打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最速船競争の話 その2

今回は現代まで続く最速船競争のお話を。
これが同じ船かい!って驚く記録が出てきます。


<ケース②:ブルーリボン競争>
ブルーリボンとは、もともとオーストラリアからイギリスまで羊毛を運んでいたその年最速クリッパー船に与えられた称号で、与えられた船はマストにブルーリボンを掲げることが許された事に由来するようです。そもそもブルーは王侯貴族を象徴する色としての意味合いがあり、イングランドでブルーと言えば騎士の最高勲位であるガーター勲章の色でもあります。
後にブルーリボンは大西洋横断の最高記録を保持した船の称号となり、実際にブルーリボン・トロフィーが作られると各国の船会社はこぞってこの名誉を求めて競うようになります。
DOL世界では恐らく25~30日前後は掛かると思われるイギリス~アメリカの大西洋横断、
さて実世界ではこの最速記録がどれくらいまで伸びて行ったか、ちょっと見てみます。

(大西洋横断競争の始まり)
新大陸アメリカが独立を果たして数十年、ようやく軌道に乗り、ヨーロッパとの定期便も生まれてくる19世紀も30数年が経つ頃、遂に蒸気船が外洋向けの商用船として登場してきます。
まず、1819年にアメリカのサヴァナ号は汽船として初めて大西洋を横断しますが、実際には85時間分しか燃料を積んでおらず、アメリカのサヴァナからイギリスのリバプールまで27日掛かった航海の大部分は帆船として渡ったのでした。
そして1838年、シリウス号と言う船が蒸気機関だけで大西洋横断に成功します。
更にその4日後に出港してシリウス号の2時間後に到着したグレートウェスタン号は、最初に大西洋横断の定期航路に就航します。このグレートウェスタンは全長71.9m、1319トンという大型船で、この時の横断記録が15日・平均速度は8.7ノットでした。
こうして蒸気船による大西洋横断の競争が始まります。
ただ、当初の蒸気船はやたら燃費も悪いうえに速度も遅く、経済性の面ではまだまだ帆船のほうが優れていました。なにしろクリッパーは微風でも5~6ノットは余裕で、充分な風が得られたら14~15ノットは期待でき、更に最速を誇ったライトニング号などは18ノット(時速33kmくらい)を記録しています。

(19世紀の間の最速記録)
1840年 ブリタニア号(英)       10日        平均時速10.72ノット
1863年 スコウシャ号(英)         8日3時間    平均時速14.02ノット(外輪船)
1875年 シティ・オブ・ベルリン号(英) 7日15.28時間平均時速15.37ノット(スクリュー船)
1891年 チュートニク号(英)        5日16.31時間平均時速20.35ノット(帆走廃止に)

19世紀の末、蒸気船の世界の技術革新が起こります。
まず1860年代になるとスクリュー船の導入が進んで燃費が大幅に向上し、帆船会社の大西洋航路への就航はほぼ駆逐されます。そののちツインスクリューを搭載した大型船が可能になると、大量輸送が一気に実現します。
そして1884年以降、3連・4連成機関が登場して一気に出力が上がり、
更に軽量・高出力で振動も少ないという画期的な技術、蒸気タービンが導入されます。
では飛躍的に記録が伸びる、20世紀をみてみます。

(19世紀末~20世紀前半の最速記録)
1900年 ドイチュランド号(独)       5日  7.38時間平均時速23.36ノット
1907年 ルシタニア号(英)        4日19.52時間平均時速23.99ノット(蒸気タービン)
1909年 モーレタニア号(英)      4日10.51時間平均時速26.02ノット
1929年 ブレーメン号(独)        4日14.30時間平均時速27.92ノット
1937年 ノルマンディ号(仏)       3日22.07時間平均時速31.20ノット
1938年 クイーンメリー号(英)     3日20.42時間平均時速31.69ノット

これが第2次世界大戦前までの記録です。
遂に大西洋横断が4日を切り、平均時速は58.7kmにまで成っていますね。
ここまで来るともう大した違いじゃあ無いんじゃないかと思うかもですが、ブルーリボントロフィーに賭けた国・船会社の挑戦はまだまだ行きます!(つかもう暴走気味)
最後は最新の記録がどうなっているかを見て締めたいと思います。

(現代のブルーリボン・トロフィー獲得船)
1952年 ユナイテッド・ステーツ(米)   3日10.40時間平均時速35.59ノット
1990年 ホバースピード・グレートブリテン(豪)2日時間不明  平均時速36.65ノット(波動貫通型)
1998年 キャットリンクⅤ号(デンマーク) 2日20.09時間平均時速41.20ノット(波動貫通型)


今の最速客船って、
大西洋横断するのに3日掛かってないんですねえ・・・。




おしまい。

FC2ランキング02 ←押してってね!
  1. 2007/03/25(日) 20:31:20|
  2. 歴史ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東南アジアの納品物は鬼デス | ホーム | 最速船競争の話 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/318-894b1340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
238位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
7位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。