打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蒼き狼の末裔たち その1

モンゴルとイスラムの激闘

皆さんやってますか? もう2週目・中盤に突入した例のライブイベント。
私は先週のメンテ前ぎりぎりに前編を消化するかどうかといった感じで、今日やっと朝から始めた中盤が終わりました。それにしても、なんだか今回も激しくマラソンイベントな様相が逆に笑えていいかも知れません。(もう2度とやらんけどw)
さて、Ⅱキャラの2人目は赤毛のあの人が! といった話はちょっと置いといて、
今回は 『あれこそプレステ・ジョアンの国に違いない!!』 な勝手な期待を持たされた面々を差し置いて、事実上最もそれらしい動きがあったある勢力について見てみたいと思います。

しかし、『東西から挟撃してイスラムを撃つ!』とは言っても、
なにしろ中近世におけるイスラム世界と言えば、ヨーロッパのキリスト教圏など比較にならない位に人口・財力・軍事力ともに世界最高水準の勢力であり、対抗しうる存在としては中華の帝国と中央アジアに時折現れる遊牧民族の統合国家くらいでした。ですから、そのイスラム国家を攻撃する、更に撃破する程の存在となると、自然と数えるほどしか居なかったのでしょう。
そういう点では、遠い西の果ての世界で期待をこめて噂になったのも分からなくもないです。


【西へ行った蒼き狼】  
1221年の第5回十字軍の際に、『東方からイスラム軍を撃破しつつ進軍するキリスト教国』
の報告がもたらされます。これに端を発した、このごく初期のプレステ・ジョアンの噂、
今では恐らくモンゴル軍の遠征を誤認したものと見られていますよね。
でもこれ、誤認ではありますが結果からすると当たらずとも遠からず位の事はありました。
まずチンギス・ハーンの遠征は確かに中央アジアのイスラム系国家を滅ぼすなどしてはいます。残念ながらと言うのか、この時の遠征はチンギスの死と、その後継者を決める大クリルタイを開くために為にいったん中断します。
(その後チンギスの長子ジュチの子であるバトゥ率いる軍がロシアからハンガリー・ポーランドといった東ヨーロッパへと攻め入りヨーロッパを恐怖と絶望に陥れるのですが、その方面の話はまた別の機会にでも書きたいと思います。)
今日の本題はここから。

チンギス・ハーンの孫に当たり、本国を相続したトゥルイ家にフラグという男がいました。
(史学家転職クエ『イル・ハン国の財宝』に出てくるあの人の事ですね。)
このフラグが兄で大ハーンのモンケの命により西方大総督任じられ、
1252年の7月に遠征軍を率いてイラン方面へ進撃を開始します。
そしてこの遠征軍は1258年にはバグダッドのアッバース朝に攻め込んでこれを滅ぼし、
そのままシリアへ進軍します。更にはアレッポ・ダマスクス等のシリアでも主要な都市を陥落させるなど、フラグのモンゴル軍は快調な進撃ぶりを見せたのでした。

ところがシリア攻略の前後で本国にいる兄で大ハーンのモンケが死亡との報が届いたため、
フラグの本隊は一部の将兵を残して撤収してしまいます。
結局、本国では他の後継候補の兄弟2人=フビライとアリクブカが争っていた為、
フラグは途中でイラン付近に留まり、この地でイル・ハン国を立てることになります。
ところでこのイルハン朝、当初から親族や後継者にネストリウス派のキリスト教に帰依していた者が少なくなく、この事から後に東ローマと連携する下敷きとなったとも見られていますね。

さて、フラグが引き上げた後に残ったシリア駐留のモンゴル軍ですが、
アンティオキア近辺にいたキリスト教軍と連携して新興のマムルーク朝軍と激突します。
しかもパレスチナ・ガリラヤ地方の丘陵地帯という、正に決戦の地と言うべき場所で。
ところが相手の司令官の一人には、後にサラディンと並び称される英傑がいました。
その将の名はバイバルス。
バイバルスらの包囲戦術により、流石にここでモンゴル軍の進軍は止まり、更に当初に獲得したアレッポ・ダマスクスといった主要都市も奪い返され、モンゴルはシリアを失います。
その後、1268年にバイバルスは第1回十字軍以来のキリスト教圏の橋頭堡だったアンティオキアの攻略に掛かり、わずか4日で陥落させ、アンティオキアは住民全てが虐殺又は捕虜となり、更に市街も完全に破壊されて滅亡します。


イスラム教国に対して同時期・同じ場所・同じ相手に攻撃に当たったという実績、
更にネストリウス派とは言え上層部までキリスト教への帰依者が少なくなかったイルハン国は、強引な見解ですが事実上のプレステ・ジョアンだったのかも知れませんね。
(認めたくは無いだろうけど・・)


(追記)
上のような事をあらかた原稿で書いていたら、
さっきやったイベントの中盤に同じような記述が出てきてちょっとびっくり・・・。


おしまい。

FC2ランキング02
 ←ぽちっと応援クリッコよろしくねー
  1. 2007/07/01(日) 14:08:04|
  2. 蒼き狼の末裔たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<DOLの広報活動で・・ | ホーム | キーボードって何使ってる?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/390-7763cd79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
8位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。