打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

三国志13 その2

アップデート良化


DOLやりつつ三国志13遊んでます。

最初に184年黄巾クリアしたので次に189年反董卓シナリオを孫策でやってみたら、イベント進行で黄祖に伏兵くらって孫堅が死亡、そのまま勢力滅亡して開始後わずか十数分にしてゲームオーバー。えーそんなのアリかと思ったけど今作はイベントの縛りが相当きついので諦めた。

んで次に古武将の孔丘を選んで孔融の所に士官させてみたら(孔丘=孔子、孔融は孔子の二十世くらいの子孫)、孔丘がRPGのヒーラーの如く傷兵回復させるので太史慈との相性が非常によさ気で、3倍の兵力持っている徐州の陶謙が攻めてきたけど半数の兵力残して撃破。そのまま琅邪に攻め込んだら例のゾンビ兵が三都市から二度三度と湧いてきて琅邪落とした時点でボロボロ。 その後をやってることは空き巣狙いなのにさも大義名分我に有り的なドヤ顔した劉備が攻め込んできて北海陥落。曹操じゃないけどやっぱ劉備は本質的に信用できねえ・・・。
んでその後に先程と同じく孫堅滅亡と袁術イベントが発生してエース太史慈が強制的に劉繇のところへ移動。

この時点でちょっと凹んで、しばらくお休みして2週間位DOLの収奪イベントへ。
その間にこの三国志13のほうでは2/10と2/18にアップデートが来てました。

特に2/10のは悪評高かった都督・太守・重臣などへの任命拒否が可能になり、傷兵の回復速度が3段階調節可能になるなどを始め、他にもアイテムの価格見直しや頻発していた武将下野の抑制など結構細かく手が入りましたね。

采配戦闘のAIが相変わらずお馬鹿だったり、難易度上級だとやたら攻め込んできたり、史実準拠設定時のCPU勢力の行動がまだ微妙だったり、水上戦の連環作成時の連結が横一直線のみで挙動もあやしかったり、イベント発生後のプレイヤー武将周りの陣営移動が強引すぎたり、都督任命後の占領地の分配や返還提案ができないなど、まだ個人的に気になる所はありますが概ね現時点でも普通に遊べる状態にはなったなという感じで、値段はともかくシミュレーションゲームとしては及第点レベルにはなってきている気がします。

んでちょっとやってみようと今選んでいるのはこの人。


甘寧02  


甘興覇さん。
いやー、 いっぺん言ってみたかったんですよね。


甘寧01


「甘寧、一番乗り!」 


って。
もう既に都督になっていますが、運用は部隊編成させたら副将二人つけて突撃。
このクラスの武将に強い副将+絆つけて、強い兵科選んで兵力MAX20000以上もたせるとホント面白いくらい無双してきます。

もちろん包囲されないように動きますがそもそもAIがどれほど向上しても人間の細かい指示に勝てる訳ないので、他の部隊をマトにさせつつ立ち回ると一回の編成で一勢力まるごと殲滅してきたりする。とりあえず開始4年で南方制圧したのでそろそろ呂布とぶつかる段階で、騎兵訓練2000超えの人中さんにどれくらい通用するものかちょっと楽しみ。


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/02/21(日) 19:11:57|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

【書評】 ハンニバル戦争


今回は先月出た佐藤賢一の 『ハンニバル戦争』 の紹介です。
古代ローマが題材の作品は最近ちょこちょこ出てきていますが、
贔屓の作家が上げてきたのでこれは取り上げないと。




『ハンニバル戦争』 佐藤賢一・著 中央公論新社
ISBN978-4-12-004813-5


わたし佐藤賢一は歴史小説の書き手としてはかなり好きな作者でして、小説以外の新書版 『英仏百年戦争』 なども含めて著作はあらかた読んでいます。佐藤さんは西洋史、特に中近世ヨーロッパ史を題材に書いた作品に良書が多く、最近だと 『小説フランス革命シリーズ』 や、古いのだと 『双頭の鷲』や『傭兵ピエール』などは今でも他人に薦められる作品と思っています。

それらとも比較しての今作、古代ローマ題材としては『カエサルを撃て』・『剣闘士スパルタクス』に続いての三作目となりますが、今までの2作がウェルキンゲトリクスやスパルタクスなどの反体制派と言うか負ける側に立って描写していたのに対して、今作は題名こそハンニバルですが主人公は最終的に勝利をおさめるスキピオのほう。ちょっと読んだ所でなにこれタイトルだけか、大体にして表紙からして視点がローマじゃないの。ハンニバルもっと描けよと。

