打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

三国志ONLINE サービス終了へ

遂にこの日が・・・


あちらの公式サイトに遂にこのお知らせが来ていました。
以下はGamecityの告知文の抜粋です。



http://www.gamecity.ne.jp/sol/developer/info.htm

平素は『三國志 Online』に格別のご愛顧を賜り、心より感謝申し上げます。

本タイトルは2008年2月29日より皆様のご支援をいただいてサービスを続けてまいりましたが、このたび2010年7月19日をもちま して、サービスを終了することとなりましたので、ご報告いたします。

『三國志 Online』は当社の代表作である『三國志』シリーズの名称を冠し、500人vs.500人でくり広げられる“合戦”など数々のコンテンツを盛り込み、 三国志の世界を皆様に楽しんでいただけるよう開発及び運営を続けてまいりました。このたび本タイトルにつきましてはサービスを終了し、今後はコーエーテク モゲームスとして新たな「三國志」のゲーム世界を皆様にお届けするための挑戦をしてまいります。
これまでご愛顧いただいたユーザーの皆様には、厚く御礼を申し上げますと共に、何とぞご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

今後の予定ですが、これまでの皆様のご愛顧に感謝の意を表すべく、各種キャンペーンやイベント、アップデートを実施する予定です。また、 2010年6月17日よりサービス終了まで、プレイ料金を無料といたします。

今後の日程について
2010/05/19(水)  体験版登録終了、プレイチケット・スターターチケット販売停止
            10時30分時点で有効なアカウントの期限を2010/06/17に延長
2010/05/20(木)  ファイナルキャンペーン開始
2010/05/27(木)  5月アップデート実施、最終イベント開始
2010/06/17(木)  無料期間開始、ファイナルキャンペーンパワーアップ
2010/07/19(月)  最終ライブイベント、サービス終了
2010/08/05(木)  サポート終了

購入済みの各種チケット、パッケージ及びアイテムシリアルについて
・適用していないスターターチケット、各種プレイチケット、シリアルを使用していない製品パッケージ=返金○
・適用済みのプレイチケット=返金×
・アイテムシリアルの適用期限は一律2010年7月19日まで。
・2010年5月19日 10時30分時点で『三國志 Online』の有効な製品版アカウントの所有者
=『信長の野望 Online』、『大航海時代 Online』、『真・三國無双 Online』
  のスターターチケット及びゲーム内アイテムなどを無償にて提供。


サービス開始より2年と少し、運営を続けてこられましたのも、皆様の温かいご支援によるものです。
βテストの頃より、皆様から多くのご意見をいただき、ゲームをより良い方向へと進化させる貴重な経験ができました。開発・運営チーム一同、厚く御礼申し上 げます。
今後はこの経験を生かし、さらにお楽しみいただけるオンラインゲームを創り出してまいります。

残り2ヶ月あまりとなりましたが、皆様に最後までお楽しみいただけるよう、関係者一同尽力いたします。
今後とも、コーエーテクモゲームスに変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


『三國志 Online』 開発・運営チーム一同



三国志ONLINEはクローズドβテストの頃から参加していて、
途中でジャンヌさんやカトルさんが入っていた呉の部曲に入れてもらったりもしましたが、
あの妙に酔いそうな動きに最後まで慣れずにいつの間にか行かなくなってしまいました。

結局課金しないまま終わってしまうことになってやや残念に思う半面、
決算報告が出た後の早めの(?)決断としては、まあ止むを得ないかなあと言うしかない。

素材そのものとしては誰もが認める看板タイトルなのだから、
これで終わりとせずにまた何か三国志テーマで出してほしいなと思うのは私だけじゃないはず。

他にも5/10の決算短信で 『BASTARD!! -ONLINE-』 など不採算案件を整理したとかも報告には出ており、
こうした状況でDOLのほうに開発リソースが向くのか分かりませんが、

オンライン・モバイル事業では、既存タイトルのランニングコスト削減をはじめ、収益性の高いビジネスへの選択と集中を進め収益力改善に努めます。ユーザー拡大施策を継続的に実施するとともに、市場動向を鑑み、コミュニティを重視したコンテンツのラインナップを充実させることで新規ユーザーへの訴求と定着を図り、新たな成長の原動力といたします。(平成22年3月期 決算短信P4より抜粋)

