打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows10で大航海-1

変遷


このネタで書くのもかれこれ4回目くらいでしょうか。

2005年に大航海時代Onlineが始まった時のWindowsはXPの時代で、しかも32bitOSの頃。
開始当初の必要環境ではWindows98、98SE、Me、2000も入っており、現在では既にサポートが終了している辺りに10年という時代の流れを感じます。んでそこからWindowsはVISTA、64bit対応、7、8、8.1と変遷し、現在では今年にも登場するかと言われているWindows10のプレビュー版が出て来ている段階になっています。

ここではその先々週公開されたばかりのWindows10テクニカルプレビュー版・ビルド9926での試用状況など書いてみようかと思います。今回はOSインストールから本体側の設定まわり、そのあと大航海時代Onlineの起動まで、次回でベンチマークテストの実施と比較などをしてみようかと。


(使用環境)
本体 Sandybridge版 低電圧型Core i3、メモリ4GB、SSD、Radeon HD5670
モニタ 1,920×1080+1,680×1,050の2枚構成
ネットワーク USB接続のWIFIアダプタ(BUFFALO製)

(OSインストール時の手順)
1.マイクロソフトのサイトから64bit版テクニカルプレビューのISOイメージをダウンロード(要MSアカウント)
  ※14歳以下だと入手できないのでMSアカウントの生年月日のところは要確認。
2.ISOからインストールDVDを作成
3.PC本体のブートをDVD→SSD (HDDはオフ)の順に変更
  ※このPCにHDDも積んでいて通常はそこから起動している為。
4.上記2で作成したインストールDVDを入れて再起動→OSインストールの開始


PC本体のスペックは当時でみても中の下、今では恐らく内蔵GPUにすら負けるんじゃないかという構成なので、これで動くなら今の第4世代Core iシリーズのCPUを搭載したPCなら内蔵GPUでも問題なく導入できると思います。


(OSインストール直後)
ASRock製マザーボードやWIFIアダプタのドライバ類を何も用意しないでも構成物は全て最初から認識してました。
前にこのPCにWindows8のプレビュー版を入れた時もそうだったのでOS側の自動アップデートさえ出来ればドライバ類は何とかなるかなと見てはいましたが、WIFI接続する前の段階でWindows VISTAだとまともに認識してなかった内蔵オーディオも認識していたのはインストールディスク内のドライバ格納がある程度充実してるということなのかなと思った次第。

・WIFI接続の設定開始
・自動ダウンロード等でドライバ類を更新
・GPUのドライバ更新(AMDのCatalystが自動的に入って来た)
・モニタ(デスクトップ)の設定
・Firefoxのインストール
 

ここでちょっと困ったのがモニタで、まずFHDモニタをHDMI接続していたら縮小表示されていたのでCatalystの方で1:1スケールに治す必要があったのと、FHDモニタをメイン&デスクトップ割り当てにしたのになぜかモニタ2枚ともタスクバーが表示されていて、現在もセカンダリのタスクバーが消せない状況のまま使用中。Windows8と8.1を使用していないので不明ですが8以降がそういう仕様なのか10の設定の問題なのか良く分からない状況です。
あとはブラウザなども8.1対応の既存のものが普通に動くので、この段階で大航海時代Onlineをインストール。

デスクトップの表示はこんな感じ。
左下にスタートボタンが復活してるけど動作はまあ8.1の後継という感じですね。





(DOLのインストールと起動)
・大航海時代Onlineのインストールとアップデート
・DOL+1、航海MAP等の支援ツールをダウンロード


先に結果を書いておくと、DOLのクライアントは問題なく起動。
3画面開いて3時間くらい稼働させていた限りでは問題ない感じで、特定の条件であったり海戦とかの重い状況でどうなるかまでは検証できませんが、少なくとも途中で停止するとか接続が怪しくなるとかの状況も起きませんでした。

ついでに普段使っているDOL+1などの支援ツールも、入れた限りでは普通に動く模様。
そういや航海MAP、最近ひっさびさに更新されて北極海と北米西海岸も実装されてるんですね。
こういう老舗ツールがまだ更新されてるんだと思うとちょっと感慨深い。
あとは透○MAPもちゃんと使えてました。
ただしこの辺の支援ツールはDOLの利用規約&著作規約上はかなりアレな部分でもあるので、試す場合も全て自己責任でお願いします。(つかこのブログ公式ファンサイトにも登録していますので画像付きで記事残すのは控えますw)


