打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

バルト海の船 その2

前回は北海~バルト海を席巻したヴァイキング船を中心に見てきました。
さて、ここから更に時代が下って12~14世紀になると、前回登場したノルマン人の横帆船からの派生でコグスター船(コグ船)とかネフ船と呼ばれる1本マストの横帆船が登場してきます。

コグ船01
(コグ船。まだ舵が右舷についてますが、船首・船尾に甲板楼らしきものが出来てきました)

このコグ船、当初の船体はヴァイキング船の名残なのか船首船尾が多少細長いスマートな形状で、一本マストの大きな横帆装ですから少ない人数での取り回しや推進力には優れていますが、耐波性能の面ではまだ外洋を渡るには厳しかったかもしれません。
ただしこれより前の船でもアイスランドやグリーンランド・更に北アメリカに到達していたという話もありますので、あとは 『腕と度胸と運しだい』 なんでしょうねえ。
また、この頃のコグ船は外板が『鎧張り』とも呼ばれる重ね合わせの構造をしていて、これはローマ時代以来の地中海の船の外板が突合せの平張りが多かったことと対照的です。

ところで、この時代のバルト海を象徴するコグ船を多数運用した勢力と言えば、リューベック・ハンブルグ・ブレーメンほか北ドイツの諸都市などで結成されたハンザ同盟の存在がありますね。15世紀に弱体化してデンマークに敗れるまでの長い間、コグはニシン漁船や木材・宝石・毛皮や織物などを北だけでなく地中海付近まで輸出して回り、ヨーロッパ世界の船に多大な影響を与える存在となります。(DOLにある『ハンザ印章』がインドでまで使えるのはさすがに・・・、ですがw)
『北方船』と言うような呼び方をされるこの時代のコグ船は、当初はまだ舵の位置が船側か船尾か定まってなく、最終的に船尾舵が定着してきた14世紀ともなると、今度は『南方船』つまり地中海の船にも影響を与えて行くようになります。この頃にはコグ船も軍用・商用いろいろなバージョンが開発されてより大型の2本マストコグなども生まれて行き、地中海にも導入されてからは縦帆が導入されるなどどんどん改良が進んでゆきます。
更にこの前後に『バウスプリット=船首からマストに伸びた補助帆』が発明され、船尾舵と合わせて外洋への適応能力が更に高まることになっていきます。

コグ船02
(14~15世紀のコグ船。既に船尾舵・船首船尾楼・甲板・トップ台が見られる進化型ですね)

ちなみに、現代でも船の右舷を『スターボード』、左舷を『ポート』と呼びますが、これは舵(ステア)がまだ右舷にあり、舵を傷つけない為に左舷で接岸=つまり港(ポート)側を使った事の名残と考えられています。

さて、15世紀に入ると遂に新世代の船が登場します。
ポルトガルは大航海時代の下地ともいえるキャラベルの開発に成功し、飛躍的に高まった航行・積載能力をもって北~西アフリカへ乗り出してゆきます。
しかもキャラベルの構造は航行・積載能力だけでなく3本マスト・縦帆装・平張りの外板構造・船尾舵と、コグ船はもちろん、それまでの地中海の船とも明らかに違う謎の船だったりします。これはポルトガル王室が当時の最新技術であるキャラベルの造船法を秘匿した為で、現在に至るまであまり分かっていません。
この様に、この段階ではキャラベルは進化したコグに対してもある程度のアドバンテージを持った船でした。では、北海・バルト海の船はこのまま時代遅れの船として忘れ去られていくのでしょうか? という事で次回は、ハイブリッド船とも呼べる新時代の船の登場と、そこからバルト海方面の船への影響などについて見てみたいと思います。


なんだか大海戦の準備でめっちゃ忙しいです><


おしまい。

FC2ランキング02
 押してね!
  1. 2007/02/22(木) 08:42:19|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<辺境の大海戦 初日 | ホーム | バルト海の船 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/295-c6b2c14b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。