打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

古代の医療と薬屋 その1

テーマがでか過ぎるかな・・・


(黎明期にして高レベル)
歴史に登場する最初の個人医師は、古代シュメールに登場したルルという男だったらしいと記録があります。(風邪薬みたいな名前だナ)
時代はなんと紀元前2700年代!
日本じゃ縄文中期といった所です。まあ、いろんな文化の発祥を見ていくとシュメールやウルといった名前に行き当たることが多いんでコレもなんでしょうかね。
更にほぼ同時期に、エジプト古王国時代(BC27~22世紀くらい)ではピラミッド建設に従事している者に備えて数十人規模の医師団がいたらしいことも分かっています。
しかしこれ発掘状況で推理したわけではなく、ちゃんと粘土板や碑文として残っていたのがシュメールやエジプトの偉い所。しかもこの頃のエジプトでは既に何種類かの薬草とかなり高度な外科手術に関する記録が残されていますから相当レベル高いんじゃないでしょうか。またパピルスによる記録も行われていたようです。


(発展)
更に時代が下ってBC400年代の古代ギリシャに『西洋医学の父』 が登場します。以前書いたヒポクラテスさまですね。観察による科学的な考察と実証という技術を集大成した彼の功績は、現代まで続く非常に大きいものでした。
一方、ほぼ同時代のペルシャの医師はちょっと大変。
この時期ペルシャの王はゾロアスター教に帰依していました。(国教かどうかは不明)
このため医師たちは開業後に優遇されているゾロアスター信者へ医術を施す際には、事前に3回の手術を信者以外の者に実施してかつ成功しなければならなかったと言います。
(異教徒なら失敗していいのか、と思ってしまいますが)
そしてローマ時代。文化的にはギリシャの流れを受けたローマ時代の医師は、当初ほぼギリシャ人主体でした。彼らの外科手術の多くはメスと鉄の焼きゴテで、しばしば死に至らしめてしまっていました。そのためローマの政治家で強硬論とスキピオ弾劾で知られる大カトーの言によれば、
『ギリシア人医師とはローマ市民を殺そうとする国際的陰謀の一派』 
と見なされてしまったようでしたww
まあ、エライ頑固親父に睨まれてしまったものですが、以後ローマでは比較的穏当な医術が主体となっていったようです。(技術的には退潮としか云えませんが)


(慈悲の施設)
さらに下った地中海世界、時代は12世紀頃の東ローマでは、ある慈悲深い皇帝が誕生していました。 
ヨハネス2世コムネノス
 (在位1118-1143年)
善良・誠実・賢明・勤勉・勇敢さを兼ね備え、歴代東ローマでも屈指の名君とも見なされている彼の指導の下、首都コンスタンティノープルで創設された医療施設は特筆すべき充実を見せます。
その規模は手術・診察の各部屋に加え、収容ベッド数500床、更に世界中から集められた薬草・医療器具・資料で溢れかえり、それを帝国屈指の十数人もの名医たちが動員されて医療に従事していたと言います。中には女性の内科・外科医師も含まれており、各医師には更に6~20人の助手が付いていました。(まあ、この時代は戦乱絶えないんで、少しでも戦力が欲しかったのかもですが)
また医学校や助手の養成所に加えて外来患者用の薬局や療法所も完備と、さすがに慈悲の皇帝は医療も徹底していたようです。

長くなりそうなんで続く・・・かも。


おしまい。

FC2ランキング02 ← 応援クリックおねがいっす!
  1. 2006/09/12(火) 19:18:15|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<工芸ラッシュ来たる? | ホーム | 生産の下克上??>>

コメント

ヨハネス二世キタ!
彼は全ローマの歴代皇帝の中でも最近の評価ではトップクラスに位置ずけられてるみたいですよ。
いままでは戦争の結果に重きをおいた評価だったのでいまほどの評価じゃなかったみたい。
  1. 2006/09/13(水) 10:17:56 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

めけさん>>
戦争強くても内政ボロボロじゃ長続きしないし、後の人が大変なだけですからねえ。そもそも戦争弱くても国力充実してたらなかなか外から滅ぼすことは出来ません。
ヨハネスさんは科学・技術史の資料見てたら思いがけず名前が出てたので、『おー、こんなとこに!』 と思って登場してもらいました。普通の歴史書に出ないような目立たないところでもいろいろ事績残している研究者好みの人なんでしょうね。
  1. 2006/09/14(木) 06:55:28 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/142-b1b032fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。