打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電王戦 第2局と1983年の角不成

むしろ読み抜けの方が問題か


電王戦ファイナル 第2局
Selene(コンピュータソフト) 対 永瀬拓矢六段 の一戦。

既にニュースにもなっているように、後手・永瀬六段の角成らずに対して先手ソフト側が王手を放置したまま銀を指したため「王手放置」の反則負け。王手放置は反則以前に次に玉を取られるため自動的に負けということですが、終局後の会見で永瀬六段は「Seleneが大駒の成らずを認識せずに投了で返すことがあるのは知っていた」とのこと。
発生直後から内外で結構騒がれていますが主な検討事項を挙げると以下のような点でしょうか。

・バグと知りつつ指すことの是非
・実際の形勢判断
・興行上の判断
・ルールの精査

いくつか考慮するポイントはありそうですが、今回は立会人の三浦先生他も含めて協議の結果、普通に反則負けで決着しました。
まあ、人間同士だったら問答無用で負けです。それからあの後の進行を検討した結果でも後手の勝勢が明らかだったので続行しても勝敗結果は変わらなかったと思いますし、ソフトの開発者本人もそれを受け入れていたのでこれで問題ないと思う一方で実際は他にも気になる点が。

・ソフト側の探索深度(十数手後の敗勢を読めていないケースが有る)

これはいくつかの将棋ソフトで検討してもそうなのですが、この局面に対して直前まで「先手優勢」と判断していたことでしょうか。
確かに永瀬六段が角成らずを指した局面の直前まで先手ソフト側が+数百点くらいで優勢と判断されており、あそこで仮に角成と指していた場合に-1000以上の後手勝勢または投了に相当する点数までソフトの形勢判断が振れていることの方が何か読み抜けなのか形勢判断そのものの問題なのか、むしろそちらの方が考慮すべき点のような気がしないでもない。

さてこの局で焦点となった「駒の不成」の話。
プログラムを作成する際に不要な(と思われる)局面探査を避けるために「飛車・角・歩」など成らない事にメリットのない(と思われる)動作を考慮しないと云う考え方、合理的に考えるならたしかにそうかもしれないなと思わせる一方で、純粋に勝ちを追求する局面でも飛車・角・歩の成らずを選択する事はあるんですよね。というか詰将棋だと普通に不成も考えないといけないのでプロでなくても読みます。
なので「不成りを考慮しないプログラム」はあくまでコンピュータ同士の対戦で合理性を追求した場合の考え方に過ぎないのかなと、より完成度を高めるならそこまで考慮したプログラムで作って探索範囲が広がるデメリットを含めた作成をめざすべきかなと、まあ人間よりの考慮をする側かもしれませんが今回の件については思っています。



実際、人間対人間の一戦でもその「大駒の不成」局面が発生したことが。
1983年の王位リーグ戦、「谷川浩司-大山康晴戦」
両者とも永世名人の資格保持者であり、王位タイトルの挑戦者を決めるリーグ戦での一局でもあって棋譜自体が結構有名な一戦ですが、この局の終盤で今は日本将棋連盟の会長である谷川先生が99手目に「4三角引成らず」の一手を指しています。


4三角不成
(99手目・4三角引き・成らずの局面)


この4三角の時に成って馬を作ってしまうと、5四歩→6六銀打→同と→同歩→5五玉→5六歩 が打歩詰めの反則になってしまいます。(下図で4三の角が馬だと4四にも効いていて玉が逃げられないため)


4三角成→5六歩(打歩詰め)  
(105手目・5六歩で大山先生が投了した局面)


以下は4四玉→4五歩打→3三玉→2三角成→同玉→3四角成→3二玉→2三金打→4一玉→5二金 までの11手詰め。


4三角不成→詰み図
(5二金までの詰み図)

実戦でこんな詰将棋みたいな手を指す当時の谷川先生恐るべしです。
(ちなみにこの1983年、谷川先生は21歳の史上最年少で名人タイトルを獲得しています)



ところで今回、永瀬六段の終局後の発言で
・「勝敗に直結することなので(不成問題を)修正されていることも考慮していた」
・「もし修正されていても相手に持ち時間を使わせる事になるので勝利する可能性を上げるために指した」
・「練習時の勝率は1割くらいだったけど実戦でその1割を引くことは出来ると思っていた」
という3点。

実際の形勢判断は別としてソフト側のバグを突いて勝利したことにプロとしての姿勢云々を恐らく言う方もいると思いますが、プロ棋士は勝敗がそのまま収入に直結するので基本的にルール違反以外はあらゆる可能性を考慮して勝利すべく対局に臨むのが当たり前と個人的には思うんですよね。どれほど綺麗事言っても負けたら弱いと判断される世界で子供の頃からしのぎ削っている者達の世界なのですから。
つか、昭和の頃だと升田・大山はじめ超大物棋士ほど容赦なく盤外戦術駆使しまくってるので、むしろ今回の永瀬六段の姿勢は勝負師としての評価上げる一戦と見ています。またソフトの開発側にとっても一局の勝ち負けよりもこうした問題が存在することを実戦で見られたことでより完成度の高いものを目指すデータを提供されたと思えばいいんじゃないのかなと見ていますがどうでしょう。