この方針がどこへ行くことを意味するのか、
残された信ON、DOL、テクモ系のモンスターFも含めて今後1年間の動きを注視する事になりそうです。

一個一個のタイトルは当然評価もするし時には辛い事も言うけれど、
何だかんだ言っててもこれまで20年以上もファンな事には変わりないのですから。
ほんとコーエーがんばって・・・。





おしまい。

FC2ランキング02
 
最後にぽちっ と。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/05/13(木) 15:31:05|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<商会コミュニティの変革 | ホーム | フォルモサ資料-3>>

コメント

三国志オンラインは

合戦以外のコンテンツを早期に成熟させれなかった開発陣の無能が招いた事なので、大航海時代と比較するのが筋が違う。
やるなら信長オンラインでしょう。
大航海時代は今の光栄にとって最後のドル箱のはずだけど、開発をチョンに委託してるのとバランス感性が欠落というかラリってるレベルなので、そこが懸念。
大航海時代まで潰すようならこの会社にも未来はないでしょう。
  1. 2010/05/13(木) 21:46:09 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #/.OuxNPQ
  4. [ 編集]

三国志オンラインはオンラインゲームとしての独自性がなかったような気がしますねー。
信長もゲームシステムとしては、よくあるゲームとかぶるところがありますので、よっぽどがんばらないと厳しいところ・・。
(日本風というところが独自なんでしょうが・・システムはありふれてるんだよね)
DOLはその点、システム的にもデザイン的にもオリジナリティが高いのでいけそうですね。
  1. 2010/05/14(金) 09:05:36 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

通りすがりさん>>
めけさん>>

こんにちは。
これだけ多くのタイトルが溢れている状況だと、
オリジナリティは確かに相当大きな要素になってきますね。

その点、もともとDOLはMMOの中では特異な存在というか、知的好奇心の刺激と言う点で他に代わる存在がちょっと見当たらず、ニッチ層の受け皿としては結構理想的だったと思います。

2005年当時に50代60代の方でも違和感なく始められるタイトルなんてそうそう無かったでしょうし、歴史や地理素材を持っている事はイベント化するにも有利ですしね。
戦闘についても 『船』 を主体とした戦闘システムはそれだけで(これは戦闘機や戦艦を操るNFやHISとかもそうだけど)多くの狩りゲーとは独自性において優位にあったと思います。

ただし、ONLINEタイトルの宿命として常に変革ないしコンテンツの追加を求められる中で、新しく導入した物から狂いが生じるリスクを抱えるのは、DOLのように色々な優位性や独自性を持ったタイトルでも避けられない事なのでしょう。

El Oriente以降に行われた様々な変革やコンテンツの追加のうちのいくつかで、結果として変更や改善でなく実質的なキャンセルが出てしまっている点は、その悪いほうがいささか多く出てしまっているなと感じざるを得ません。

それに対して圧倒的に深く、しかも自腹切ってコンテンツの消化を追求しているプレイヤー側が積極的に改善の要望を出すのはすごく大事な事と思います。(見切り付けるのもまた自由ですけどね)

これは果たして良い事なのかどうか分かりませんが、DOLの運営はまだ話が通じると言うかユーザー側の声が一定の影響/反映されるタイトルだったりしますので、ここではこれからも思うところを忌憚なく書いて行けたら良いなと思っています。

ここを読んでいる方からも、言葉は選ぶにしてもいろんな意見を出して頂けるのは書いている方としてはヤル気出ますので引き続き宜しくお願いします。

  1. 2010/05/14(金) 18:47:18 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

開発は一応KOEIな三国無双オンラインも思い出してあげて
三国志も信長もMMORPGにするには難しい素材だと思う
有名武将のいる世界にプレイヤーが入り込むのはいいけど
有名武将の扱いに困ると思う
クエストや町のNPC扱いにしたら三国志や戦国の世界でなくてもいいように思う
ボスで出せばいいかってなると敵でしか出ないのかって事になるし
援軍で出てきてあっさりやられたら納得はしないだろうし
じゃあ武将がプレイヤーに魂が宿ってとかなると
同時に何人もいるとおかしくなったりとかね
どちらも戦争や合戦が切り離せないし
どういう風にゲーム化するのか難しいように思う
信長や三国志が未だに続いているのが不思議です。
  1. 2010/05/15(土) 01:16:07 |
  2. URL |
  3. ななし #-
  4. [ 編集]

