打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

1582年・真田家上級やってます


ズーラシアンブラス 第2話

火曜日から再開した大航海時代Onlineのイベント、
何故か第1話の時に全くポイント交換していないキャラが居て全部足すと9,000点くらい残ってました。
道理で交換したプレミアムロット少ないような気がした訳だ・・・。
今回なぜかマエストロポイントの交換報酬が大幅に悪化したので、今回は貯めて第3話に持ち越しかな。
ただイントロクイズが中級に上がると結構正解率落ちてるんだよなあ。
あとイントロほぼ5秒の勝負なのに出だしが無音の曲とか勘弁して下さい。


WINタブレットの新製品

ようやく日本でも発売開始された、DELLの新VenuePro。(8インチと10インチ液晶の2種類)
特に8インチのVenue8Pro 5855の方は、Cherrytrail版のAtom x5-Z8500、メモリ4GB、64GB、
1920×1,200液晶、ワコムのデジタイザ搭載、USB3.0-C搭載など総じてスペックが高い。
2016年タブレットの指標ともなりそうな構成である程度の人気が出そう。

ただしこの構成にスタイラスペンやカバーなども付けると5万円台後半を超えてくるので、
もし自分が買うとしたらこれに海外仕様並にSIMスロット搭載したパッケージがでたら・・・って感じでしょうかね。

http://www.dell.com/jp/business/p/dell-venue-8-pro-5855-tablet/pd

(メーカー製品情報のページ)


1582年真田家(上級)やってます

信長の野望・創造PKの話ですね。
大河ドラマ見てたら無性にやりたくなって、ここ数日S4(1582年1月)で遊んでます。
スタートと同時に武田家が滅亡し、4ヶ月後に本能寺の変が起きる波乱のシナリオで、
外交が生命線の真田家は結構やりがいがあります。

ただ難易度で上級以上を選ぶと各コストが上がるうえに、
開始時から勢力拡げないとどうにもならないシナリオなので(放って置くと西から羽柴家が伸ばしてきて詰む)、
序盤は資金繰りと兵糧在庫が結構きつい。
1582年5月スタートのS5清州会議シナリオはこれより更に厳しい感じなのだが・・・。

取り敢えず何回かS4やり直してみた感じでは、
第一次上田合戦で徳川攻めてくるまでに北関東を制圧して上田城に援軍送り込めないと徳川に潰されるか期限切れ。
那須・宇都宮・結城・佐野・佐竹領を制圧しても総兵力で勝てていませんが、
戦国伝のクリア条件は期限まで上田城を落とされなければ良いので最低限そこ目標かなあ。
中々テクニカルかつ難易度やや高めで結構面白いです。

つかイベントを達成するだけではその先で秀吉に勝てないので、
来るまでに奥州+南関東も併合しないとダメな気がするんだがこれどうやって間に合わせるのか・・・。
あとは三国志13発売されるまでにシナリオクリアできなければ時間切れですはい。

それと困ったことに今日からDMMで銀河英雄伝説タクティクス始まってます。
この話はまた次回にでも。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/21(木) 16:34:56|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

真田丸と醉象

深読み(妄想)するのも楽しみ


先日第一話が放映されたNHK大河ドラマの真田丸。

特に真田昌幸の喰えないっぷりが目立つ回となりましたが、
これは毎週日曜が楽しみだと思わせるくらいに面白かった。

後から見直してたらそれ以外にも考証部分が結構良かったなあと思う内容で、
個人的に一番ツボだったのが将棋のところ。


真田丸_第一話_醉象


これ見ると、駒に「醉象」が居ますよね。
醉象は現在の本将棋には存在しない駒で、真後ろ以外の周囲7方向に一マス進め、敵陣に入って「太子」に成ると王将と同じく8方向全てに進めるようになります。

現在主流となっている「本将棋」の王・飛車・角行・金将・銀将・桂馬・香車・歩兵以外にも、銅将・鉄将・石将・猛虎・飛龍などが存在した古代の平安大将棋からだんだん駒が減っていく中で、「醉象」は室町時代あたりで成立した小将棋まで残っていた駒だったりします。
というか、今の本将棋に醉象を加えて、取った駒の再利用を不可にするとほぼ小将棋になる。
(千日手・持将棋・打ち歩詰めなどの細かいルールは除いて)