今回の試用はここまで。
過去何回かこの手の試用検証した結果から見ても、テクニカルプレビューの段階でここまで問題なく動くならごくごく普通に移行できる気がしますね。Windows10は正式発売後1年間は既存の7・8・8.1ユーザーは無料でアップデートできるという発表もあった事ですし本体部分は結構すんなり導入できそうなくらいの完成度は有るなと感じた初日の状況でした。
次回はベンチマークテスト等をしてみる予定です。


おしまい。




スポンサーサイト

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/01/30(金) 11:09:14|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Geforce GTX970のメモリは実質3.5GBだった話



まあ表題の通りな話で、先週末からもう既に結構な騒ぎになってますね。
昨年どころかここ数年で最大のヒット商品かと言われるほど売れているNVIDIAのグラボ「Geforce GTX970」。
これに関して、搭載メモリ周りにバグが発生しているのではという話に一気に火が付いている状況。
私自身、Geforce GTX970の当該製品を所有していないので計測する環境にないのだけど、要約するとこんな感じ。


昨年の秋くらいから「970のメモリ3.5GB以上がまともに使えない」という報告がちらほら出始める。

某掲示板その他で報告が上がるも 「それお前の環境のせいだろw」 で一蹴される。

最近更新されたNVIDIAのドライバで何故か970の搭載メモリが3.5GB以上を使えなくなっている「らしい」という話が持ち上がる。

メモリの速度を計測するツールがNVIDIAの公式フォーラムに掲載され、
測定するとメモリ使用量3.0~3.2GB近辺でメモリの速度が異常に低下する事が判明。

ユーザーの報告が集まり始めて970の全製品で発生しているらしいと分かり騒ぎに。

公式ページでNVIDIAから見解が出される。
「970は980からGPUユニット内をいろいろスペック落とした結果、メモリアクセスに割り当てるリソースが削られており、3.5GBの優先メモリ領域+0.5GBという構成になっている」
とのこと。


Geforceフォーラムはこちら
https://forums.geforce.com/



4GBまるまる使うような環境にある人はそう多くないとは思うけど、本来4GB有るはずのメモリが実質3.5GBしか使えないというのはどうなんだという話で、重いゲームで遊ぶ目的で購入した人などにとってはなんだそりゃーな話なのも確か。まあ徒に騒ぐ必要もないですが、使うもしくはこれから購入する側としては残念ながら970がそういう仕様であるというのを把握した上で使う必要が生じたという所でしょうか。

その一方で、 「大多数のユーザーには影響が無い」 という風な説明を見たりするけど、既に4Kモニタが導入期に入って来ている状況ではいまいち説得力に掛けますし、そもそもメモリ周りは980と同じスペックであると報じられていたのが実際はスペック落としてあった訳で、そういう事への説明には全然なってない。

そういや最近記事にした960の回で書いた、「メモリインターフェイス192bit &970/980に使用しているGPUコアのカットダウン版が960Tiとして出るのでは?」 という噂、あれってもしかしてこの話が大きくなりそうなのを見越して、改めて現行970をどこかで終息させた上でメモリ3GBにしてそれに合わせてコアその他も削って960Tiとして出すのでは・・・? という予測がすぐ立ちますよね。

先読みし過ぎかもしれませんが、近年の大ヒット商品となっているGeforce GTX970にまさかの仕様が判明したのは今後結構大きいニュースとなるのは間違い無さそう。



おしまい。



1/27 9:00追記
この記事書いた30分後12時間後に4Gamerでもニュースと検証記事が出ていますので、
興味があればそちらも一読してみると良いかもしれません。





テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/01/26(月) 11:29:04|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4Kモニタ導入

はっきりくっきり


東芝さん、ではなく先月紹介したDellのIPS液晶4Kモニタ。
27インチの方のP2715Qが年明け届いて先日ようやく導入し終わりました。

付属のDisplayPortケーブルで接続したら何事も無く4K@60Hz認識。
色の方は既に工場のほうで調整されているので明るさだけちょっと下げて現状ほぼそのまま。
文字スケールもサイズが違うモニタ併用なのでそのまま。
USBとHDMIポートは結構問題出るらしいので取り敢えず何もつないでません。

んでまあ当たり前ですがフルHDモニタと比較したら非常に高精細な訳で、
数10センチは離れて使用するデスクトップ用途だと細かすぎて24インチ選ばなくて良かったなと。
むしろこの細かさだと4Kモニタは30インチくらいでも良さそう。
ちなみに800×600で大航海時代Onlineを×4ウィンドウ表示するとこんな感じです。




