打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

直前に出してくる長期計画の話

家具職人になりたい!

さて予定では新型船の予想その2を書くつもりでしたが、
http://www.gamecity.ne.jp/dol/developer/room.htm (公式/長期計画のページ)
きのう長期計画の発表がありましたので、一日延長して先にそちらから取り上げて見たいと思います。船のお話は明日書きますのでご了承を。
しかしアレです。もう来週に迫ってるイベントは長期計画って呼んでいいのかな?


【チャプター2 『Angkor』登場!】

<家具の実装>
えっと、これ、やっぱり必要なのって工芸だよね? (+工芸品取引とか言われても困るが)
・・・ナイ。
・・・しかもこういうタイミングで誤消去した私。
・・・。
おし、工芸もっかいやるか! 
って宣言しても、なんか留年して語学の単位取り直してるダメ学生みたいで恥ずいナ。
だけどまあ、ここ一週間と言うもの不便しまくりで、工芸持ってないのがホント身に沁みる晩秋の夜でした。(表現が分けわからん所はお許しを)
うーん、なんだかR1から垂直立ち上げするのは面白い気もしますね^^
と言うことで、今やってる星人がキリが付き次第に工芸やると思いますが、
日程的にウルトラクイズがもうすぐなんで修行レポートはちょっと先になるかもです。
だけど家具作るのに工芸R15言われたらどうしよう・・・。


<東南アジア海域の実装>
これ思うんですが、マラッカはポルトガル領地になるんでしょうか?
テルナーテとかも領地の可能性あるけど、チャプター2はポルトガル相当いい展開です。
(まあ、オランダが進出するまでは天下でしたので当然と言えば当然か)
でですね、ちょっと地図上げときますが、マラッカ海峡押さえられたら他の国はかなりキツイです。
マラッカ周辺海域は、現代でも毎年10隻単位の商船が海賊被害に遭っている世界でも屈指の海難地域なわけでして、ここを封鎖されるともう大きく南を回ってバタヴィア(ジャカルタ)のスンダ海峡かスラバヤ東のロンボクを通過しないと東アジアへ渡れません。
(ちょっと地図上げておきます)
東南アジア01

さて気になる入港許可イベントがどうなるかですが、例えばこの人の登場とか。
アルブケルケ01
そう、アフォンソ・デ・アルブケルケ提督(1453~1515年)ですね^^
この人、ホルムズ・ゴア・マラッカから香料諸島に至るまで征服しまくった、
恐らくこの時代最高の軍人さんの一人です。

アルブケルケ提督がゴアにいてイベントスタートし、例えば
『丁子とかの香辛料を持って行くか・海峡の艦隊と連戦するか・遺跡の断片でも発見するか』
でマラッカから先の道が開けるとかがベタな展開でしょうか。

まだ全然分からない展開ですが、出る前にこうやって色々考えるのも楽しいんですね。



おしまい。

FC2ランキング02
 ←一発押してってください~
  1. 2006/11/16(木) 06:55:27|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次世代船の予想 その2 | ホーム | 次世代船の予想 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/206-dcd0b48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。