打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

大海戦が予告されたらどうなる? 他2編

予告先発


公式でTGS2010に合わせて9/17(金)~19(日)で大海戦やるよと告知きましたね。
大海戦の日程が投票候補地の決定日前に発表されるってのはちょっと記憶にない。
で、これがどういう影響を及ぼすのでしょう。

・参加予定が立てやすい
 これは働いている人も学生さんも同じですね。
 開催日の告知は早ければ早いほど調整しやすいですから。


・参加人数は増える
 事前に予定が分かっていれば減るって事はないでしょうね。


・生産・編成準備がしやすい
 スケジュールの調整がしやすいと、自然と出る艦隊の編成も前もって立てやすい。
 生産物資や造船・スキル調整も週末が二回挟めるならかなりやりやすいですよね。

・開拓地
 やる週が判明していればそれに合わせた中枢化ができるのでこれは特にありがたい。


・投資戦略に変化が?

 1)大海戦の攻撃国は順番で確定している。
 2)残り2カ国では同盟港が少なく、投票先がほぼ限定される。(小国ターンのみ)
 3)攻撃/防衛国が決まれば組み合わせもほぼ想定できる。
 4)組み合わせが想定できれば勝敗もほぼ想定できる。
 5)勝敗が想定出来るなら開戦前に海域全体の影響変動を誘導する戦略的な投資ができる?
 
 という論理は果たして成り立つのでしょうか?
 まあ半分以上は妄想ですがw
 これ実際はオスマンの参加陣営次第でかなり変動するのと、
 相手がある事なので個人~小人数で出来ることには限りがありますから、やろうとしてもハードルは高そう。
 
 とは言え事前行動を工作と見るのか政略と取るのかという点はありますが、
 何がしかの事前行動が出来る事については間違いなく、
 色々な意味で今回の発表とその結果は注目かなと。

しかしまあ、
こうしてみると事前告知は毎回やってくれた方が全体としてはありがたい気がする。
開催告知日と投票対象港の確定日(火曜日のメンテ明け)が分離して、
告知が前週末辺りになるだけでも相当に便利になるかなと。




公式で販売開始

現在アンケートを実施している 「龍の大地」 パッケージ。
公式のショッピングサイトでもようやく予約受付が開始されましたね。
私はというと、ポイントが10000点以上貯まっていたのでそれ消化で1本追加購入。
これで当日の到着分は確保っと。
残念ながら先行予約特典のポイント+2%を付けてくれない定価販売ですね。
他での予約状況が良好なのだろうか。

ところで他のショッピングのページを見ていて思ったんけど、
「三国志Onlineスターターパック」 はさすがに降ろしたほうが良くないかこれ・・・。

http://www.gamecity.ne.jp/servlet/Goods?id=3




優れたAIを実現させるために



さて次。
4Gamerに載ってたので読んでみて、思わず 「おっ」 と思ってしまった。


「どんなにAIを煮詰めても,現状では開発者が考えるベストなAIの,7割程度しか実現できない。
しかもゲームの仕様はタイトルごとに異なるため,普遍的なアルゴリズムは存在しない。
では,優れたAIを実現するにはどうするか? 
それは,開発者がゲームに精通して,普段から攻略法を見極めるための観察眼を養うことが大切だ。」


信長の野望・革新、三国志ⅨPK、企画/制作メインプランナー
コーエー ソフトウェア2部シニアリーダー 
入江禎之氏の講演より。

http://www.4gamer.net/games/105/G010549/20100901026/



これは至極真っ当、どちらかと言うとやってて当たり前なご意見ですね。
要は  「開発する人は自分でそのゲームをやり込め!」 ってのはこれAIに限らないでしょう。

現場を知らない人が経営や企画や技術開発で適切な判断やアイデアが出せるか、
と言い換えるならどの世界でも当てはまりそうでしょ?

ちなみに入江氏の経歴として上がってる三国志と信長シリーズ中の両作品、
シリーズ歴代の作品の中でも屈指の名作に挙げる人は多いと思います。
それくらい良く出来てるのは私も実際にプレーしてそう感じましたので、
 「あの作品の人か」というのはありますね。
特に三国志ⅨPKは確かに何度でも遊んでみたくなる作り込みがされていましたもの。

しかしまあ、
この意見はDOLやってる身としては中々複雑なものがあるよなあ・・・。





おしまい。


FC2ランキング02
 
↑ぽちっと参加中!


