打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

将棋連盟の次期会長は・・・

 
昨年10月の三浦九段に対する処分を巡る一連の騒動で揺れるなか、先日遂にと言うか漸くと言うか現会長の谷川浩司九段が辞意を表明した日本将棋連盟。また常務理事の島朗九段も辞任とのこと。

谷川会長は個人的には子供の頃から好きな棋士の筆頭で、この人の本や将棋はそれこそ数えきれないくらい見て来た。それは平成に入って羽生世代が活躍し始める前から将棋をやっていた者にとってはごく当たり前の事で、本当にこの方はヒーローだった。恐らくだけどその後の世代としてここ20数年の将棋界をリードしてきた羽生・森内・佐藤・郷田・丸山・藤井などのいわゆる羽生世代から30代くらいまでの世代だったら、最も尊敬する棋士・影響を受けた棋士として多くが谷川の名を挙げるだろうと思う。

それだけに、今回の三浦九段を巡る一連の騒動はまず三浦九段自身の受けた不名誉・不利益・心労などは言うまでもなく重いものとなってしまったと共に、それに会長として直面した谷川先生の対応と最終的に辞任に至る動きには残念としか言いようがない。

さて、危機に直面した日本将棋連盟の次の会長は2月6日の臨時総会で2名の新理事を選出した上で新理事会で決まるとの事だけど、
臨時総会では他の理事への責任追及・辞任も考えられる状況で相当に混乱しそう。そうした中で気になるのは次期会長は誰になるのかという点で、既にいろいろと名前が挙がってきていますしニュースも出始めていますね。

将棋連盟の近年の会長は、まず実績で言うと谷川・米長・中原・二上・大山・塚田と1973年以降40年以上もタイトル獲得経験者が占めてきています。しかも通算獲得数が一番少ない二上達也九段ですらタイトル5回。この方は羽生三冠の師匠でもありますね。それ以前の会長も八段以上・順位戦A級経験者ばかりで、最低限の実績がないと連盟の構成員である棋士たちが付いてこないのかなと言う感がありますね。
次に年齢で言うと、近年で最も若いのは確か40代後半で会長となった原田泰夫先生だったと思う。この人は普及にすごく熱心で子供にも丁寧でやさしかったので良く覚えています。後は和服が似合ってて、飄々としてるんだけど妙に風格あったんだよなあ。

この辺の前例にならって現役棋士を見てみると、タイトル獲得またはA級在籍経験があって40代以上というのが最低条件でしょうか。この時点だとまだかなり居ますのでちょっと並べてみます。


(タイトル獲得経験者/40代以上)
羽生善治 97
谷川浩司 27
佐藤康光 13
森内俊之 12
加藤一二三 8
南芳一 7
郷田真隆 6
久保利明 5
高橋道雄 5
桐山清澄 4
丸山忠久 3
深浦康市 3
藤井猛 3
屋敷伸之 3
森けい二 2
中村修 2
福崎文吾 2
島明 1
三浦弘行 1
大内延介 1
塚田泰明 1
田中寅彦 1

(A級在籍経験者/40代以上)
青野照市
小林健二
井上慶太
森下卓
鈴木大介
先崎学
木村一基
行方尚史




こうしてみるとA級在籍経験があるならタイトル経験のない棋士の方が少ないくらいで、順位戦の実績とタイトルの獲得実績はそれなりに関係あるのがうかがえます。これ以外だと最近引退した内藤國雄・有吉道夫・現幹事の淡路仁茂先生あたりが長老格で、引退してても正会員です。あとは女流棋士でも四段以上は正会員で有名どころだと清水市代さんあたり。

さて、では誰になるでしょう。

普通に任期切れとかなら順当だと現在の専務理事である青野九段の昇格なんだけど、はっきり言ってないと思う。なぜなら今回の三浦九段の出場停止を決めた件では結構大きい位置を占めていたというのが将棋ファンから見た青野評だから。地元の棋士なので個人的には好きなんだけどしょうがないです。最悪辞任要求が臨時総会で出てきても不思議ではないのもあって除外。
同じく現理事と言う点では、谷川・島の退任組のほか非常勤理事の井上九段も対象外でしょうか。井上門下は近年関西の名門と言うくらいにプロ棋士を量産していて人柄もかなり良いんですけどね。

