打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キッド再び

昨日、Amazonからきた推薦本のメールを開くと、これ。

The Admiral's Daugher /Julian Stockwin(ハードカバー版)
予約注文の方、綴り間違ってるんだけど・・・。

The Admiral’s Daughter

通常版(ハードカバー)
The Admiral's Daughter: A Kydd Sea Adventure (The Kydd Sea Adventures)
のほうはちゃんとDaughterになってるんだけどねえ。

それはともかくこれ、
帆船小説としては今一番勢いがあると見ている『海の覇者 トマス・キッド』シリーズの最新刊が本国イギリスではそろそろ出るらしいのですね。内容は不明ですが、タイトルからすると主人公のキッドが提督の娘あたりといい感じになるお話なのかなあ。
残念ながら早川書房から出ている翻訳版のほうは昨年の夏に出た第5巻で打ち切りになってしまうらしく、残り5巻もあるのにもったいないなと思っている一人です。
んー、英語読むの厳しいけど一応買っておこうかしらん。


おしまい。

FC2ランキング02
 (充電は80%でひとまず完了
おしてってくださいな~。
  1. 2007/10/16(火) 08:30:58|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<VISTA対応DOLベンチの実力は? | ホーム | 太平洋に浮かぶポスト>>

コメント

オーストラリア行って英語の帆船の戦争について書いてある本を買ってきたけど翻訳が面倒だから読んでないw
  1. 2007/10/18(木) 23:54:42 |
  2. URL |
  3. ナロン #-
  4. [ 編集]

ナロンさん>>
上の作品の作者ジュリアン・ストックウィン氏は、確かオーストラリアの海軍に居た人で、除隊後に祖国イギリスに戻ってこのシリーズ書きだしたという経歴だったかと思います。他の人のシリーズであっちを舞台にした帆船小説とかもありますので、文化としては日本よりよほど根付いてるんでしょうね。
  1. 2007/10/19(金) 10:45:30 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/447-e2d55131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
319位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
12位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。