打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

Age of Revolution チャプター2を前に

アメリカ横断


来週実装される、Age of Revolution チャプター2 「Cross a Continent」
チャプター1で産業革命の時代に突入したと思ったら今回更に時代が進んできましたね。
どうやら大陸では既にアメリカ独立してるらしい。


(大陸横断鉄道)
大陸をつなぐことになる個々の鉄道会社の事業開始で見ても既に19世紀中ごろ、史実での横断成立は1860年代頃。
チャプター1からたった3か月で一気に時代が進んだような・・・そのうちリンカーンがNPCやイベントで登場するのかなあ。
なんかもうフランス革命どころか南北戦争の足音が聞こえてくるんだけどどうしようw
そのうち日本も開国させられるのだろうか・・・。

しかし思ったんだけど、今なら「アメリカ横断」でウルトラクイズやれますねこれ。
江戸→グアム→ハワイ→シスコ→サクラメント→オマハ→ボストン
「ニューイングランドに行きたいか~!」ってのはちょっとアツい。
当時のイベントスタッフの一員としてはなかなか感慨深いものがあります。

それはそうと肝心の輸送については、当たり前の話だけど船と鉄道じゃ積載量が全然違いますので、公式画像の輸送量800だってびっくりする位の単位な訳で拡大しても2000とか普通ありえませんよね。もしメリットがあるなら速度ですが、既に船早いからどうなんでしょう。それと公式の「更なる利益を見込めるかも?」という記述はほぼ否定形です、ほんとにそうならもっと煽ると思うから。


(新都市)
オマハとサクラメントは内陸なのでともかくとして、ボストンは北米東岸で初の固定都市。
今まで商会開拓街しか存在してなかった所に出来る訳ですから、位置関係でちょっとあるかも知れませんね。
ボストンは商会開拓街の場所で言うと、ニューイングランドの下から2~3番目あたり。

今回から鉄道で交易品も運べるようになるらしいので、西から運んでどうかと言う部分と、ボストン~商会開拓街間や欧州間でも交易ルートが成立するかもしれません。てかインドから紅茶を運んだらどうなるでしょうか、ネタとしては一回はやってみたいんだが・・・。南蛮みたいな在庫の概念あっても面白いんだけどなあ。
あとは加工貿易の可能性。新都市や西海岸の交易品と、ボストンや東海岸開拓街の産出品や農産物を活かせるかなーというのが生産者目線で興味がわくところ。


(新型船)
アサルトフリゲート
アメリカの重武装のフリゲートってそれスーパーフリゲートじゃないのって気がしますが、アサルト(強襲・突撃の意)とわざわざ付けるなら帆性能を犠牲にして装甲と船員数を増やしてくるのかな、船体はそのまま・新造場所はボストンで。そうなると、かの「オールド・アイアンサイズ(コンスティテューション号)」とかぶりますね。
大航海世界におけるかつてのスーパーフリゲートはLV60台で乗れる船としては相当に優秀でしたが、現在はその上にレイジードフリゲートがあるため、評価としてはそことの比較次第か。個人的には好きなタイプなので実装されたら建造してみたいところ。

C・W・モーガン号
模型にもなっているくらいに著名なアメリカの捕鯨特化船。歴史的にはアメリカ捕鯨船の活動が江戸後期~幕末の日本にも影響してくるので実装する意義は物凄く大きい船種ではありますが、大航海世界ではクジラもイルカも獲れないのでどうするんだろうw
それと実際の船の造形、帆船模型の工作レベルで甲板上に解体場所とか鯨油の製造施設とか描いて来たらびっくりではあるが・・・しっかしこれ、ゲーム内に実装して大丈夫なのか・・、海の牧羊犬的なアレで・・・。まあ歴史上の出来事と現代をごっちゃに考えるのもナンセンスですが。

ビーグル号 
新造時はフリゲートの下(等級外の船)のクラスであるブリッグ船なので、中型だとちょっと微妙、逆に小型だとスル―プ系の上位となる可能性もあるかな。ただ史実におけるビーグル号は探検航海に出たとき既に3本マスト(帆は□□△)に改装されたのでもはやバーク型。公式HPの画像も3本マストですね。小さいけどやたら速くて対波優れた船・・とかだと需要はある。そう言えばそろそろ速度の上限解放あるんでしたっけ。


(商会開拓街と商会倉庫)
商会開拓街の人口上限の拡大と、造船所RANK3の実装があるとの事で、これはまた常駐の日々か・・・。
ただし今度の実装は先ほど書いたように大陸横断鉄道も実装されるので、人工と施設増えますというだけの関わりでは無くなると見ていますから、場合によっては商会開拓街そのものを再設計するのもアリかもしれません。

それから商会共有倉庫の実装、これ恐らく私だけでなく多くの人が要望で上げていた要素ではないでしょうか。地方艦隊の実装により以前ほどコンペの納品に困らなくなってからの実装ではありますが、イベント対応などで協力できるメリットは相当大きいですね。
半面、異なるプレイヤー間での物の移動が可能になるというのは、それによって何かしらの問題が出る可能性も若干ありそう。
あとまあ、作りすぎたもののゴミ捨て場とならなければ良いけど・・・。



おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/07/28(木) 18:26:11|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<造船所RANK3 | ホーム | EURO2016準々決勝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1545-5e3c2566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。