3月の戦国祭りにも出てたのに何と言う諸行無常・・・とかDOLは高みの見物するどころじゃないですよね。
EOになってからの「韓国ゲー」化がひどい気がしますが、このままだと1年後には赤枠アイテムを課金販売しそうで怖いです。
とりあえず私は赤枠の大砲(その他)強化アイテムというのが導入されたのを知って、非常に萎えました。
ネガティブですみません><
  1. 2010/05/15(土) 01:32:04 |
  2. URL |
  3. ロ(ry #aoeeH.Ps
  4. [ 編集]

ななしさん>>
そういえば無双の存在が若干飛んでたな・・・。
まあそれはともかく、史実ベースだから世界設定とかには恵まれているのだろうけど、確かに三国志は登場人物の魅力あっての部分が大きいですね。

そこをどうプレイヤーと関わらせるか、更にどう戦略面にまで拡げられるかってのは武将プレイの出来るオフライン版7・8・10あたりですら課題だったと思います。
んでまあ、今作ではそこをあまり掘り下げずに合戦主体のデザインから拡げ切れてないからか、戦略的なコンテンツ面の消化不良はすごい感じます。

ロryさん>>
FS造船も甲板戦も、それから南蛮貿易あたりも色々言われててもまだ修正可能と思うんだけど、あの強化アイテムだけはどうにもバランス破壊する以外の出口が見えず、ほんと止めた方がいいんだよなあ・・・。

消耗・破損したら痛いだろうから大海戦や大会以外ではそうそう使う人いないでしょうが、果たしてあれ使って貫通力1000以上のカロネ5基揃えたとして、使って撃沈増やした人はそれで満足するのだろうかと。
しかも撃沈された相手からは 『ハイハイ良い大砲使ってますね、強化乙w』 と思われて次回から徹底的に忌避されるだけじゃないのかなあ。
これが軍人なら自分も導入して対抗するかもですが、もうそうすると一般層との乖離が今以上に起きるのが目に見えそう。
ああ、わたしも結局ネガで〆てるな・・・。
  1. 2010/05/16(日) 13:39:56 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

OE導入によってこの先起こりうるであろう惨事を…容易に想像出来てしまうだけに怖いです。
私の周りでも、熟練者は皆この話題は腫れ物的に避けてますね。

半年後、「失われた半年」と嘆いていそうな自分がいて怖いです。
だからこそ、要望で危機意識を日々KOEIに叩きつけています。
  1. 2010/05/17(月) 00:31:02 |
  2. URL |
  3. 模擬軍人C #-
  4. [ 編集]

模擬軍人Cさん>>
模擬やってる人からしたら、ほんとにどう扱うか困る要素と私でも思いますよ。

大海戦のような不特定多数を相手にする場合はまだしも、5対5となるとほんのちょっとの差が決定的な影響を及ぼしますよね。そこに例えばカロネとキャノンでそれぞれ貫通1100とか1500以上に強化した人が1人以上いたらそれだけで、うーん、まともなゲームとして成立するのかちと怪しくなる気がします。
個人的には、『船・武器・兵装で強い物が出てもPスキルと戦術でカバーできる範囲に収まってるからDOLの洋上戦は面白い』 と思っているので、そこを逸脱する物はどうしても何か違うと思ってしまいます。

とはいえ、実際やられたら悔しいから、続けるならいずれ用意だけはしないとなのかなあ・・・、
完全に拒否するかも含めてほんとどう対応して良いのか悩みますね。
  1. 2010/05/18(火) 11:54:15 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1033-0c82fe86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
8位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。