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/09/04(土) 15:40:43|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<チャプター4まで@1ヶ月 | ホーム | CPU+GPUで変わる2011年のPC>>

コメント

「開発する人は自分でそのゲームをやり込め!」 
入江禎之氏はよくわかってらっしゃいます。
DOLにとってはとてつもない皮肉ですが…

かのWoWでは開発運営全員にアカウント所持とプレイを義務づけているそうです。製品への愛が感じられますね。
愛しすぎてたまにGMとプレイヤーが仲良くなり過ぎて癒着を起こすとか起こさないとかw
  1. 2010/09/05(日) 02:47:35 |
  2. URL |
  3. 愛国者S #SFo5/nok
  4. [ 編集]

なんでもそうだけど
思い入れや好きじゃないと良い物は作れないとおもいます。
今のDOLの開発に欠けてるものですがw
  1. 2010/09/05(日) 09:22:14 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集]

MMO開発はどこも人手不足で残業だらけだそうですから、開発者が遊んでいる余裕は無いでしょうね。
人手を増やしたら採算がとれるやら、ですし。

あとMMOは(一応は)終わりが無いのと、プレイヤーから罵倒されながらの開発ではモチベも維持できないでしょうし。
  1. 2010/09/06(月) 10:41:32 |
  2. URL |
  3. NF #HX8EHCgA
  4. [ 編集]

愛国者Sさん>>
名無しさん>>
NFさん>>

コメントとしてはかなり長いですが予めご容赦下さい。

・人手不足で長時間労働→開発者が遊ぶ(仕事として検証する)余裕がない。
・遊ぶ(検証)したくても人手を増やす予算がない。
・MMOは継続的に更新するからキリがない。
・プレイヤーから罵倒されたら開発モチベが保てない。

これら一つ一つの状況は非常に良く分かるのだけど、
そこを理由に妥協してたら全体としては悪い方向にしか行かないと思われます。
(さすがに最後の指摘は無いと思うけど)


んでまあ、それを踏まえて評価するなら、
・問題発生~修正対応の状況を見ると、個々のリカバリーは結構やってると思う。
・El Oriente全体のバランシングも時間は掛かってるけどだいぶ良くなってきてる。
・顧客からの要望・批判についてはかなり取り入れている方と思う。

この辺は個人的にはラフロ以前程ではないにしても評価してます。

・事前検証と説明不足

ここが恐らく、
上の好評価しているポイントをかなり落としている部分じゃないでしょうか。
というか最低限のチェックが不足しているものを市場に出す時点で、
メーカーとしてはちと駄目なんだよなあ・・。
色々改善されつつある現状だと最低限のチェックと告知面のケア、
この二つが良くなってくるだけでもだいぶ印象違うと思うだけに非常に惜しい。


それとこういう話で毎回思い起こされるのが、
渥美さんの過去の講演(CEDEC2009)内容。
El Oriente発表会の直後に行われたこの講演の記事、
読んだ事のある人も多いと思いますが改めて抜粋してみます。


(まとめの8ヵ条)
1:今できること、仕込みを分けて考える
2:費用対効果の高い仕様を優先
3:必要な修正はためらわない
4:急激な変化を避け、段階的に対処
5:分析を徹底的におこなう
6:対策/対応の理由をユーザーにしっかりと説明
7:数年戦う覚悟を持つ
8:品質向上がすべて、すべてはユーザーの満足のため

(掲載記事)
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20090904_313144.html
http://www.gamebusiness.jp/article.php?id=320
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=15791&c_num=56


El Orienteの実装はこの2009年9月の講演から3ヵ月半後。

その後、
2010年2月にコーエーはテクモとの経営統合、
2010年3月決算(短信発表は5月)でOnline部門での不採算案件を整理、
2010年5月に三国志Onlineのサービス終了を発表と、
ここ半年でかなり状況が変化しています。

そうした中、昨年の講演時に挙げていた「検収班」、
これが今どう機能しているか気になる所ですね。
  1. 2010/09/06(月) 18:20:21 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1098-5b6b00fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
316位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
10位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。