打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

グラボ春の陣

先行するAMDと追撃するNVIDIA


間もなく登場すると見られるAMDのRadeon HD7950、
そして4月以降に登場予定とされるNVIDIAのGK104(GeForce GTX660?)。

今年の春は今世代の主力となるパフォーマンス帯のGPUがAMD/NVIDIA共に出て競合して来ると見られていますが、
PCゲーマーの購買対象となるのは果たしてどれか、自身がその立場でもあるので結構注目しています。


まずはRadeon HD7950。
予定SPECは1792コア/800Mhz、メモリ384bit/1250Mhzと
既に出たHD7970の約10%落ち程度でしょうか。
価格はHD7970より100~150ドルほど低い400ドル前後、
消費電力も下がってこれは普通に人気が出るでしょう。


(HD7950/Sapphire版のニュース)
http://vr-zone.com/articles/sapphire-radeon-hd-7950-pictures-specifications-leaked/14592.html





一方、2~3ヶ月遅れて登場してくるNVIDIAのGK104。
型番はGeForce GTX660あたりになると見られており、
性能面ではRadeon HD7970をすら超えるとの予測が出ています。

http://www.fudzilla.com/home/item/25636-nvidia-28nm-gk104-gpu-specs-revealed


460→560→660?のラインは近年かなり成功している製品帯であり、
本来なら一段下のHD7950や7800台あたりと競合している筈の製品ですから、
これが事実なら7970/7950の価格設定は結構厳しいことになりそう。
(値下げ要素になるのは歓迎だけどね)

更にNVIDIAではこれの上位に当たるGK110(GTX680?)も控えており、
28nm世代の比較では完全にNVIDIAが勝つというレポートも出始めていて、
先に出るHD7970/7950との時間差がどれだけ影響するか非常に興味深い展開に。

ただ、ここ数世代の傾向としてどうしてもNVIDIAのGPUはダイ面積が大きいため発熱・消費電力ではAMD製品に劣るというイメージが定着してしまっており、個人的には同程度の性能ならAMD製品を評価していたりします。

まあ、いくらベンチマーク上で比較してもGPUは特定タイトルへの最適化で性能が全然違ってくる訳で、その面ではNVIDIAにアドバンテージがかなりあるのですが、逆にそういう最新タイトルを追いかけていない旧世代のゲーマーだとバランスで選んで来る事もあって、劣勢といえどもRadeonHD7950を多少値下げすれば充分勝負になるんじゃないかというのが現時点での私の予測。

さてさて、
今年の夏あたりにはどんな結果が出ている事でしょう。


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2012/01/22(日) 18:05:32|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<近況 | ホーム | 2011年の4GAMERアンケート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1357-825bfbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。