打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガ大賞2012の結果と近況


【マンガ大賞2012の結果】


大賞:(76pt)『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
2位:(61pt)『大東京トイボックス』うめ
3位:(57pt)『信長協奏曲』石井あゆみ
4位:(49pt)『昭和元禄 落語心中』雲田はるこ
5位:(46pt)『25時のバカンス 市川春子作品集Ⅱ』 市川春子
6位:(43pt)『ドリフターズ』平野耕太
7位:(41pt)『グラゼニ』森高夕次・アダチケイジ
8位:(40pt)『アイアムアヒーロー』花沢健吾
9位:(37pt)『外天楼』石黒正数
9位:(37pt)『高杉さん家のおべんとう』柳原 望
11位:(32pt)『日々ロック』榎屋克優
12位:(28pt)『惡の華』押見修造
13位:(27pt)『四月は君の嘘』新川直司
14位:(24pt)『鬼灯の冷徹』江口夏実
15位:(12pt)『となりの関くん』森繁拓真



大賞を取ったのは、予想サイトの下馬評通り『銀の匙』。
既に1・2巻累計で150万部ほどに達しているようで、
ハガレンの作者が次回作に何を書いて来るかと注目していた中、
既に売れ始めている作品が順当に取ったとも言えます。

個人的にも読んだうちで一番好きなエントリー作品なので、
この受賞は嬉しいっちゃ嬉しいですね。

あと読者側がこれの世界観を掘り下げるなら、
併せて『百姓貴族』も読んだ方が良いでしょう。
開拓民の末裔にしてリアル十勝農家の娘である作者のエッセイ作品なので、
家畜や作物に対する視点が八軒君よりも限りなくタマコ(もしくは教官たち)側で、
そこに出て来るエピソードを通した投影具合も垣間見えますので本作と併せてどうぞ。

何れにしろ今回の結果で改めて思うのは、
『“万人に”薦められる』作品でないと大賞を狙える位置には来づらいなと言う点。
過去の受賞作品で見ても、
「ちはやふる」や「ライオン」は男性(女性)どちらの読者も推される作品であり、
「テルマエ」に至ってはもはや読者の性別など関係ない所で引き付ける強さが有ります。

翻ってみると例えば個人的には一押しだったアイアムアヒーロー、
それからこれからのして来ると見ていたドリフターズ辺りは、
前者がR指定を受けそうな位に怖い描写が売りとなるゾンビもの、
後者が凄惨かつエグい・汚い部分も敢えて描いた戦場シーンありという風に、
その描写に結構な残酷シーンが含まれており、
全方向で薦められるかと言うとまず不利に働くでしょう。

逆に3位の『信長協奏曲』は絵柄・設定・ストーリー・展開などの各要素で特定の層に嫌われる部分がほとんど無く、万遍なくポイントを取り得る作品として上位に来たと見る事も出来ます。もちろん純粋に作品そもものの非常に素晴らしく、特に3巻ラストでの伏線回収の下りから始まる謂わば本編はぜひご一読を。これからまだだいぶ先になるでしょうが本能寺で秀吉と光秀(三郎)がどう動くのか、ほんと今から気になりますね。




【近況】
3月になっても矢張り忙しいですね。
幸い休みはそこそこ取れているので2月の進行よりは余裕あるかな。。

と言っても、DOLに入れるまとまった時間が取れるのは日曜位で、
先週末は納品物のホウキ掘ってたら知らない間に寝落ちてた。
まあ知らないうちに16本あったから良しとしますか・・。
時間が有ったら配布用のジュストコール作りたいんだけどなあ。

で、平日夜はというと溜まった録画と本読みつつなので大戦略WEBくらいしか繋いでいません。
上記にしても某2鯖で連合長をやっている関係で短い持ち時間が戦略・外交まわりで取られる事が多く、
1プレイヤーとして中々動けなくなって来ていますね。。
PMCランキングもここ2ヶ月で1→6位に落ちましたし。
ああ、モバゲ版もそろそろ開始から4か月、
6か月で予想するなら5~6月くらいで大決戦→リセットが来ると思うから、
ぼちぼちそれ用の潜水艦作りに掛かるかな。

最後に船窓商会員がここ見てるなら連絡。
今週末は納品まだの人用に生産やるので居ればお手伝い下さい。
レシピなんだったかほぼ忘れてますね、
取りあえず生糸買い付けて来れば良いんだっけ・・?


