打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

8月の新ライセンスと今後の方向性

新世界への序章


時々書いている大戦略webの記事です。

大騒動となった8/19~20のリスタート告知→取り消しから一週間。
何事もなかったかのように8/25に月例のアップデートが行われ、
今回も各国に新兵器ライセンスが追加されましたのでざっくりと評価入れてみます。
その後、昨日になって今後の方針とアンケートの告知があったのでそこも記述入れました。



【陸上兵器】
97式歩兵戦闘車(CN)
評価D
2 近 3 39 6 X /0 14 53 42 14 0

占領用の車両で火力2あるのはそれなりに優秀なのだけど、
普通は開発2段目&占領2&速度7のWZ-551があれば用は足りる気がします。

97式歩兵戦車


99式自走榴弾砲 (JP)
評価C
2 長 3 35 5 4 /0 0 44 60 19 0

長距離射程の自走砲で火力2は今となっては非力。
ただしこのカテゴリの中では最も高い命中率がある設定なので生産時間と資源次第。
まあ、M109とM110が作れるJP国にこれ要るのか疑問なのだけど・・。


T-80U (RS)
3 近 4 56 6 3 /0 9 66 59 25 0
評価B+

遂にRS国にも第三世代戦車が登場。
これまで旧式のT-72の存在は万能型で低コストなRS国のほぼ唯一の弱点でしたが、
このT-80Uの登場でほぼ穴がないラインナップとなりました。
性能そのものは火力3耐久4ですから各国主力MBTの火力3耐久5にはまだ及ばないのだけど、
生産コスト78-20-21-30、生産時間2:02と、70%程のコストと時間しか掛かりません。
これなら余裕で使い捨て出来ると言っても良く、
鉄資源が貴重な初期の生産や、対人戦での緊急生産など結構持ってると重宝しそう。

T-80U.jpg


K9 (KR)
2 長 3 32 6 3 /0 0 44 60 19 0
評価C+

これも先ほど出た99式自走榴弾砲(JP)と同じく長距離の自走砲。
性能を比較するとこちらはM109とほぼ同等でやや命中率・回避共に低いですね。
その代わり移動速度が6と言うのは自走砲としてはこれが初。
高価なMLRSやグラードの代わりにこれでテロ基地狩りにというのは充分行けそうで、
開始初期~中盤の戦術に多少幅が出そう。
またコストがメガ兵器より安く、使い捨てるつもりで敵後列をつぶす役目とかにもいけるかな?
こういう同系兵器の中で速度のあるタイプは個人的に結構好きですね。


M109A6 パラディン (US)
2 長 3 33 5 2 /0 0 44 60 19 0
評価D

1960年代から使用している旧式の自走砲M109。
もうアメリカ以外の導入国でも退役間近で後継機種のクルセイダー等出てきているため、
それの導入が進む間の繋ぎの改修措置が施されたのがこのM109A6パラディンです。
改修が施されたこのM109A6パラディン、
弾道計算の演算ユニットと射撃管制システムを導入しているため非常に運用に優れており、
更に砲身が変更されて短時間の射撃開始と連射性を備えるに至っています。
ゲーム内の能力設定はM109から数ポイントづつ向上していますが、
火力が2のままなので生産する必要があるかと言うとちと動機付けとしては弱いかも。


【航空機/ヘリ】
MiG-31 フォックスハウンド (RS)
3 長 3 43 10 3 /70 32 0 0 0 0
評価S

火力3の長射程戦闘機は、F-14トムキャット、MiG-25フォックスバットに次いで3機種目。
MiG-25の後継機種と言う事で順当に性能を伸ばしてきてますね。
特に回避力43は長射程機としてはかなり高く、火力あたりのコストも結構安い。
やや弱点に見える対ヘリ命中率32%もMiG-25から10ポイント以上も上げており、
不安ならフランカーやファルクラムSと組み合わせてもいいかも。
まあ、性能面ではいろいろな点でトムキャットを上回ってますね。
しかしこうなるとUS側がどういう対抗機種を出してくるか楽しみになったなあ。

MIG-31 フォックスハウンド


F-15K(対艦) (KR)
6 長    3 40 10 4 /0 0 0 0 63 0
評価B

長距離射程の対艦攻撃機としては、
JPのF-2対艦、USのF/A-18ホーネット対艦、EUのミラージュ2000対艦に続く4機種目。
F-15をベースにしているだけあって回避40は一番高く、このカテゴリではほぼ最高の性能が。
ただまあ、火力だけなら轟作対艦の120、P-3Cの60、Tu-16バジャーの50などがあり、
海賊狩りだけならあえてF-15で対艦攻撃機を作る必要があるかは微妙なところ。


JA-37 ヤクトビゲン(制空) (EU)   
2 長 3 40 10 2 /75 61 0 0 0 0
評価C

ヤクトビゲンはスウェーデンのSAAB社製の戦闘機ビゲンの迎撃機タイプ。
世間一般的には自動車メーカーとして知られるSAABの社名ですが、
元々は軍需部門がその出発で、現在自動車部門を売却して軍需・航空専門会社となっています。
それにしてもスウェーデンの兵器あたりも入ってくるのがEUのある意味いい所ですね。
いずれグリペンとかも出てくるのかしら。

さてこのJA-37ですが、カナード(前翼)+デルタ翼(三角翼)と機体形状が非常に特徴的。
更に短距離離着陸が可能なSTOL機でもあり、有事の際は高速道路からも離陸・迎撃出来るとか。
元々1960年代開発の機体なので回避・命中共にそれほど高い性能を与えられていませんが、
こういうのは図鑑に入ってるだけでも嬉しい存在ですね。
あと、(制空)と書いてるから後で攻撃機も出て来るのかも知れません。