SVGA(800×600)くらいの表示設定だと、流石に小さすぎて結構笑えます。
4Kでこの細かさだと5K/8Kモニタとかどんなだろうと興味湧くけど、実際もうこのくらいで充分ですね。

逆にこの構成でDOLが設定できる解像度の最大は、フル/ウィンドウ共に1920×1440まで。
3840×2160フルスクリーンや2560×1440ウィンドウ表示が出来るかちょっと興味のあるところでしたがちと残念。
別のゲームタイトルだと三国志とか信長の野望シリーズは前前作でも起動した所ではちゃんと3840×2160フルスクリーンに対応しており、この辺りは時間の問題なのかグラボの問題なのかタイトルの問題なのかちょっと不明。

それで今のところDOLの運用はメインを1920×1440で左下、モニタ中央に2・3個目のウィンドウを1280×1024にして縦に並べ、開いたスペースにDOL+1とブラウザその他を表示しています。んでいま書いているブログ管理画面などは、ブラウザもう一枚開いてもう1個のモニタ側に。

実はもう1個モニタあるからやろうと思えば(左1920×1200、中央3840×2160、右1920×1200)などという環境も作れるのですが、流石にグラボもPCも力不足なので現状デュアル構成まで。
今使っているPCがもう6年経過してるから替え頃ではあるものの組んだ当時マザーボードだけはいいの買ったので今だに充分使える状態で、なんとか「Skylake」(先日発表された第5世代Core iシリーズCPU=Broadwellの次の世代)か、更に次の「Cannonlake」くらいまで持たせられればと。んでその頃になればOSもWindows10の正式版が出ているでしょうから丁度いいかなと思う次第。だって8.1使いたくないんだもの・・・。

そんな訳で導入した4Kモニタ、設置スペースなどの制約は有るでしょうがPC側も含めて環境が許すならこれはお勧めしても良さそうな感じでは有りますね。恐らくあと1年すれば価格面もこなれて来るでしょうし、モニタもグラボもHDMI2.0搭載が普通になって来ると思うので導入はその辺りから本格化するかなと見ています。


おしまい。




テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/01/18(日) 16:34:57|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Khronos鯖にて 開拓街-4

完成間近


先月からコツコツ進めていた商会開拓街もそろそろ完成かなというところまで来ましたのでいったんまとめ。
建設場所は下記2商会ともにヌーベルフランス、テラノヴァ海域の一番南に作っています。




【ルッコラと生ハムのサラダ商会】
人口 :5,774/5,900
交易品 :クランベリー、鉛鉱石、亜鉛鉱石、ゴム、鉄材、真ちゅう、木材石材、長弓
専門施設 :工廠、製造管理局庁舎
その他 :交易所1~4、造船所R2


【新鮮たまご商会】
人口5,552/6,100
交易品 :銅鉱石、トルマリン、エメラルド、ガーネット、めのう、ペリドット、水晶、銀、金
専門施設 :大学、印刷局西インド会社
その他 :交易所1・3・4、造船所R1・R2、工房、酒場、銀行


1/12改稿


新鮮たまごの方は鉱山R2が現在8個で、宝石6種、貴金属2種、鉱石1種。
全50枠使いきって開拓地完成。
宝石R14でのカテ1枚あたりの買付け量は500個くらいになってます。
西インド会社の効果で購入量が20%増しとなっている上、
宝石の単価は高いものでも2000台なので、ペグー辺りよりもカテ1枚あたりの買い付け量は多そう。
大学も建設しているのでここに篭っての宝石上げと単位稼ぎに。
100%時の単価は以下のとおり。

トルマリン 1,780
エメラルド 2,970
ガーネット 1,760
めのう 1,390
ペリドット 1,610
水晶 875
銀 2,740

取引Rankごとの買付け増加量は、@500~999=R×6、1000台=R×5、2000台=R×4。
上記の単価だと宝石R+1毎に買い付け量は30個づつ増える勘定でしょうか。
それから取引なし状態での基礎購入量ですが、これは恐らく鉱山値に連動しているのかな。
早い段階で見えていた水晶は最初6~7個しか買えませんでしたが現在14個まで増えています。

ちなみにこの状態でカテ4系の大学研究を行うと、単位2万稼ぐのに約2時間で損失30Mくらい。
丁度いまカテ4系の特別講座が開催されていて取得単位は+20%乗せ。
さらに開拓地の大学だと単位ボーナス付くようで、通常800単位の研究が1100~1200台になっています。
最後に積めるだけ宝石積んで帰るとセビリア売りでだいたい1隻あたり9~10Mくらいの利益が出ました。
売却対象はトルマリンとエメラルド、だいたい1個あたり4.5Kくらいの利幅ですね。

