打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

引用について思うこと

先週金曜日の日経新聞、
1面か3面くらいのカコミ記事に確かこんな事が書いてました。。
(読んだときの記憶からなので、若干違う点があったらご容赦を)
『WIKI禁止』
記事によると、ある大学の教授が学生たちから提出されたあるレポート群を見ていた時、
なぜか同じ箇所で数人の学生が同じ間違いをしていたと言う事があったと言います。
確認したところ、その学生たちからは同様に、『Wikipediaから引用した』 と言うような答えが返ってきてその教授は愕然とし、以後提出物の作成の際にWIKIを閲覧することを禁止したというのですね。
インターネットによるコピペ文化が発達してきている上での警鐘みたいな論旨だったかと思うのですが、自分も多少は資料・情報的なブログを書いてる身ですから考えさせられる記事でした。

まあねえ、大学のレポート作るのにWIKIとか当てにするなよ・・・。
基本的にWIKIはかなり広範囲に情報を網羅している一方で、
書き手によって品質がバラバラで間違いも多いって事、承知してるのかなあ??


(ここから先は読み飛ばしてくれても結構です)
私自身のWIKIの扱いに関しては、正直言って私もブログ書くときやちょっとした調べ物のキーワード抽出にWIKIを使う事って多いです。また、同列にするのは問題ありますが、DOLをプレーするときもDOLのWIKIをタブで開いちゃってますね。まあそれ位には使っています。

ただ、自分の中で留めて間違って記憶するとか、仲間内でしゃべっていて間違えるなんてのは個人の恥のうちですからまだ傷は浅いですが、これが公開しているブログ位になってくるともう全くの他人の目にも触れるわけで、間違った出典を確認しないでそのまま書いてしまい、更に間違う人が増えるとなるとこれは問題出てきてしまいます。
これがだんだんと公共性の高いものへの間違いとなってくると被害は拡大するわけで・・・。
『そんなん読んだ人の自己責任だろ?』 とは個人的には中々言い切れないものです。

例えば報道の世界だったら、流そうという情報に対して裏を取るのは基本だと思います。
確認を取らないで間違った情報流してたら、報道機関としては信用なくすというか、
まあそういう評価をされてしまいますよね。
これが数段レベルを落としたとしても、身の回りでどこまで出来ているかというと・・・。

この事はちょっと前から気を付けるようにしていたことで、最近ではそれなりの内容を書いた記事を詰めたいときには当然それなりに調べる様にしています。(だから時間かかるけどね)
その裏付け用に調べた手元の資料が正しいかも疑って見ることもあります。
(実際、ちゃんとした本でも細かい記述の部分までくると結構間違ってることがある)
こんな感じで、ちゃんと書くときはWIKIも含めて2つ以上の資料が同じ内容だったら、まあまあ信用できるかなってことで下書きのテキストは先に進めています。
怖いのは、手抜きというかざぁーっと書いた記事を詰めが甘いまま出してしまって後から修正したりするときで、過去にも年号や固有名詞・順序の間違いが数回あって、帰ってきて確認してからあわてて修正したりしてました。特に自分では当然分かってるつもりで調べなかった記述でそういう事って多いですね^^

これ、人が書いたものを資料としてどこまで信用するかはかなり難しいものがあって、
例えば駅の売店やコンビニあたりに並ぶ文庫本・新書のようなマメ知識・雑学的な著作物には平気で適当な記述がされていたりします。(よく、○○研究会みたいな形で、引用ばっかりで構成されたような本ね)もちろん資料としては全く使い物にはならないのですが、それを読んで知識としてしまう人も中には居るんだろなと考えると複雑なものがあります。
まあ、その手のものならハナから信用度が薄いのでまだしも、大きい書店の専門書の棚に収まっている本にも平気で記述の怪しいものがゴロゴロしてるから厄介で、ここら辺の選別はそれこそ自分でやるしかありません。
まー、駄文書いてる裏でこんな葛藤が渦巻いてたりしますっw


さて、今回なんでこんな重めの記事書いたのかというと、
明日は大航海ONLINEのブログ始めて1年経つ日になるからです。
だんだん書くことに対して惰性になってないか?というのを喝入れようかなっと。



おしまい。

FC2ランキング02
 押してね~!
  1. 2007/04/23(月) 16:15:32|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<一年経って、感謝! | ホーム | こんなところに・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/341-eb5e2371
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。