打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブエノスが気になってしょーがない

なんか使えそうなんだよね、ブエノスアイレス

ちょっと気になったところを

①火器売り場
中南米全体に言える事なんですが、マスケット銃をこっちに持ってきて売ると、相場100%くらいで@6000D以上になります。これをふっかけ2回で7000超えてくるんで、例えば600丁売ると原価が平均2500前後でも4500×600=2.7Mと、距離の割には利益になります。カリブの相場は実際のところ大体どこも安めなんで、南米行く時には安定的に使えるかもしれません。それと名産判定による経験がどうもアフリカ東岸あたりに行ったときと同等近いような・・・
これ、さっきと同様に600丁を50~100個とかバラ売りすると利益+経験が結構なものになります。(吹っかけ次第ですね。成功したらイッキに、失敗したらバラ売りとか)
ただし、火器の暴落耐性が全然ありません。昨日は早朝行ったのにも関わらずまずリオが暴落していて、私が合計200個くらい売ったらサンアントニオも暴落しちゃいました。(ゴメン)ブエノスとバイーアの耐性は不明ですがあんまり期待は出来そうに無い・・・
そこで2点目。


②家畜が2種類でる最も遠い港??
ブエノスアイレスはウシとヒツジ、家畜が2種類出ます。これ、ヨーロッパ以外では最も遠い所にある家畜2種でる港という事に。
家畜好きとしては見逃せませんw
で、それだけじゃ『だから何?』という話なんですが、思ったのがさっきの火器暴落の件。
んとですね、縫製スキルでヒツジ→羊毛→(フランネル) と作ればカテ1で名産品が出来ます。こいつを火器持ってくるときに減った水・食料の枠で50個単位とかで作り、事前に織物暴落させられるのかな?、と考えたわけです。交易品に織物が埋まっているかどうか分かりませんが、次回行った時には試してみたいですね。まあ、フランネル作るのにヒツジが8頭必要で生産は面倒なんで、もっと少ない材料で生産できるニット・毛織生地・ツイードじゃだめかなあ、とも思ったのですが、いかんせんそこら辺のルール知らないんで分かる人に聞くか自分で試してみたいと思います。
あとですね、隣のリオデジャネイロで綿花が出ます。
綿花+羊毛で出来るもの、有りますよね? 
こういうのは生産系の商人には楽しいんですよねえ。。。
(わざわざここまで来てやることでもないかも、ですが)


③ブエノスアイレスの交易品リスト・・・
ちょっとリストアップを。

ウシ
牛肉
タマネギ
ガーリック
ヒツジ

これ、なんか料理できないかなぁ~
と直感的に思ったのですが、どうもなさげ・・・
焼肉か?ステーキか? 
リアルでこの材料が目の前にあったら非常に有望なんですがww
将来の交易品待ちですが、とにかくここでガーリックが出るのは何かで効いてくる様な気がしています。


④大圏航路??
南米をひたすら南下していくと南西に伸びていきますので、一見アフリカからは遠ざかっていきます。ですが緯度はどんどん高くなってゆく・・・
これ、地球儀で見れば分かりますが、南極に近づくほど経度の間隔は狭くなってゆきます。実際にヨットなどの帆船で世界一周をする人も南に行けるギリギリの最短ルートを取って東の強い風に乗って距離を稼ぐことが多く、DOLの世界ではどう表現されているのか非常に気になります。
かつての大航海時代Ⅲでは、
ケープタウンから南緯60~65度辺りまで一気に南下して、そこから東に行くとスゴイ勢いで経度が動いてゆき、オーストラリアまでとんでもなく速く移動できました。(Ⅲはオーストラリアにもニュージーランドにも港が無いので香料諸島に上がってゆくのですが)
では、ブエノスアイレスやサンアントニオから一度南下して(7000台くらいまで)そこから東に行ったらどうなるんでしょう?? 気になりません?
こういうのが成立すると新しい航路が出来るかも、と妄想するんですねえ・・・


おしまい。

FC2ランキング02 ← 応援クリック1発どうぞよろしくです!
  1. 2006/09/10(日) 07:02:47|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<生産の下克上?? | ホーム | いろいろ必要な話>>

コメント

サンアントニオ→ケープ38日
クリッパで直線コースでの記録です。
風は横風が多かったかな。
参考までに。
  1. 2006/09/11(月) 00:32:16 |
  2. URL |
  3. takaha2 #-
  4. [ 編集]

3は大圏航路がむっさはやかった記憶ががが。
  1. 2006/09/11(月) 13:23:59 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

はにさん>>
おお、貴重なデータをありがとうです。これであと1回、南下した場合のトータル・直線のみ双方での日数を実証すれば良さそうですねえ。

めけさん>>
Ⅲのあれは速い! ガレオンなのに無寄港で東アジアまで行けたりしてちょっと反則気味・・・ でも実際19世紀のティークリッパーは逆ルートで中国からヨーロッパまで新茶を運んでいたんで船の性能しだいで可能なのかも。
  1. 2006/09/11(月) 19:11:11 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/140-827cc0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。