打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

医学の父

西洋医学の父 ヒポクラテス


101回目のエントリーとなる今回からは新カテゴリーとして、大航海時代OnlineのクエストやNPCとして登場する・又は今後登場するかも知れない、ちょっと気になる人物について随時紹介してゆきたいと思います。あんまり有名な人ばかり出してもアレなんでちょっと微妙な所も押さえて行けたらと思います。多少は時間の取れるときにボチボチ書きますんで改めてヨロシクです^^
では第1回目は、ある方面では神様だけど世間一般ではあんまり知られていないこの人を。



ヒポクラテス
  (BC460頃~BC377年_ギリシア)

(稀代の名医)
紀元前460年頃生まれたその子供は、後に全ギリシアの賞賛を浴び、絶大な威光を及ぼす名医となります。その子の名はヒポクラテス。エーゲ海の南東部・ロードス島の北西100km程にあるコス島で、代々医師の家系であるアスクレピアデス一族に生まれ、当然ながら一族の連綿と受け継いだ医術の知識を吸収して育ちます。あんまり生前の行動については記録が残らない謎の人ですが、アテネの哲学者プラトンはその偉大さを当時最高のギリシア彫刻の名匠フェイディアスと並び称しています。(ちなみに一族名の由来となったギリシアの神アスクレピオスはアポロの息子で医学の神様です)
後にペルシア王に宮廷医にと懇願されたり、イリリアの一部族に疫病がはやるとヒッポクラテスに治療の依頼が来るなど、その名医ぶりは他国にも鳴り響いていました。
更にギリシア諸都市の雄アテネと故郷のコス島に紛争が起こると調停を依頼されるなど、一介の医師に留まらない賢者としての名声を受ける事となりました。

ヒポクラテス01

(医学の父)
彼が『西洋医学の父』と呼ばれるのは、
『緻密な観察と診断によって合理的な治療方法を考える』
そしてなるべく
『患者が持つ自然の治癒力で回復を図る』 という、
現代医術では当たり前の手法を古代世界で初めて確立した人物だからでしょうか。なにしろそれまでの医術と言えば、「神に信託を」とか、「魔術の力で」といった怪しげな物でしたから。彼の残した医学書


ヒポクラテス全集01
『ヒポクラテス全集』

は一部散逸しているかも知れませんが現代でも購入可能な名著で(35,000円するけどね)、このヒポクラテスの医学の手法は以降数世紀以上にわたって医学の方向を決定付けてゆく重要な転換点となりました。
ヒポクラテスの影響は後に古代ローマの医学者ガレノス(AD129~210年)が学問としての医学知識を集大成するまで続きますが、先駆者としての威光はいささかも衰える事無く、現代でも


『人生は短く、技芸は長い』
『機会は逸し易く、試みは失敗すること多く、判断は難しい』


など多くの至言が残ります。
アテネの人から哲学者と見られたのもさもありなんと言った感じですね。


(出身地コス島について)
中世以降、東ローマ帝国からヴェネツィアに支配権が移り、後にコス島の南東にあるロードスの聖ヨハネ騎士団に売却されました。エーゲ海の要地にあることからヨハネ騎士団が退去した後はオスマン=トルコ→イタリア→ドイツ→イギリスと移ってゆき、現在ではギリシャに返還されています。現在でも騎士団時代の要塞が残り観光名所となっているようで、またコス島にはヒッポクラテス財団の本拠地が置かれています。


それまで怪しげな魔術の一種と考えられていた医術を、哲学に匹敵する緻密な精神と自然科学の活動としてまとめ上げ、西洋医学の先鞭をつけたヒッポクラテスの功績は絶大と言えるのではないでしょうか。




おしまい。

FC2ランキング02
ブログランキング参加中~
  1. 2006/08/11(金) 20:41:53|
  2. 大航海な人物伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<剣闘士スパルタクス その1 | ホーム | 100回目と1万ヒットの日>>

コメント

一回目からマニアック・・・・うはうへえへ。。おそらく知ってる人は100人中5人ほど?
  1. 2006/08/14(月) 02:59:04 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

めけさん>>
5人も知ってるかなぁ~という気がしますねえw
これからこの人物シリーズは、あんまり他のDOLブログで取り上げなさそうな人で、かつマニアック過ぎないところ狙ってを出してゆきたいなとは思っています。。
(とんでもなくマイナーな人を狙って出すのもオモシロイカモというのはありますが・・・)
  1. 2006/08/15(火) 09:31:11 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/114-a9236096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。