打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京優駿2014

今週末は

東京優駿(日本ダービー)が控えてますね。

個人的に今までで一番燃えたダービーはというと、
と書いていて最初に浮かんだのが何故か マキシマム対シルフィード な訳だけど、、、

まあリアルだと順当に1993年にウィニングチケットが勝った第60回かなあ。
翌年のナリタブライアンは現地で見てましたがそれよりも印象深い。
確か皇太子殿下のご成婚奉祝を兼ねた記念レースで、
返し馬で騎手の柴田政人がコール受けてるの見ててこのシーンは恐らく生涯忘れないと思う。
あと皐月賞を勝って臨んで来たナリタタイシン本命で鼻血がでるほど買っていたのも今はいい思い出・・・。


さて今回のダービーだけど、
まず皐月賞組のイスラボニータとトゥザワールドの比較だったら、
距離伸びて良さそうなトゥザワールド取るかなあ。
つかイスラボニータって本質的には2000までじゃないのかと。
次に二歳牝馬チャンピオンのレッドリヴェールも人気集めるでしょうし、
あの器のでかさは確かに相当に素質高そうなんだけど、
じゃあウォッカ級に強いかと比較してしまうとちょっと足りないか。

それにしても挙げた3頭ともに父の父か母の父にサンデーサイレンスが入ってる訳で、
こんな状態いつまで続くのでしょうね。
サンデー自身がかなりの異色血統であり、
かつてのノーザンダンサーのような血の飽和は遅くなるのかも知れないなとは思うけど、
サンデーサイレンスが産駒を送り始めて既に20年ちょっと、
時間的にはそろそろ革命起きてもいい頃なんじゃないかなと・・・。

それと東京優駿てそもそも優良な馬種改良の面もある一方、
古い古い牝系が再び活力を取り戻すきっかけになるレースでもあるんだけど、
今回の有力馬を見るとここ2~3代で輸入されてきた牝系が多くてそういう楽しみは薄そう。


おしまい。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/28(水) 22:56:43|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
8位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。