打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

価格設定に困る。

消耗部品の価格設定


工芸修行のため、ここのところベルゲン~オスロで石像を作っています。
ただ、買い付け量の関係でどうしても木材が余ってきますので、持ちきれなくなったらアムス辺りに行ってメインステイスルや大船尾楼を作ってまた戻る、そんな行動パターンになっています。
ところが数時間もやっているといよいよ持ち物枠もなくなってきますのでマルセイユ方面に戻って商館に出品したりバザーして枠を確保する、そんな感じです。

ところで、自分としては余り物で作ってるメインステイスル、最近なんだか高騰してません? メインステイスルと言えば、旋回マイナスが付かない帆では最高の性能(縦+13・横+4)ですので、まぁあれば海事では結構重宝します。大成功で出来るこれを貯めて地中海に持ち帰ってリスボンとかでバザーへ。問題は価格設定です。

最初の頃は耐久×3K位で設定してましたが、(大体240~270K近辺ね)
あっという間に完売。
んで耐久×4Kにしてみると、(大体320~350K近辺です)
またまた1時間足らずで完売。
毎回10枚近く作ってですよ?
流石に興味が出てきて、これどこまで上げても売れるものなのか、
と思って耐久×5Kで出してみると、(約400~500K!)

売れてる・・・。

耐久の一番良いものだと120前後行きますので、最高だと600K近辺の価格設定になってしまいます。(おいおい・・・。)
えっとですね、商人だから売れるのは本来良いんでしょうが、いくら大成功限定品とは言え縫製R3で作れるものに原価の数十倍もの価格設定していいんかなぁ、と思わずにいられません。だって身内に卸すときって、普段10~50Kと、失敗品も含めたほぼ原価ベースですから・・・。
リアルでモノ作りに携わってると、製造原価の2.5~3倍ってのを大体指標にしていますので、違和感大きいですね。DOL世界でも、大砲とか料理の生産品はそのくらいで推移していると思います。メインスルよりよっぽど希少性が高い名匠キャノンの貫通1386とかでも精々原価の10数倍ってトコです。
メインスルなんて海事やってる人しかほぼ用が無いと思うんですが、よっぽどお金持ちなのでしょうか。もう1週間以上前からこんな感じですが、これってレパント前の影響? こうなると、最高耐久品が出たらもっと高くしてサンプル出しして見たい気もします、が、なんと言うか商人としての良心が・・・。 高値でも何でも売れるからまぁいっか、とは割り切れないんですよねぇ。



おしまい。

FC2ランキング02 ←どうぞ押してってくださいねー。
  1. 2006/10/19(木) 07:22:41|
  2. 鋳造・縫製 その他生産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<レパントと大砲 | ホーム | 学問と技術の街アレクサンドリア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/176-7d24f46b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
11位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。