打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

サンジョ大海戦で思う事

導入


今回の大海戦、
NOTOSイスパはお休みだったので土日はポル陣営の提督茶に入れて貰って支援艦で参加。
主にNPCのPOP場所と数、戦場ごとのPC艦隊数、上位艦隊の所在、
海域別の人数差などの情報を出しつつ、物資艦として現場をあちこち回ってました。
その中でいくつか気付く事、思う事ありますので私的整理も兼ねてまとめておきます。

まず個々の情勢で見たところはこんな感じでしょうか。


1.参加人数
勝利ポイントが昔より3000~4000点低いのはEl Oriente導入後から変わらず。
いや、戦場がやや遠いのと土曜日まで無法化していた為か更に減り気味だったかな。
合計7000ポイント台は今年最初のFS大海戦だったジェノヴァ戦に近い数字でしょうか。
最近戻してきてましたが今回は海域の広さもあってまた少ない印象。

現場の検索人数だと、アビジャン1港しかない黄金海岸でイング陣営の人数が明らかに少なく、
いても上位艦隊ばかりというのが目立ってましたね。
あそこ主体で動いていたポル艦隊は多分苦労したろうなと。


2.参加者層
個別に見るとポルトガル陣営はNPC狩り、雑食、商会艦隊などもけっこう居て、
対人メインの上位艦隊も数個艦隊とほぼバランスが取れている感じ。
今回マディラ集合というのがけっこう不便で、
艦隊編成をあまりしていられないというのは見てて野良参加の人には辛かったかも。

対してイングランド陣営は確かにNPC狩りらしい艦隊も居る事はいたものの、
全体としては「ここは対人やれるよなあ」って艦隊ばかり。

で、結果どうなったかと言うと、
恐らくほんとに最精鋭と思われるのはイング・ヴェネ側で3ペアくらいと見ましたが、
ポル側の雑食・商会主体の艦隊がそれ以外のイング対人艦隊に対してどうも分が悪い感じ。

更にポル側が明らかに人数多いから戦闘できずに遊弋している所、
アビジャン付近では数艦隊まるまるNPC探して無駄足踏んでいる局面も見受けられました。
他にもNPCのPOPにかなり偏ったバランス取りが出ていた等の要因はあったものの、
これが初日と最終日、圧倒的に人数で上回りながらも大型で巻き返された原因と見ています。

普通だと日曜日あたりでNPCのPOPにバランス調整が掛けられるので、
対人だけでなくNPC狩りがどれだけ出ていたかも結構影響するんですけどねえ・・。


3.船
最終日の中~大型戦は1時間ほど掛けて特定の艦隊を2~3戦づつ観戦してました。
その中での感想としては、
まず模擬やってる人や良く見かける方はさすがに全クラスとまでは行かなくても、
けっこう新仕様で船作って来てたなあ、これがまず一点。

重フリゲートをOPスキル1個だけにして装甲上げ上げで来ていた某ポル艦隊の旗の人とか、
新仕様で砲門+連携スパゲにしていた人とかいい船乗ってる人は乗ってます。
チャプター3の実装からわずか10日足らずで対応してきたのは実際のとこ感心した。
これが自分だったら朝鮮から帰ってきて2~3日位では多分間に合わなかったろうなと。

次にこれに対して商会艦隊や雑食気味の艦隊だと、
船のデータみると戦列だと春先に出た斬込み+ポンプ仕様までは見るのだけど、
EO導入直後の仕様で作ったきりの人もおり、新仕様のFS船となるとほんと少ない。

やっぱり対応し切れてなかったなあ、というのが現場での感想で、
流石に12・2・7月と7ヶ月で3回船の仕様が変わったら金の掛かる海事船は厳しかったのかも。


(予想と今後)
んでまあ、ここから先は実際に戦ってないので予想に過ぎませんが、
対人でちゃんと新仕様船に対応している方が多い所は、
やはり大砲もそれなりに強化対応して来ているんだろうなと。

通常の艦隊だと、まあ勝ててなかったですね。

そもそも船の耐久が大幅に上がった時点で、普通の人で編成された艦隊と軍人さんで固めた艦隊とでは「まぐれ勝ち」要素が減った分だけ勝ち負けがハッキリして来てはいました。そこに技術、船、装備に加えて大砲まで要素として出てきた事で、新仕様に対応する準備をした所とそうでない所とでは、よりハッキリ差が出つつあるのが今の状況でしょうか。

例えばウチの商会員同士だと、私でも「まぐれ当たり」で商会の軍人の方に勝つ時もあったのだけど、
恐らくもうそんな事はありえんなと。

今回の海戦、
恐らく強化砲の導入が本格化した最初の大海戦になったのでしょう。
それに加えてわずか10日前での新仕様船の導入。

その中でキッチリ対応してきた所とそこまで熱くなれなかった方、
個々はともかく艦隊レベルで両者に明確な差が出てきたとすると、
これはもう今後の大海戦の参加傾向と戦術にも影響を与える気がします。



(強化手段の追加は?)