では、信幸と信繁が指していたあの将棋は小将棋なのか?
と言うとそこもちょっと疑問が。

なぜなら小将棋は取った駒の再利用不可なのに、あの盤面だと9九に居るはずの先手の香車が9八に上がっており、しかも後手の歩がまだ9六にある。駒が再利用できないルールで(持ち駒が無いルールで)なんで香が上がってるのと。

でもこれ現在の本将棋のルールなら想像するのは簡単です。
後手が9八歩を打って、先手が香で取り、更に後手が9六歩と垂らしたから。

9九が空くことで後手がここに駒が打てるのよね。
それを銀で取らせ、更に9七に何か打てば端を突破できます。
面白いことに、ドラマ中のこの後の局面でも先手は充分数が足りてるのに更に醉象を8筋に寄せて守っています。
となるとこれは、「駒の再利用が出来る小将棋?」ということに。

実際そういうルールの 「朝倉将棋」ってのが有るんですよね。
織田信長に滅ぼされた越前朝倉氏の本拠地・一乗谷の遺構から、醉象入りの将棋の駒が見つかったとかいう話もうろ覚えですが聞いたことありますし、確か今でもこの将棋は地元で生きてます。
そこまで考証してたとしたら・・・いやこれすげーなと、思うわけですよ。


で、本題はここから。
前置き長くてすみません。


・取った駒が再利用できる。
これ、取られた駒からの視点だと、取られる=討死 ではなく、敵方にについて生き残り、また活躍できるってことです。
表裏比興あたりまえの戦国武将を体現したような真田昌幸の生き方そのまんまで、そういう事を暗示してるのかなと。
セリフ内でも兄・信幸の将棋を信繁が「面白くない」と評してる所ありましたよね。


・醉象
実はこの駒、「太子」に成ると動きが王将と同じになるだけでなく、王が取られる(詰む)と、その跡を継いで将棋を続行することが出来る駒になります。そういや数年前に出た岩明均の漫画 『ヒストリエ』 7巻の作中でエウメネスが考案した「マケドニア将棋」でもこれに似た「王子」という駒が同じような継承効果で登場したかな。
んでまあ、知っての通り真田氏は関ヶ原の戦いの際に信幸は徳川方に、昌幸と信繁は大坂方につき、結果として昌幸は取り潰し・蟄居の挙句に亡くなりましたが、息子の信幸は大名として生き残ることで後の上田藩(転じて松代藩)として家名を残すに至ります。
そう言う真田氏のしぶとさを体現しているとしたら・・・・。


まあ私が深読みしすぎなんですけどね。
そう言うことを初回放映から3日経つ今でも妄想させるくらいには見るとこ沢山あった訳ですよ。
次回がほんと楽しみです。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/13(水) 18:57:14|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今週のアトランティスは南大西洋へ


E鯖
海域 南大西洋
座標 (16104,6345)
研究交換品 織物・酒類・工芸品


今週なぜか一気にアフリカ南西岸に移動。
一週間で西オーストラリア→ケープ西南西って相当に速いような。
これで来週北大西洋に帰ってくるのかな。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/11(月) 10:56:37|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大航海ベンチマーク結果の変遷

coreMタブレットと過去のベンチマーク比較

※1/10追記

ブログ内検索したら今までこのネタで10回位書いてますね。
新しいPCやOS導入したら大体やっているので、おおよそ年に1回ペースで取り上げていることに。

今回は正月の初売りでタブレットPCを買ったのでそのテストをしつつ、
過去に行ったテストとの変遷を見てゆきます。

まず今までの結果を並べておきます。
やっているのは解像度800×600で、ノーマルテストかカスタムの画質最低設定です。
両者だと若干後者のほうがいい数字出る傾向にありますが既に同じ環境でテスト出来ないのでそこはご勘弁を。

