打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大航海時代の子午線?

経度0ってどこ?


『そりゃ、ロンドンでしょ?』
ってのは、現代の大部分の人の答え。
そう、あくまでも大部分。
なぜならフランスの人は、『そりゃパリだろ!』 と自信を持って答える人もまだまだいるそうです。
でもって大航海時代のヨーロッパの航海者に聞くと、『そらあカナリア沖だろ?』となってきます。

どうしてこんなことになるかと言いますと、大航海時代後半の16世紀末までは各国とも共通してカナリア沖を経度0(本所子午線)としていました。これが世界が探索され、新大陸の開発もどんどん進んでくる17世紀になると様相が変わり、イギリスはロンドンに、フランスはパリに子午線を変更して使用を始めます。このようにまだこの時代は有力国は各国ともそれぞれ勝手に地図によって変えていたのですね。
これでは技術の進歩により不都合が出てくるのは当然で、後にクロノメーターの発明と経度測定法により次第に正確な経度が測定できるようになると、各国で統一性を欠く子午線の決め方では支障をきたすようになって来ました。
そこで1875年、国際地理学会はパリを経度0の基準子午線にする決定をします。
ところがコレに最後まで異を唱えたのが仇敵イギリス。
フランス案を受け入れずに押し通し、結局当時の大英帝国海軍の力と海上交易の実力・世界中にある植民地の裏づけもあり、1884年にワシントンで再度開かれた会議によってロンドンのグリニッジ天文台を本初子午線とすることが決定されて現在に至ります。ところが面白くないのがフランス。まあ当然ですが、フランスだけは最初の決定を通してパリを子午線として使い続けたのでした。(あくまでも国内限定ですが)
こんな時 『まあさあ、隣なんだから仲良くしましょうよ』 ってのは日本的な考えかも知れません。
しかしあれです、実際英仏はドーヴァー・カレー海峡を挟んだお隣さんなのですから、海峡を毎日行き来する漁師さんや商船員たちはそんなこと考えていられないでしょうねえ。ってことで現場ではイギリスのものしか使わないでしょうが、こういうフランスのこだわりって結構好感持てます。

それでですね、さきほど実地で見てみますと、大航海時代Onlineの座標ってどこが経度0かと言うと、どうやらロンドンの少し東を通っています。
DOL子午線
実際通って見ると、↑こんな感じ。
どうもロンドンとアントワープの間くらいですね。
って事は、この世界ではパリ子午線採用!? 
いやわからんけど、謎だ・・・。


おしまい。

FC2ランキング02
←一発どうぞ押してって!
  1. 2006/11/09(木) 07:04:15|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<古代~中世のロングセラー武器 | ホーム | 打倒ローマへの道 第11日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/199-6df41f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。