やや脱線した。

佐藤賢一の作品はどちらかと言うと、最初は弱い立場であったり世の中の反主流派に身を置いている主人公が、権力や強い方に対して悩みながら挫折しながら立ち向かい、それをひっくり返していく痛快さに面白いところを見出す事が多く、実際佐藤作品でいうと私生児の傭兵や、容姿が怪異で母親から見放された怪物ゲクランや、離婚裁判で弁護人のなり手がないくらい追い込まれた王妃とその弁護人などが主人公となって来ており、今作もスキピオ含めたローマがハンニバル軍に負け続けていく過程で義父を失い、父と叔父を失いながら敵将に学んで最後はイベリア攻略やザマの戦いでひっくり返すという基本線は踏襲しています。

一方で今作のスキピオが情けないのは最初の方だけで当初から成功者の片鱗が強く出ており、なおかつハンニバル側の描写がラスト以外殆ど無いに等しいので『カエサルを撃て』ほどの読み応えを感じられないように見受けられます。作品の構成もカンナエの次がイベリア攻略&ザマ編で、その間となる数年間のローマ史上でも屈指の逆境がすっ飛ばされている。逆にハンニバルの方は最後の方でちょろっと感情を現すところも見せるけど基本的には人外っぽい扱いでこれは相当に物足りない。まあ、カエサルを撃てのハゲ親父描写が素晴らしすぎるとも言えるのだが・・・。

それからこの時代・地域の歴史小説として、今から20年ほど前に出た塩野七生の『ローマ人の物語』にも、第二巻に副題がかなり似ている『ハンニバル戦記』 がありますよね。当然このタイトル被りは著者も出版社も承知のうえで出しているでしょうから、これとの比較もしてみましょうか。まず大きく違うのは佐藤賢一の方は図を全く使用せずに活字のみで書き切っている所で、逆に塩野七生の方は図解満載でそれ故にか小説なのにあたかも歴史書として捉えられてしまうくらいの情報量となっており、ちょっとローマ寄り過ぎるんじゃないのとは思うものの題材の良さもあってシリーズ全体の中でも屈指の良作です。私も後者の方は今でも旅行にいく時などの移動時の読み物としてチョイスしているくらい。

ただまあこれは、著者ではなく編集者と予算の差とも言えなくはない。

それから、佐藤さんは今回歴史的な状況描写も入れてはいるけどやや少なめ&人物主体で古代ローマを取り上げており、人間描くほうは今作でもさすがと思うけど、それで地名人名戦況などを理解し作品に没入できる層がどれだけ居るのかな、と言うのはちょっと疑問で、塩野作品やそれ以外の資料を既に読んでいなかったらこれ面白さ半減以下じゃないのかなと感じるんですよね。
これは塩野作品でも最近目立つ傾向で、「これこれの話は以前○○という作品で書いているのでここでは省略します」的な不親切さは個人的にちょっとどうかと思うわけで、読み手がわかってる前提で書き進めるには古代ローマはけっこうハードル高いと思うんですよね。もうちょっとページ割いていいから、値段高くなっていいからそこも書いてよという感じ。こういう知ってる前提で書き手が状況描写を抑えても読み手がついていけるのって、日本の戦国時代、もっと言うと織田信長や秀吉周辺で起きてる事くらいじゃないのかなと。


そこら辺も含めて、★をつけるなら5段階評価で★★☆☆☆
星2つがいいところじゃないかなーというのが一読目の評価。
佐藤作品は平均で星4つ以上が普通についてくる作品が多いので全体としてはちょっと低めでしょうか。

個人的には、今作と対となる形で主人公ハンニバルに置き換えて、BC216カンナエ以降の、最大の勝機を得たところから徐々にカルタゴ側の戦況が悪くなっていく段階をテーマにした佐藤賢一の作品をもう一冊読みたい。いやいや、別に私がハミルカル・バルカの名でブログ書いてるからだけじゃなく、佐藤さんの真骨頂はむしろそっちじゃないのかなと思うんです。



おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/02/16(火) 15:38:29|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

三国志13メモ その1

都督はつらいよ


先週発売された三国志13。
11時間ちょっとやって、初回プレイのシナリオ1で天下統一してみました。

開始から7~8年程度での達成で、今作は統一まで年数も所要時間も従来より短い感じ。
信長の野望・創造も流れに乗ると結構一気にクリアまで行く作品でしたがこっちもそう言う方針か。
過去作品だとどうしても終盤が作業になってしまうのが宿命でしたので一つの答えなのかも知れませんね。