某4亀のインタビューで出ていた
「新しく強化する手段を設ける」
これがどこでどんな手法で出てくるかというのはそう言う意味では興味ありますね。
ダンジョンか生産スキルか冒険か、それとも資金力で解決できるのか、
何かしらの出口が予告された事で待ちになってる人もいるかも知れません。
ただまあ、これはもう少し先、少なくともチャプター4以降なのでしょう。

そうなると少なくともあと数ヶ月は今の仕様のまま戦う事になります。

その間、
「技術以外の要素で負けるのは嫌だ」
と、今回の結果を目の当たりにして改めて対応しようとする人は出て来るでしょう。
でも今の入手仕様で参加者がみんな強化砲をガチガチに上げてくる筈がありません。

「負けても楽しめればいい」 
こういうスタンスで勝ち負け以上に貴重な対人イベントとして大海戦を楽しむ人もいます。
強化アイテム以外の部分でやれる事はやろうという人もいるでしょう。
船だけでもだいぶ手間掛かりますしね。

もちろん、「もういいや」とか「しばらく様子見」という方もいるでしょう。

そんな感じでこれから数ヶ月は色んなスタンスで海戦に向き合う人が出てくるかなと、
改めて予感させられた今回の支援参加でした。

私は、どうするかなあ、
実はそんなに醒めてなかったりする。
強いなら是非戦ってみたいなと思いましたもの。

まあ長時間アイテム取りに費やす労力は中々取れないので、まずは船の再整備からでしょうか。
さすがに今年中にもう一回仕様変更が来るというのは考えなくていいか、な???
実にあやしいw


おしまい。

FC2ランキング02
 
↑最後にぽちっと。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/07/27(火) 20:51:56|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<サブPCの製作タイミングは | ホーム | 海域オセロゲーム>>

コメント

お疲れ様です。
敷居という意味ではとっても面倒な事になりましたね…
専業軍人でない人に大海戦に出ようと声を賭け辛くなってしまっています。

鍛錬具の入手拡大という小手先の対策も疑問です。
いよいよ16門砲にしなかったツケが回ってきたのでしょうか。
  1. 2010/07/28(水) 02:20:13 |
  2. URL |
  3. 愛国者B #SFo5/nok
  4. [ 編集]

いろいろとありがとうございました。

ポルトガルがお休みのときはお手伝いに呼んでください(・∀・)
  1. 2010/07/28(水) 08:30:19 |
  2. URL |
  3. アイノ #-
  4. [ 編集]

愛国者Bさん>>
最近気になってるのは、強化アイテムだけじゃなくてブースト品のインフレ傾向もその一つ。
以前の感覚からすると、水平+2弾道+2の武具、砲術+2のアクセ(一昨日発表のあった貫通鎧もそうかな)などと言うような装備が出たらそれぞれ1個だけで大騒ぎになっていたレベルの存在じゃないかなと。
(まあ、強化造船や強化大砲の存在が先に来てるとそれほどのインパクトではないですが・・。)

船の耐久・旋回強化に対抗する手段としてのスキル強化・装備バリエーション拡充という方針だったら案外悪くなかった気もするので、16門砲の存在も含めてちょっと惜しい事したかも。

海戦への参加については、指摘されているように恐らく意欲を失う層も出て来ているでしょうが、今回のように支援で参加していた側としては気楽に出てして欲しいなと願ってます。
ガチで勝ち負けやりたい人は・・・、まあ新しい仕様に対応し続けるか止めるか、どこかで選択するほか無いかなあ。


あいのさん>>
提督茶や艦隊編成など、色々お疲れ様でした。
参加させて頂きましてありがとん。
このデータはありがたく対ポルトガル戦に活かさせて頂きますので(ぇ
まあ次回も手伝うので機会があればよろしくー。
  1. 2010/07/29(木) 09:52:26 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1079-5b495be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
309位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
15位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。