打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

蒼き狼の末裔たち その17

偉大な母

歴史上には賢母というのか、優れた子供たちを育てた『偉大なる母』とすら呼べる女性が時々登場します。例えば古代ですとローマ時代、DOLだと『軍神対軍神』クエに登場する大スキピオの娘で後にグラックス兄弟を育て上げたコルネリアなどが代表的な人でしょうか。

そしてモンゴル王家にもそんな歴史に残る偉大な女性が登場してきます。
モンゴル族の特徴として、それまでの家長が亡くなったときには、その正妻が遺児や他の妾妃たちの摂政的な地位に就いて一時的に一家を裁量するというものがあり、それはモンゴル帝国においても同様でした。グユクが大ハーンとなれたのも、母ドレゲネが一時的にモンゴル王家を取り仕切り息子を即位させるべく権勢を振るったのが大きいでしょう。
そして、対立するトゥルイ家のモンケ達の母・つまりトゥルイの正妻だった女性こそ、今回取り扱う偉大な母だったのでした。
チンギス・ハーンの末子トゥルイの正妻だったのはソルコクタニ・ベキという女性。
もともとモンゴル族は末子相続の習慣があり、末子といえどもその正妻選びは非常に重要なものがありました。ソルコクタニ・ベキの出身は、かつてチンギスも従属し後にモンゴルの覇権を争ったケレイト族の王トオリル・ハーン(オン・ハン)の一族で、彼女はオン・ハンの姪にあたる女性でした。チンギス・ハーンのかつての盟友であり、彼女が嫁いだ事でケレイト族は以後モンゴル王家の一族として有力部族に数えられ、後々まで残ります。

そして、これは非常に重要な点なのですが、ケレイト族は早くからネストリウス派のキリスト教を受け入れていました。特にベキの伯父であるオン・ハンは東方のキリスト教国の王、つまりプレスター・ジョンのモデルとすら目されており、自然とベキも若い頃からキリスト教を受け入れていました。
後にイル・ハン国を起こすフレグの一族がキリスト教に帰依していたのは、フレグを育てた彼女の教えが深く影響していた可能性は高く、中央アジア一帯のキリスト教信者たちからはケレイトの血を引くフレグ達は希望の星とすら見られていたでしょう。後にフレグが西アジアへ進軍する途中、中央アジア一帯のキリスト教信者たちはこれを十字軍の活動と見て大挙して参陣し、その数2万近くの軍勢となったというのですから侮れないものがあります。また、後に元王朝を開くフビライの元にはマルコ・ポーロを始めとして多くの西洋人が区別無く登用されたのも、彼女に育てられたフビライの見識の高さが影響しているのではないでしょうか。

ちょっと脱線しましたが、このようにトゥルイの正妻となったソルコクタニ・ベキはモンゴル王家に嫁いだ者の中でも一段高い地位出身の女性でした。しかも彼女はこの時代にあっては驚くべき聡明さを持っていたと伝えられ、トゥルイの兄であるオゴデイやジュチ家のバトゥらも、生前彼女に何かと相談していたとすら言われています。
長男モンケ、次男フビライ、三男フレグ、末っ子のアリクブケ、
彼女はこの4人の息子をそれぞれモンゴル史に残る人物に育て上げ、しかも自ら政治面のアドバイスを送り続けるなど、この時代の隠れた最重要人物とすら言えるかもしれません。
後に、14世紀以降の中央アジアで最重要の歴史書となる『集史』を編纂した
ラシード・ウッディーンは彼女をこう評しています。
『実に知性あふれ、有能で、彼女の聡明さは世界中の女性のはるか頭上に立つ』と。
ラシードがイル・ハン国の宰相であり、ソルコクタニ・ベキは彼が仕えたガザン・ハンの曽祖父の母親であったのは割り引く必要があるのでしょうが、これは中央アジア一帯に伝わる見解そのままだったのでした。

西アジアに侵攻したフレグ率いるモンゴル軍を、人によっては 『モンゴル十字軍』 とすら評する事もあるのは、このようにモンゴルの中枢部分でソルコクタニ・ベキなどを通してキリスト教への理解が非常に深かったからなのは確かだったでしょう。とはいえ、同時にイスラム教や仏教も受け入れている所からもヨーロッパ世界のそれとは明らかに温度差があるわけで、ここら辺がこの大戦の最終局面での重要な判断に繋がる事にもなった気がします。それをすら認める寛容さが当時のヨーロッパの精神世界にあったかという話にもなるのですが・・・。



おしまい。

FC2ランキング02
 
↑おしてってねー

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2007/12/14(金) 07:39:39|
  2. 蒼き狼の末裔たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いつの間にこんなクエが・・ | ホーム | 蒼き狼の末裔たち その16>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/475-fc32e8d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。