それから今作にはチュートリアルを兼ねた英傑伝という短編シナリオがありそれでシステム覚えていくのだけど、これがまた結構長いので4~5話目くらいで本編のほうに転向することに。初回は色々知るためのテストプレーを兼ねているのでまあ失敗してもいいかと。
以下はその初回レポート。



シナリオ1・黄巾の乱(184年開始)
選択武将 賈詡 
所属勢力 董卓
難易度 中級

(統一までにやったこと)
・在野から最寄りの董卓陣営に仕官する。
・依頼頑張ってこなして功績上げる
・季節ごとの集計で功績1位取って報奨金と特別提案(出陣か外交)の権利取る
・空白都市への出陣提案して占領しまくり&功績稼ぎ&褒賞金もらう
・貯めた所持金で各地の安い銘酒を買いまくる
・劉備に銘酒贈って信頼上げた後、絆クエスト達成して 『人徳』 スキルを伝授してもらう
・成都、襄陽、汝南あたりの人材埋まってる都市に行って探索提案→在野発見→登用提案を繰り返す
・人材登用で功績ドカンと稼いで重臣→軍師ポジションに
・更にガンガン人材発掘して陣営の人材不足解消を図る
・黄巾党が滅亡する

ここまでは楽なプレー。
人徳スキルは初対面の相手に紹介状も宴会(要5日+金100)も不要でアポ無し訪問できるので登用が早くなって便利です。
西暦180年代で劉備(+関羽張飛)の他に人徳スキルを持っているのは、張角・張魯(宗教指導者)や孔融(孔子の子孫)・荀攸(潁川人脈の名士)・劉虞(王族)といった相当な人物くらいなので、伝授されたばかりのランク1でもけっこう貴重です。
恐らく文官でも武官プレーでも人徳の取得は出世や勢力拡大より優先すべきか。
問題はここから・・・。

・二~三品官くらいに出世したら南方都市の都督に任命される
・董卓が将軍職から公に出世したあたりで大都督(官爵のほう)に叙任される
・董卓が支配都市のほとんど全部を丸投げしてきやがる
・評定で李儒が無茶な出兵案だしてきやがる
 (他の武将と関係構築してないので自分の提案は全然通らない)
・一定以上の身分の武将を各都市の太守に任命する
・兵糧はいつの間にか各都市に平均して配分されているので前線都市主体に再配分する
・兵力は都市にひも付きなので、後方の都市から優先して出兵する
・集めた兵力で目標勢力を攻略
・肉屋(何進)が十常侍に暗殺されて袁紹がブチ切れ報復イベント開始
・董卓なにもせずに長安・弘農・洛陽を支配下&何進陣営の人材まるごと頂く
・呂布が丁原殺す
・曹操が暗殺未遂事件起こして逃亡旗揚げ
・反董卓連合軍が成立
・さくっと曹操滅ぼす
・献帝が董卓に譲位して後漢王朝が滅亡し 「夏」 王朝が成立

・あとはひたすら武将配置と兵糧の再配分と上がってくる提案承認
・孫堅と関羽張飛にそれぞれ兵力10万近い都市に篭もられたので、ひたすらすり潰す
 (今作は武将の身分と官位で指揮兵力の上限が決まるので、部隊を壊滅させても兵力ある限り何度も復活する)
・敵から出た7万くらいの部隊を兵糧切れで壊滅させる
・再配分と再配分、あと再配分
・最後は囮部隊で都市から釣り出したあとに逆方向から別部隊に出兵元の都市を攻略させる
・河北を攻略して天下統一


