打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

10年経って


いつの間にかアクセスカウンターが7桁に近づいてます。
次に更新する時までには突破してると思うので先に書いちゃう。

つらつらと10年ほど書いててここ数年は更新頻度も落ちてますが
ここまでお付き合い下さいまして皆様有難うございます。

わたしの性分的に将来いつの日か更新を停止するときは
放置せずに自分で区切りつけると思いますので生存確認も兼ねてるかなと思ったり。
リアル知人も読んでますからね。

それとブログ内のリンクですが、どこかで一回整理するかもしれません。
既にリンク切れてる所だけですが。
そもそもリストに上がっているのは全て知り合いか相互で載せている方だけですし、
故人となっている方もいらっしゃるのであのリンクのリスト自体が私にとっては思い出だったりします。
ヘンリーさんのブログとかまあ、絶対消さないですよね。


さてここからは平常運転で。



GeForce GTX 1070/1080登場


約2年ぶりに更新されたNvidiaの新世代GPU、Pascal。
前世代Maxwellの同クラス帯との比較ではおおよそ1.7倍程度の性能だそうですね。

GeForce GTX 970/980もここ数年では相当に優秀なグラボでしたが、
そっから更にとなるとこれは更新考えている人なら買いでしょうか。
私自身、いまの970はPascalが出るの分かってて去年買ったので結構気になってます。

個人的に今回はメモリの搭載容量が前970/980世代と比較すると2倍の8GBに増えたところと、
HBM2(超広帯域メモリ)実装が評価ポイントで、
GPU自体の速度よりも近年問題になってきていたデータ転送速度の面でも
手を打ってきた所が大きいかなと見ています。

とにかく出力する相手(モニタ側)の高解像度化が進んできていますから。
なにしろ4K5Kどころか、更には8Kなんて超々高解像度の液晶パネルが出てくる状況だと、
8GBのHBMメモリで実際どうなんだろうって世界・・。
実際、いまCore i7 6700K+GTX970→4K+FHD液晶でゲームしつつ動画出力していると 「処理落ちしてるのかなこれ?」
って状況がままありますので、性能に対しての要求は既に中位~上位クラスのPCだと出ている気がします。

ただまあ、前回の970では約半年後にメモリ仕様の問題が出てきたように、
すぐと言うよりは少し様子見たほうが良いかもしれませんね。
取り敢えずクリスマス商戦くらいまでにはタマも増えるでしょうし、
この後AMDも出してきますからそこで再評価しても良さそう。



第1期電王戦 第2局


コンピュータの優勝ソフトと、トーナメントを優勝したプロ棋士が対戦する第1期電王戦。
今日は第2局の2日めで、昨日は矢倉なのか角交換なのか謎な出だしからお昼ごろには早くもPONANZAが仕掛け、
角交換したところで封じ手。

しかし山崎八段、普通コンピュータが相手だと少しの不利がじわじわ形勢に影響するので
自玉はしっかり囲って置きたくなると思うのだけど、50手進行したところでいまだに居玉。
既にソフトの評価値はマイナス300点近いのに、やっぱりこの人は普通じゃない。

それと対コンピュータ戦、人間同士だと呼吸というか意思疎通みたいなものがあって、
特定の出だしは特定の戦型に進む(最初の数手で中級者程度でも戦型はわかる)のだけど、
相手がコンピュータだとその辺の常識は通じないので序盤に結構負荷掛かる感じがありますね。
スペックが全然違うとはいえ将棋の何倍も手が広い囲碁ですら既に人間が負けている状況で
ちょっともう人間が勝つのは厳しいのかもしれませんが、
何かしらの見せ場は作って欲しいなと、山崎八段が持つある種の変態性にちょっと期待しています。


そう言えば先週日曜の夜にNHKで放映した人工知能についての番組に
羽生名人(現在は王位・王座・棋聖を含む四冠)がメインでほぼ全編出ていて、

「強くなる、と言うのは考えないで良くなること」
「強くなるほど最初から考える幅を狭くできて、その分深く考えられる」

という主旨の発言がとても印象的でしたね。
計算能力ではコンピュータにかなわない人間がどうしてある程度対抗できるのか、
将棋は日本独自ではあるけど数百年に1人くらいの存在である羽生名人ご本人がはっきりと答えを出していて、
かつ人工知能側からのアプローチもしっかり追っており、あれは中々の良番組でした。



ヴリトラ売り


大航海時代Onlineは収奪イベントやってます。
戦霊とセフィロト以外はそれほどの強さではないけど消耗は激しく、
目いっぱい作ってあったはずの部品が結構減ってくる。

それもあって昨日はベルゲンでヴリトラ像を出品していたら、一日で数十個売れてましたね。
木材は現地で売ってるしガーネットはテラノヴァ沖の開拓街で産出しているので量産性も高く、
大成功品だけ選別して普通のは全部売りに出しても良さそう。
イベント的にも、船首像だけまともだったらあとは店売り品で充分なので需要は結構あるってとこ、か。

あと収奪で取れてくるキャッツアイ、あれも10個たまるとガルーダ像の材料になるので、
キャッツアイと交換でガルーダ作る身内サービス?はじめたり。
工芸錬成してあると大成功した時の耐久が上振れするため大成功品の多くが84/60のMAX耐久で上がってきます。
ちょうどいま大海戦やってますし結構嬉しいかも。
このイベント3週間もあるのでもうちょっと生産体制作ってみようかなあ。

