打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

読みたいけどまだ買えない本たち

これほんとに買っていいのか? と冷静に考えてみた記録

昨日、出張で東京駅の近くに行ったので、ついでに八重洲のブックセンターに立ち寄った。 いつも入ると大体2時間位はいるのだが、今日はかなーり悩みました。
私、基本的に書籍の購買には値段を気にしないのだが、欲しかった本の何点かは、今日の時点では諦めました。 ま、重いというのもあるんだけど。 (食べ物は10円単位までこだわるよ!)


そのリストです。

①モムゼン・ローマの歴史Ⅰ 名古屋大学出版会 ・・・価格  6,300円
②モムゼン・ローマの歴史Ⅱ 名古屋大学出版会 ・・・価格  6,300円
③モムゼン・ローマの歴史Ⅲ 名古屋大学出版会 ・・・価格  6,300円
④プトレマイオス地理学    東海大学出版会   ・・・価格26,250円

※①~③モムゼンは多分買います。(全Ⅳ巻)これ、モムゼンのローマ史の完訳本としては日本初なのでは? まだ全部初版だったので早く買わねば!
(打倒する前に研究するというのは戦略の基本だナ)
モムゼンⅠ
Ⅰローマの成立
第1編 ローマ王政の崩壊まで
第2編 ローマ王政の解体からイタリアの統一まで

モムゼンⅡ
Ⅱ地中海世界の覇者へ
第3編 イタリア統一からカルタゴとギリシア諸国家の征服まで
カルタゴ
シチリアをめぐるローマとカルタゴの戦争
自然の国境までのイタリアの拡大
ハミルカルとハンニバル      ←←← ん? 俺と息子のこと書いてんの?  
ハンニバル戦争
カンナエの戦闘まで
カンナエからザマまで
ハンニバルの和平から第三期の終わりまでの西方世界


モムゼンⅢ
Ⅲ革新と復古 第4編 革命

 (どれも面白いです。ノーベル文学賞とってるだけの事はある)

※④プトレマイオスは、すげー悩んだ。 2万5千円かあー・・・
プトレマイオス地理学

中身見て、前半の解読部分は研究者の書いた学術書って感じで注釈が多く、全く読む気にならなかったが、後半の地図集はすげえっす! 
コレ、どこに値打ちが有るかと言うと、古代の地図帳なので、地名が古代のままビッシリ書き込まれてる所です。
(原本が散逸しているのをルネサンス期のイタリアの工房が復元したもの) 
このへんのジャンルに興味のある人は、大きい書店なら置いてある可能性があるのでぜひ見てくれ! 

あー、多分結局は買うんだろうなあ。
-------------------------------------------------------------------------

※こうやって、自己の物欲に抵抗はするんですが、最初に 『コレかなり欲しい!!』 
と思ったものは今まで最終的に我慢できた事はほとんどありません。


おしまい

次回からは、出していいものかチョット怖い、
歴史上のP〇さん(つまり、カ〇〇ク)を見てみたいと思っています。

  1. 2006/05/03(水) 20:54:33|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鋳造修行 1時間マジで叩いたらどれ位?その2 | ホーム | 鋳造修行 一時間マジで叩いたらどれ位?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/14-ab7122b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。