打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

ひらけ駒!

エッセイ将棋マンガが面白い


子供の頃のある時、
散歩がてら親父と一緒に本屋に行く機会があった。

店に入った親父がその時 『何か欲しいのがあったら一冊買っていいぞー』 と言うので、当時10~11歳くらいだった私が結構な時間を考え抜いて選び出したのは、故・大山康晴十五世名人の書いた四間飛車の本だった。

なんでそんな事を覚えているかと言うと、
親父に本を買って貰ったのが後にも先にもその唯一度だったから。

かなり後になって親父から 『ああいう時は普通、参考書とか伝記とか、せめてマンガを選ぶだろー』 と内心呆れ果てたので二度と連れて行かなかったのだと言われたが、これは子供にフリーハンド与えた親父の負けである。

そもそもうちは母系が音楽・書・歴史に傾倒する文学肌なのに父系はスポーツには金を出しても本などあまり買わないので、スポンサーが一人居なくなっても別に困らなかったのだけど、あの時なぜ本屋に行ったんだろうとよくよく思い出してみると、確か学校で野球やっていた私にパチンコで勝った帰りの親父が気前が良くなって声を掛けただけな気がしないでもない。

何の話か分からくなって来たけど、
つまり10代前半くらいまでの時分の私は、歴史と同じくらい将棋が好きだったのですハイ。

中学生くらいになると近所の公園(当時そこは公園のテーブルに将棋盤が何枚も据え付けられていた)で将棋指している年寄り連中に混じってたりしており、恐らくそこが将棋に振れていたピークだったと思う。
まあ、諦めたくらいだからそれほど強かった訳じゃないのですが、今でも基本的に居飛車は指さない事を思うと、子供の頃の棋風って相当に影響ある様ですね。

また何の話か分からない方向に行きそうなのでさっさと本題へ。

いま、何やらプチ将棋ブームが来つつあるらしい。
年齢層は、主婦と子供。
地方の子供将棋大会の参加者が各地で昨年・一昨年より増えているらしく、私の地元静岡でこの夏に行われたJTこども将棋大会の参加者は、昨年の533名を大幅に上回る663名を集めています。ちなみに一昨年が487名で、ほんとじわじわ増えてます。

いやこれは侮れん。

んでまあ、一般に将棋を扱った小説・漫画というとプロになるまで&プロ入りして以降の頂点を目指す作品が多く、少し前で言うと月下の棋士、近年だと今年の漫画大賞を取った3月のライオン(作者はハチクロ描いてた人ね)あたりも基本的にプロ世界の話ですよね。

そんな中、今年から連載が始まった、全く一から将棋を指し始める子供とお母さんによるエッセイ将棋マンガが出ています。
今の将棋人口のど真ん中とも思える層の話で、かつ目線が低いというか実にありそうな展開なので、身に覚えのある人はつい読んでしまう作品に仕上がっています。


『ひらけ駒!』

南Q太 著 講談社 刊



小学4年生の宝くんが将棋を覚え始めて段々と強くなってゆく描写はあるものの、基本的にこの作品は将棋を媒介にして親子の日常と非日常(なぜか現役プロ棋士が実名で出てくる)を描いている部分が大きく、素材が将棋でもサッカーでもあまり作品の風味は変わらない気がします。

まあ、小学5年生でアマ3段は既に相当に強く、
もう一段階上がると奨励会や研修会が視界に入ってくるので、
そこでどう分岐するかが気になる所。

個人的にはかなりの良作と思う 『3月の~』 より更に取っ付き易いと思うので、
さらっと読みたい方は如何かと。



おしまい。

FC2ランキング02



テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2011/10/24(月) 20:18:46|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プリマス沖海戦きたる | ホーム | 大海戦判定の問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1322-07526525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。