年齢でみると、木村・行方・鈴木・久保・三浦の5人は羽生世代より若いのでまずないと思われます。
連盟の顔と言う点だと南・桐山先生も実績充分だけどまあない。

そうなると、羽生世代より上がもうそんなに居ないんですよね。
残っているのは
羽生世代以上 加藤・高橋・森・福崎・中村・大内・塚田・田中・小林・森下 =10名
羽生世代以下 羽生・佐藤・森内・郷田・丸山・藤井・屋敷・先崎 =8名

ここからまず理事候補を2名選ぶとなると・・・
羽生世代以上だと大内・中村・森下の3名
羽生世代からは佐藤・藤井・屋敷・先崎の4名 くらいでしょうか。

むちゃくちゃな意見で言うと、大内先生は武闘派っていうかやらかしたことあるので、この際私やります宣言した後に今回の件でかかわった中堅若手の幾人かを総会でぶん殴ったあとに責任とって辞任しますあとは若いもんにとか妄想してしまう。個人的なファン心理だと実際そんな感じですから。

んでまあ、そんな漫画みたいな展開おきる訳もないので現実的なところで佐藤・中村・森下・先崎先生あたりの誰かが新理事に選出、んで佐藤康光九段を理事会で推挙、これが次善でしょうか。

それから一部には「棋士よりも外部から組織・経営のプロを招聘して~」と言う意見もあります。
例えば非常勤理事の中には川渕三郎の名前もありますからね。
でも、優秀な人ってまともに呼んだら報酬もそれ相応です。現実問題として将棋連盟ってそんなに裕福じゃないのですよ。
なので、非常勤ならともかくちゃんと活動する常務理事以上となると厳しいのが恐らく現実です。

その一方で、将棋界が順当に続く状況だったら、谷川会長があと5年以上やって、その後に50代半ばになった佐藤康光、ワンポイントで森内俊之、最後に全タイトル失陥したら羽生善治が10年以上。おそらくこれで2040年くらいまで行けたと思うんだけど、いまの状況はそれを許さなくなっている。

昨日今日の新聞報道で佐藤康光九段(永世棋聖資格保持者で棋士会長)の立候補が噂されているのも、当人や周囲の棋士の危機意識の表れでしょう。確かに佐藤九段は今回の件でちょっと関わってしまったことが惜しいのだけど、順当ならいずれ会長をやっているだろうと言うのは衆目一致するところで、現役A級・竜王戦1組のバリバリのトップ棋士に会長やれっていう無理があっても周囲が推したくなるのは分かる。ファンも勿体ないと思いつつ本命かなあと思っているフシがありますし。

そもそも将棋連盟の収支はそれほど余裕がないうえにタイトル棋戦スポンサーがすべて新聞だけなのも将来を考えたらどうしたって無理があり、近い将来は中小規模の一般企業スポンサーの棋戦を立ち上げて囲碁のように棋戦を勝ち上がって食っていける上位数十人のトーナメントプロと、指導普及に軸足を置いた100人以上のレッスンプロに分かれざるを得ないと思われます。

その時代になる前に、無茶な前倒ししてでも将棋界の顔になる人は知名度もというのは分からんでもない。
例えば羽生さんが会長になってトップ自ら各大手企業回りしたなら、中規模程度のトーナメント棋戦ならやりましょうって声が上がっても不思議じゃないかなと期待しますからね。

あともう一点。
これは完全にファン心理ですが、免状の署名が誰になるか。
これも結構大きい。
だって今、

会長・谷川浩司
名人・佐藤天彦
竜王・渡辺明

ですよ。
3年前なら半年ほどだけど

会長・谷川浩司
名人・羽生善治
竜王・森内俊之

と永世名人3人そろい踏みなんて免状貰えたかも知れないんです。
これは大きい。
そういう意味では、いくら優秀でも会長職に経営者引っ張ってこられても・・・
って思うのは無理からぬところかと。
あとはまあ、会長は棋士でもその下に実務職で理事長とか副会長を選任する、このほうがまだ現実的かも。


おしまい。








テーマ:将棋 - ジャンル:ゲーム

  1. 2017/01/20(金) 19:50:29|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<遂に蒸気船が登場する大航海時代Online | ホーム | 海王ダンテのコラボ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1564-7a82c8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。