打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大海戦判定の問題

固定化する大海戦


来週の大海戦はN鯖とZ鯖でイスパニアが宣戦布告しました。
恐らく両鯖のイスパ国はアメリカーナ実装以降、これが初の海戦参加。
当事者としては喜んでおりますが、
大海戦の判定条件に関しては相変わらず疑問を感じる事もありますので、
今回は改めて問題提起をしておきたいと思います。


まず来週の大海戦で上位三カ国、
いわゆる大国開催はこれでほぼ出揃いましたが、
小国グループの開催は未だ発生していません。

小国といっても勢力4位国はそれなりに力の有る国が少なくありませんが、
どうして全く発生していないのでしょう?
そして大国グループでも特定国が連続して対象となる状況はどうなのか、
話を進める前に大海戦の判定条件を確認しておきますね。



(海戦の判定条件)

攻撃国の決定条件

防衛国の決定条件


まとめると、
1.攻撃国判定=国威が 『士気高揚状態』 かつ、敵対度が 『敵意』 以上であること。
2.防衛国判定=攻撃国の大小国グループ内で最も敵対度が高い国に宣戦布告する。



そう、このわずか二行の記述が、
大海戦の発生だけでなく投資行動にも多大な影響を及ぼしているのです。

この仕様、一見すると大国が小国に宣戦布告して大海戦の戦力バランスが崩れるのを防ぐ妥当な措置とは思うものの、果たして運営側はそこから別の行動制限が発生している事に気付いているのでしょうか?


(投資行動と対戦国の固定化)
NOTOS鯖を例としてみましょう。
今ヴェネツィアの国威が高いと出ているので、
ヴェネツィアが次の攻撃国となる可能性が出ています。

ですが、ヴェネツィアが敵対度を上げる攻撃投資相手としてフランスとヴェネツィアの同盟港がどこにあるかなーと見てみると、遠隔地の4箇所のみ。本命と目されるジェノヴァ・カルヴィなどのヨーロッパ圏が自国同盟港なので攻撃投資ができないのですね。
もっと言うと、もし残り4同盟港をヴェネツィアが全部取ってしまったら、ヴェネツィアは大海戦の目標港すら無くなってしまう。
となるとヴェネツィアと言うより、小国グループではむしろフランスかネーデルがヴェネツィアを攻撃投資に出てこないと、大海戦の発生そのものが難しい状況かなとも見て取れます。
そもそも特定国が攻撃対象となる設定で、同盟港が3箇所以下の場合に大海戦の投票が成立するのかしらという疑問すらあるのだけど・・・。


このように、他国の同盟港に大量の攻撃投資をするには、当然ながら攻撃対象国からも同盟港を維持するための防衛投資が必要で、しかもそれがかなり反復的に行われる必要があります。
この場合、旗が変わった時点で攻撃/防衛投資の関係は逆転し、今度は防衛側にも敵対度を上げる機会が発生しているので両者にはある種の共生関係が発生しているとも見られますね。

まあ本来なら投資は自国にとって必要な港の影響度維持・奪取を目的としたもので、こうした共生的な投資行動はやや目的から外れ気味かもしれませんが、大海戦の発生も所属国民にとっては間違いなく自国のメリットに繋がる行為であり、対象港の影響度を一定以上維持する事にも繋がり、投資への参加者も増えてくるので特に否定する要素ではないとは思います。


ただ、こうなると投資相手が固定される傾向は避けられないでしょう。
しかも継続的な反撃投資を期待する以上、他国領地のあるヨーロッパ近海で。

そして敵対度を上げるために結構膨大な投資力を必要とする以上、
どこか一カ国に目標を定めて投資するのが海戦発生の近道となってしまい、
更には大海戦中の対人結果も積み上げ要素となり、
結果としてNOTOS鯖の大海戦は対イングランドで集約してしまう、と。
こういうループ状態から抜け出るのがほんときつい。

