返すくらいに描写が活きていていいですね。

個人的に最も気に入ってるのは、最終盤。
碁打ちらしい布石、
詰め碁のような目標到達の手法は中々に読ませます。

結びがあっさりしているのが惜しいけれど、
結構自信を持って推せる一冊ですね。



おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/01(土) 00:04:45|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。