それからベンチマークスコアの基準は、確か100点以下は動作困難、350点以上で快適だったかな。
解像度を挙げると一気にスコアが落ちますので、実際はノーマル500点以上が使用に耐える感じでしょうか。


1台目 2006年06月 535点

CPU AMD AthlonXP2500→3200にOC
GPU Geforce 6600
MEM 1.5GB
HDD 120GB


2台目 2006年06月 869点

CPU AMD Athlon64 3200
GPU Geforce 7600GS
MEM 2GB
HDD 30GB


3台目-1 2007年09月 1425点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Geforce 8600GTS
MEM 2GB
HDD 300GB
※上記のスコアはカスタム最低設定のウィンドウ表示で、
  ノーマルモードだと確か1700点弱でしたが記録が残ってないので上記を採用。


3台目-2 2007年10月 2182点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Geforce 8600GTS
MEM 2GB
HDD 300GB
※大航海ベンチマークテストをVISTA対応版に変更して実施。
 この時から4桁表示になっています。


4台目 2008年02月 108点

CPU Intel CeleronM353 900MhzにOC
GPU 内蔵
MEM 2GB
HDD USBメモリから起動
※初代ネットブック、カスタム最低設定にすると140点台でした。


3台目-3 2008年06月 2210点

CPU Intel Core2Duo E6400
GPU Radeon HD4850
MEM 4GB
HDD 300GB
※GPU変更、メモリ追加しています。
 2と3のGPU変更は高画質になるほど差が付く結果に。


5台目 2009年03月 277点

CPU Intel E6400
GPU IntelG31内蔵
MEM 2GB
HDD 500GB
※CPU流用でベアボーンの小型PCを作成


3台目-4 2009年11月 3647点

CPU Intel Core2Quad Q9650
GPU Radeon HD4850
MEM 4GB
HDD 300GB→SSD128GB
※VISTA SP2、CPU変更、サウンドカード外付け、GPUドライバ更新、SSD導入
 この時のパーツ増強で2年前とほぼ別のPCに。


6台目 2011年4月 内蔵GPU 561点/外付けGPU 2007点

CPU Intel Core i3 2100T
GPU 内蔵/Radeon HD5670
MEM 4GB
HDD SSD64GB
※3.11の震災後に、省電力PCを作りたいと思って自作。
 ベンチテスト回している時の消費電力は内蔵GPUで62W/外付けGPUで90Wです。
 この構成で後にWindows8のプレビュー版入れたらベンチ2411点で動作しました。


7台目 2011年05月 715点

CPU Intel Core i5 2520M
GPU 内蔵
MEM 8GB
HDD 500GB
※第2世代CoreCPUを積んだノートPCのベンチです。


8台目 2016年01月 ACアダプタ 1107点/バッテリ駆動 631点

CPU Intel CoreM 5Y71 (1.2~2.9Ghz駆動)
GPU 内蔵
MEM 4GB
HDD SSD128GB
※数日前に買ったばかりのタブレットPCで、CPUは第5世代Coreシリーズのうち、超低電圧型の上位版。
 ACアダプタを接続した場合と、バッテリ動作での2回計測しています。
 まだ設定詰めてない段階ですが8年前のネットブックと比べると10倍程の数字出してますね。
 バッテリ駆動で600点台出すなら普通に外で持ち歩いて使える気がします。


※1/10追記分

9台目 2016年01月 

ノーマル測定 フルスクリーン=5382点/ウィンドウ=4542点
カスタム測定 窓800×600画質最低=6442点/窓1280×1024画質最高=3422点

CPU Intel Core i7 6700K
GPU Geforce GTX970
MEM 8GB
HDD SSD256GB
※昨年秋にSkylakeの最上位CPUで新調したデスクトップPC。

ベンチ_6700K_カスタム_800600W


自宅に帰ってきたので測定してみたら、最高値で6000点超えるんですね。フルスクリーンとウィンドウのスコアが20%近く違うのは、使用環境のモニタが3840×1920+1920×1200で使っているために以前よりもデスクトップ表示にビデオメモリその他のリソースが食われているためと思われます。ちなみに最高設定でベンチマーク回している時のモニタ含めた総消費電力は275W。

