打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

展示室はじめてみた

 12/6のChristmasアップデートで実装された展示室。


オーナメント10種を展示室に設置して、
オーナメントごとに保有する能力ポイントを種類ごとに合計10P以上にすると効果発動。
RANK1=10P、RANK2=30P
オーナメントの保有する能力ポイントが1~5P/1~3種、
これなんだかデッキ組むのに近い感覚ですね。

展示室161206

実装初日にありあわせのオーナメントに2~3個集めた段階でこんな感じ。

RANK1の10点以上にするのはそれ程困難ではないので、
効果が発動する種類を4~5種くらいにするのは結構行けそう。
上の状況だと残り1枠で物資抑制が8P積み上がっているので5種発動は割りと行けそうですね。

問題はRANK2を発動させようとした時か。
10→30Pっていきなりハードル上がるので、
恐らく有効にできる効果はR2×1種とR1×1~2種が限界かなあ。


もう少しデータが集まってきたら検討してみたい所。

それと航海者功労特典の代わりに始まったデルフィンショップ/航海ポイント、あれ実質的なアイテム課金要素の実装だった訳ですね。一例として10,000円で11,000ポイント、造船紙30P、名匠秘伝50P、ユニコーンの書90P、登録名/容姿変更3000Pなどなど、ゲーム中の便利アイテムをお金出すことで入手解決してくれる訳ですが、造船紙はゲーム内での換金性が結構高いアイテム。まあ無駄に時間ばかり掛かるコンテンツをリアルマネーでむにゃむにゃしてくれるなら、時節を考えたらまあそれはそれで。

てかもういっそ、リアルマネーでドゥカート入手できますとかの運営にしてもいい気がしないでもない。数年前ならアイテム課金なんて実装されたら終わりだわと思ったけど、東アジアと大学実装以降のインフレ政策やってるような状況に突入したことでゲーム内通貨やレア収奪品は異論あるかもかもしれないけどほぼ価値がなくなったし、今のスマホゲームだったら普通にやってることなので、それで中華が撲滅できるならもう方向としてソレでもいいんじゃないかって思う次第なのだけど、割り切りすぎですかね。



おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2016/12/06(火) 22:07:38|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<メモリ価格について | ホーム | 映画 『聖の青春』 観てきた>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/08(木) 06:23:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

月額課金でわんさと人がいた時代ならともかく今の大航海の状況からして
アイテム課金かサービス終了かの岐路に立ってる気はしますね
だったらまあアイテム課金もしょうがないのかなと
アップグレード料金の無料化のあたりでもう決まってたんですかね

個人的にはクロノス鯖が楽しかったのでついでに全リセットでもいいぐらいですが
  1. 2016/12/12(月) 01:27:52 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

通りすがりさん>

月額課金・オプション課金・アイテム課金型については5年前にも書いたと思うので宜しければそちらもご一読いただければと思います。

hamilcar.blog64.fc2.com/blog-entry-1315.html
(2011年10月10日の記事)

この当時はそれまで@WEBや倉庫・キャラ追加などを除くとほぼ月額課金+パッケ販売のみだったDOL世界に、スキルノートや海賊回避、船内倉庫など直接プレイヤーの能力に関わるオプション課金制度が導入された際についての考えでしたが、同時に収益構造なども考慮して書いていた覚えがあります。

その際に肝となるのは『手段じゃなくて目的ですよ』として締めくくったのですが、あれから5年経って『じゃあそのお金掛けたくなるほどのエンドコンテンツの充実が図られたか』という視点で評価すると、ダンジョンやガナドールなどの追加以外はどちらかと言うと『手段、手段のための手段、目的と見せかけて本質は手段』といった要素が多く、メモリアルの種類を増やしたのは結構良いかなとは思ったけど、例えば産業革命や大陸横断鉄道、開拓地移民など最近のアップデートも後者寄りのコンテンツ。

さすがにそれだとプレイヤー側も遂に耐えられなくなったのか、こうして数年ぶりに課金形態に変更を加えて来たというのが実際かなと見ています。

それと今回は信onの方もDOLの航海者ポイントと同じく「刻日の印」の配布が終了となって新しい仕組みが始まりますと告知されており、恐らく同じようにポイント課金の仕組みが導入されるのかなと思います。
そういう意味ではDOLだけでなくコーエーテクモの老舗オンラインタイトル2つが共に経営陣からのテコ入れ命令なり猶予期間入りしたのかなと見るのが妥当なのかも知れませんね。

でも、今回の事でいろんな方がいくつもの記事を挙げており、アツい部分は残ってるんだなと、そちらの方はちと安心した次第。

  1. 2016/12/13(火) 15:29:15 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

続き

クロノス鯖の面白さは今考えると、単なるコンテンツの消費部分を除くと「皆で開拓者としての役割を担うんだ」というフロンティアな部分も結構大きかったかもしれませんね。毎月とにかくやる事満載であっという間の数か月でしたから。

そういう意味ではリセットというか別タイトルとして大航海時代オンライン2が始まりますよ、完全に月額課金ですよ、と言ったら結構復帰する人いるかも知れませんね。この作品はほんと年とっても遊べると思いますし。
  1. 2016/12/13(火) 15:36:34 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1557-a9986023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
262位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。