打倒ローマは一日にして成らず

大航海時代Onlineでカルタゴ復興に燃える元将軍の記録。

草原の興亡 その10

匈奴と漢の人口比較

(補足と考察)
ここでちょっと視点を変えます。
まず前回の白登山の戦いで両国が投入した兵力についての考察から。
匈奴40万人
漢 32万人

これ紀元前2~3世紀としたらとんでもない大軍で、
本当に合計70万人以上が投入されうる余地があったのでしょうか?
なにしろヨーロッパでこれに相当する規模で争われる戦いとなると、
飛躍的に人口と生産力が向上した18世紀末のナポレオン時代まで下りますから・・。

で、素人ながら考えると、動員できる兵力の源泉は、人口・生産力・それと資金でしょうか。
これに中央集権度(もしく影響力)を掛けるとだいたいMAX値がでるでしょうが、
あとはその国の体制によっても変動しますね。
で、ここは最も基本的な数値である人口に注目してみます。

1)古代中国の人口
中国の人口について信頼できる最も古い時代というと、
前漢末期の戸籍調査でおよそ5960万人・1223万戸という記録が残っています。
それ以前というと春秋時代で500万、戦国時代で2000万人位という試算がありますね。
これは各国の保有する軍から逆算した数値なのでこれもそれなりに信頼できそう。
で、漢代の6000万人という数値は、これ後世の中国諸王朝においても指針となります。

ちなみにその後の調査を列記してゆくと、
前漢末期=5960万人
後漢末期=5650万人
三国時代=1616万人 ※魏・呉・蜀の合計
隋=4600万人
唐=5290万人
明=6600万人、
清=9000万→3億人
※ここの数値は広島大学の加藤先生他の原稿を参考にしてます。

前漢末期の人口の話に戻ると、
この時6000万とすると普通ならその200年前でも3~4000万人はいたと思われます。
劉邦が統一した紀元前202年は長く続いた内戦がようやく終息した時期なので人口が2000万人くらいまで激減していた可能性はありますが、人口2000万に対して動員32万ならその2%以内ですから、あと10万人くらい国内の守備に当たっていた分として加算しても決して不可能な数字じゃないですよね。古代中国の徴兵率は20%、つまり1戸に1人くらいが普通だった事からしても無理な数字ではありません。
まあ古代中国というのはそれだけ先進地域であったのが良くわかります。


2)匈奴の人口
一方の匈奴の人口はと言うと、これが正確な調査など無いのでいきなり困りますw
それでも参考文献となると史記と漢書にヒントが載ってます。
『匈奴の部衆は漢の県・郡ほどに過ぎず』
古代中国の郡はたしか30~40個ぐらいで、大きい郡で精々30~60万人程度です。
これだと『40万騎』という数字と同じになってしまいますね。
この数字が全人口でなくて成年男子の数とするなら、全体で150~200万人くらいにはなりそうなのでここはちょっと要注意でしょうか。
それとこれには支配下の諸部族は含まれていませんから、
勢力下の総数となると最大で250~400万人くらいにはなるかも知れません。
ちなみに現在のモンゴル国の人口が270~280万人くらい。

それにしても漢の人口の10分の1にしかなりません。
これでどうして30~40万もの、それも騎兵主体の軍を持てたのかという疑問はありますが、これは農耕民族と騎馬民族でその組織形態が全然違う事を考慮すべきでしょう。
移動を前提とした騎馬遊牧民は成年男子のほとんど全てが騎兵≒戦闘要員となりうると考えると、瞬間的にはそれくらいの動員が出来ても不思議じゃないのですね。ましてこの当時の匈奴は東胡を始め近隣諸部族を勢力下に置いていますから、基本的にほぼ農民主体で、しかも建国当初の前漢が対抗できないくらい遥かに強大な軍事力を保有していたとしても無理ないかなと。まあ生産力では漢の方が高かったでしょうから、長期の戦力維持というならまた話は別でしょうか。

実際のところ、高祖・劉邦が敗れて以降に続く恵帝・文帝・景帝の時代には、
無理に匈奴と争う事無く、
貢納と公主(一族の姫)を嫁がせる事によって比較的良好な関係を保っていますが、
これは半従属状態といってもおかしくないですね。
(中国人は認めないでしょうが)
でもそれが、当時の匈奴と漢の力関係だったのでした。


次回は匈奴の組織についてもちょろっと。
こんなマニアックなもの書くMMOのブログはまず無いと思うけどw

おしまい。

FC2ランキング02
 
↑どうぞ押してって!

テーマ:大航海時代Online - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2008/07/06(日) 10:16:12|
  2. 草原の興亡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<そろそろここに・・ | ホーム | 草原の興亡 その9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hamilcar.blog64.fc2.com/tb.php/584-b85c00e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

このブログはリンクフリーです。

ハミルカル・バルカ/メルカルト

Author:ハミルカル・バルカ/メルカルト
サーバー:Eos
所属  :イスパ
商会  :たまごのしろ/世界の船窓から
Twitter :hamilcar_notos

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
13位
アクセスランキングを見る>>

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

RSSリンクの表示

著作権について

大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、 株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、 『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。