打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

滞在型活動圏の形成

人口移動の先に


先週後半から東南アジア~東アジアをウロウロしています。
NOTOSでは週末に両海域が安全化したため、日曜などはどこも人がすごく多かったですね。

今回の目的は交易のレベリングを主体に、南蛮の呼び出し褒賞狙い。
台湾は安平の交易許可までは取りました。

水牛いいですね。
台湾→東南アジアのあの距離で30K売りが可能なのはけっこう美味いと思う。
1艦隊で1回平均30M、相場と交換比が良いと40~60Mくらいの利益が出るときもあり、
無理して40Kゾーンまで足を伸ばさなくても回転で充分いけると思います。

先に南蛮貿易OPの船を作っておけば良かったかなとも思いましたが、
このペースだと日本も含めてあと10回転もすればカンストするからまた今度で。
利益が出る分、交易LVだけやたら上げ易くなってますがいいのかしらん。

まあ、滞在しているとその分カテ紙の消費量は半端じゃなく多いですね。
今は1で医薬品、2で工業・鉱石・嗜好品、3で火器、4で香料・貴金属あたりを軸に、
在庫とイベント次第で2だけ減ってく事がないように買い付けしています。
工芸/鋳造系の生産者としても一番汎用性が高いのがカテ2ですしね。
台湾の場合、鉱石・工業品・嗜好品などわりと普通の交易品のレートが結構良く、
それが一層カテ2需要に繋がっている気がします。

さて、本題。

あっちに行ってると海事・冒険・交易各職問わずに知り合いも多く来ていませんか?
滞在していると色んな要素・情報・入手物が得られるから、結果自分も行ったほうが面白い。
それが更に人を呼んでいる副次効果を生んでいる気がします。

背景としては、交易でも冒険でも 今までこの世界では『ヨーロッパ←→どこか』という設定が非常に多く、ヨーロッパ圏以外で完結した活動圏というのはポルトガルのインド交易圏を別にするとほとんど存在しなかったのが、東アジアの実装で交易・冒険・海事・陸戦も絡めた総合的なコンテンツを1海域の中に包含している地域が生まれた事でしょう。

冒険・海事・交易・造船などで皆が成長途上であった頃だと、かつてはカリカットがそれに近い位置にありましたが、現在ではかなり閑散としている所をみるとその地位は完全に失っています。
今のところはまだ海域の変動次第で集まったり分散したりしていますが、東アジアが今後、チャプター3・4で西側の拡張により更に充実してくるとその活動圏の形成ぶりは一層目立ってくると思います。

で、そうなると起こるのが(既に起きつつありますが)ヨーロッパ本国の人口減少。
特に高LV帯の、それもアクティブな人でその傾向が強くなりそう。
別に良いも悪いも言う事ではありませんが、
これが新しく始めた人への到達目標になるのか、
逆に成長の阻害要因になるのか、実は結構気になっています。

これから夏~秋にかけての拡張でどういう効果が出てくるか、
単に 『あれが追加された』 という視点以外でも見るべきところはあるかなと。



(昨日の呼び出し褒章)
紋付羽織袴
なつめ
馬上筒
印籠
馬上筒


なんだか呼ばれる回数が多かったのだけど、くれるものが微妙だ・・・。
具足一式揃えるのに呪符あと6枚集めたいんだけどなあ。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっと参加中です。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/06/08(火) 07:26:21|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<呪符5+3+3 | ホーム | 大戦略WEBの国別評価-3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1047-eaf958ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。