三国志13_01

だいたいこんな感じ。
ここまでの初回プレーで思いついた点としてはこの辺。

・人徳ゲー、今作ひょっとして劉備が爆上げか。
・武将は質より数でも押しきれる、蔡和蔡中でも役に立つ
・出陣すると政庁コマンドが使えない、政庁に篭ると戦場で指揮会戦できないジレンマ。
・都督以上で都市任されているはずなのに物資は勝手に再配分されるので終盤は兵站屋になる。
・引きこもり君主、いつ謀反起こしてやろうか真剣に考える。
・軍師ポジションが一番楽なので戦略レベルでは知力>武力か。
・武将ゲームと謳われつつ、なにげに君主プレーのほうが面白そう。
・折角の一枚マップなのに移動は都市を繋ぐ道に依存しており、かつ描画が無駄に重い。
・上記理由により進軍ルートが決まっているので通せんぼ・釣り出しといったAI対策は結構効く。
・いったん交戦状態になると撃破するか退却しか出来ないので、敵の大部隊を拘束して兵糧攻めできる(逆もある)
・だいたい統一まで10年位で終わるのに、ゲームオーバー条件の西暦350年てどうやるのか謎。
・朋友と莫逆の友・・・・スタッフは原哲夫か隆慶一郎ファンですかね。
・会戦時の敵AIが弱すぎるので、多少の兵力差は会戦で逆転可能、城攻めも会戦推奨か。
・会戦時の包囲殲滅たのしい。


最初から遊べる出来ではありますが、長く楽しむには細かくバランス取りしないとまだまだ駄目じゃないかなあ。
根本的な所でいうと絆を謳う武将ゲームのはずが人間関係そこまでなくても統一まで行けそうで、
中小君主の際にどこまでその辺が重要なのかもうちょっとやってみて確認したい所。
あとは難易度を上級に上げた時にどこまで強くなるかですね。
初級は流石にぬるすぎてプレイ記録を埋める目的以外だと最初から非推奨。

この辺を踏まえて現時点での私の評価は100点満点で45点くらい。
ク○ゲーではないけど佳作でも良作でもない。
ただ、小まめに直せばかなり良くなりそうな気配はありますね。
そこは期待してます。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/02/04(木) 14:19:12|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第58回奨励会三段リーグ戦

竜馬がきた


今回のテーマは将棋の奨励会三段リーグ戦です。
半年ごとに実施されて上位2名がプロ四段・C2組に上がれる最終関門で、
この所ちょっと面白いと言っては人生賭けてる奨励会員にはいささか失礼ながら、
実際かなり興味深い展開になっているので取り上げておきたいと思います。

(日本将棋連盟・第58回奨励会三段リーグのページ)
http://www.shogi.or.jp/kisen/shourei/sandan/58/index.html

今期58回のリーグ戦で上位を走っているのは、
・10勝2敗 渡辺和史 (前期03位) 豊川門下
・10勝2敗 都成竜馬 (前期17位) 谷川門下

以下は
・9勝3敗 2名
・8勝4敗 5名
・7勝5敗 3名


そう、3年前に奨励会員ながらプロを連破して新人王戦で優勝してニュースにもなった都成竜馬三段が、
リーグ戦の終盤に入った今もトップを争う展開に。

都成三段は谷川浩司会長のお弟子さんであり、
当時の新人王戦の表彰式で 「まさか弟子を表彰することになるとは」 と、
普段は紳士の谷川会長がものすごい照れ笑いしてた写真が印象的でした。
名前も良いし本人も男前なので結構応援している人も多いと思います。

都成三段は1/17で既に26歳を迎えており、『満26歳の誕生日を含むリーグ戦まで(連続勝ち越し条件で最大29歳まで)』という年齢制限の関係で負け越したら即退会というほんと人生かかった勝負どころ。過去に次点1回取っているので 『上位2位でC2四段昇段又は次点2回でフリークラス四段昇段』 の規定により次点でも昇段条件クリアですが、前期の成績が上から17番目だったこともあり、そうそう楽な展開ではありません。なにしろ上記の5敗以下で残っている12名のうち、都成三段の前期成績は下から2番め。

今までのリーグ戦結果の傾向で言うと13勝5敗以上が必要で、そのうちの前期上位2名が頭ハネで四段昇段というケースが多いため、当確ラインは恐らく残り6戦を4勝2敗の14勝4敗。3勝3敗だと13勝5敗となり、前期成績により次点未満となる可能性が残ってしまいます。尚残り6戦のうち、上位との対戦は現在9勝3敗の石川三段(前期22位)のみのため、直接当たる2/21はかなり重要な一局に。



(女性&中学生三段)
次に女性として初めて今期から三段リーグに挑戦している里見三段。
体調不良から復帰して以降の女流棋戦では勝ちまくっており、リーグ戦はここまで4勝8敗。
初挑戦でしかもけっこう上位と当てられているので、この成績でも相当頑張ってると思います。

