打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルーツ探求 その1

原型がそこにある、かも?

大航海時代ONLINEには、その前身となるオフライン版があるのは良く知られているところですよね?
現在のところ初代~Ⅳまで作られているコーエーの 『大航海時代シリーズ』。
リコエイションゲームという呼び方も懐かしいのですが、ここを経験しているDOLプレイヤー層の存在が、この世界の年齢層の高さにある程度影響しているのは間違いないんじゃないかと思っています。(私もそうですし^^)
まあ、DOL自体がかなり知的好奇心を刺激されるタイトルという事では、他のMMOと比べても異色な存在なんじゃないかなと思います。

さて、これらのオフライン版のうちでも特に評価の高いのが1993年発売の大航海時代Ⅱ。
しかもⅡについては、冒険・交易・海事の名声、投資による影響度と港の発展、そして国籍・敵対度・亡命システム(国籍については、オスマンとフランスが入れ替わっているだけの違い)などなど、これって今のDOLの中核になっている部分の萌芽じゃないのかな?的な部分が多々見られる重要作品です。

個人的にはⅢの方も負けないくらい好きでして、こちらはスキル依存型のキャラ特性や膨大な発見物など、こちらもDOLに繋がる部分が見られます。一般的にⅢはかなり異色の存在と見られているものの、その独特の世界観は他に比較するものが無く、大航海時代ⅡとⅢはコーエーの作品だけでなく今まで遊んだゲームの中でも間違いなくTOP10に入るいい作品だったなあと思っています。そしてこの2作品はいまでも1~2年周期でやりたくなるという点でも共通していて、昨年はⅢの方に衝動が来ていました。そして今回はこれ!

大航海2-01

そう、大航海時代Ⅱですね。
家にあった関連物を引っ張り出したらこれだけありましたw
上から、
ガイドブック=2冊
ハイパーガイド=1冊
WINDOWS版・定番シリーズ(WIN95・98me用)=2枚
スーパーファミコン版=1個
PS版・定番シリーズ=1枚
PC98版(これがオリジナル)=1個

色々あるなあ・・。
他にはⅡの外伝もありますが、これはちょっと別物扱いしています。(DOLにミランダ登場するけどねw)
それにしても上の写真を見ると分かりますが、上段左側のガイドブックと中段左のウィンドウズ版は同じものが2個あったりします。恐らく遊びたくなった時に見つからなくて、衝動で後から買っちゃったと思われますが・・・。
ところで、惜しい事にウィンドウズ版(定番シリーズ)はどうやら現在新品が売っていないらしく、ちょっと調べたら定価1980円なのに店によっては3500~4000円くらいのプレミア価格になっているようですね。
大航海Ⅱについては私と同じく衝動でレトロゲーやりたくなる層って結構いると思うので、ⅠとⅢだけでなくてⅡの再販も宜しくお願いします、コーエーさん。

さて、ちょっとこの大航海時代Ⅱ、ウィンドウズ版を起動してみます。
残念ながらOSがXPですから互換モードでの起動になり、サウンドのドライバが合ってないのか音が出ません。正式対応はWIN-9X系最後となったmeまでですからね。こういうものに備えていちおうWIN-meの入ったノートPCがあるにはあるので、今後のプレーはそちらを外部ディスプレイに繋いで実施するつもりです。

(起動から初期シナリオまで)
dai2-02
んー、この色使いが懐かしい^^

dai2-03
選べる主人公は6人、ちなみにこの全員がDOLに登場していますよん。

dai2-04
6人の主人公のうち、軍人系は2人、冒険者が2人、商人が1人、
そして冒険者よりの万能型というべきジョアン・フェレロ。
で、今回は取りあえずカタリ-ナとか選んでみます。


(スタート)
dai2-05
・・・。

dai2-06
・・・・。。

dai2-07
・・・・・・、^^);;

結論早すぎだろw
なんというかあれです、
 『早合点と言うか勘違いで逆上し、暴走する軍人娘』 というキャラ、
後にどっかでみたような・・・。
とりあえずここまでですが、やって見たくなりましたでしょうか?
ならんよなぁ・・・。

ま、まあ、気が向いたらまたこのレポート続けます。




おしまい。

FC2ランキング02
 ←押してね~。

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2007/11/21(水) 13:59:48|
  2. 雑学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<販売型の生産者って | ホーム | BC特需!>>

コメント

うわ、このコレクションはすごいですねw

わたしもオフ版やったことあるんですが、今ではもうどれだったのかも覚えてません。記事の画面まったく記憶にないので、3あたりなのかな・・・

ところで一つ伺ってみたいのですが、商品としての奴隷ってオフ版のシリーズでは登場したことあるんでしょうか。あるいは同種のゲームで奴隷売買のあるゲームって何かご存じです? 昔のゲームだと今のDOLほど作る方も色んな方面に気を使う必要なかったろうしなんて、なぜか突然気になってしまいました(笑)
  1. 2007/11/21(水) 14:13:36 |
  2. URL |
  3. goodbye #a7P2KaY2
  4. [ 編集]

goodbyeさん>>
えーと、大航海時代Ⅲの、初回バージョンでは奴隷が買えたんですよ・・。
うろ覚えですが、悪名が付いた状態でサンジョルジュに行くと、なぜか怪しいおっさんが『ちょっと』とか言い出して、『闇ギルドに入らないかい?』みたいな選択肢に従うと交易所にそれが並ぶと言う^^);
自分も当時やっててかなりびっくりした覚えがありますが、その後のパッチで外されたんですねぇ。
そこら辺WIKIに書いてますのでご参考に~。

それから、一般的なⅢのプレイリポートは以前書いてますね、2006年6月の11~14日あたりに数回記事ありますよ。
  1. 2007/11/21(水) 14:45:02 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

  1. 2007/11/22(木) 01:59:41 |
  2. URL |
  3. みんな の プロフィール #-
  4. [ 編集]

I

 おはようございます。マリィナです。

 私は昔のぱちょこんで初代のみあそびました。
 スキルはなく、宗教の概念もなく(イスタンブールは入りづらい面がありましたが)、ストーリーもあってないようなモノでした。
 でも貿易を愉しむには良かったですし、投資してだんだん大きな船が造れるようになったりして、航海日誌をノートに付けるほどはまっていました。授業中も航路計画組んでました…w

 ウルトラクイズでは初代に関する問題も出ましたけれど、またやりたいなぁ…ソフトが家にあるはずなんですけれど保管状態が良くなく、引っ越しのトキに紛れて今行方不明です。

 ハンドブックの他に小説もなかったでしたっけ。
  1. 2007/11/22(木) 09:28:48 |
  2. URL |
  3. マリィナ #hn7S5JsQ
  4. [ 編集]

マリィナさん>>
初代は主人公の特性値を決めるのに異常に燃えたw
あと序盤~中盤でナオがかなり優秀で無理して買った覚えあるけど、よく考えるとガレオンが頂点だったのはここまでなんだよねー。Ⅱだと発展次第でフリゲートに始まってシップ船や鉄甲船も出てくるから、この頃から既に時代を超えた設定している事に。(Ⅲでまたリアル路線に戻るんだけど)

あと、小説みたいな読み物の件、Ⅱのは確かに読んだことありますよ、
今もどこかで読めるようになってた気がします。

  1. 2007/11/22(木) 18:10:26 |
  2. URL |
  3. ハミルカル #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/465-e2a88319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。