これあと半年ほどで次の大規模アップデートが来るとして、
それまでに小国全てが大海戦で宣戦布告できるでしょうか?
既に黄色信号が灯っている気がしてなりません。


さらに言うとこれらの現象、
Tierra Americanaで大航海世界が17世紀に突入し、
旧国が領地を失い新興国が力を持ち始める時代設定がされたというのに、
小国と大国が投資でぶつかり合う展開、
それからネーデルやフランスといった海洋での新勢力が力を増してゆく展開、
これらが大海戦の発生条件の上では事実上否定されてる事になり、
個人的にこの点でも結構な違和感を覚えます。

ちなみに11/8のチャプター3実装では大海戦まわりの仕様は調整程度にとどまっており、
発生条件には手を付けられた気配がありません。
チャプター名称のわりに一部(特に海事周り)であんまり自由度のない仕様、
この辺りが今後どう判定されるのか、改めて注視したいと思います。


おしまい。

FC2ランキング02


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/22(土) 18:08:58|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ひらけ駒! | ホーム | Radeon HD7000シリーズは>>

コメント

同感です。
自由とは名ばかりの半ば拘束されてしまうシステムには悲しみを覚えます。

また、海戦の結果が国勢を大きく左右するようになった為、
直接的に海戦で戦闘をする人とその引き金を(実質的に)引く投資の人の利害が一致しなかった場合、
イベントそのものが残念な事になってしまいます。

実装して大分経ちましたがシステム的に未熟です。
国勢と戦闘をあまり絡めない、以前の持ち回り海戦の方が面白かった...
  1. 2011/10/23(日) 02:49:20 |
  2. URL |
  3. 愛国者F #SFo5/nok
  4. [ 編集]

地中海に同盟港持ったら(というか海戦海域内に自国領地が入ったら)負け、みたいな雰囲気になっているのが何ともかんともです。

投資の意味合いも、今までのような交易品の売り買いを有利にするためではなく、海戦を起こすためという目的に変えられてしまっていて何気に影響が大きい。今まで長年維持してきた旗を「海戦でそこ攻められたら不利になるから放棄しろ」と言われて論争になるとか、過去の協定で投資しないことになっている港でも投資で攻めないと海戦が起こせないとか、コミュニティ内でモメそうな要素ですよね。
  1. 2011/10/23(日) 22:58:54 |
  2. URL |
  3. まあと #mQop/nM.
  4. [ 編集]

愛国者Fさん>>
大海戦はホントある種のお祭りイベントから国対国のガチ勝負になりつつありますね・・。
個人的意見としては、海戦と国勢を絡めるのが運営としての方針ならそこはある程度仕方ないし、戦略性が出て来て発生までのプロセスを楽しむべきなのかなとはと思うものの、大海戦がゲーム内の主要コンテンツである以上、一部のプレイヤー国家にその機会が偏る、最悪一年間近くも自力発生できない陣営が出るというようなバランスは仕様として是正すべきと感じます。

今回は海戦の発生条件、要塞戦、領地投資、更に王立艦隊など関連する新機軸が一度に実装されており、最初にバグ修正こそされていますがバランス調整はこれからと言う所でしょうか。


まあとさん>>
既存の協定・投資要素とは別の戦略軸になって来ているのはすごく感じますね。
北海で起きた大海戦で静観票が入るネーデルはその影響をモロに受けていますし、ヴェネツィアだとマラカイボやアドリア海付近の港をどうするか等はかなり切実な防衛要素と思う。

今回のアントワープ戦もそういった領地戦略の延長にある案件ですが、まあ普段のイングとしての利便を考えればそこは取り返しに行くしかないんだろなあ・・・。
今は当時の国と国もしくは当事者同士のつながりが人の入れ替わりもあって弱くなって来ているので、そろそろ変わらざるを得ないのかも知れません。
  1. 2011/10/25(火) 19:58:10 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1321-8fdb653d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。