打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

台風一過

まだ暑い日々が・・・


昨日のこと。
前日(一昨日)の夕方から台風&豪雨で土砂崩れし通行止めとなっていた東名高速は、
日が変わっても通行止めのまま。
一方その日は宇都宮まで行く予定で朝4時に起きて出社した私はというと、
東名の御殿場までと箱根が生きている事を確認して、敢えて東名高速の御殿場まで突っ込む事に。
実は御殿場からは箱根の仙石原~強羅~湯本へと抜ける峠道があり、
そこから小田原→東京に出ればいいかなと。
結局その日は3時間半ちょっとで目的地に着いたので逆に相手の人が驚いてたw
んでまあ、昨日なんとか夜までに東名箱根エリアも復旧して通行できたので助かりました。
作業員の皆さんおつかれさん。

そして今朝も6時出社で東京へ、ってさすがにこの日程はくたびれるな・・。
行く途中、東名高速上りの鮎沢PA手前のトンネルあたり通過する際に規制になってたので何かと思ったら、そこが土砂崩れの現場だったらしく、かなり遠くから土砂が流されてきた痕が見えてちと怖かった。(ちなみにまだ国道246は一部で通行止め)

足柄・箱根エリアの道路は元々雨に対する耐性があまり強くないのだけど、
今回のように最も災害耐性が強い(整備・補強が進んでいる)はずの高速道路が、
逆に真っ先に崩れてしまったというのは流石に珍しい。
まあTVでも流れていましたがあの濁流っぷりは凄かったですね。
今年の夏は雨量が少ないなと思ってましたがこれで平均化されてしまったのかな。


ああ、高速の話が出たついでに。
先日改修が終わって改装OPENした足柄サービスエリア(下り)、あそこがいま凄い。

これまで東名全線中の問題SAと前に書いた覚えがありますが、
逆にいま最も充実した施設になりました。
行楽シーズンでこれから高速利用者が増えると思いますので足柄の下りSAは是非一度お立ち寄りを。

元々温泉に入れるSAというのは面白い存在だったのだけど、
例えばネットカフェがあるSAってのはさすがに面白い。
しかも飯が安い。
他にも牛丼じゃなく天丼と10割蕎麦を売りにする吉野屋(D&C本物)とか、
富士スピードウェイがある関係かフォーミュラカーの展示(前もあったけど)あり、
聞いた事のあるショップが多数入っていてこれが見ていて飽きない施設になってます。

しかしあれだ、足柄SAでネカフェがあるとなると、
由比あたりで通行止めする等いざって時でもゆっくり解除待ちできていいのか、な?


おしまい。


FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろすくー。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/09/10(金) 18:28:43|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バザーを見直す話 | ホーム | 直撃コース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1101-a4ba010e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。