打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

15年目の最終巻!

またこの季節が

そろそろこれについて紹介しておかないといけないと思っていましたが、
ついに1週間を切ったのでエントリー。

ローマ人の物語15

塩野七生 ローマ人の物語ⅩⅤ 『ローマ世界の終焉』 (新潮社)

15年かけて刊行されてきたシリーズの最終巻の発売が12月15日(金)に予定されています。
打倒を掲げる私が書くのもなんですが、日本で古代ローマを知る上で、このシリーズはいろんな意見の人はあっても無視できない存在になっているのは間違いありません。
また、DOLプレイヤーで 『ローマ人』 読んでいる人は、MMOやっている人の中でも格段に多いと思いますし、特に大航海Ⅰ~Ⅳのオフゲー時代からのファンなら更にその比率は高そうです。

今回はまだ出てないので書評じゃなくてシリーズの紹介のみですが、とにかく文庫で良いので読む事をお勧めします。最初の文庫の数冊読んで面白いと思ったら揃えてもいいですしね。(但し文庫は単行本の10巻相当までしか出てないので、最後まで読む予定の人は最初から単行本を買いましょう)
単行本の新品だと15冊で40,000円位か・・・(古書なら平均20,000円くらいかな)
古書でまとめて買うならこの辺とかで調達かなあ。 →『日本の古本屋』 
 ※全国古書籍商組合連合会(加盟2300店)のネット販売組織です。
   上記で確認したら、1~14巻まで揃えるのに一番安い所で15,000円~くらいですね。

この 『ローマ人』、とにかく読みやすさはこの手の歴史もの(この辺の表現は微妙すぎるんでご容赦;)においては抜群で、特に直接の先祖というか文化的な系譜を受け継いでいない東アジア人にとっても入り込みやすい書き方と密度は素直に賞賛したいと思いますね。おそらく資料面でもバックアップしている新潮社側のスタッフも相当に気合入れて刊行しているのが伺えますんで、値段が1冊3000前後と言うのは恐らくバーゲン価格と思っていいんじゃないでしょうか。

ただ、できたら、このシリーズを読み終えてもう少し知りたいなと思うようでしたら、なるべく他の人が書いた、特に同時代人の書いたものも読んでみるといいかと思います。事象に対する見方は著者によってかなり違いますので、バランスとる意味でも調整が必要かと思います。
といっても日本人で塩野氏以上の量を書いている人がいませんので、詳しくとなるとどうしても古めの書籍になってしまうんですが・・・。
読み物でいうとスエトニウスの『ローマ皇帝伝』・モムゼンの『ローマの歴史』・
グラフィック的にはエイドリアン・ゴールズワーシーの『図説・古代ローマの戦い』
(有名どころでバランスとるとギボン必須ですが、わたしちょっと苦手・・・ それからガリア戦記も正直勧め辛い)
手元に有る限りでざっと見た中ではこの辺がお勧めです。
んで、できたらカルタゴとかも・・・見てくれると・・・嬉しいかなと・・・。
ゲームで冒険クエやるにも、多少でも背景知ってると面白さが全然違いますからね^^


おしまい。

FC2ランキング02 ←イッパツ押してってくださいなー!
  1. 2006/12/10(日) 06:58:33|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<勅命と改装の忙しすぎた一日 | ホーム | ヒト2500人、蟹1億匹のヘンすぎる島>>

コメント

いよいよ出るんですねぇ…
毎年楽しみにしていますが、
最近のは読むほうも辛くなってきます。
きっと書くほうも辛いのでしょう。
『海の都~』も終盤は読むのがつらかったなぁ…
  1. 2006/12/10(日) 14:17:31 |
  2. URL |
  3. アウストラ #-
  4. [ 編集]

アウストラさん>>
そう、もう今週に。。
表紙をわざわざ壊れた水道橋の遺跡をもって来てるのが象徴的ですね。『辛い』の話ですが、通常の読み物であれば書く方は活力ある面白い時の事象に構成の大半を割くと思うのですが、このシリーズは全15巻のうち、帝政の開始までに5巻・帝政開始~五賢帝時代+インフラで5巻・5賢帝以後~西ローマ滅亡までに5巻とかなりキッチリ配分しています。
終わりをキッチリ描こうとする姿勢については、『基本的に好き』がハッキリ見えている著者だけに評価したいです。(最後の一文は読んでからにしたいですが)
  1. 2006/12/11(月) 16:18:31 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/230-f64986dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。