この辺まで来ると、ノーマルテスト時のスコアが3000だろうが6000だろうがほとんど意味はない気がします。
それもあって最後にもう一回テストを実行

(テスト時の設定) 
ベンチマーク 1280×1024画質最高 =3096点
大航海時代Online 1920×1080、1600×1024、1600×1024


普段は同時に色んな作業していますから、DOLを3枚起動した上でテストした結果が上記。
単体でやる場合からの比較で10%くらいしか落ち込んでいませんね。
となるとDOLベンチも本体もCPUはシングルスレッド性能重視というだけでなく、
GPU側も解像度上げて複数クライアント起動しても大して負荷が掛かっていないことが伺えます。

というか10年前に作られたDirectX 9のゲームだと今の11以降を想定したGPUだと軽すぎるということでしょうか。
そういう意味ではそろそろ高画質版も選択可能にして良い気がしないでもないですが、
個人的にはDOLの生命線は画質の向上よりもコンテンツの中身とゲームバランスのほうかと。




(感想)
こうやって見ていると、10年でPCの性能がほぼ8~10倍になっていますね。
モバイルPC・デスクトップPCで分けてみると同じ投資額でそのくらい性能が違います。

PC本体だけじゃなくこの間にディスプレイの表示面積も8~10倍くらいに拡げていますから、
ムーアの法則とまでは行かないにしても何だかんだで環境的には全体に進歩してる模様。

注意点としては、大航海時代Onlineのベンチマークソフトは元々が2004年のシングルコアCPU時代に作られたプログラムなので、マルチスレッド化した今のCPUのことを考えると本来の性能差は10倍どころじゃないと思われます。
それと負荷の低い800×600ノーマルテストは2008年あたりでGPUを換装しても頭打ちになっており、これはCPUの性能が足りていない結果でしょうか。当時ほかの人の過去ブログでCPUをオーバークロックするとほぼ比例してベンチ結果が上がっていた記事を見たことが有り、テスト自体が低画質はCPU>GPU、高画質はCPU≧GPUくらいで両方のバランスを問うプログラムかなと思います。あと実際の使用時はもっと高画質で設定しているので、大航海ベンチも1280×1024より上の解像度設定を追加してくれると嬉しいなと思うところ。

逆に劣化してるのはオッサン化した中の人の性能か。
10年前より明らかに動きにキレがないのを実感するこの頃ですはい・・・。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/06(水) 10:37:32|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトランティスはオーストラリアへ漂流。


更新しないまま、気づいたら年末も三箇日も過ぎてました。
皆さん今年もよろしくね。

2016年を迎えてこのブログもあと3か月で始めて10年ですが、
次の10年があるかと言うとさてどうなんだろう。
まあこのペースでボチボチやってる分には続いてそうな気もする。


さて今日のイベントと言えば、毎週月曜朝のあれ。
10:00過ぎたので先週の密勅権利持ったまま保留していたアクロポリスへ行ってみることに。
E鯖はどこかなーと思って着いてみたら・・・。


アクロポリス2016-0104-2

座標: (5513,5842)
古代研究クエスト :染料、調味料、工業品

西オーストラリア海盆の中央やや南、
カカドゥの西南西・マカッサルの南・オーストラリア北西岸上陸地点の西北西あたり。

位置的には悪くないけど先週のハワイ沖のほうが使いやすかったかな。
まあ交易品もったまま移動できますし、ジャカルタにも近いので冒険の拠点としても使い勝手はありそう。

それにしてもこうなると毎週西回りで移動してきて、
来週以降はインド洋→アフリカ南東→アフリカ南西→北大西洋に帰ってくるのにあと3~4週間?
だいたい10~11週間掛けて地球一周・・そんなとこでしょうか。

ジュール・ベルヌの 『八十日間世界一周』 より何気に速いよなw
しかもあっちは陸路とスエズ運河使ってショートカットしてるし。
とりあえず帰ってきたらおかえりなさいという感じだけど、ひょっとして何かあるのかね?


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/01/04(月) 11:25:38|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。