しかし今回の電王戦、次鋒までで人間側の2連勝という展開はさすがに予想できないよなあ・・・。
この先の展開で中堅戦はともかく、恐らく副将ponanza・大将AWAKEは今までとは格上の強さ。
いくら村山・阿久津先生でも劣勢避けられないと思うので次の稲葉-やねうら王の一戦が事実上の天王山になるのでしょうか。
持将棋狙いで引き分けに持ち込むのも勝負にこだわるなら充分アリと思いますが果たして来週の結果は・・・。



おしまい。





スポンサーサイト
  1. 2015/03/22(日) 09:17:32|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Geforce GTX Titan XとRadeon R9 390Xの怪しいベンチマーク

960Tiと980Tiも登場する?


PC系の某海外サイトを巡回していたらでていた怪しいベンチマークテストのリーク情報。
元のデータは中国のサイトなので精度はあんまりない気もしますがちょっと貼っておきますね。


390xt-gftitan-960ti2.jpg


このデータで出ている 「Fiji XT」は、2015年Q2に出ると見られる「Radeon R9 390X」と目されている製品。
それから「Geforce GTX Titan X」は既にNvidiaから予告が出ている製品で、Gefoece GTX980に対して+30%位の性能と言われているのでおおよそ妥当な数字でしょうか。その下の「GM200 cut 6GB」は恐らくTitan Xのコアを使用したスペックダウン版、仮に型番付けるなら980Tiでしょうか。

んで不明なのが下から5つ目の「GTX 9** 3GB」という製品データでGTX970よりやや下の位置づけ。

・Geforce GTX970 4GB =1342Mhz/7000Mhz/256bit
・Geforce GTX9** 3GB =1291Mhz/7000Mhz/(?bit)

970に対して搭載メモリが3/4という事はメモリインターフェイスは192bit相当でしょうか。
となるとこれは予てより噂されていたGeforce GTX960TiもしくはGTX965と見られる製品のことかなと。

まあ、「R9 390X」が「Geforce Titan X」と同等かわずかに高いベンチ結果と言うのはちょっと怪しいけど、個人的にはそれなりにいいとこ突いている気がしないでもありません。あとは発表時期で、Titan Xがあと1週間くらいで発売されるんじゃないかという話が出ていますから、その際の隠し球で980Tiや960Tiが出る可能性ありますし、AMDのFijiXTその他のR7/9の300系製品も近日中に発表されるかなと見ています。いずれにしろ今グラボの購入を検討しているなら、現行のGeforce GTX960/970/980を買うのはそれらの情報が出揃うのを見たほうが良さ気か。

まあ、Titan Xなどに関しては来週になればもう少し精度のある情報が出ると思うので、
あくまでもこういう怪しい話が出始めてますよ位に見てアンテナ張って頂ければいいんじゃないでしょうか。

個人的には、最近4Kモニタ導入してメモリインターフェイス太めでメモリ多めのグラボ入れる必要が出て来ているので、そうした層の方もちょっと注目のグラボ動向じゃないかなと思ったりもします。


おしまい。





テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/03/15(日) 10:22:29|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二歩

俺のバカ-


既に昨日のヤフートップニュースにも出ていましたね。
日曜日の将棋・NHK杯準決勝第二局。

トップ棋士の二歩反則負け。

やってしまったのは橋本八段。
結構奇抜な言動をする中堅棋士ですがA級在籍経験もある実力者で、
指す将棋のそのものは非常にまとも。

実際プロが公式戦で反則負けをするのは時々あるのだけど、
NHK杯は公共放送のしかも地上波で受信できる棋戦のため見ている人は結構多く、
しかも準決勝まで勝ち進んでの事故(?)なだけに結構なインパクトが。

やらかした時の両対局者の様子と盤面(6三歩)はこんな。

2f-20150308.jpg

ちなみに二歩やった橋本八段は右側。
勝った左の行方先生の方が驚愕してるのが地味に面白かったりしますが・・・。


第64回・NHK杯準決勝第二局・91手目
(91手目・6四金まで)

気になったのはこの時の局面、自分も生で見ていて確かに6三歩を打てれば金銀交換になるし悪くても飛車と金桂交換だから、その手順の前に6八歩成で歩を成り捨てれば良いんじゃないかなあと思って見てた。(例えば下記の手順)

