打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

デルの新発表モニタ

4K×IPS=?


PC用ディスプレイで今アツいジャンルといえば、4Kモニタ。

フルHD(1,920×1,080)の4倍となる3,840×2,160ドットで表示するUHDとも呼ばれるモニタですが、昨年時点での相場はだいたい10万台だったのが今年に入って5~6万円台にまで下がって来て入るものの、これまでコンシューマ用途での廉価製品というと、ほとんどが発色や視野角に劣るTN液晶パネル。
IPSやVA、シャープのIGZO等の高品位パネルで4Kモニタというとまだ最も安い製品でもフィリップスやデルので9万台、他だとまだ普通に10万以上する製品ジャンルなんですよね。

で、本日発表された12/12発売予定となるDELLのIPS液晶の4Kモニタはというと、

27インチのP2715Qが、アマゾン予約で59,980円、デル直販予定で69,980円。
24インチのP2415Qが、アマゾン予約で49,980円、デル直販予定で59,980円。

明らかに一段安いですね。

国内シェア1位をここ何年も続けているデルのPCモニタ戦略ってだいたいこういう価格的に優位な製品をいち早く投入するのがまあいつもの手ではあるけど、確かにPCそのものの性能がだんだん頭打ちになって来ている状況の中で出力部分は確かに目で見て分かりやすい向上箇所なわけで、恐らく後2~3年のうちに価格も下がって来るに連れて4Kモニタに置き換わって来るかと思います。


ただ、24インチでUHDというと、ドットピッチで考えれば12インチのフルHD相当。
今の高解像度のタブレット液晶だったら大抵それくらいは有りますが使用時に見ている距離がぜんぜん違う訳で、実際問題として15.6インチのノートPCでもフルHDというとかなり細かい。

もちろCADとかエクセルの細かい作業で高解像度モニタ使うとすごく便利なんだけど、一般用途でそこまで細かいパネルがどこまで必要かというとだんだん微妙になって来そうでは有る。実際の所、例えば超高解像度のスマホって人間の指の大きさが変わらない以上、使い勝手で限界が既に来ているし視力の問題もあるので解像度方向での性能追求はだんだん意味のない話になりつつあるかと思います。


では、コンシューマ用途で高解像度液晶パネルに買う意味は無いかと言うと、さてどうでしょう。

例えば一枚マップのシミュレーションゲーム。
これで信長やったら面白いと思うんだ、対応してるか怪しいけど。
もしくは海外物のリアルタイムストラテジーで4K出力かつ高画質・高リフレッシュレートを求めようとすると、今度はグラボの方の搭載メモリも4GBとか6GBとか要求されてそれでハイ追加予算4~5万てとこでしょうか。んー、それだとむしろ2枚差しとかって話になってもう一段上の予算になるんだろか、考えだすとちょっと怖いけど実際出力する方の性能にかなり依存しそうではある。 
いくら解像度上げても実際に出てくる画像がコマ落ちしてたら意味ないですからね。


次、MMO。
たぶん古いのだと4k出力なんか対応してそうにないけど、例えばD○Lのサポート様にこの件を聞いてみたところ、『解像度はその環境で設定できる解像度が選択リストとして出される、ただし将来の環境での対応を約束するものではない』 という回答に。
今までUWXGA(1,920×1,200)までは出力出来ているけど、まあ4K5Kといった超高解像度での出力なんか10年前は考えられていないので対応しなくても致し方ない所。そもそもUWXGAフルスクリーンで前にやってみたら右上のスキル等のアイコンがちっさすぎて海事などで使いづらかったのでもうこれはUI側の限界もありますね。

その一方で複数クライアントの同時起動といった用途だと、これは強い。
UWXGAでも800×600を縦2段に置けますが、これが4Kだと800×600なら縦3段まで行ける。
1024×768でも縦2段置けるので、DOLだったら1024×768を2×2段で4垢起動しつつ、
なお表示面積は1,792×2,180余ってるのでブラウザとDOL+1を縦に表示するなんてことも出来たりする訳です。

DOL DOL DOL+1
DOL DOL DOLWIKI 

こんなかんじか・・・、面白いけど図としては結構キテるかも・・・。
昔仕事でSXGAモニタ4枚を4本アームで使ってましたが一枚パネルでと言うのは確かにちょっとやってみたいですね。


あとは映像や画像を扱う用途だとこれは文句なしに便利。
ビデオ編集ソフトのいいやつだと解像度高かったら作業スペース拡げられて余裕だし、
PhotoshopやIllustrator等でもモニタ2枚使う以上に明らかに作業しやすくなりそう。

まあそんなこんなで実際に4Kモニタを使おうとすると、出力するグラボ側のポートもディスプレイポート1.2やHDMI1.4等の対応規格の物に更新する必要があってそちらの置き換えも進んで来るし、一方でソフト側の対応待ちの部分も出て来そうですし、単なる演算性能や伝送速度の向上だけでない部分でこうして進歩していくのもまあ、最近だとここ10年で置き換わった4:3→16:10→16:9(フルHD)という表示サイズの変動以来、久々に起きてくるなーという感じでちょっと興味深い所。


取り敢えず私個人はあと2~3日ちょっと検討してみて、
予算とスペースが許せば27インチの方を予約してグラボも更新しようかなと思ってます。


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2014/11/27(木) 20:57:19|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Khronos鯖にて アメリカーナ準備-2 | ホーム | Khronos鯖にて アメリカーナ準備>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1476-4cd7b7cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。