おしまい

スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/27(火) 19:31:25|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Reマスター 連載開始

帰ってきたMASTER


昨年の秋から毎月順次刊行されている、
『マスターキートン完全版』。
結構な高値設定ですが買っている人結構いるんじゃないでしょうか。

そして、その続編となる
 『マスターキートン Reマスター』 
が今号のビッグコミックオリジナル誌にて掲載開始されましたね。

今作の舞台は前作からおよそ20年後でしょうか。

キートン先生はその10年前にドナウ川流域での遺跡発掘に成功し、
現在では再び講師の職に就いているらしきところからの開始ですが、
前作から20年経ったキートン先生、いい感じにヤレての登場。

まあこれは作画の変化もあるでしょうけど、
やたらくたびれた風貌でこれでホントに主人公かと言う位。

話の方は第一話と言う事で読み切り完結にしており、
遺跡や民俗武器やSAS絡みの話の展開、
かつての相棒も登場したりと若干詰め込み気味の筋立てではあるものの、
これは前作の1~3話目あたりを髣髴とさせるかもしれません。

次回は5月の掲載予定とのこと、
気になる方は売り切れる前に急ぎ手に取ってみましょう。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/19(月) 13:27:22|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WINDOWS8で大航海

普通に動きます


先日配布が始まった、ウィンドウズ8のConsumer-Preview版。

先ほど早速これのイメージDVDを作ってサブPCに入れてみました。
今回は取り急ぎ、
DOLのベンチマークとクライアントが動くのかの動作テスト報告です。
当然ながらまだサポートしている訳もないので自己責任で。


使ったPCの構成は、
1年ほど前に作ったCore i3の省電力版にRadeon HD5670という、
今では2世代以上古い、しかも並みの性能のPC。
これを作ったのは省電力性の追求でした。

細かいスペックは当時の記事を参考にして下さい。
http://hamilcar.blog64.fc2.com/blog-entry-1213.html

当時の結果は、
画質最低=2007点
画質最高=1152点 
でした。
(800×600のウィンドウモード、カスタムテスト)

では今回のWIN8のプレビュー版ではどんなだったでしょう。
それからグラボのドライバはインストールした時のままで使っています。
と言うか全くドライバを追加しないでも、
ネットワークアダプタからサウンドから全て認識してるんですよね。
ハード的には全然困らないのがちと驚きだったりします。


1.DOLベンチマーク

DOLベンチ#8215;最低2411

画質最低=835-759-817=2411点

DOLベンチ#8215;最高1413

画質最高=606-417-390=1413点


まず動作ですが、現時点でも普通に動きますね。
5回走らせた限りでは特に問題は出ませんでした。

次にベンチ結果はというと、
最高・最低設定ともにVISTA版よりおよそ+20%の数値。

LANDの結果などを見ると読み込みが速くなっている気がしますが、
ポン付けのテストでいきなり上回っている事を考えると、
少なくともVISTAよりは明らかに速くなってくるんじゃないでしょうか。


2.大航海時代Online TierraAmericana

次にDOLのインストールDVDから本体を入れ、
アップデートした後にログインして動作を確認してみます。

まず起動、OK。
ログイン、OK。
陸上移動、OK。
洋上移動、OK。
海事も・・・OK。

うん、多分これ普通に動作しますね。
(64bit版です)

031112 163814b

挙げたSSは,1280×960のウィンドウモードでそのままキャプチャしたもの。
SHIFT+CTRL+Aでどこに入るのか良く分からなかったけど・・。
まあ、画質も問題ないかと。


今回の8、今までと全然違うUIがさっぱりなのが悩ましいけど、
なんだか拍子抜けするくらいに完成度高いよなあ・・・。
しかも軽いし。
ベースが7と考えたらそんなものでしょうか。
機会があればもう少し使ってみて再レポートしますね。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/11(日) 16:47:26|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長期出張に欲しかった物

なにやら

N鯖では凄く久々に対ポル戦らしいです。
ホントいつ以来だ・・・?
3/16~18ですか、参加できるといいなあ。


さて先月は一か月間、
まるまる出張していたのでほとんど更新できなかったですね。
仕事が忙しくてそれどころでは無かったのが第一ですが、
思った以上にPC周りが不便だったのも大きく、
今回はコレ有ったら良かったなと思った物を挙げておきます。


1.外付けディスプレイ

これは絶対に欲しかった。
普段が24インチ×2台でやっているのもありますが、
1366×768のノートPCの解像度ではまるっきり足りません。
DOLに繋ごうという気にならなかったのもこれが大きい。
外付けの場合、通常はUSBかD-SUBポートで接続するタイプを選びます。
ソコソコの解像度と軽便性・そして価格で選ぶと、

センチュリー LCD-10000V 約15~17,000円 (10インチ、1366×768)
レノボ LT1421 約17~19,000円(14インチ、1366×768))

この辺りでしょうか。
ノートPCの解像度と同じで導入しやすいのもありますね。
一方、こんな物が出て来るというニュースが。

新型iPad、解像度2048×1536で登場。

超高精細なパネルを搭載しているという新型iPad、
投資額は6~7万くらいにはなるでしょうが、
これ外部ディスプレイとして使えたら相当に快適になりそう。
あくまで資金に余裕が有ればの話ですが・・・。