一方、ルッコラ商会の方は、畑が残っているためにクランベリーが出ており、
これを潰せば工業品で石炭あたりが出そう。
それと商会員が鋼を出したいとのことで研究所を建てていたので試しにこれの効果検証中です。
しかしそれやるとたぶん木材石材消えると思うんだが・・・。

あとは工廠で海事品も売ってますし、木製装甲の生産も可能。
鉄材木材も出ているので大船尾/大コヴァ、あとはまんま鉄板とかも生産可能で、
テラノヴァ海域で生産・海事・造船する体制はできたかなと。


おしまい。




テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/01/11(日) 11:16:10|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Geforce GTX960の話

登場間近


1月22日に発表・即発売開始が噂されているNVIDIAの新GPU、Geforce GTX960(仮)。

GPUコアの型番で言うとGM206と目されているこのGPU、750/750Ti(GM107)、970/980(GM204)と出て来たMaxwellアーキテクチャの中でもミドルクラスの主力となることが予想されてはいたものの、今回かなりガードが堅くて中々情報が出てこなかったのですが、ここに来てちらほら漏れてきましたね。特にCES2015でNVIDIAのCEOが登場してそこら辺の情報が一斉に出て来た模様。


まずMSIは今日からラスベガスで開催されるCES2015発の情報ですが海外サイトではこんなパッケージが。





http://videocardz.com/54214/exclusive-msi-geforce-gtx-960-gaming-2g-and-gtx-960-100-million-edition-pictured
(掲載されていたサイトはこちら)

このサイトでは、MSIからは GTX960 100MILLION Edition』 と 『GTX960 Gaming2G』という2製品が存在し、
共にメモリが2GB GDDR5でメモリインターフェース128bit、
電源コネクタが8ピン×1で入力がDisplayPort×3、HDMI、DVIとのこと。


次にASUS、サポートページで検索すると型番で 『ASUS GTX960-DC2OC-2GD5-PRO』 というのが見えてます。
http://support.asus.com/Search.aspx?SLanguage=en&keyword=gtx960&ps=10&pn=1
(ASUSのサポートページの検索結果)
もう一つが 『Asus STRIX-GTX960-DC2OC-2GD5 / GTX960 / OC version』 で、これはOC版と言うことでしょうか。


それからGALAXYからは下記の2型番。
GALAX GF GTX 960-2GD5』 1178MHz
GALAX GF GTX 960-2GD5 OC』 1228MHz


気になるのは各社とも最初の製品では搭載メモリが2GBのメモリインターフェースが128bit品のみである点と、少し後に4GB製品が出るであろうという話。メモリ2GBの128bitというのは今のGPUの趨勢で言うとこれは中の中~下のスペックで、960の下位となる750Tiがまさにその仕様であり、置き換え対象と思われる760は2~3GBで256bit相当。入力側となるモニタは4Kモニタがそろそろ市場の目玉となりつつある状況なのに、そのメインターゲットとなる960のスペックがそれだとちょっと噛み合ってない感じが否めないんですよね。実際PCパーツを扱うサイトでも192~256bitじゃないのかという憶測が出ていたくらい。

それから価格については海外のサイトだと249ドルという数字が出ているのだけど、現状の120円/ドル換算だとほぼ3万円で、そこから更に代理店が乗っけたら3.5万とかになってしまう。性能的にかなり上で現在も売れ続けているGTX970が現在だいたい4.1~4.4万くらいなので、それだとコスパ的にミドルクラスの売れ筋製品としてはちょっと微妙なことに。


で。
ここまではある程度信用できそうな話ですが、ここからヨタ話として、GTX970/980のGPUコアで使用されているGM204のカットダウン版として、『Geforce GTX960Ti(仮)』 が960とは別に更に2種類存在しているのではないかと・・・。
となるとむしろこっちが本命じゃないのかという予測すら出ているんですよね。

つい先日かなり怪しいサイトにそんな記事が出ていたりして、発表まであと2週間に迫っているにもかかわらずまだ読めないというのが目下の状況です。
いすれにしろ、2015年の最初に登場するGPUがNVIDIAのミドルクラス製品であり、いかにも売れ筋になりそうな存在としてかなり注目されるのは間違い無さそう。



おしまい。




テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/01/06(火) 20:07:29|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
236位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。