打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七つの海をまたがると・・・

いつになるんだろーね?

よく言う、『七つの海を股に掛け』 とか 『七つの海を制す』 表現がありますが、
ではこの『七つ』とはいったいどこを指すでしょう? 
とはいっても実は時代や世界によっても違うわけで、
これは現代で言うと、
『北大西洋』 『南大西洋』 『北太平洋』 『南太平洋』 『インド洋』 『北極海』 『南極海』 の7つ。
これが古代~中世の地中海世界となると
『地中海』 『アドリア海』 『黒海』 『カスピ海』 『紅海』 『ペルシャ湾』 『インド洋』 の7箇所で数えていたようです。えー、カスピ海は湖じゃないのか?という意見も有るでしょうが、海の定義だと、海洋の他に塩水湖も海と数えるようで、その場合は世界の海は50以上あるらしく、
そうなると 『七つ』 を制したくらいじゃ全然足りんわけです、ハイ^^
ところで、現状の大航海時代Online世界では南極と北極はともかく、北太平洋と南太平洋はまだかすってる程度で完全に解放されているわけではありません。来年になったらここら辺の海域が解放されて 『世界周航クエ』 がでるといいなあ~ と思うのは私だけじゃないと思うのですが・・・。

さて、ここでIFの話。
もし大航海Onlineで世界周航が可能になり、
マゼランやドレイクに習って西回りで世界一周を果たした時、それも
12月31日に出港して、366日掛けて航海したとしたら、
どんなエピソードが出てくるでしょう?

まあ、これは過去の大航海時代シリーズでも出てきている有名なネタですね^^
地球を西に一周すると、帰ってきたら実際より日付けが1日遅れている・・・。

しかもこれが解決するのは1884年の国際子午線会議で日付変更線が確定した後ですから、
今私達がプレーしている16世紀の世界では未解決のまま、まだ12月31日であっれ~??
となるのでしょうか・・・。
さてさて来年はどうなることでしょうね。


※後記
んー、最後はなんだか強引に大晦日っぽい話に振った気がしなくも無いですが、
これで打倒ローマの2006年の更新は終了です。
4月に始めていつの間にかエントリの実数が250に迫ってきているのは書いてる本人もびっくりですが、いままで見ていてくださった全ての方々、本当に有り難うございます。
日誌で書いてるブログじゃなく、見ている人がいる前提の記事も多いので、多くの方の目に留まるのは素直に嬉しいですから^^
それでは皆さん良いお年を~♪


おしまい。

FC2ランキング02
 ←来年もどうぞ応援お願いします!
  1. 2006/12/31(日) 09:39:21|
  2. 地理史跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新年おめでとうございます。 | ホーム | インド洋冒険小説の原型って?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/250-bb763403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
8位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。