打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

開拓団は

いっそ・・・


あの一団、
いっそのこと入植後に全滅しましたとか、
第二次開拓団が到着したときには誰も居なかったとか、
そのくらいの非情な結末もそれはそれで歴史イベントっぽくてアリじゃないのかと思いつつある。
さすがにあれはバイタリティ無さ過ぎて移民に成功するとは思えんのよね・・・。

そもそも厳しい展開ってのは大航海シリーズではそんなに珍しくない流れ。
『大航海時代』 の第一作とかもっと厳しいオープニングでしたしね。

成功した航海者だった父ファブリスがインド行きの船を率いて出港したものの途中で遭難、
船も積荷も乗っていたフェレロ家の者も行方不明になって一族は没落、
後に残されたのは生き延びた老航海士1人(ロッコ)と最後の財産であるキャラベル船1隻。
確かこんな設定じゃなかったでしょうか。
船を持っている時点で金持ちだとは思うけど状況としては結構悲惨。
(Ⅲだと最初は船すら持ってない)
あれを考えるとイベントの登場人物はもう少し苦労させてもいいと思いますよ。

あとはイベントでの表現ももっと悲惨さ演出してもいいかなーと思う。
CEROチェック通る範囲で、ね。
最近の海賊イベントなどで捕虜になったとか積荷奪われたとか、
設定そのものはそれなりに厳しい状況にしているものもありますが、
グラフィック面やシナリオがちとおとなしくて緊迫感が足りないきらいがある。
海賊との対決が一騎打ちゲームとか、懐かしいけどさすがに緊迫感ないかと・・・。
挿入画でいいから襲われた感だしてくれるともっと良くなる気がします。


さて明日は恐らくワールドガイドの4回目発表。
追加コンテンツの核となる部分に迫ってくると思いますから、
次回はそれ見てから更新しようと思います。



おしまい。


FC2ランキング02
 
↑参加中です。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/02/07(月) 10:20:56|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<王立艦隊と要塞戦 | ホーム | あと18日>>

コメント

第二次開拓団が到着したときには

ロアノーク島植民地消失事件ですね。わかります。

まああの事件自体をライブイベントにするくらいのハードコアなセンスが運営にほしいと時々思ったりw
  1. 2011/02/08(火) 22:18:07 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの船大工(いつもの #DrTX19Tw
  4. [ 編集]

通りすがりの船大工さん>>
やっぱり気付く人はいるらしい。
題材としてはそれこそ色々使われた物ですので、イベントやクエストで出ても全然不思議じゃないですね。流石に史実そのままだと若干引くかもですが・・・。

今回のTierra Americanaは時代的にあれから数十年くらい経っているので、例えばあそこの生き残りが先住民に助けられて生存していて、その子孫が~とか、マイルドなシナリオでもどうにでも繋げられそうかと。
  1. 2011/02/09(水) 16:31:12 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1181-0968f845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
362位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
14位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。