それと収奪イベント、論文でるところで幽霊船に奇襲されて、
粘ってたら特製2層大型船体と、女性整髪その5をドロップ。
普段あんなところで粘らないので知りませんでしたが、白海の例のポイント以外にも出るんですね。


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/05/22(日) 09:11:15|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

戦国立志伝やってます

あれ仕様じゃないのかよ・・・



3月末に発売された、『信長の野望 創造 戦国立志伝』

これ事前の情報などから個人的にはかなり期待していたのですが、面白い面白くない以前に発売当初から余りにもバグが多すぎてゲームとして成立していない状況で、更に直近の(ver.1.0.3)アップデート以降ではプレイヤー武将が軍団長以上になると頻繁に落ちるようになり、
毎月セーブしないと不安でプレイできないなど、今では散々な評価に。


私はというと初回は太原雪斎を使用、三河・尾張・美濃・南信濃・甲斐を制圧したあと、大坂の陣イベントを試してみようと思って真田信繁プレイで戦国伝・大坂の陣イベントを完遂(連続イベントの各会戦勝利の結果により徳川家康、秀忠、伊達政宗を討ち取る)してみたら、真田信繁&大助が豊臣家じゃなく上田の真田家に帰参してしまい、その後に出世して沼田城→厩橋城を与えられたけどあれえ・・という感じで中断。

つか1615年以降って戦国期の有力大名やその配下(例えば徳川四天王とか全員居ない)がみんな引退か死亡している為に、相対的に真田家の武将の能力が突出していて信濃・上野方面で無双できてしまい大坂の陣を達成してしまうと後はあんまり面白くない気がする。

んで今は1540年代の村上武吉を選んでやっているところで、開始2年めくらいに村上家が毛利家に滅ぼされて毛利元就の配下となり、そこから出世したら故郷の能島城城主に任命されたので村上海賊の一門武将を集める&能島を要塞化してみようかと。
実際、今作では海戦名人の特性をもってると海路上での戦闘でスキル「安宅船」発動して相当に強くなるため、海路が多い西国地方だと海賊武将ってかなり使えるんですよね。(対毛利家だと相手に同じく海戦名人持ちの乃美さんが居るんだけど) とりあえず先週から四国制圧の最後として三好家攻略にかかり、昨日までで四国→淡路島→畿内に上陸して岸和田・有岡・信貴山あたりまで抑えて三好家を滅亡させた段階。


そして本日5/9付けでアップデート(ver.1.0.4)を迎えたわけですが
修正された項目、まだ内容しか確認してないけどちょっとこれは・・・。



以下の改善、不具合の修正を行いました。

≪改善≫
・提案コマンドの「攻略」で、プレイヤーが城主の場合は軍団長に昇格しないよう改善
・Steamの実績取得状況に合わせてプレイ記録を復元するよう改善

≪不具合修正≫
・海戦中に季節が変わると進行不能に陥る不具合を修正
・騒乱が発生すると進行不能に陥る可能性がある不具合を修正
・「本能寺の変」発生後のカメラの挙動を修正
・領地リセットボタンの設定がセーブデータごとに保存されない不具合を修正
・4/27配信パッチ以前のセーブデータにて、勲功増加量が不適切な値になる場合がある不具合を修正
 (本アップデート以前のセーブデータをロードした際に、勲功増加量の設定を初期化するか選択肢が表示されるようになります)
・城主の地位で捕縛した武将を登用した場合、大名の配下になってしまう不具合を修正
・チュートリアルを「家臣」で開始すると「投資」コマンドが実行できない不具合を修正
・その他、表示などの不具合を修正




え、これ今まで仕様だと思っていたんだけど不具合だったのかと。


と言うのも、城主以上に昇進して自分の部下を持てるようになって以降、
配下を増やす手段は概ね以下の4種のみ。

①提案コマンドから発言コストを消費して、家中から与力武将を貰う。
②他家の忠誠低い武将を調略で引き抜く。
③仲の良い武将の嫁を貰う&娘・息子が元服するなどで血縁武将を獲得。
④浪人の登用

つまり戦争して功績を上げても勲功と発言コストは増えるものの、直接武将を登用することは出来ない。(と思われていた)
例えば他家を攻略する目標を与えられその家を滅ぼして大名を含む所属武将を大量に捕縛した際は、従来は全て所属大名の配下になるため、領地が増える速度に配下武将の数が追いつかず、本拠地以外の内政なんか後回しで戦争か調略要員に使い、他家の武将を引き抜くゲームと化していた訳です。


それが実は不具合だった、と。
おーい。

んじゃ本来なら長宗我部家や三好家の武将総取りできたのかよと。
つか多大なコストと時間かけて引き抜きする必要ないじゃんと。

これゲームの進行速度を含めて戦略そのものが全然違うんだけど・・・。
いやーびっくりびっくり。

うん、最初からやり直そう。



おしまい。

テーマ:戦略SLG - ジャンル:ゲーム

  1. 2016/05/09(月) 18:23:24|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。