・6八歩成→同金→6三歩→3三角成 または 6八歩成→同金→6三歩→5四金

だけど6八歩の成り捨てを考慮しているなら二歩を指すと言うのは考えられない。
ではこの時に橋本八段はどういう筋を考えてたんだろなーというのが当時知りたかった所で、解説の木村先生は「後手は受けるにしても3四飛と3三角成を防ぐくらいで先手優勢かな」と言ってましたが、反則負けの後15分ほどあった感想戦での橋本八段はもう頭が真っ白になってるのか「いやでも」の繰り返しでよく分からず。てか反則負けの後で感想戦15分て気の毒なんだけど・・・;


あとでこの局面をソフトで解析させてみると、先手6四金の時点で評価値はほぼ互角。
二歩を打った時の後手の推奨手は6五銀で、6五銀→同金→7三桂→3三角成→6五桂→2四馬→6八金打→6七銀→7八金→同銀→6八金など、ここまで行くと飛車取られていても後手十分と思うくらいでまだまだ指せそう。


橋本八段自身はツイッター上で「俺のバカー」と言いつつ二歩よりも将棋そのものが駄目だったことと、決勝進出が掛かっていただけに負けた事が、という感じで流石に収録後時間が経っているのでやや立ち直った感じ。ある意味歴史に残っちゃいましたが、実際将棋そのものは見ててほんと面白い棋士だけに、これにめげずにまた勝ち上がって来て欲しいなと思います。



おしまい。



  1. 2015/03/10(火) 19:16:09|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月は出ているか


まず10周年記念BOXデラックス版について。
例のDOL10周年記念BOX、届いたので取り敢えず開けてみた。

なんだこれって位にでかい。
アメリカーナのプレミアムBOX3箱分くらいはありそう。


10周年BOX


サントラCD
特に初期のサントラは確か9年前に一度だけ出たものなので、
今回これ目当てに買った人も結構いそう。

コンパス
直径はおよそ7センチ、高さ1.5センチ程。
蓋と本体はこれ真ちゅう製かな?

望遠鏡
化粧箱入り、取り出すと3段伸縮で30センチ強くらいに。
覗いてみたら普通に望遠鏡として機能しますね。
但し望遠鏡本体の伸縮でピントを調整するタイプで倍率はそこまで高く無さそう。
なんとなくこの径に近い偏光フィルター付けたら良さそうな気もする。

ピストル
全長30センチちょっと。
本体は金属+木製、
引き金とフリントロックの機構部がちゃんと連動して動きますね。
製造番号は30番台でした。
このタイプのエアガンだとメーカー品で5,000~12,000円くらい、
こちらは特注なのでこれが一番原価かかっていそう。


シリアルシート
中身は取り敢えず後回し。


早期特典
メールで送られてきたシリアルコードで入手。
早期特典箱の中身は名匠フル、名匠ローヤルスル、改良カロ、納品書3、私有地3、技能書3。
スミスコート(鋳造服)はこんな感じです。
こんな格好の鍛冶屋怪しいだろうと思うが・・。


スミスコート表
スミスコート表


スミスコート裏
スミスコート裏


さて表題。
3/3のアップデートを機に交易やめて冒険というか海域調査しつつ天文学やってます。
交易に関しては目的は一応達したのと、ひたすらお金稼ぐことに若干飽きたというかちょっと期間置こうかと。
そろそろ持ち切れなくなって来ているけどこれどうしようかな・・。

んでその天文、前提で宗教13を要求したり時代縛りがあるなど結構面倒というかハードル高いですね。
ただ、やはりK鯖はスキル上がるのが早いので面倒だからこそ今のうちにやっとこうかなと。
他にまだまだやりたい事有るのだけど残り3週間で調査終わるのかなあ。
正直もう一ヶ月欲しいくらい。

そういや実装された天体発見の影響なのか、ガリレオすんごい高騰してますね。
近いんだから掘りに行けば良いはずなんだけど、
確かに自分も全キャラの手持ち探して何とか転職したので結局掘ってないという。
春休みから始めた方の序盤の資金稼ぎとしてはちょっとありかも。


あとは生産コマンド、回数入力したら行動力が引かれて即完成って中々ラディカルなもの導入しましたね。
通常の生産に関してはもはや修行なんてものは過去のものになっちゃいそう。
それと銅鉱石→銅とか火器生産が短時間で可能になると南蛮貿易の際の対応も手数が増えるかな。

うーん。

最初期の1個1個割り当てていたシステムとは隔絶の感がある今回の仕様変更、
かつては生産クリック専用の「ボール抜きボールマウス」使ったりもしてましたが・・・。
個人的には楽になるのは必ずしも上方修正ではないという見解なのだけど、どう思いますかね?



おしまい。




テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/03/05(木) 10:49:31|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
17位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。