それとこのビゲンの登場、ある種の予感を覚えるのは私だけでしょうか。
EUで恐らく後々登場するであろう最新鋭戦闘機たち、
NATO共同開発のユーロファイター・タイフーン、
それからフランスのラファール、
これらの翼面形状はビゲンのカナード+デルタ翼に影響を受けての物で、
それらを登場させる前提じゃないのかなと。


F-15C(制空) (ME)
2 長 3 44 10 2 /86 67 0 0 0 0
評価A

汎用性の高いF-15戦闘機がこれでKR国に次いで2機種目の長射程タイプで登場。
しかもF-15Kより回避が1高く、旧西側兵器の長射程戦闘機としては最高値。
流石にSu-27フランカーの48には及びませんが、全体でも2番目の高さなので結構強いと思います。
但しME国はMiG-29S、MiG-23、F-14と長射程戦闘機を既に3種持っており、これで実に4つ目。
対ヘリ性能ならMiG-29Sの方が10ポイント以上高いのでこちらを選ぶかなーと言うところ。
これくらいの機体をEUやJPでも登場させてくれたらいいんだけどなーw


武直10型(対地) (CN)   
2 近 3 26 7 2 /0 0 74 66 45 0
評価C+

CN国の実際には完成→制式化→配備までされたかどうか微妙な最新鋭攻撃ヘリが登場。
各国の攻撃ヘリの強化が進んでいる中でCN国だけやたら弱かったのだけど、
性能はだいたいコブラとガゼルの中間くらいで特に軟車両に対しては最も高い命中率。
コストも安いのでテロ狩りにはまあまあいいんじゃないかなと思う。
あとはこの機体も(対地)扱いなので将来(制空)タイプが出るのかどうか注目でしょうか。

武直10型(対地)



【洋上艦/潜水艦】

アーレイバーク フライトⅡA (US)
30 中 41 38 6 3 /76 68 0 0 0 78
評価A

イージス搭載艦だったアーレイバークの改良型。
兵装が減らされた代わりに対潜ヘリのシーホークを積む為の格納庫が付いたタイプです。
ハープーンミサイルが排除された為か射程が長→中に短縮化され、
火力も落ちましたが対潜性能が付与されて開発時間とコストも下がってますね。

中射程・高空・ヘリ・対潜性能と言うと、
JPの「むらさめ」、RSの「ウダロイ」、CNの「杭州」がこれに当たるのだけど、
むらさめは火力30・高空55・ヘリ45・対潜78、
ウダロイは火力20・高空75・ヘリ70・対潜75、
杭州は火力100・高空14・ヘリ20・対潜80、
こうしてみるとフライトⅡAは対空性能に優れているのが分かりますね。

この性能だと海賊狩りには向かなそうだけど、
対人やる時に大量投入したらこの火力と命中率はすげー脅威かも。

アーレイバーク フライトⅡA


たかなみ (JP)
20 近 35 40 5 3 /73 60 60 72 54 0
評価B

耐久35・回避40はこのクラス(DD)としては異常なまでに高い数値で、
特に回避値は全艦艇中でもType134Aゲパルト、はやぶさに次いで第三位。
むらさめ型の後継として兵装も万能型でコストもそこそこ、
結構良い船と思うけど足の遅さはちょっと残念でしたね。
現在自衛隊ではこのたかなみの後継計画が既に始まっており、
昨年既に基準排水量が5000トン級に引き上げられた1番艦が起工されています。




【新システムへ?】
さて、今月のアップデートのあと運営から新システムの導入に向けたアナウンスがあり、
現在それに対するアンケートが行われています。
主な仕様変更の素案は以下の通り。


(リスタート条件)
1)マップ   =新マップを導入。
2)基地    =最初から作成し直し。
3)オーナー名 =変更OK、旧オーナー名の他者使用は禁止。
4)兵器生産国 =変更OK。
5)連合    =所属なし状態へ。
6)士官    =士官引継ぎOK、但し無条件引継ぎ数は上限設定し、それ以上はRM使用。
7)士官LV   =士官のLV上限が20→25へ引き上げ。
8)ライセンス =所持兵器ライセンスの引継ぎは各1枚のみOK。
9)プレイ履歴 =兵器図鑑・勲章はすべて引き継がれる
10)チケット等 =兵器チケットや所持RMなどのアカウント共有資産は全て引き継ぎ。
11)統合    =2つ以上のワールドを統合してオーナーはどちらを引き継ぐか選択。



こんな感じで、前回の発表時よりはだいぶ緩和された条件になっています。
新マップの導入は結構大きなインパクトあって目玉になるでしょうから、
やっぱり難しいのはバランス取りでしょうか。

ライセンスや士官引継ぎは既存者にとってはありがたい一方で、
その条件だと新規者が参入して追いつけるかというと結構厳しいと思います。
そうなると新規者は統合鯖よりも既存の新鯖あたりで参加しようと思うでしょうから、
新規参加者へのアドバンテージ要素も入れた方が良いかなというのが私の見解。

例えば新規参加時の兵器チケット数の増加や、
スタート時にレア☆2くらいまでの兵器ライセンスを数個程度は選択して取得できるとかね。

まあ何れにしろ、相当に煮詰まって来ている今の1~2鯖の状況を考えると、
どこかでリセットかける必要はあると思います。
運営的にも古い鯖ほどRM使用が減るでしょうからねw


おしまい。


FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろすくー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/08/29(日) 15:22:10|
  2. 大戦略WEB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「龍の大地」 予約動向アンケートを実施します! | ホーム | 龍の大地>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1095-46aa2768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。