打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

新型艦の勝手な予想3

今度出る新型艦を勝手に予想してみる その3


◎改装型フリゲート

ま、いわゆる大型フリゲートなんですが、登場してきた経緯を考えると、『改装型』という名称をあえて使いました。この船、世界の情勢と海軍の運用の変化により、従来の戦列艦を事実上旧式化させてしまうほど重要なポイントとなった戦闘艦でした。ではそれ以前の、17世紀後半~18世紀末までの軍備の大きな流れとともに見ていきたいと思います。


(軍拡競争)
17世紀のフランスでは、充実した国力を背景に陸海軍を強化し、隣国や植民地の拡張に向かっていきました。 そんな中で海軍の拡張をとの構想が、リシュリュー・ルイ14世の宰相コルベール・軍務大臣ルヴォワといった大物政治家のもとに進められ、フランスはいち早く有力な艦隊を持つに至ります。当然ながらそれは周辺諸国を刺激し、スペイン・イギリス・オランダ・スウェーデン・デンマーク・ロシアといった旧・新興国も追随してゆきます。

(戦列艦構想)
イギリスにおいて「戦列艦」という言葉は1653年の「海戦要務令」において登場します。この構想は、「戦列内に加わる全ての軍艦は同じ速力と旋回性能をもち、あらゆる敵艦と遭遇しても劣勢とならない火力を装備していること」 という条件のもと、軍艦に細かく規定を設けて設計・建造し、等級化しました。 このうち戦列艦と呼ばれたのは1~3等級艦で、フリゲート艦は5~6等級艦に設定されています。(4等級艦は商船隊の護衛艦など)
こうした艦隊運用の戦略は、18~19世紀初頭までのフランスやスペインとの海戦や海上封鎖などでは高い効果を発揮しますが、大西洋の向こうの新興国相手では少々勝手が違いました。


(崩れる構想)
18世紀後半、北アメリカ東部のイギリス植民地と本国との関係が悪化し、独立戦争に繋がっていきます。 これにフランス・オランダ・スペインといった有力国が支援を行い、アメリカは独立を成し遂げます。ジョージ・ワシントンがサラトガの戦いでイギリスのバーゴイン将軍を破ったのが1777年10月ですから、まさにそのような時期に大型のフリゲート艦は登場してきました。

新興国アメリカは当初から戦列艦を持たず、代わりに大型のフリゲート艦を一度に建造・投入して護衛・私掠船として大海軍国イギリスに対抗していました。海戦による制海権の確保でなく、通商破壊による海上政策は非常に有効で、この時期のアメリカ私掠船は300隻以上登録されていたようです。
※1781年にイギリスに捕獲されたフリゲート艦アルマベールは50門艦で、イギリスの平均的な30~40門前後のフリゲート艦ではこれに対抗できない事は明らかでした。 (ちなみにこの船の艦長となったのが、勅任艦長となって間もない頃のホレイショ・ネルソンです)


(モデル)
下の絵は1797年建造のフリゲート艦「コンスティテューション号」です。アメリカは併せて6隻の大型フリゲート艦を同時期に投入し、北大西洋・カリブ海で威力を発揮しました。
コンスティテューション号は1812年にイギリスの49門フリゲート艦『ジャーヴァ』と交戦し、猛砲撃の末に撃沈させました。当時イギリス艦は士官から水兵に至るまで練度が非常に高く、『同種の船との1対1では絶対に負けないし、1対2でも互角以上』という認識が国民・海軍内にあり、フリゲート艦同士の戦闘に敗れたことは非常に大きなショックとして伝えられました。

コンスティテューション号01
         (コンスティテューション号)

イギリスがこれらに対抗するために作られた当初の大型フリゲートは、3等級戦列艦の船首船尾楼と上部甲板を取り払って軽量化させた改装型フリゲートでした。 それでいて50門前後の武装と運動性を持った強力な船であったため、通商破壊・商船隊の護衛に大きな成果を発揮します。大型フリゲートの有効さが実証され・フランスとの大戦の終わり等の時代の流れもあって、イギリスでも戦列艦は次第に敵国の軍港封鎖や本土付近の直衛などに回されてゆきます。

更には蒸気機関の登場と鉄甲艦の登場で、速度の遅い戦列艦は完全に時代遅れの船として姿を消してゆきました。(イギリスでは1880年頃まで海軍に登録されています)

もし、改装/大型フリゲートが登場した場合のスペック予想ですが、
①50門以上搭載するため、砲室が4個にアップ
②3等級戦列艦を若干下回る容量 →500~600前後
③速力は現在の戦列艦を上回る、 →160/260前後 (現状のフリゲートは評価が低すぎ)
こんなところでしょうか。(どんどん勝手な想像膨らませてるな、コレ)



コンスティテューション号02
※最後に、モデルとして取り上げたコンスティテューション号ですが、実は今でもボストンで保存されています。しかも単なる記念艦としてではなく、実際に帆走できる状態で、礼砲を撃つ写真を見たことが有りますが非常に綺麗にメンテナンスされています。

おわり。
  1. 2006/05/18(木) 09:43:45|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<新型艦の勝手な予想4 | ホーム | 新型艦の勝手な予想2>>

コメント

たぶん・・DOL内ではフリゲートの強化版が軍用ジーベックなのでは・・・・。
ともあれ、蒸気フリゲート艦を!!
  1. 2006/05/18(木) 10:20:36 |
  2. URL |
  3. めけ #-
  4. [ 編集]

たしかにスペック近いけど・・・アメリカもイギリスもシベック船なんか使いません!
ご希望通り明日リクエスト記事上げるから、そっち見て下さいね。
  1. 2006/05/18(木) 23:01:19 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/29-18262932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。