打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

英主カール4世

偉大なるチェコ人の王


古代世界から始めて、やっと14世紀の人物に話が向かいつつあるかな~といった段階のこのシリーズ。いったいいつになったら 『大航海な』 時代の本番に登場する、あんな人やこんな人を紹介できるのか、甚だ不安なのですか・・・。さぁ気を取り直して、と言いつつまた14世紀の人物伝からの登場ですw 但し大物中の大物ではありますが。


カール4世 
 (1316~1378年、1355~1378年神聖ローマ皇帝)


(フランス育ちのチェコ人)
神聖ローマ皇帝ハインリヒ7世を祖父に持ち、ベーメン王国の王子としてプラハに生まれたヴェンツェル(カール4世)は、7歳の時からフランスの王宮に預けられて育ちます。当時のフランス王はシャルル4世(端麗王)で、ヴェンツェル少年はここでシャルルから自分の名をとってカールと名付けられます。カールの兄弟姉妹はヨーロッパのあちこちの王侯と結婚しますが、そのうち妹のボンヌはフランス王ジャン2世に嫁ぎ、ある聡明な王太子を生みます。その王太子こそが、前回までご紹介した賢王シャルル5世になるわけで、カール4世はシャルル5世の伯父に当たることになります。
そんなこんなでフランスで育ったカール少年は、優秀な家庭教師が付けられてその英才を伸ばしてゆくことになります。こうして1329年に教育を終える頃には、ラテン語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・チェコ語の5ヶ国語を操るまでになっていたのでした。

(皇帝への道)
1346年、父でベーメン王のヨハンが、従軍したクレシーの戦いで戦死すると、カールは跡を継いでベーメン王、更にドイツ王に選出されます。この前後のドイツ国内の乱を制圧したカールはドイツ王に再選出され、1354年にイタリアへ向かってミラノでランゴバルド王となり、更に1355年にローマへ下って神聖ローマ皇帝として戴冠します。即位後のカール4世はハンガリー・オーストリア・ポーランドとの関係改善に努めることになります。

(金印勅書)
1356年、カールは独立を図ろうとする領邦内の君主に対して強烈なメッセージを送ります。それが帝国初の大規模な帝国法= 『金印勅書』 と呼ばれる、選帝侯による皇帝選出の手続きを定めた成文法でした。7名の選帝侯による多数決と決められたこの法律の精神は、帝国が滅亡する1806年まで生き続けることとなります。
このうち、カールはベーメン王も選帝侯となるよう尽力し、祖国の独立性と地位の向上を図り、チェコ人からは国の祖父と見られています。
金印勅書


(文芸と学術の保護者)
1348年、カール4世はプラハに帝国初の大学を設立し、他にも合わせて10都市で大学を創立するなど学術と文芸の保護・向上に尽力します。彼は自身でも文筆活動を行い、ラテン語で自省録を残したと言われています。こうしてプラハは学問の一大拠点となり、現代まで続く人文主義の聖地としてその名を高めてゆくことになります。



カール4世はこの時代の君主としては相当に英邁・高潔な人物として挙げられる存在で、単純に軍事的成果を残した人物ではないだけに、今後更に評価が高まる人かもしれません。



おしまい。

FC2ランキング02
応援クリックヨロシクです!
  1. 2006/10/05(木) 23:25:32|
  2. 大航海な人物伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<調理修行明け | ホーム | ハミルカルの調理ノート その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/162-37574130
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。