それから来期は同じく女性の西山三段と、昨年秋に史上最年少の13歳2ヶ月で三段昇段した藤井聡太三段もリーグ戦に参戦するとあって、これまた今期以上に注目が集まることになりそう。特に藤井三段は小学生の時にプロ棋士も参加する詰将棋選手権に優勝したりもしていて、見た目まだまだ子供なのにほんと只者でない感じが漂っていて、久々に中学生プロ誕生かと、これはもうどうしたって期待してしまいます。
そう言えば今年は秋から『3月のライオン』がNHKでアニメ化されるようですし、10月以降の藤井三段は今より更に注目されるかも。


おしまい。


2/8追記
昨日の奨励会三段リーグ戦で都成三段が連勝して、遂に12勝2敗で単独トップに立ちました。
逆にそれ以外の上位陣が結構負けたため、残り4戦で2勝すれば2位以内が確定。
また彼以外に可能性を残している5敗以内同士の対戦も4戦あるため、13勝3敗でもかなり有力な状況に。
次回の例会は2/21です。


テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/02/02(火) 09:25:54|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

1582年 真田家やってます 続き

北条さんは内政チート


1/10に始まった大河ドラマの 『真田丸』 
あれのマップ、なんだか信長の野望みたいだなーと思って、前回書いたようにちょくちょく創造PKを起動しています。
三国志13は武将ゲームで3月発売の戦国立志伝も武将ゲームなので、何気に信長・創造PKは息が長くなるかもね。


1582年・真田家・上級で開始したときの情勢。


創造_真田_1582-1

どこかで見たようなマップ。

今回の大河ドラマではNHK側に信長の野望チームの協力が有るとのことで、
マップその他の3DCGデータが毎回使われてますよね。
創造やってない方も結構いると思いますが、ゲーム側のマップだと上のような感じに。

開始時の勢力は、上田城(本城)と沼田城(支城)の2箇所のみ。
しかも上州の沼田城と北信濃の上田城は山道6箇所を越えた距離にありほぼ孤立状態。

このシナリオでは、スタートと同時に戦国伝・『表裏比興の者』 が開始され、条件は織田家と同盟を結ぶこと。
武田方なのに織田と通じろっていうね・・・。

スタート時点の周辺との外交関係は、
武田が同盟、上杉が信頼、織田が興味、徳川が普通、北条が普通、姉小路・佐野・結城が敵視。
周囲で外交が通用しないのは飛騨の姉小路と沼田城付近の北関東勢くらい。

大名である真田昌幸本人が外交術を取得しており、
尚且つ真田家は工作効果が上昇する固有政策「表裏軍略」を保有しています。
真田がこの先生きのこるには外交が命なので、民忠+などの政策ではないけどこれは後々結構効いてきます。

さて開始時点ですが、駿府館、飯田城、木曽福島城からの軍勢が武田領に向けて進軍開始しています。
それに伴い武田家から高遠城に対する援軍要請が来るのですが、これを承諾しても織田勢が高遠城に接触した時点でイベント発生で仁科盛信が自刃し高遠城が落城し、更に2月の戦術ターンで武田家が滅亡、武田領は織田・徳川に分割されてしまう。


んで実際の展開。
西に織田・南に徳川、南東に北条、北に上杉が居るこのシナリオで最弱勢力の真田が伸びるには、何度かやってみて恐らく北関東を制圧するしか無いと思われます。またイベントをどんどん進行させてしまうと第一次上田合戦が発動して徳川と北条にボコボコにされて詰む。なので、イベント進行をギリギリまで遅らせつつ、その間に勢力を伸ばして少なくとも北条と殴り合えるだけの兵力を整えると言うのが基本方針になるでしょうか。

この方針に沿って進めると、第一次上田合戦の発動前でこんな感じに。


1582真田上級-01

1582真田上級-02  

開始から4年で北関東→葦名→佐竹を併呑した段階が上の情勢で、この時点での国力はだいたい北条の6~7割くらい。結構いい線いってるかと思いきや、実際は本城の兵力が倍以上違うのでまだまだ勝てません。北条は平地で人口増えやすいだけでなく政策でも民忠+にしやすいので、例えば小田原城などの動員兵力が既に13000超えてます。近畿東海より人口爆発してるってどういうことよ・・・。

さてこの後、上杉と同盟結ぶと第一次上田合戦イベントが発動して、上田城に徳川が、沼田城に北条が攻めてくるので、それを撃退するのが次の目標になりますね。方針として徳川とは婚姻結んで羽柴家に対抗するので撃退すればOKで、あとはこの時点で北条の兵力を如何に削るかがポイントというところ。

続きは次回に三国志13書いた後かな。


おしまい。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/02/01(月) 10:45:36|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。