打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アムス証券取引所

久しぶりに戻って参加。


最初に買っていたロンドン造船株は50*2→150*2で売却
→50*4のヴェネ株に切り替えたのはいいけど、数日太平洋に行っている間にピークが。
次がチューリップバブルで爆発するかと見て 
→ヴェネ株-20*4で売却して差損発生
→ドミンゴ株60×4+アムス株80×4へ

所持金を全部株にしてしまったけど、
これ持ち続けてたらアムス株は例のアレで紙くずになるんだろうな・・・。
取り合えず情報屋は最後で裏切ると思いマス。


つか元ネタ的に東インド会社の社員も全く信用できないなあ。
あそこの株を投資家が空売りしまくったのが暴落の引き金となり、最終的に投資家の責任とした東インド会社と経営陣の責任としたアムスの証券取引所との泥仕合となったあの事件、史実をどこまで再現してくるんだろう。(1602年アムスに証券取引所が開設され、1637年にチューリップバブルが起きる前となる1610年に起きた話です)

ところで今回のイベント、
もうちょっとシステムを見直しすれば、恐らく一個のコンテンツとして成立するんじゃないかな。
たぶん相当面白いものができるんじゃないでしょうか。
例えば配当を変動性にしつつ、欧州内でも複数の銘柄を買えるように、
株価もユーザーの売買動向が影響するようにして、
元手は・・・いつ使うか分からん@ポイントあたりで。
これだけでもかなり幅が出ると思いますがどうでしょうね。


おしまい。


FC2ランキング02
 
↑ぽちっと参加してます。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/10/27(水) 06:55:30|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<大戦略webの新兵器評価 | ホーム | ドック拡張イベント@船窓>>

コメント

>もうちょっとシステムを見直しすれば、恐らく一個のコンテンツとして成立するんじゃないかな。
>たぶん相当面白いものができるんじゃないでしょうか。
私もそう思います!肥側もそういうこと考えてテストしてるのではないかと。。。
元手が@ポイントというのはアレですがw
  1. 2010/10/27(水) 10:35:00 |
  2. URL |
  3. 自堕落 #-
  4. [ 編集]

自堕落さん>>
元手の方はまあ、あまり考えずに書いていますね。
ただ、現金(ドゥカート)だと資金力で人によってあまりに違いが有るのと、儲け過ぎる仕様の穴が有った時に影響が大き過ぎてどうかなと。そういう検討の余地はあるのだけど、やっぱり導入されれば面白い要素になると思う。
  1. 2010/10/28(木) 09:10:01 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1126-04cbbcab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。