打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遂に蒸気船が登場する大航海時代Online

大航海時代で蒸気船。
既にタイトルからして変ですね。


2月7日開始の大航海時代Online Age of Revolution chapter3『Age of Reason』では、今までオプションスキルとしての搭載までは実装されていた蒸気機関が遂に造船可能な蒸気船として登場する事になります。

一例で公開されたのは史実でも最初の商用蒸気船と言われるクラーモント号、この蒸気船の使用には石炭燃料が必要でその燃料は各国の産業革命都市で購入することが出来ると言う。石炭の搭載は予想していましたが交易品ではなく燃料として加工されたものをアイテムとして所有する仕様になったのはまあ良かったかな。
現実の世界だとクラーモント号は1807年にロバート・フルトン氏らによりアメリカで建造された船で全長43m・全幅4.3m・高さ19m・外輪のパドル幅1.2m・直径4.6mの外輪蒸気船。全長40mを超えるのに排水量で換算すると121トン程度とかなり細身の船体を持つこの船は外洋ではなく河川での運行が主だったようで、220kmを32時間という運行記録だと時速6.9km=3.73ノット程度。


Clermont_replica.jpg
(20世紀初頭に撮影されたクラーモント号のレプリカ船)


外洋航行における帆船の平均速度はと言うと、例えばかのカティサーク号は最高速度で17.5ノット(32.4km)、平均でも6~7ノット台で中国→イギリス間を踏破しています。これに対して大航海時代Online世界の強化船だと10ノットは普通に出ますし、条件が整えば15ノットを超える速度でも航行できますので、3~4ノット程度の速度ではまだちょっと遅いですね。それと最初の蒸気船はまだ帆走能力も必要で、実際に使用するのは出港・寄港時が主体で普段は帆走と言うスタイルもかなり長く残ります。大西洋を蒸気機関だけで踏破できる船の登場はクラーモント号から10年以上経ってから。

いっぽう、史実で帆船が衰退したのは航行速度だけでなく帆船が航行できないスエズ運河の竣工による全体工程の短縮なども影響していたでしょうが、大航海世界だと運河も帆船で通過できるので大航海世界の蒸気船は単純に速度も多少は上乗せしてくるでしょうし、出足や最高速までの到達時間など別の特性が持たされているのかなとは思います。それに最初の蒸気船なら遅めの設定で登場しないとこれから向上していく実感が湧かないでしょうからね。プレイヤーとしては実際の速度云々は別としても、この歴史の転換点となる一隻は作ってみたいと思うんじゃないでしょうか。

ちなみに1830年代に始まった大西洋横断の速度を競うブルーリボン賞で見ると、グレートウェスタン号という蒸気船が1838~1843年の間に東回りで9.1~10.9ノット、西回りで8.6~9.5ノットという記録を残しており、江戸時代が終わる1860年代までにこの大西洋横断の平均速度記録はだいたい14ノット台まで向上してきます。現代の記録だと平均時速40ノット台=74km以上、この辺まで来ると双胴船でウォータージェット推進とかもう別物ですね。


ところで今やっている『海王ダンテ』のコラボイベント。この作品中にはダンテのライバルとしてフランスのボナパルト兄弟が登場しますがこのボナパルト兄弟の弟の方が持っている特殊能力は機械開発で、単行本第1巻では潜水艦でインドを襲うシーンが描かれ、第2巻では脚部を搭載・歩行する軍艦が登場します。
んで、面白いことに今回登場するクラーモント号を設計したロバート・フルトンも潜水艦のアイデアを持っていたんですね。もちろん潜水艦のアイデア自体はルネサンス期のレオナルド・ダ・ヴィンチも描いていますし18世紀には実戦で使用されてますからフルトン個人の発明ではありませんが、実際に設計図まで書いていたのだからちょっと思う所は有りますね。


さてさて、そんなこんなで遂に帆船じゃない船も出て来ることになったDOL世界、一体どこまで開発年代が下がって来るのかちょっと気になるところ。以前にも書いたように個人的には1860年に登場したグレート・イースタン号のような巨大かつ速度も出せる蒸気船が登場してきたらこの世界の終わりかなと見ていますが、もう2点将来に於ける技術的な注目点を挙げるなら一つはスクリューが実装されるのかどうか。

それともう一点かなりの妄想が入りますが予想するならエジンバラでしょうか。覚えている方もいるかも知れませんが、今の大規模アップデートが実装される前にストックホルムや北欧の上陸地点に蒸気機関と思しき研究をしているようなNPCが登場しており、それを踏まえてスコットランド唯一の都市であるエジンバラにスターリング機関の開発をほのめかすNPCが出てきたら要注目かなと。スコットランドのスターリング兄弟が19世紀に発明・実用化したスターリング機関はこの時代まだ陸上での使用段階ですが現代では潜水艦にも搭載されている優れた機構であり、かなりオーパーツ化している大航海世界だと運営の誰かが考えても・・・と思ったり。
まあ妄想ですけどね。


おしまい。


テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2017/01/31(火) 18:40:04|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RyzenがINTELを食う日 | ホーム | 将棋連盟の次期会長は・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/1565-a1fc83f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
17位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。