打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

2NDの育成 その1

打倒ブログ初登場なわたしのセカンドは・・・

意外に一度も出した事ありませんでしたが、私のセカンドキャラはこの子。
今回からこのキャラをちょこちょこ育てに掛かろうかと思っていますのでまずは紹介をば。
ティチーノ01

ティチーノって名前は、今もミラノの西を流れるティチーノ川から取っています。
ここは紀元前218年11月、
西からアルプスを越えてきたハンニバル率いるカルタゴ軍の騎兵部隊が、
初めてローマ騎兵と遭遇しこれを破った前哨戦の地でもあります。
この時のローマ側の司令官はプブリウス・コルネリウス・スキピオ。
つまりDOLではスキピオ兜を貰える『軍神対軍神』クエストにも登場する事になる、
あのザマの戦いでハンニバルを破ったスキピオ・アフリカヌスの父親だったのでした。
(詳しくはWIKIの 『ティキヌスの戦い』 あたりを参照してみて下さい)

まあ、この名前の由来とか商会員やフレにも話した事ないし、誰も知らんで良いくらいどうでもいい話だけど。それはともかく、今までほぼ倉庫キャラとしてマルセイユの引き篭もりだったこの子をちょっと育ててみたくなり、現在CDSの養成学校を冒険中級まで修了させています。
但しまだまだ世界一周はおろかジブラルタル海峡を越えたのすらつい先日の事なので、これから海域巡りだけでもカリブ・インド(定期船でケープとカリカットだけは発見してる)・南米・東南アジアと育てがいがありそうですw

一応方針としては軍人キャラにするつもりでは有りますが、まだLVが15-25-15と中級職にも困る段階なのでちょっと思案のしどころかなあ。例えば20-44-20にして商大ガレオン乗れるようにしてから海事上げするか、海事ひたすらやって戦闘用ガレオン目指すか、はたまた白兵系のガレー乗りにするか、今ならどうにでもできそうです。
取りあえず現在の海事系スキル構成はこんな。

ティチーノ02
ティチーノ03

・・・よわっww

引き篭もりキャラだったから操舵とか異常に低く、ほんとどうしようもなく曲がりません。
しかしまあ武装・装備・船だけは惜しみなく投入できますので、いきなりハイペリエ砲とか持たせてます。(砲術低いからペリエより装填速いデミキャノンとかの方がいい気がするけど)
あとスキルについては現在31枠、
その気になれば冒険も交易系もかなり切れますけど、今後どうすっかなあ。



おしまい。

FC2ランキング02
 ぽちっと。
  1. 2007/10/03(水) 19:16:00|
  2. 活動日誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ウルトラクイズの問題は・・ | ホーム | 装甲劣化弾が楽しい!>>

コメント

Σここれは。
ノウキン系!!!
用こそノキウンの森へ。
ナンテ。
こんなキャラを隠してたとはw
  1. 2007/10/05(金) 17:57:10 |
  2. URL |
  3. TIDUS #-
  4. [ 編集]

TIDUSさん>>
ノウキン、、、いっそ会計と社交も切ってしまおうか・・。
  1. 2007/10/07(日) 07:58:13 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/440-704fd357
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
342位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。