ただし使用しているノートPCは内蔵のWIFIとWIMAXが排他利用。
なのでiPadをWIFI接続する場合は、
どちらかをUSB外付けなどにする必要があります。
出張先ではUSBポートはかなり貴重なのでHUBも追加する事になりますね。


2.USBハブ

理由は単純にノートPCの保有ポート数が足りないから。
USBポート(3)
1.マウス
2.ヘッドセット(スカイプ用)
3.WIFI
4.スマホ用
5.USBメモリ

やはり若干足りないね・・。
1・2は必須なので3~5をやり繰りする事になります。
そうするとディスプレイはD-SUB接続を選ぶか、
こだわってWIFI→ipadにするか、素直にUSBのハブ買うかと言う事に。
ただUSB機器をノートPCで多用すると動作が重く感じるんです・・。


3.ノートPC
贅沢言えばもう一台欲しかった。
と言うよりモバイルノートより大型ノートPCが必要でした。
PC系ニュースのライターさんが出張時の装備として
2・3台目のPCを挙げているのが良く分かる。

特に1ヶ月もの長期出張だと大きめの、
それも高解像度で外部GPUを積んでいるようなノートPCが(自前で)欲しい。
流石に会社のPCにDOLやPCゲーム入れる訳にいかないからw

大きさ的には17インチだと流石に大きいから15.6くらいがベストかねえ。
重量に関してはそもそも長期出張だとトランクケースが必要なので、
車だろうが電車だろうがその気になれば持って行けます。
ただ、恐らくこれを用意しても+外付けディスプレイは欲しいかな。


4.延長コード
ホテル暮らしで意外に困るのが電源の確保。
デスク周辺には電源タップがあるにしても、
ベッドの周辺にコンセントがないと結構不便します。
出張先でもコンセントの確保が必要だったので結局2本買いました。


5.インバーター
これは車に積む用の12V→DC100Vのやつ。
移動時間が結構長いのでその間に充電とPC接続出来たら良かった。
これが無かった影響か、スマホ用の外部バッテリは結構使い倒したと思う。
ああ、シガーソケットから直接USB取れる変換プラグってあるのかな?


他にも挙げたらキリがないですが、
逆にあって良かったと痛感したのがWIMAX契約。
今回2箇所のホテルを使用したのだけど両方ともLAN接続が無く、
仕事場でも地下なのにしっかり入ったので接続面では不満が無かった。
いやほんと、下15M/上1M出てれば充分です。

そんな訳で次に備えて、
まずは外部ディスプレイの調達を急ごう・・。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/08(木) 20:47:06|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンガ大賞2012



今月末に授賞式が行われる、『マンガ大賞2012』。
今回のノミネートは以下の15作品です。

  「アイアムアヒーロー」(小学館)花沢健吾
「惡の華」(講談社)押見修造
「銀の匙 Silver Spoon」(小学館)荒川弘
「グラゼニ」(講談社)森高夕次・アダチケイジ
「外天楼」(講談社)石黒正数
「四月は君の嘘」(講談社)新川直司
「昭和元禄 落語心中」(講談社)雲田はるこ
「大東京トイボックス」(幻冬舎コミックス)うめ
「高杉さん家のおべんとう」(メディアファクトリー)柳原望
「となりの関くん」(メディアファクトリー)森繁拓真
「ドリフターズ」(少年画報社)平野耕太
「25時のバカンス 市川春子作品集(2)」(講談社)市川春子
「信長協奏曲」(小学館)石井あゆみ
「日々ロック」(集英社)榎屋克優
「鬼灯の冷徹」(講談社)江口夏実
※50音順


この中で私が実際に買って読んだのは、
「アイアムアヒーロー」
「銀の匙」
「グラゼニ」
「ドリフターズ」
「信長協奏曲」

の5作品でその中で順位を付けるなら、

1 「アイアムアヒーロー」
2 「グラゼニ」
3 「信長協奏曲」
4 「銀の匙」
5 「ドリフターズ」

こうでしょうか。
好き嫌いで言えば「銀の匙」が一番好みなのだけど、
勢いとか読ませるインパクトの点で1位には遠く及ばないかと。
それくらい、「アイアムアヒーロー」には読ませる力が有ります。
今年がラストチャンスなのでぜひ取ってほしい。

「ドリフターズ」はこの中では評価抑えましたが、
島津豊久が将の片鱗見せ始めたり信長の火器伏線が張られた一方で
相手方の背景や次の人物像が見えて来たりするなど
巻を重ねるごとに読後感を盛り上げている作品で、次辺りでのして来るかも。

これ以外だと「高杉さん家の~」はちら読みですが買おうかなと思う位に面白かった。
まあ、全15作品読んでいる訳では無いのであくまで限定評価ですね。

(過去の大賞受賞作品)
2008 「岳」
2009 「ちはやふる」
2010 「テルマエ・ロマエ」
2011 「3月のライオン」

さてさて
今年はどれが大賞を取るでしょう。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/03/07(水) 16:15:27|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。