打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリフィンの飛翔

何気にバルカ家指定紋章


『グリフィンの飛翔(ユーラシア考古学選書)』

出版:雄山閣
著者:林俊雄


グリフィンの飛翔02


前回に続いてユーラシア考古学選書シリーズから一冊、
中央ユーラシアの考古学研究で知られる林先生の著作を。

グリフィンというアジア地域の考古学資料を見る際に絶対に目にする動物文様を扱った書籍ですが、大航海世界の紋章にもそのモチーフは採用されていますし、広い地域へ伝播していることからも関係図書として紹介しても全く問題ないくらいに身近に感じる一冊と思います。

本書が特に焦点を当てているグリフィン(グリフォン)は、ご存知の通り鷲や鷹などの猛禽類と獅子の体を合わせ持った伝説上の合成獣。恐らく5500~5100年ほど前にメソポタミアで生まれたそのモチーフは、シリア・エジプト・ギリシア・クレタなど地中海沿岸へ、またカスピ海沿岸から中央アジア・インド~東アジアへと伝播して果ては飛鳥~奈良時代の日本へ到達するなどユーラシア全域に広まった結果、非常に広い範囲で独自の発展が見られる動物文様となるに至ります。


本書はそのグリフィンをモチーフとした出土品・資料・伝説などを時代・地域ごとに様々な例を紹介しており、一見すると単一テーマの書籍ですがその広範な出現例を追うことで単なる分野研究と言うよりユーラシア全域の古代美術造形を俯瞰できる、それこそ飛翔したグリフィンの視点のような大作となっています。
中でも東に伝わるルートの研究は欧米側の資料がほとんどなく、著者自身も中央ユーラシアの考古研究の1テーマとして立ち上げるに至る辺りは後書きに出てきますが、研究途上のテーマらしく各論噴出しているのを比較整理している第4~5章は非常に面白い。

いやこれホントにスケールでかい一冊と思うんだけど、そのわりに読み出すと一気。
最初は資料用として買っておいたのだけど、実際に届いてみると一日で読んでしまったり。
惜しいなと思ったのは一点、古代世界だけじゃなくて中世以降の展開を更に突っ込んでくれたら良かったなと感じる辺りで、この内容の濃さだと分冊しても充分行けた気がする。ただこれは著者の専門から外れていく方向なので、本書で興味持ったら自分で周辺資料探してみるべきなのか。


総合評価は★★★★☆

この内容ならかなり多くの人に薦めて良さそうですが、テーマ自体は狭い事と、動物モチーフでもグリフィンは好き嫌い激しい気もするので購入検討される場合は大きい書店で先に実物を見ると良いと思います。


グリフィン03
これはDOL世界のグリフォン紋章。
昔収奪でとったとき以来ずっとつけてます。


次回はもう少し時代が下った有名テーマの一冊を取り上げます。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑ぽちっとよろしくねん。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/03/15(火) 23:06:55|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<静岡県東部の地震 | ホーム | DOLがサービス停止期間入り>>

コメント

静岡の地震大丈夫でしたか?停電もあったみたいだけど…

あと日本に伝わったぐりぽんモチーフがあったなんて驚き。どれだろう
  1. 2011/03/16(水) 07:38:50 |
  2. URL |
  3. ちあの #-
  4. [ 編集]

さいこさん>>
ちあのさん>>
昨日の地震は本棚から何十冊か落ちたくらいで、
あんまり大した事はありませんでした。
同じ震度6クラスでも一昨年の方が激しかったかな。

それからグリフィン文様の一例としては、法隆寺の『四騎獅子狩文錦』(国宝)にある獅子グリフィン(頭が獅子)を挙げていたかな。
あの図で騎乗者は後ろ向きで射るパルティアンショットの姿勢を取っており、図案共々伝播してきたルーツが伺える云々と書いてあったような覚えが。

そう言えば書き忘れていましたが、著者は後書きで本書の執筆理由が元々は麒麟麦酒のラベルにある麒麟の由来を調べる事を依頼されたのが始まりとコメントしてますね。
  1. 2011/03/16(水) 19:22:46 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1202-4e703ca9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。